不定期日記と雑文などです。
気が向いたときにアップしていくつもりです。

過去の日記へ
2000年分 2001年前半分 2001年後半分 2002年前半分 2002年後半分
2003年前半分 2003年後半分 2004年前半分 2004年後半分 
2005年前半分 2005年後半分 2006年前半分 2006年後半分

2007

4がつ29にち(日)
バイクで郊外巡り。なんかもう爽やかすぎる天気。
通りの死角は警察官だらけ。交通違反で捕まって清々しい気分も吹き飛んだ人も多かっただろうと思う。去年のボクがそうでした。とにかく警官と警察車両がやたら多い。
ボクは過去の苦い経験から安全運転に徹しているので全然オッケーなはずのですが、急に白バイに追い抜かれるとやはりビビります。

角煮をたくさん作る。溶け出た脂を捨ててしまうのはもったいなく感じたので、集めて炒め物用のラードを作る。

4がつ22にち(日)
せっかく買ったDSをメトロイドFusion専用機にするのももったいないので、「もじぴったん」と「世界樹の迷宮」を買ってきました。
もじぴったん、面白い。日に何時間も遊ぶほど麻薬的ではないけど、地味面白い。それに「ふたりのもじぴったん」はかわいい。ステージのBGMが「ふたりのもじぴったん」だと嬉しくなります。
世界樹の迷宮はウィザードリィです。序盤、命からがら逃げ帰る感覚はまさにウィザードリィそのもの。
「この曲がり角の先を探索したら全滅するかもしれない。でもせっかくここまで来たのだからもう少し先を調べたい・・・」という葛藤。「もう少しで地上。敵に遭遇したら死亡確定。あと5歩・・・2歩、あと1歩!」というギリギリ感。戦闘シーンに派手さはないしイベントムービーもパーティキャラ同士の会話もありませんがストイックで濃密な世界がそこにはあります。
手書きでフロア地図を書いていく作業はとても楽しい(やっぱWizは地図書いてナンボです)のですが、面倒と感じる人もいるかもしれないし、なにしろ地味。一般受けしにくいとは思います。そこを敢えて「現代のハードで理想的なWiz系RPGプレイ環境を作る」という直球ぶりに感じ入ってしまいました。

4がつ21にち(土)
気まぐれで立ち寄った電器店でニンテンドーDSを売っていたので、今更ですが購入。
以前から売っているのを見かけたら買おうと思っていたのですがそれでも15分くらい逡巡しました。その間「只今2階ゲームフロアでは任天堂Wii、DSをお一人様1台限定で販売中です」という館内放送が入るとワーっと人が集まってきてあっという間に5台くらい売れていきました。すごいね。
数日前の帰りの電車で左右のベンチシートに座る14人中3人がDSをいじっていて、しかも3人全員が20代くらいの女性でした。どんだけ売れてんだよ、と。
なにぶん急な購入だったので、どのゲームが面白いか全く予備知識が無く、ソフトは買わず。

同じ建物内のホームセンターでカップ麺「ホームラン軒」を発見!
昔、好きだったので小躍りしながら3個購入。カネボウフーズがカップ麺事業を加ト吉に売却して売り場で全く見かけなってから数年ぶりの再会です。
早速食べる。この味だ。ホームラン軒は醤油味に限る。

■エマ第二章
リアルメイドさんの恋愛モノ。
第一シリーズは「え!? バッドエンド? 選択ミスった? フラグ立て忘れ?」みたいなそりゃないぜーな幕引きになんとも煮え切らない気分にさせられたので、やや間があいたにせよ続編が作られたことは歓迎します。
偶然巧い具合に新しい働き先をゲットし、奥様からの信頼も獲得。成り上がり物語的な様相も見せており、先が気になる。
相変わらず映像・音声ともに丁寧に作り込んでいるところも好感が持てます。
視聴継続です。

4がつ20にち(金)
やっと4月スタートの新番組を見始めました。

■ゲゲゲの鬼太郎(2007版)
放映前からネコ娘が可愛くなっているという噂だったので、そこら辺に注目していきたい。
鬼太郎のCVは高山みなみってことであからさまに名探偵コナンっぽい。
全体の構成はソツなくテンポよく、普通に楽しめました。(鬼太郎弱すぎwって感じはしたけど)
でネコ娘ですがたしかに可愛くなってる。前シリーズまでのネコ娘は前髪パッツンでおかっぱ刈り上げ、鼻の下が長い「水木しげる顔」だったわけですが、今作は茶髪で前髪はシャギーっぽくなり、おかっぱというよりショートボブ。頬から顎のラインもすっきり。萌え度大幅アップ。しかも2話ではキャンギャルのコス姿まで。
てなわけでネコ娘がかーいいからというのもありますが、妖怪という昭和な存在と2007年という時代性をどう結びつけて展開させるかというのも興味深く、視聴継続のつもりです。

4がつ18にち(水)
Corelから来た案内メールを見て反射的に申し込んでしまったPainter Xのメーカー直販ですが、発売日を過ぎたのに届かねー!
CG関連の掲示板にも「届かねーぞ、おい!」という書き込みがいっぱい。
と思ったら不在票が入ってた。それでも発売日から1週間遅れ。近所のショップで買えばよかった。

4がつ17にち(火)
ネット上で通信講座を運営しているという業者から「グラフィック講座の講師をしませんか?」というメールをいただきました。
いや、ボクは教える側じゃなくて教わる側だろう、常識的に考えて。

4がつ15にち(日)
低い棚をデスクサイドに置き、プリンタやスキャナなどを収めました。すっきり片づいて気持ちいいです。
ホームセンターへ行くとエレクター系家具のオプションの充実ぶりには目を見張るものがあります。これに手を出したら最後、果てしない棚拡張への欲求の赴くまま、金がいくらあっても足りないだろうという恐怖すら感じます。

絵はいくら塗っても終わりが見えません。

AmazonのSafariでの不具合は解消されたようです。

4がつ14にち(土)
レビュー記事では「ParallelsでXPを使うには最低1GB、出来れば2GBのメモリが望ましい」とされています。その通りです。メモリ1GBでも仮想環境自体は小気味よく動くのですが、Safariなどでちょっと別のことをしようとするとスワップが発生して処理が重くなります。
そういうわけで1GBのメモリ2枚買ってしまいました。
効果は劇的。処理落ちは解消されました。

仮想環境といえば、WineベースのCrossOver Macっていうソフトも面白そう。一部DirectXをサポートしたVMWareの完成度も高まってきました。
Intel Macは実に楽しい環境に成長しつつあります。

数日前まで問題なかったのですが、今、MacとSafariではAmazonの「レジに進む」を押してもカートの中身が表示されるだけで決済画面に進めなくなってます。
仮想環境上のXP+IEで試したら普通に決済出来ました。

4がつ11にち(水)
先日のテレビによると、よく売られている梅干しは「調味梅干し」というもので、昔ながらの「梅干し」は流通量が少ないらしい。
スーパーで梅干しの棚をみるとカツオ梅やハチミツ梅など様々な梅干しが売られていますが、裏の品名を見ると確かに「調味梅干し」ばかり。
棚の端から品名をチェックしていき、唯一の「梅干し」を発見しました。
他の商品が「減塩3%」とか「塩分控えめ5%」と健康志向を打ち出しているのに対しその唯一の「梅干し」は塩分17%。まさに桁違いの塩分濃度。

ご飯を炊いて食べてみた。
あー死んだばっちゃがこしらえていた梅干しってこんな感じだったよなー。
酸っぱくてしょっぱくて梅干し一個でどれだけご飯が食べられるんだよって感じです。
塩分多めといっても一回の食事につき一個で充分だから摂取する塩分の総量はそれほど気にすることないかもしれません。(だから消費量が伸びない→調味梅干し全盛という面もあるかも)

日の丸弁当といえばしょんぼりなお弁当の代表的存在ですが、こういう昔ながらの梅干しならば、とにかくご飯を食べるという範囲では意外と過不足ないのかもしれません。なんだか豊かな気持ちになる。

4がつ8にち(日)
プリンタを衝動買いしました。
今、敢えてモノクロレーザー。ブラザー製。ネットワークプリント・自動両面印刷可能。2万円台でした。
カラーレーザーも随分安くなりましたがそれでもまだ高いし、メンテナンスフリーとまでは言えないっぽい。なのでモノクロ。

使い始めたばかりですがこれは良いかも。ボクのように年賀状もデジカメ写真も印刷しない人間にとってはベストかもしれない。待機時の消費電力は数ワット。常時電源は入れたままにしておけばデスクトップマシンからも無線接続のノートからもいつでも出力できるし、プリント単価が低く出力が早いので気兼ねなく使えます。
どうしてもカラーが必要なときはアルプスのMD-5500(インクリボン式)。普段はモノクロレーザー。どちらも不愉快なインク詰まりを起こさないのがいい。

プリンタといえばインクジェットや複合機ばかりが注目されますが、普段使いのプリンタならモノクロレーザーを選んだ方が幸せな場合だって多いんじゃないかと思う。

買った後に気づいたのですが、今回買ったプリンタにはバッファ用メモリの拡張スロットがついています。対応メモリはノートPC用PC100/133 DIMM。
壊れたThinkPadから512MBのモジュールを抜きPowerBook G3に移植。PowerBookから出てきた256MBモジュールをプリンタに追加。結果PowerBookのRAMは購入後7年目にしてついに1GBに到達。図らずもメモリを無駄なく使い回すことになり、なんだか大変気分がよいです。

4がつ7にち(土)
HDレコーダの残量が逼迫していて、4月スタートの新番組を録画しきれません。
焼け石に水の感はありますが、GONZOの「パンプキンシザース」「レッドガーデン」それぞれラスト5話を今更視聴。
レッドガーデンは実質打ち切りの影響からか強引な幕引きでしたが、意外と悪くなかった。打ち切られなければ裏切りから決戦までのケイトの心理描写や家族との関わりも描けただろうし、殺されちゃった二人の刑事をからめて展開をふくらませることも出来たかもしれない。呪いの発端となった種族間抗争についても掘り下げが足りなかったし。残念です。
そういえば後半は全然歌わなかった。そもそもこのシリアスなお話の中でなぜ歌わせようと考えたんだろう。面白CMを作る為だろうか。
さて続編OVA「デッドガールズ」なんて出してしまうGONZO、大丈夫なのかな。売れるとは思えないんだけど。見てみたいけど買うほどじゃない。ポーの一族みたいな展開になるのだろうか。

パンプキンは2期目を作るつもりなのか「陸上三課の戦いはこれからだ」的終わり方でした。物語の根幹に関わる伏線はほとんど回収されず。というか、最終話で伏線張ってるしw 過去GONZOが2期目を作った例はないと思いますが、フルメタみたいに京アニが作ったりして。

3がつ31にち(土)
まずMacOS X環境復元です。HDDをフォーマットするときにバックアップしておいたOS Xの設定ファイルやデータを己の勘に基づいて書き戻し、ATOKやコーデック、プラグインといった、ちょっとヤバそうなものだけ再インストール。2時間ほどの作業でほぼフォーマット前の状態に戻りました。
今日はParallelsをダウンロードできました。インストールして新規バーチャルマシンを構築。カスタム設定でBoot Campパーティションを指定すると無事OS X上でWindowsXPが起動しました。

仮想環境で再度WindowsXPアクティベーション。Boot Camp環境からParallels環境へと大きく変化したためオンラインでは処理出来ず。MSに電話して自動音声ガイドに沿って数十桁の数字を入力し処理完了。

ダウンローダやファイルコンバータ等、細かいツールを入れ、タブブラウザをインストールして環境設定はほぼ終了です。
使用感ですが、フルスクリーンモードでOS XとWindowsがキー操作ひとつでくるりと切り替わる様は非常に面白い。ウィンドウモードではWin・MacOS間のファイルコピーもスムース。またコヒーレンスモードではMacOS X上でWindowsアプリが動いているような不思議な感じ。
起動の遅さは気になるところですが立ち上がってしまえばまずまず軽快。少なくともThinkPad X24よりは快適です。
さすがに負荷が高く普段ほとんど回らない空冷ファンがブン回りがちなのが玉に瑕。

3がつ30にち(金)
Boot Camp新バージョン+JIS配列キーボードの環境は入力出来ない記号があるなどの問題が発生しているようですが、我がMacBookはASCII配列。全く問題なし。勝ち組ゾナー!

店頭で購入出来るParallels(Mac OS X上の仮想環境でWindows等を動かすソフト)日本語版は、DL販売の英語版と比べて値段が高い上にバージョンが古いので、英語版を使うことにします。
まずは15日間の試用キーコードを申し込み、ダウンロードページからソフト本体をDLしようとするも、サーバエラー。今日はダメみたい。

気を取り直してファイルのサルベージ。
ThinkPadから抜いたHDDを数年前に買ったCITI DISK Jr.(古い2.5インチHDDケース)に入れ、Boot Camp起動のXPに接続するとあっさり認識されました。内容も壊れていません。よしよし。

プリインストールではない素の状態のXPを触るのは初めてですが「ウィルス対策ソフトが入っていません」というダイアログが出まくりで頗るウザい。
ウザいのでサルベージされたノートンインターネットセキュリティ2005(DL版)をインストール。更新サービスはとっくに期限切れのはずなのに、なぜかリセットされ2008/03/31までに。
よくわかんないけどラッキーです。

3日連続で睡眠4時間なのでお風呂にも入らず早々に寝落ちです。

3がつ29にち(木)
閉店間際のビックカメラでWindows XP Home Editionを買う。
いつの間にか2枚になってしまっていたポイントカードをレジに出すと「ポイントをひとまとめにするのに5分ほどかかります」とのこと。とりあえずお願いする。
「一応残りポイント確認しますね?」と、女性がレジでバーコードを読み取る。
「こちらのカードが残りポイント1200円。こちらが16円です」
16円って・・・もうちょっと入ってると思ったんだけどなぁ。
あ、16円のカードは要らないです、と廃棄してもらう。ちょっと恥ずかしかった。

帰りが遅くて普段は食べられない近所の某行列の出来るラーメン店でチャーシュー麺を食べ、帰宅。自炊する時間が惜しいので。さっそく作業です。
ちょうど新バージョンがリリースされたばかりのBoot Camp(MacをWindowsXPで起動させるためのソフトです)をダウンロードし起動しましたが早速トラブル。
起動ディスクは単一パーティションじゃなきゃダメみたいなエラーメッセージが出て先に進めません。
なんてこった。以前、MacBookのHDDを交換したときにパーティションを切ったのが原因。しばらく悩んだ末、FireWireのHDDにMacBookのファイルを全てコピーした上で内蔵HDDを再フォーマット。1パーティションに戻しOS Xを再インストール。クリーンな状態になったところでBoot Campを無事インストールし、XP用ドライバCDを作成。画面の指示に従いFAT32最大の32GB分のXP用パーティションを作り、XPをインストール。

ここまでの作業開始から5時間。午前3時です。
もう寝ます。

3がつ28にち(水)
残業で深夜過ぎに帰宅。
Windowsマシン、どうしようか。
選択肢は
 1.Vistaノートを買う
 2.ThinkPadを修理する
 3.Boot Camp/ParallelsでMacBookにWinXPを入れる
の3つ。
まず選択肢1。NECやエプソンのホームページでBTOの見積をしてみました。確かに最小構成の場合は安いのだけど、VistaのHome Basicにするくらいなら互換性の点で安心なXPの方がいいし、かといってHome Premiumに見合った構成にすると17万円前後になってしまう。急な出費としては厳しい額です。
厳しいなという気持ちを押し切るほどの魅力も感じない。ぜーんぜん物欲が刺激されない。
選択肢2。ネットで調べると、マザボ交換となった場合10万円コース確定みたい。いまさらPentiumIIIの1.13GHzマシンに10万円はありえません。
そういうわけで選択肢3です。Parallelsの現行バージョンはBoot CampパーティションのXPから起動出来るらしいのでXP1本あればネイティブ環境・仮想環境の両立が可能。出費も3万円程度ですみます。(それでも痛いけど)
明日XP Homeを買って帰ることにします。

3がつ27にち(火)
ThinkPad X24の液晶を開きレジュームから復帰させたところ、直後に画面がブラックアウトし何も反応しなくなりました。
フリーズしたのかと強制再起動を試みましたが全く無反応。BIOSすら動きません。
電源ボタンを押すとLEDが点灯し、長押しすると消える。出来ることはこれだけです。LEDは点くしHDDの回転音もするので電源周りのトラブルではなさそう。HDDを抜いてみても状態に変化ありません。
これは多分マザーボードが逝ってます。
我が家唯一のまともなWindows環境が失われました。Windowsじゃないと初期設定出来ない機器やWindows用のネットサービスもあるので、これは結構困ります。
あれこれいじっている間にもう午前3時です。
ああもう明日仕事休みたい。

3がつ21にち(水)
バイクで買い物に出かけた先で道路標識に「青梅」という文字を見て、なんとなく青梅・奥多摩に行ってみようかという気になりました。
しかし奥多摩は遠い。時間切れで奥多摩に入る直前で引き返しました。でも梅の花が満開の青梅郊外はのどかで美しく、今度行くときはもっと早い時間に出発しようと思う。
帰り、初めて有料道路(八王子バイパス)を通る。通行料30円。

3がつ4にち(日)

このインパクト。
こういう絵は多分一生描けないと思いました。

2がつ14にち(金)
駅前の地下街、歩きながらマグネットのポケットオセロで対戦しているオニーチャンがいた。
なぜ歩きながら、しかもオセロ?

1がつ4にち(木)
厚木飛行場の前を通りかかると、道ばたに15人くらいが双眼鏡や望遠カメラを構えていました。
なんだろうと思ってバイクでゆっくり近づくと、轟音とともに近づく機影。F/A-18だ! エアインテークの形からしてスーパーホーネットっぽい。
か、かっこいい・・・・っ!

最近ヒストリーチャンネルやディスカバリーチャンネルで軍用機の番組をよく見るので、軍用機ブームが到来しています。個人的に。
集まっていた人たちって、どこかで訓練飛行のスケジュールを入手してやってくるのだろうか。

 


2006年12月

12がつ18にち(月)
衛星「きく8号」が打ち上げられました。
キク8号といえばワンダバスタイル。基本姿勢!ってやつですね。なつかしい。物語に現実が追いついていく。美少女型衛星ではなかったけれど。
ワンダバの出演者によるユニット「みっくすJUICE」。当時はなんだそりゃと思いましたが、4人とも中堅として活躍しているのだから立派です。
ワンダバスタイル自体、面白かったという記憶はほとんどないですが、きく8号と聞いて思い出すのだから印象的ではあったのでしょう。
思い出されもしない作品だっていくらでもあるのだし。

12がつ9にち(土)
チャンネルをNHKに合わせたら「日本のこれから」をやっていたのでなんとなく見る。
すると見覚えのある顔が。
胸に『落合(声優)』という名札。
どうしてゆりしーが出てるんだよーw
ついにゆりしーもNHKに顔出しでデビューか。びっくりしたー。

12がつ5にち(火)
風邪ひいてお休み。
朦朧としたままフライパンを空だきしてしまい、触って指をヤケド。
もう痛い。超痛い。めちゃめちゃ痛い。脂汗が出るほど痛い。
でも保冷剤をタオルでまいて当てていると嘘のように痛みがひきます。

12がつ4にち(月)
ギャルゲーのKIDが経営破綻したらしい。
昨日、急に思い立ち、ドリキャス版のマイメリーメイを遊んだのは虫の知らせだったのでしょうか。
KIDのゲームはPS1のインフィニティ以降、結構遊びましたが、最近はご無沙汰でした。一応ギャルゲーという体裁をとりながらも骨太なストーリーが展開される作品が中心で、個人的評価は高いメーカーでした。寂しい限りです。
名作とされるEver17など、手を付けていないソフトが数本あるので、暇をみて遊んでみようかとも思います。