2002年の下半期分です。
ダメ人間具合がどんどん進行しています。



最新の日記へ戻る

もっと過去の日記へ(かなり重いです)2000年分 2001年前半分 2001年後半分 2002年前半分

2002年12月

12がつ31にち(火)
休みも5日目。すっかり夜型になり、生活リズムが5時間以上後ろにずれています。
明るくなってきたから寝るか、みたいな。

ガンダムII 哀・戦士編、ジャブローで哀 戦士の歌が流れない・・・もうね、わざとやってるとしか思えないっす。
ガンダムに失望し、テレビの音だけ聞きながら絵を描いてました。やはり今年も絵を描きながら年を越したか。
新年をお迎えするにあたりまして、トップ絵くらいは変えたいなということで、描いてる絵のキャラ部分だけを抜き出し、更新。

そういえば、Painter7って何度も起動しているうちにパレット類が徐々に画面の下方向へずれてくるという不具合があり、ときどき配置を直していましたが、OS X 10.2.3になってから、ずれなくなりました。
ALPSのプリンタの件といい、いろいろとバグがフィックスされているみたい。

12がつ30にち(月)
ANIMAXで今日から劇場版ガンダムシリーズの放映が始まりました。
初日は1st3部作の1本目。サウンドリニューアルというバージョン。
これ、もう、萎え萎えです。
どうしてこんなことになっちゃったんだろう。
効果音関係が壊滅してます。
モビルスーツ同士が絡んだときの、あの「ヴオ゛オオオン」という音がありません。ビームサーベルを突き刺したときの「カカカコココカカカコココ・・・」という音も違うし、ビームライフルの「バフォーーン」という音も差し変わっている。ザクマシンガンの着弾音はカコンカコンと軽くて情けない。(5.1chで聴けばそれなりに迫力があるのかもしれないけど)
声優陣はがんばってるけど、端役は随分入れ替わっています。
そうはいっても1stガンダムをDVDで見ようと思ったら、この劇場版サウンドリニューアルしか存在しないわけです。
穿った見方をすれば、「ヘボいサウンドでもガンヲタは文句言いながら買うだろう。後からオリジナルサウンド版を出せばもう一回買うだろう。むしろ後からオリジナル版を確実に買わせるためには、リニューアル版は思いっきりヘボくしておかないとねー。」くらい考えてるんじゃないかとさえ思えてきます。
とにかく愛情が感じられない。
ガンダムにそれほど思い入れのないボクだって違和感ばかりが目立つサウンドリニューアル版。
東方(磐梯方面)は商魂だけが赤く燃えているようです。
こういうものは買っちゃいけないと思います。
好きだけじゃ商売やっていけないというのは分かるんです。分かるんですけど、あまりにも志が低いじゃないですか。

12がつ29にち(日)
そろそろ今年1年を振り返ってみようかと思います。
昨年とはうって変わり、2002年は散財の年でした。
Power Mac G4で始まり、ThinkPadで中押しし、DVDハイブリッドレコーダでダメ押し。この3台で100万近いとは・・・っつうか、もう考えるのやめます。
使い始めて2週間のハイブリッドレコーダ「RD-XS40」は鮮烈でした。安物SVHSデッキは週1,2回しか動くことがなくなりました。これだって今までテープに録画してきたからその続きでとっているだけで、その番組が終了したら、もうテープに録ることはないでしょう。
問題はランニングコスト。DVD-RAMはもちろん、DVD-Rでも国産で1枚300円くらいはしますから、SVHSテープの2倍近いコストがかかります。
それでも楽だし、まずまず綺麗だし、場所とらないし、メリットは大きい印象。

今年いちばん聴いたCDは多分、新居昭乃さんの「RGB」と中村由利子さんの「Dear Green Field」。アルバム全曲が気に入ったわけではないけど、特定曲にハマりました。

ちゃんとクリアした一般ゲームはゼロ。ギャルゲ系では「AIR」「秋桜の空に」。
どっちも今年のゲームじゃないっすね。AIRは圧倒されたし、秋桜は単純に笑えました。シナリオライター書き下ろしの小説版も面白かった。

特に事もなく、淡々と過ぎた1年でありました。

12がつ28にち(土)
昨日は風が強かったけど、今日はおだやか。2時間ほど散歩。
夕方から寝て、起きて、キャラの色塗りして、明るくなってきた頃に寝る。
かなり昼夜逆転。
キャラ塗り終了。Painter7.1から実装されたティントブラシをメインに使ってみました。
PAINTER6までの水彩に慣れた人への救済措置ですね、これ。
なかなか使いやすいブラシだと思う。

12がつ27にち(金)
ふと、(ウチの部屋のテレビアンテナ端子からFMの電波拾えるのかな・・・)と思い、長めのアンテナ線を購入、KENWOODのRD-VH7PCに繋いでみる。
聴けるFM局がドーンと増えました。
ついでにスピーカーケーブルをちょっといいやつに変更。心なしか音の情報量が増えて、つやが出たような。多分気のせい。

夜遅く、キングゲイナーDVDが届く。
冒頭から物語に引き込む力がすごいです。
マッタリ感なんて微塵もなく、一気に怒濤の展開。基本設定はその都度、必要なときに上手く物語に絡ませながら提示していきます。
面白いねぇ(TT

ところで、収録ミスにつき回収という件ですけど、やはり2話に比べて1話の画質の悪さが気になります。ベタ塗り部分に微妙なグラデーションがかかっているような場面で、縞模様がはっきりと分かります。フルカラー画像をハイカラーモードで見せられているような感じ。
2月中旬に交換回収となるそうです。でも、これって、プレミアついたりしないだろうか? 交換作業が終了した頃に、「幻の初回出荷・回収版」みたいな感じでヤフオクで高値で売られたりして。

12がつ26にち(木)
私的仕事納め。
1日中、文章書いてました。文章書きすぎ。

キングゲイナーは明日受け取ることにしました。
明日からドバッと8連休。昼夜逆転生活の予感。
3,4日はだらだらぁんとするつもり。

12がつ25にち(水)
amazon.co.jpに「キングゲイナーDVD」を予約していました。やっぱ見たいっすよね。
先入観なしで楽しく見たいので、出来るだけ情報遮断しています。
しかし、先週末の報道では「間違って先行公開版をプレスしてしまったので、回収し、発売を2月に延期する」とのことでした。
そんな中、amazonからの宅配不在票がポストに。
いいんでしょうか? amazon的には知らんぷりして出荷しちゃった方が楽なのは分かるけど。
しっかし、最近、DVDの回収騒ぎが多すぎませんか?
「カットが抜けてた」とか「音が左右逆だった」とか。
先行公開版だろうと、とりあえず早めに見られるならいいけど、交換は面倒。

12がつ24にち(火)
Microsoftからのクリスマスプレゼント、確かに頂戴しました。
というのも、ThinkPad X24につなぐつもりで以前買ったMicrosoft Trackball OpticalをMac G4に繋ごうと、OS X用のドライバをダウンロードしに行ったら、OS X用 Remote Desktopを発見。今日アップされたみたいです。
早速ダウンロードして実行。こんな感じになりました。

左上の派手なデスクトップが X24 の画面。壁紙はネタです。Mac/X24間でファイルコピーも出来ます。無線LAN程度じゃ激遅ですけど。一緒にVirtual PC でWindows95 と PC DOS を立ち上げると、もう訳が分からない状態に。
動画再生はさすがに5fpsって感じ。音声は意外とまともに再生されます。
何に使うかといえば、まあ、ちょっとしたファイル転送程度でしょうけど、とにかく面白い。

Mac OS X がVer.10.2.3になり、なぜかアルプスのプリンタMD-5500が動くようになったという噂があり、試してみる。
(10.1.5まではちゃんと動くのに、10.2になったら動かなくなり「原因調査中」ということになっていたのでした。)
あははー、動きました。これでもう、OS 9環境はほとんど不要になりました。他のプリンタ買ったりしなくて良かったよ〜。よしよし。

12がつ23にち(月)
某通販業者と、ちょっと揉める。
だって、灰羽連盟1のDVD、在庫あるというから注文したら「やっぱ在庫ないのでメーカー取り寄せになる。少なくとも1週間以上かかるし、メーカーになければキャンセル。」って言うんだもの。
初回版が送られてくる保証はないし、世の中の販売店から初回版が消え失せた頃に「メーカーにもなかったからキャンセル」と言われても非常に困る。
だったら注文キャンセルでいいからと言っても、
「HPにもある通り、お客様の都合でのキャンセルは出来ません」
って、在庫ないのはソッチの都合じゃないか〜(TT
電話で交渉した末に届いたメールには「今回特別にキャンセルを受け付けます」とありました。
とにかく「特別」という単語が目立つメールでした。
最終確認したいから電話欲しいとあり、電話したら、また違う担当者で、状況を1から説明。
「今後、このようなことがないようにしてください」
なんて言われてしまった。それはこっちのセリフだよ・・・。

ANIMAXで1st ガンダムが始まった。面白い。よくもまあ、これだけ名セリフが連発で出てくるものです。

12がつ22にち(日)
ちょびちょびと色を塗ったりしています。
クリスマス絵のつもりでしたが、とうに諦めています。
敗因は、背景を含め、描きたいイメージの「雰囲気」(構図ではない)が固まらないままに描き進めてしまったこと。
いつもは、「ああ、こんな雰囲気の『場』を描きたいな〜」というイメージが先行して、それに合った人物をあてはめています。だからキャラ単体に魅力が乏しくてもそれほど気にしていません。
(わ、なんかすごいエラそうです。すみません。)
魅力的なキャラ描けたらな〜とは思いますが・・・
今回、なんとなくキャラ描いて、後付でどんな雰囲気にしようかな、なんて考えてしまって、結局、その雰囲気が上手く思い浮かばなくてやる気が出ないというわけです。
猛省しています。
お陰で、今後描きたい「雰囲気」がたくさん湧いています。
罰ゲームとして、今描いてる絵も放棄せず仕上げます。

12がつ21にち(土)
三連休。
先日、古いMacを譲った友人、暗い声で「手持ちのハードディスクをスレーブに増設したら動作が変になって、データ飛んだかも・・・」だそうです。
いきなり改造か〜。初期バージョンの青白G3はスレーブ増設の動作保証されてないんだけど。
「メーカーが同じハードディスク同士なら増設できることもあるけど。どうしても増設したければ一時的にCD-ROMのスレーブに繋ぐといいよ。遅いけど。後でPCIのATAカードを挿すのがおすすめ。」
とアドバイスしておく。
大量のデータが入っていたHDだったそうで、なんかこっちが悪いことをしたような気分に。
「あ、メモリーは1GBに増設したよ」
って、キミ、それも危険! 1GBにフル増設すると不安定になる事例が多いから、ボク、あえて768MBに抑えてたんだってば。
「その状態でHD増設したら、多分、電源がヤバいと思う。未使用の強化電源ユニットあるけど欲しい? 19800円だったけど、3000円でいいや。」
「買う!」
商談成立。
(後日、HDの中身は無事だったと報告あり。よかったよかった。)

とにかく古めのMacをいじり倒すのが好きな人で、今までのメインマシンもG3化したPM8500と中古のiMacストロベリー。確かMacintosh SE/30も持っていたはず。
iMacが死んだので次期メイン機を探していたそうです。
どれもこれもバラしづらい筐体ばかりだから、青白のメンテのしやすさには感動していることでしょう。
(今回、そのイジりやすさが仇となったともいえますが。)

12がつ20にち(金)
最近TVショッピングで気になる物といえば、プライムショッピングの「レインボーアート」と「スプレーFX」ですね。子供向けのおもちゃとはいえ、画材には注目してしまいます。どちらも4980円。
レインボーアートはT型のスポンジブラシに数色の絵の具をつけると虹のようなグラデーションでお絵かきできるという商品。それはそれで、ああ、なるほどといった感じ。
でも、TVCMでの商品紹介には相当な無理を感じます。
「絵はもちろん、文字を書いたり・・・」
というナレーションまでは許容範囲としても、
「ゲームだって!」
の画面は三目並べ。
○|○|×
−+ー+ー
×|○|×
− +−+−
 |×|○
ですよ。
鉛筆でいいんじゃないかと。

スプレーFXは、いわゆるエアブラシ。電池式のコンプレッサーに専用ペンをセットするとお手軽にブラシペイントが出来るという商品です。
マスキングシート(蝶の形とかがくりぬいてあるやつ)と専用ペン6色付きなのですが、CMで見る限り、そのペンの色がものすごくエグくて、これがアメーリカンな感覚なのかなとちょっとしたカルチャーショック。6色しか無いなら、もう少し別のチョイスもあるだろうに。
ペンをセットするエアブラシといえば多くのプロも御用達の「コピックエアーブラッシングシステム」が思い出されます。
カラー原稿でよく使われる「コピック」を差し込むとエアブラシになってしまうやつ。
コピックは1本380円。これ6本と、エアブラシのハンドピース、ボンベでメーカー希望小売価格の合計は4380円と。スプレーFXより安いじゃん・・・。
コンプレッサーとボンベの違いはあるにしても、スプレーFXの割高感は否めません。

昔、エアブラシで絵を描いていたことがありました。で、エアブラシって絵の具の消費量がすごいんです。ペン1本分のインクなんて瞬殺のはず。それにマスクも必需品。マスクしないと鼻の中がカラフルになります。もちろんCMのお子ちゃま達、マスクなんてしてません。
キュリオシティ内の「プライムショッピング」ホームページを見ると、ペンは別売りもしているみたい。でも、通販一覧メニューにペンが載ってないんですが・・・(−−;
それと、いくら無害な材料を使っているといっても、インクの霧を肺に吸い込んでも問題なしなんだろうか。大丈夫なんでしょうねー、きっと。わかんないけど。

12がつ19にち(木)
灰羽連盟は最終回だったか。
BBSでは感動したという声が多いようなので、年末にビデオを一気に見ようか。
全13話だし、1話目のDVD、2000円だし、買おうかな、どうしようかな。
久しぶりにシスプリRePureを見たけど、しばらく見ぬうちに、いい感じに絵がヘボまってます。
こうでなくっちゃ。
Bパートのエンディング曲、週替わりで岡崎律子さんの歌なんですね。
贅沢だ〜。
歌のCDだけ欲しいかも。

12がつ18にち(水)
また東京へ。
昼だというのに夕暮れの雰囲気でした。

用事は予想外に早く済んでしまい、暇なので、秋葉原へ。
ThinkPad X24用の英語キーボードを衝動買いしてしまいました。
キーボード交換なんて楽勝だろうという予想に反し、結構手強かったので、注意すべき点を書きたいと思います。

このページもGoogleに引っかかりますから、まずはお悩みの方が検索しそうなキーワードを書いておきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ThinkPad X22 X23 X24 ASCII 配列 英語キーボード 交換 換装
トラブル ドライバ JIS 日本語キーボード
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こんなところでしょうか。

交換手順の図説が付いていますが、コツが要ります。

・日本語キーボードを外すときは、かなり、たわみます。裏から青いパーツを押して、出来た隙間に指を押し入れていくと、バリッとはずれます。

・図説にはありませんが、電源ボタン周辺の細長いプラスチックパーツを移植しなくてはなりません。折れそうな不安感と戦い、パーツの中央を斜め上に押し上げるような感じに、ひねって外します。慎重にゆっくりと。

・英語キーボードを取り付けるときは、キーボード全体を軽く曲げて中央部を凹ませておきます。取り付けるときにどうしても真ん中がふくらむような力がかかるので、キーボード全体が浮いてしまうのを防ぐためです。

・「デバイスマネージャ」には「101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード」と表示されるのに、キーマッピングがJISのままという場合があります。デバイスマネージャでキーボードのプロパティを表示させ、「ドライバ」タブを選択。「ドライバの更新」を押し、ウィザードから「一覧または特定の場所からインストールする」→「検索しないで、インストールするドライバを選択する」→「101/102 英語機ボード・・・」が選択されている状態で「次へ」→確認ダイアログに「はい」。これで強制的にドライバが再インストールされ、ASCII配列になります。

うちのX24の場合、プラスチックパーツは極めて外れ難かったです。両面テープや接着剤がついているのではと思うほど。
ドライバの再インストールについても相当悩みました。
でも右手小指近辺のキーが2/3サイズじゃなくなったし、「:」を打とうとして「+」を打ってしまうこともなくなるでしょう。
ネット検索ではキーボード交換についてまとまった情報が見つからなかったので、参考になればと思います。
(もちろん自己責任でお願いします・・・あ、これでボクのX24は保証対象外!?)

12がつ17にち(火)
さようなら青白Mac G3。
お世話になりました。

東芝のRD-XS40、テレビCMはいつまでたっても「近日発売」のままです。
今回のXS40発売にあたり、東芝は自前のTV予約サイトを立ち上げる予定でした。
そのサイト「テレビサーフ」が本日から公開された模様。
XS40ユーザー向けのサイトなので、個人認証が必要なのですが、その方法が全く分かりません。
Toshiba IDとか、ニックネームを入れろ、と表示されてもそんなもの知らねーし。
説明ページを見ると「このボタンを押してアカウント登録してください」とあるけど、リンク先にあるのはXS40のユーザー情報参照画面。ニックネームなんてどこにあるの?
2時間近くあれこれいじっても結局謎は解けず、「お問い合わせフォーム」に「さっぱり訳分かりません」と書いて送りました。
その「テレビサーフ」ですが、夜半過ぎに削除され、アクセス不能に。
余程苦情が多かったんでしょう。マジで意味不明でしたから。

※翌朝には「分かりづらい部分があったため、サイトを一時閉鎖し、新たに説明文を作成します」というメールが届いていました。いや、あれは分かりづらいといったレベルを超えてたし。
復活に随分時間がかかっているところをみると、説明不足程度の問題ではなく、ID発行等の基本的な部分が未実装だったのではないでしょうか?
つうか、公開前に気づけ! 東芝!
ま、実際のiEPG予約にはON TV JAPANを使ってるから、東芝のページがないからといって、別に不自由しないんですけどね。

12がつ16にち(月)
最近ご無沙汰だったラーメン屋「花月」のバリ辛ラーメンが恋しくなり、帰宅途中にかなり遠回りして向かってみたら、「毎月第3月曜日は休業」の張り紙。
自身、クジ運的なものの弱さは常々感じているけど、31分の1の定休日に当たるかなあ。
仕方なくコンビニでお弁当とおでんでも買おうかと立ち寄ったら、レジにいるのは以前、おでんのダシをほとんど入れてくれなかったおばちゃん。
でも今日は前回とはうって変わり「スープ、いっぱい入れておきますね」。
ちょっと慰められました。

全く使っていないPower Macintosh G3/400の引取先が決定。
ハードディスクを消して、オリジナルのOS8.5を入れる。

12がつ15にち(日)
ちょっと絵を描いても面白くなく、別の絵の構図ばかり浮かんできて筆が進まないし、相変わらずダメです。
XS40の機能をいろいろ試して遊んでいます。

amazon.co.jpは今まで使ってなかったんですけど、たまたま他で取り扱っていないDVDがあったので注文してみました。ええと結論からいえば、Amazonは大変危険です。
次々と表示される「おすすめ関連商品」を片っ端からクリックしてしまいそうになります。
Amazonというサイト名の由来は知りません。でも、ボク的イメージはアマゾンの原生林に生息する大量のヒル。いやマジで。
買うつもりのなかった(というか存在を知らなかった)ものまで買ってしまい、財布が干からびてしまいそう。
「この商品を買った人はこんなものも買っています」
の「ツボ突かれ率」の高さは恐ろしいほどです。
例えば、1冊のマンガを選んだとして、「この商品を買った人は・・・」に同じ作者やシリーズが出てくるのは当然としても、作者もジャンルも全く違う作品が、脈絡無く紹介されることがあります。
でも、それ、ボクも好きだったりするわけです。
見ず知らずの誰かと相通じる好みを持っているというのが面白くもあり、少々気持ち悪くもあります。
「この商品とこの商品、両方買ったヤツと、ボク、意気投合するんだろうな〜」と思います。

12がつ14にち(土)
いつになく早く起きて、近所の電気屋さんへ。といっても11時ですけど。
もうRD-XS40、買う気満々です。
店員さんに入荷状況を聞くと、予定では今日中に2台届く予定で、1台は既に予約済みとの話。かなりの品薄らしいのですが、今予約してもらえれば残りの1台を提供できるとのことで、価格やポイント還元もネット通販と同等以上だし、予約しました。ラッキーだったかも。
食料品とかを買い、一旦自宅に戻った直後の12:30、入荷したとの電話があり、また電気屋さんへ。

さようなら、ボーナス。
意外と重めの箱をぶら下げて帰宅。買い物してワクワクするのは久しぶり。
初めての分野の品物を買うというのはいいものですな。

さて、手持ちのAV機器(普通のワイドテレビ、ビデオ、DVDプレーヤー、ケーブルテレビのチューナー、ゲーム機3台)にXS40を加えた上で、全ての機材の画像をテレビに出力できて、録画に問題が出ない接続方法を考えなくてはいけません。
パズルっぽくて結構楽しいし、苦痛ではないものの、面倒ではあります。
途中休憩を挟みながら、構成が固まったのが午後5時。LANケーブルが部屋の中央を横断してるけど仕方ないや。

XS40はネットワーク機能を使って、パソコンから簡単なコントロールをすることが出来ます。動作保証されているのはWindowsのみですが、設定変更やインターネット上のTV番組表(インターネットTVガイド等)を通じたiEPG予約など、ブラウザベースの機能はMacでも可能。ネットリモコン機能はWindowsじゃないと動きませんでした。
で、記念すべき初予約録画は時間的に、「カスミン」かなあ(;´Д`)
キャラデザ、馬越嘉彦さんなのね。「どれみ」の人だ。

マニュアルを見れば、これでもかというほどに機能てんこ盛り。でも、上手く消化されているので煩わしさはありません。使いやすいと思う。「クイックメニュー」ボタンがマウスの右クリックに近いフィーリングです。
肝心の画質はSPモード(4.6Mbpsくらい)ならボク的に十分。SVHSの標準録画以上です。
何といっても安楽。もうVHSのテープデッキには後戻りできない予感。
買ってよかったと素直に思います。

12がつ13にち(金)
ゆっくり起きて東京へ。
しっかし、まあ、なんて青空なのでしょう。気持ちよいです。
たまたま電車の最前部に乗り、ガラス越しに運転席から広がる光景を眺めていました。
「黄色い線の内側まで下がってお待ち下さ」らない客って、運転席から見ると恐いです。警笛鳴らされて当然だと思いました。

まっすぐに伸びた、ぴかぴかのレールに青空が映り込んで、なんだか綺麗だし、普段見慣れない景色が新鮮で楽しかった。

用事を済ませた後、某有名ラーメン店へ。
味はまずまずでしたが、バイトの質が下がったね〜。
以前は全員男性で、結構ピリピリした雰囲気だったのに、カウンター客の背後にやる気なさげに女の子ふたりが立っていて、それに男が加わって談笑。
厨房の中でも、マウンテンバイクがどうしたとか、デジカメがどうしたとか、大きな声で雑談。
この店、終わりは近いと見た。

帰宅後、ネットで東芝のRD-XS40(HDD/DVDビデオレコーダ)が発売されたことを知る。
ラーメン食べなきゃ電気屋に立ち寄れたかも。
出遅れ感は否めません。

12がつ12にち(木)
また書くことがない・・・

突然ですが、ギャンブルとは無縁です。自分でも「オイラってつまらんヤツだな」と思います。
だってどう転んでも胴元が損しないように出来てるんだもん。公営ギャンブルは「ちょっと楽しんでもらいながら税金を納めて頂くシステム」ですから。
海外の、オッズが固定されているタイプは、胴元が大損することもあるという、正に真剣勝負で、ちょっとロマンチックだけど、日本のは、ねえ。
競馬等の場合、総売上の7割程度が客に払い戻され、残りの3割が馬の賞金だったり運営経費だったり儲けだったりします。
客への還元率7割という時点で、平均より多少幸運を持ち合わせている程度では損をするように出来ているわけですよね。

馬券と同様、宝くじも1枚も買ったことがありません。
(アキバの駅前を通るとき、いつも「ちょっと買ってみようかな」とは思うんですが・・・)
スクラッチくじは論外です。ホントに1等が入っているかどうか、確かめようがない。駄菓子屋の串ドーナツくじと大差ありません。
じゃあジャンボ宝くじはどうかと。
ジャンボ宝くじは1ユニット1千万枚で構成されていて、1千万枚分の売上は30億円。
1等は1ユニットに1本で2億。前後賞が2本で1億。組違い賞は99本で990万、2等が5本で5億・・・と足し算していくと、売上30億に対する賞金総額は14億3990万円。還元率48%。うわ、低っ!
運営経費として15%かかるそうです。CMや売り場の維持、人件費、印刷代などでしょう。
自販機で売って経費を下げればいいんじゃないか? というのは民間の発想なんでしょうね。雇用の確保とか、よく分かんない理由なのでしょう。

それはいいとして、絶対に納得いかないのが、6等3000円、7等300円の存在です。
3億円を期待して買ったくじで300円当たって嬉しいか?
6等、7等の賞金総額はそれぞれ3億です。6等や7等を設定するなら1等前後賞をあと2本増やせ、と。
多分、6、7等の賞金のうち、換金されない分も見越した上で利益を見込んでるんでしょう。
例えば6等当選の2割、7等の6割が換金されなかったとすると、実質的な還元率は40%以下になります。ウッハウハです。
連番10枚で当選金額300円。換金が面倒に感じる絶妙な設定です。
主催者はきっと「貧乏人の皆様、こういう細かい手間を惜しんでるからいつまでも貧乏人は貧乏なままなんですよ? あなた方が300円を換金なさらないお陰で丸儲けさせて頂いております。ありがたいことです。」って思ってるはずです! そうに違いありません。

1回のジャンボ宝くじ発売で、少なくとも数十億の未払い当選金が発生していることでしょう。で、そのほとんどは7等300円。塵も積もれば・・・。
この7等当たり券を上手く回収することが出来れば巨万の富を得られること間違いなし。
何か上手い方法はないものでしょうか?

12がつ11にち(水)
書くことが見つかりません。
完全にお手上げ。
寝ます。
最近早寝です。

12がつ10にち(火)
今日は会議。その後、飲み会の予定でした。
朝、飲み会の世話役に「直前になって『行けなくなった』なんて言い出すヤツが絶対いるから、会費は早めに集めておいた方がいいよん」なんていいながら快く3500円也を払ったボクです。

会議後、急な依頼があり、飲み会に行けなくなりました。
「行けなくなった」と言い出すヤツが絶対いると思ったんですよ。予想通りです。
でもそれが自分だったというのは、かなり意外な展開でした。
今朝の発言の手前、「金返せ〜」とは言えず、缶入りポタージュを飲みながら作業。
すごくさみしい。

12がつ9にち(月)
ホントに雪が積もった。
朝、外を通るクルマが「ずしゃーー」という音を立てていて、あれ? と思ってカーテンを開けたら景色が一変していました。
ああ、昨日降ってくれていたら雪道を散歩したのになあ。ほんと、残念。

職場が引っ越ししてから2週間。毎日違う店でお昼を食べています。
駅に近いといっても、これといった駅前商店街があるわけでもなく期待はずれでしたが、探せばいろいろありまして、なかなか充実したランチ生活です。
でも、そば、うどん、ラーメン屋がない。以前の事務所の近くは、そば、うどん、ラーメン屋しかなかったのに。
あの、1日4時間しか営業せず、土日は休み、メニューが4種類しかないうどん屋に行きたい。あそこは美味しかった。
うまくいかないです。

12がつ8にち(日)
いやー、ぜーんぜん絵を描く気がしない。
前の絵を描いてたときは楽しくて仕方なかったのに、なんなのでしょう。
絵柄をやや、ありがちな方向に振ってみたら、とたんに描くのがつまらなくなった。
なら別の絵描けばいいんですが、なんだか悔しいし。
そういうわけで、机の前に座っていても作業は遅々として進みません。
あ゛〜っ、気合いが足りねーーーーっ!
TINAMIとサーパラの登録情報もずいぶん更新していませんが、こんな調子じゃ更新する気もしません。

12がつ7にち(土)
先週に引き続き、また午後5時から9時まで寝てしまい、SEED見逃し。もういいや。

今日は寝てただけなので、昨日書き忘れたことを。

ザ・コン館ではいまだにSOTECのAFiNA用CDコンポ、RD-VH7PCが売られています。9800円。もともとは4万円くらいの商品だったと思う。75%OFF。
SOTECのAVパソコンAFiNA用にKENWOODが提供していたオプションなんですが、単体で普通のCDコンポとして、あるいはUSBスピーカーとしても使用可。
1年ほど前、量販店に大量に出回ったんですが、圧倒的なコストパフォーマンスで結構話題になりました。「サラウンドスピーカー用に」と数セットまとめ買いした人もいたようです。
ボクも今年の4月に買ったのですが、この内容で1万円は絶対お買い得。3万円程度のラジカセとは別格の音が出ます。
仮に4万円で買っていたとしても「割といい音がするな」という感想だったと思います。
デザインも落ち着いていて好き。
今年の私的ベストコストパフォーマンス賞です。
しっかし、これ、SOTECは一体何台生産依頼をかけたんだろう。いつまでたっても市場から消えません。それほど大量に不良在庫化したってことだよね。そりゃ経営も傾くってものです。
9800円なら・・・と意味無くもう1台欲しいような気もしてくるんですが、マジで意味がないのでやめておきますけど。
いろいろな部屋で音楽が聴きたいから、という理由で3万円のラジカセを買うなら、これ3台買って3部屋に設置した方が満足度が高いと思います。

12がつ6にち(金)
今日は休日出勤分の代休。
仕事関係で見積もり取らなきゃなんないし、秋葉原に行こうかと。
用事を済ませてブラついたものの、特に買う物もなし。
しっかしガチャガチャが増えたなぁ。軒先に置いておくだけだから楽なんだろうな。
3回やったらダブった。やる気を失う。
自分のクジ運のなさに軽くヘコむ。

DVDのクーポン券を使いたくて、LaOXホビー館に行ってみる。以前DVD&ゲームソフト売り場だった2Fがガンダム関連専門になっていた。
DVDはというと1Fの奥、棚の陰にちんまりとありました。レンタルビデオのアダルトコーナーの様相。
面積縮小からか、買いたいものが見つからず、諦める。

12がつ5にち(木)
匠の方々が作成されたMIDIデータを常用しているMacで再生したいものですなあと思い、EDIROL(ローランド)のページを見ていたところ、USB用MIDIインターフェースのOS X用ドライバが配布されていることに気づいたのは一昨日。
「ワるきゅーレ」DVD3巻を買うついでにパソコンショップで「UM-1」というインターフェースを購入しました。

Windows機からSC-88Proを外し、Macに接続し直す。
インターフェースドライバを入れてMIDIファイルをダブルクリックすれば88Proがなるだろうと思ったらQuickTimeのソフトシンセが鳴りやがりました。
QuickTimeプレイヤーは外部音源を鳴らせないらしい。

その後、Mac OS Xに対応したMIDIプレイヤーを検索しまくりましたが、いや、もう、マジでありません。
やっとMIDIPolishというソフトを見つけましたが、これも開発途上のデモ版という位置づけのため、機能はただひとつ「MIDIファイルを再生する」これだけ。プレイリスト作成などの小洒落た機能は全く実装されていません。
とりあえずこのソフトで、ちゃんと音が出ることを確認できました。
(もう一つ、m-ca-Playerというソフトも見つけましたが、こちらも再生できるだけ。拡張子がmidだと開けるのにMIDだとダメという不具合があるようでした。)
Passing Tensionさんのヨーグルトさん作成MIDIデータ「綺堂さくら」も聴けたし、ま、いいか。

「綺堂さくら」は「とらハ1」というゲームのBGM。メロディはなかなか良いのにアレンジらしいアレンジが全然されていないのが残念な曲。
(単音のメロディにコードを全音符でかぶせただけという寂しさ・・・とらハ1のBGMは全曲そんな感じ)
それを完全にアレンジし直したのが件の曲です。
(ヨーグルトさんは、後に「とらハ」シリーズのBGM制作に参加することになります。同人やってたら本家から声がかかったというわけでしょうか。すごいですね。)
原曲とアレンジ版を聴き比べるたびに「アレンジって偉大だなあ」という感を強くします。
もちろん普通のコピーもすごく上手で、「似てる似てない」というレベルではなく、「原曲そのまま」です。

とにかくOS X上のMIDIジュークボックスソフトが欲しいのです。
凝った機能はいらないから、せめてプレイリスト作成は出来る程度のやつ。
ボクが見つけられなかっただけで、世の中には存在するのでしょうか?
今、ごく普通のMIDIプレイヤーをリリースすれば、競合ソフトは全くなしです。チャンスです。誰か出してください。

12がつ4にち(水)
帰宅後、そういえば「ワるきゅーレ」のDVD、3巻目っていつ発売だっけ? と調べたら、もう2週間も前に出ている出ているじゃないですか〜。
よもや初回生産版が売り切れるということはないだろうけど、ちょっと心配でネット通販各店の在庫状況を調べてみましたがよく分かりません。
在庫は若干数あるものの、それが初回版かが不明。
普通に考えれば、たった2週間で再生産版が出荷されるわけはないと信じて、明日店頭で探すことにします。

灰羽は今週も2話放送。来週も2話放送らしい。

12がつ3にち(火)
事務所に最近設置された自販機に缶入りのコーンポタージュスープがありまして、大人気です。
缶入りポタージュに入っているスイートコーンは、どうしてあれほど狂おしい存在なのか?
飲み終わったときに缶の中に残る数粒のコーンのやるせなさ。
缶を叩いたり吸ったり舌を入れたりして、全てのコーンを食べきったときの達成感。あれは一体なんなんだ。
缶の飲み口に引っかかってどうしても出てこないスイートコーン2粒。それを残したまま缶を捨てるときの残念感ときたら、もう。
スイートコーンの缶詰は250gで100円くらい。ひと缶に何粒入っているかは知りませんが、仮に1000粒だとすれば、一粒0.1円。
1円にも満たないものに一喜一憂している我々って、さびしい。

12がつ2にち(月)
大阪から帰り、事務所に出社したら机の上に大阪が乗っていました。

大阪のぬいぐるみ。
プレゼント。ありがとうございます。

あー、書くことないや。
落書きでごまかしてみました。

12がつ1にち(日)
天気悪いし、気力もないし、ぐうたらです。

おとといみたいな遠出のときや、ちょっとした暇な時間に気楽に動画が見られたらいいなあなんて思いました。
DVDウォークマンやシャープのMPEG4専用再生機みたいなのもありますが、却下なのです。単機能のものをこれ以上持ち歩くのは辛いです。
そういうわけで、いつも持ち歩いているSigmarionIIで動画を再生するのが自然。
AVI形式の場合、1時間あたり100MB程度のファイルサイズでもそれなりに見られる動画になりますから、256MBのコンパクトフラッシュに映画が1本入ることになります。
でも標準のMedia Playerは動画が再生出来ません。Microsoft、なんとかしてください。

で、調べてみると「PocketTV」というシェアウェアが存在するらしい。
早速ダウンロードして実行しようとしても、「WindowsCEのプログラムではありません」みたいなダイアログが出て先に進めず、焦る。MIPSにも対応しているって書いてあるのに。
英語のホームページをよく読むと、「実行できなくても騒ぐな。そんなときはここからインストーラーをダウンロードするのだ!」だそうで、やっと上手くいきました。
手持ちのビデオテープをMPEG1でキャプチャして、TMPGEncのフリー版で適当にサイズやフレームレートを小さくしてみました。
こんなかんじだったり、

こんなかんじだったり。

なんとかスムースに再生できるのはこの程度。うー小さいなぁ。3.5cm×5cmってところ。
せめて上下一杯、320×240で再生したいところです。
しかも全体的に再生テンポがちょっとだけ遅くて、音程が下がっています。
どれみさんの声もメゾソプラノって感じ。
うー、動画再生にSigmarionIIでは力不足のようです。
昨今のXscaleマシンならどうなんだろう? 余裕なんすかね?
というわけで手持ちPDAで動画鑑賞計画はあっさり頓挫。しょんぼり。

 

2002年11月

11がつ30にち(土)
昼頃に起床。野暮用を済ませ、2日分の食料を買い込み夕方帰宅。軽食取ったらまた眠くなり、午後5時から9時まで寝てしまう。
あーダルい。なーんにもしない1日でした。
SEED見るの忘れたー。まーいーや。

夜、東京ミュウミュウ35話を見る。

ざくろお姉さん、ぐーぱーーんち! キッシュの顔が・・・
さすが石野作画監督。飛ばしすぎです。
でも、しんみり系のストーリーなのに脚本がメロメロ気味で残念。普段のバカ話なら笑って許せるのだけど。

11がつ29にち(金)
大阪では金曜の朝にプリンセスチュチュを放映しているんですね。

大阪で話題のスポットといえば、それはもちろんユニバーサルスタジオジャパン!

これがユニバーサルスタジオジャパンです。意外と小さくてがっかりです。
もちろん嘘です。すみません。

思いがけず旧友と再会し、聞けば京都に住んでいるという。
今日の会議が早く終わったら京都を案内してもらうはずだったのですが、時間的に無理でした。ものすごく残念。日を改めて、個人的に行きたいです。

長かった2週間が終わり、土日はお休みです。
多分丸2日間、死んでると思う。

11がつ28にち(木)
早朝、すし詰め電車で東京駅に行き、新幹線に乗り換え、大阪へ。
道中、ものすごく暇。京都で途中下車したかった。

会議を終えて、ふぐ料理店へ。それなりに高級なお店らしいです。もちろんおごり。
おごられてるのになんですが、感動するほど美味しいかと言われれば、それほどでも。歯ごたえはいいけど。
あ、でもキモは美味しかったです。
食事会を終え、お友達とホテル周辺をふらふらと散歩。屋台でたこ焼き買って、深夜の公園で食べる。怪しい二人連れだと思う。
ホテルの通販専門チャンネルで紹介していたクラシック名曲集CDが欲しくなり携帯で注文しようかと思ったけど、やめました。

11がつ27にち(水)
明日から1泊で大阪です。
早起きしなくちゃならないし、正直、面倒。単なる会議を大阪で行う理由もないし。

灰羽連盟、深夜の2話連続放送。とても見られません。そもそもビデオに録り続けているけど3話目あたりから見ていない。
このところ、録り続けたけど結局見ていないというパターンが頻発中。
なぜそうなるかというと、これはもう、テープというシーケンシャルでリニアなメディアの特性のためです。いや、絶対に。
例えば忙しくて3週分テープに溜まっているのに1話分しか見る暇がないという場合、3話分巻き戻し、1話分見て、2話分早送りして翌週の放映に備えるという手順になります。この「2話分早送り」が面倒くさい!
巻き戻しなら頭出しボタン3回でOKですが、早送りはカウンターがゼロになるのをじっと見ていないとテープを進めすぎてしまいます。
ビデオデッキは「録画スタート情報(VISS信号)」は書き込むのに「録画ストップ情報」は書き込みません。番組の「頭出し」だけじゃなくて、「尻出し(?)」をしたいのに。
シーケンシャルでリニアなメディアに不満足なら、ランダムでノンリニアなメディアに移行するのが吉のはず。
つうわけで、ハードディスクとDVDという、ノンリニアの権化のような録画マシーンの導入をマジで前向きに検討していきたいと思うのです!

11がつ26にち(火)
JRの非接触プリペイドICカード「Suica」を毎日使うようになって、その野暮なカードデザインがどうも気になっています。たくさんの人が使うものだからニュートラルなデザインの方がいいのかもしれないけど、ここまでやる気の感じられないデザインのカードも珍しいかと。
ペンギンキャラのやつとか、せめて数種類から選べればいいのですが。

まあ、無いなら作るしかあるまい。

プリンタでシールに印刷してカード全面に貼り付けるのはどうかなと思うのですが、チャージしたくて券売機に挿入したらシール剥がれました機械壊れました修理代○○万円払えやボケ、と言われそうで怖い。
精算とかで駅員さんに渡さなくちゃならなくなったときも、ちょっと恥ずかしいかも。
(見られたら恥ずかしいようなデザインを考えているらしい)
カード裏の注意書を見ると、カードの所有権はJRが持っているらしく、ユーザーは借りているという形のようです。
借り物を加工していいものかというのも微妙です。

11がつ25にち(月)
今日から職場が新築の事務所に移転なのです。電車通勤なのです。朝、平気で15分も遅れるバスとはサヨナラなのです。
通勤時間が10分短くなりました。素敵です。

昨日あきらめた無線LANの暗号化設定(128bitWEP)、上手くいきました。
ルーターを設置した業者からは「このローマ字の文章がパスワードです」と説明されたのに、PC側の無線アダプタ説明書には「16進数で26字を入力してください」としか書いてありません。
業者のパスワードを入れても「文字数が違います」とエラーだし、そもそも16進数じゃないし・・・
業者のパスワードは13文字。16進数は26桁。これってもしかしてASCIIコードに自力で変換するのかも!?
ATOKの文字パレットで1文字ずつコードを調べ、26桁の16進数を生成、入力してみました。
通りました^^ やったっ♪

・・・ってか、んなもん、分かるかーーーーっ!!
これをごく一般の人に設定しろというのは、さすがに無理があるでしょう。
普通の人がルーター買ってきて、WEPキーを「anichamacheki」なんて設定した後(普通の人は「兄チャマ、チェキ!」とか設定しませんけど)、無線LANカードの設定画面を見れば「26桁の16進数を入れろ」と書いてあれば、途方に暮れると思う。ボクだってたまたま気づいただけだし。
これだけ一般的になった無線LANですが、WEP関係の仕様はまだまだ各社バラバラって感じみたいです。

11がつ24にち(日)
今日は新事務所でパソコンのネットワーク設定。40台ほどのマシンを3人で手分けして作業。
ほとんどがWindows2000で、一部98/Meが混じってるんですが、2000に比べて98のなんと出来の悪いことか。
IPアドレス変更して2台のネットワークプリンタを設定するだけで4回くらい再起動しなくちゃならない。
その点、2000はAdministratorでログオンして、再起動は無し。立派です。
一部、802.11bで無線化したんですが、WEPの設定が上手くいかない。なぜ〜? 明日以降考えます。

あー疲れた。眠い。ここ5日ほど、1ピクセルも絵を描いてない。
日記の更新をする気力も無し。10時だけど、寝る。
乳幼児並みから小学校高学年並みにレベルアップ。

来週の東京ミュウミュウは第4回神作画祭の模様です。
キャプチャしよっと。

11がつ23にち(土)
普段ビデオに録画している「満月を探して」をリアルタイムで横目で見ながら出勤の準備。
国民の祝日なのにいつもより1時間も早く職場へ。
業者の搬出作業を手伝ったり、床の上のおびただしい量のLANケーブルを回収したり、空っぽになった事務所を掃除したり。
しかしよくもまあ、これだけ黒い綿埃が出るものです。

連日の荷造り、もう疲れた。
絵を描く暇が全然ない。
メールチェックする気もしない。
午後8時半には寝てしまう。乳幼児並み。
布団の中で両足がつった。

11がつ22にち(金)
今日は身の回りの整理。机の中とか。
いらない物ばっかりだし。

明日も出勤が確定。
「部署で誰か一人出勤してください」って言われても、他人に出ろとは言えないしねぇ。
しかもいつもより1時間も早いし。
最近、日に日にヒットポイントが削られていっているのが分かります。
金曜日は見たい番組もないし、早寝します。

絵が描きたいなあ。

11がつ21にち(木)
来週からは新築の建物に事務所が移転となるため、引っ越しの準備。
昨日から倉庫の古い書類の山の整理しています。
終わるんだろうか。
普段の運動不足がたたり、腰が痛いっス。

11がつ20にち(水)
朝、「ワイドショーじゃない!」と言い張っているワイドショーである「とくダネ」を眺めていました。
最近、拉致問題ばかり放送しています。
で、政治犯収容所みたいなところに収監されていたという人がインタビューを受けていて、いかに酷い扱いを受けていたかを語るわけです。
その内容が、
「朝、4時半に起こされて、30kgの荷物を背負わされ、500mの距離を100往復させられる。その後畑仕事をさせられ、それが終わったらまた別の仕事。」
なんだそうです。
500mの往復で1km。100往復で100kmかよ〜。嘘くさ〜。
ヒトが歩く速度は普通時速4〜5kmといったところでしょう。餓死者が出るほどの栄養状態の人たちが30kgの荷物を背負っているのだから一般人が歩く以上のスピードが出るとは思えません。
時速5kmだとしても100往復に20時間かかるって。
もう、明らかに誇張。
(まさか「500mの移動はトラックの荷台に乗っている。荷物背負ったまま。」なんてオチはないですよね? そんなこと全く言っていなかったし。)
どうしてこうも無批判なんだろう。「局側は証言者の発言にまで責任持ちません」ということなんだろうか。まさか気づかなかったってことはないだろうし。
TBSのオウム報道問題の教訓が全然生きてないんじゃない? 番組としてのひとつの方向性を決めたら、その方向性を強化するものであればどんな怪しい素材であっても躊躇なく使ってしまう。
ワイドショーに目くじら立てなくてもいいんですが、報道番組のフリをしているしな〜。
東スポみたいに、99個のネタの中に1個の真実が混入しているなら「あの記事、ネタじゃなかったんだ!」と驚けばいいだけの話ですが、99個の真実の中に1個のネタを仕込むのは悪質で不利益が多い。どんなに不利益が多くても、それを律することが出来るのは報道する側しかないんですよね。

11がつ19にち(火)
今の職場の事務所が移転するんですが、新しい建物の工事もほぼ終わり、今日は配線関係の工事立ち会いに借り出されました。
午後1時からという話だったのに、業者は現れず、業者手配した担当に連絡しても「もう少し待っていてほしい」ばかりで要領を得ない。
連れと一緒にぼんやりと駐車場工事を眺めて過ごす。
モノが出来上がっていく様子を見るのはおもしろい。
昔、NHKで時々やってた「手仕事にっぽん」という番組が好きでした。
職人さんがカゴ作ったりしている様子を淡々と見せるだけの番組でした。
駐車場の車輪止めブロックを取り付ける作業ひとつとっても「なるほどこうやって取り付けるのか」と興味深い。
 ・アスファルトにドリルで穴を二つ開け
 ・穴にジョウロでコンクリートを流し込み
 ・コンクリートブロックの裏に接着剤を塗り
 ・ちょっと乾かし
 ・ブロックの裏の鉄棒を穴に差し込み
 ・ゴムハンマーで上から思い切り3発叩き
 ・斜め横から軽く2発叩き
 ・ブロックとアスファルトの間をコーキング材で埋め、完成
という手順です。1時間少々で駐車場20台分、計40個のブロックの取り付けが完了。
特にゴムハンマーで叩く回数に、その職人さんのこだわりのようなものが感じられました。
おもしろいなあ。

配線工事立ち会いは、
「どの辺から線、出しましょう?」
「じゃ、この辺から」
「分かりました」
「ボクら、最後まで立ち会った方がいいですか?」
「いえ、後はやっておきますから」
ということで、3時間待って、10秒で終了。

11がつ18にち(月)
お友達の壊れたハードディスクを見せてもらいました。
裏側のコントロール基板のチップが焦げていました。
この症例には見覚えがあります。
以前、ある方から「ハードディスクの基板が壊れたので部品取り用に譲ってもらえませんか?」というメールを頂いたことがあります。その時のハードディスクがQuantumのFireball lct 20.4GB。今日見たのも同じlct 20.4GB。チップの焦げ具合も一緒。
うちのWindows98マシンからlctを取り出して、基板を貸し、データを復旧させることにしました。
それはそれでいいのですが、身の回りで2台の全く同じ型番のHDが全く同じ症状で逝去したとなると、ボクのlctだっていつ基板が焦げてもおかしくないってことだよな〜。激しく揺らぐ信頼性。
別のドライブと交換したい。でもほとんど使っていないWindowsマシンに追加投資はイヤだな・・・だったらいっそ安いパーツで1台組むか・・・小さな筐体で・・・ビデオキャプチャ専用というのもいいかも・・・とダメな方向に思考が進んでいきます。
ボーナス近いしなァ〜。
基板が焦げるという症状が一般的なのかどうかをGoogleで検索しましたが見つかりませんでした。

11がつ17にち(日)
ビデオデッキが1台しかないので、テープの片隅に適当に録画してしまった番組を保存したくなったときはMacでビデオキャプチャしています。
そんなMPEG-2ファイルが30GBくらいになり、ちょっと邪魔。
せっかくDVD-Rドライブ内蔵のマシンを使っているのに、DVD-Rメディアを一度も焼いたことがないというのももったいなさげ。
DVD-Videoのオーサリング環境もあることだし、何か試しに作ってみようかという気分になる。

素材は、何となく惰性でキャプチャし続けていて、失敗してファイルが壊れても惜しくない「Kiddy Grade」。パンツアニメです。1〜5話がぎりぎり入るんじゃないかという目算。
CMをカットしてMPEG-2で書き出すという作業を繰り返す。やや面倒。
作業が進み、5話目を編集しようとしてもうまくいかない。
キャプチャファイルの情報を表示させると、なんと0バイト。
だ〜っ! 5話目、全然キャプチャ出来てなかったですか! (´Д⊂ヽ
もう萎え萎えです。やる気は完全にゼロに。

もうすぐ東芝からネットワーク接続機能付きのHD/DVDレコーダが出るんだよな〜。欲しいな〜。でも15万くらいらしいしな〜。ファイルをPCに書き出したりは出来ないようだから、やや面白味には欠けるよな〜。

11がつ16にち(土)
髪切って、食料品買い込んで、ぐーたらして終わり〜って感じ。

一人暮らしの自炊では、いかに手をかけず、安く、それなりにおいしい物を作るかというのが最大のテーマとなります。
そういう意味で、最近、手軽さとおいしさのバランスがいい感じだと思うのが、アンチョビとツナのトマトソーススパゲティ。
適当に
これ、缶詰3つで妙にイタリアンレストランっぽい味になります。

○材料(2人分)
 ・スパゲティ(乾麺)300g 味が濃いめなので1.8mmがおすすめ。材料費90円くらい。
 ・カゴメ「基本のトマトソース」 缶入り 150円
 ・缶入りアンチョビ これが高い。350円。
 ・ツナ缶(フレーク)小 100円
 ・オリーブオイル少々
 ・鷹の爪 2本
 ・にんにくペースト少々(一人暮らしに生にんにくなど無い)
 ・塩、こしょう
 
○手順
 ・麺を煮ている間に、フライパンにオイルを入れ、熱する。
 ・種を取った鷹の爪をちぎり入れる
 ・にんにくペーストを入れる
 ・1分ほど加熱したら「基本のトマトソース」を入れて、ひと煮立ちさせる
 ・軽く油を切ったアンチョビ投入
 ・アンチョビをヘラでつぶしながらかき混ぜる
 ・更に1分後、油を切ったツナ投入
 ・こしょうで味を調える
 ・1分後、火を止める
 ・硬めにゆでた麺を入れ、ソースとからめて出来上がり

よく行くイタリアンレストランよりも安くて2倍の量が出来上がりますが、量が多すぎて困ります。
保存がきく材料ばかりなので、他に食べ物がないときの切り札的存在。
高価なアンチョビの代わりに、たとえばイカの塩辛あたりで代用できないかと考えていますが、勇気が無くてまだ試していません。

11がつ15にち(金)
東京にてミーティング。
午後6時に終わり、連れにクルマでアキバまで送ってもらう。
職場で購入予定機材品定めを終えてアキバの駅に行くと、夜が早い秋葉原とは思えない混雑ぶり。
山手線と京浜東北線、ほぼマヒ。やっと動き出せば超満員+徐行運転。
乗換駅からの路線も全体的にボロボロ。
運転手をものすごい勢いで罵倒するおじさんとそれを取り巻く人垣。
文句言って電車動くなら苦労ないが。
結局午後11時近くの帰宅となりました。
疲れた。

11がつ14にち(木)
そろそろなんか描きたいです。
線画、始めてみました。
クリスマス絵という名目ですが、只の冬っぽい絵になりそうです。
このところずっと見下ろしの構図を描きたいと思っていたので、今回こそはそのつもり。

11がつ13にち(水)
書くことなし。もうこれっぽっちも。

最近、周囲にWindows版iPodユーザーが増えてきました。
それぞれみんな満足しているようなので薦める側としては嬉しいものの、みんな10GBや20GBなのがうらやましい。
ボクの初期型5Gバージョンは一杯になってしまい、最近CD購入意欲が減ってきました。

11がつ12にち(火)
昨日のおジャ魔女ビデオを見直したり。
何度も何度も見直したくなります。

書くこともないので、先週末に届いたノワールDVDの全巻購入特典をご紹介。

まぁ釣った魚に餌をやる必要はないのかもしれないけど、こんな感じなわけです。
送料という名目で、申し込み時に切手480円分を送っています。
実際は宅配で送られてきましたが、法人の大口契約だから送料は1個あたり300円を切っていることも考えられます。
これ、原価いくらだろう。
もしかしたらビクター側の持ち出し費用、ほとんどゼロかもしれません。
雑誌の全プレみたいなものなんでしょうか?
でもクロエ(右下)はちょっと気に入った。誰が見てもクロエだし。

11がつ11にち(月)
おジャ魔女どれみドッカ〜ン!40話「どれみと魔女をやめた魔女」の録画を調達してきました。
(どうもありがとう!)
見ました。

登場人物は、魔法を使うことをやめた魔女であり、ガラス職人である未来さん。
未来さんは魔女であるが故に数百年も今の姿のままで生きています。
だから一カ所に長い期間とどまることなく、世界を旅しています。
(ポーの一族みたいなものです)
学校帰り。既に自分の世界を見つけ始めた仲間たちは忙しそうに去っていき、不意にひとりきりになったどれみさん。暇なのは自分だけ。急に孤独感や将来への漠然とした不安を感じ出します。
そんなどれみさんが、いつもと違う分かれ道を辿り、未来さんのガラス工房に迷い込みます。
未来さんはどれみさんに「魔女として生きるということ」の現実を垣間見せます。
無邪気な夢だった「魔女になること」が重く、リアリティを伴うものとなって、どれみさんにひとつの決断を迫ります。
・・・とまあ、こんな感じのストーリーが丁寧に描き込まれた叙情的な風景を舞台に展開されます。
(ネタバレ回避のため、抽象的ですみません)
ガラスのイメージをちりばめた演出も見事でした。カットひとつひとつ、画面の構成要素ひとつひとつが意味ありげで密度の高いものでした。

今回、どれみさんは徹底的に孤独に描かれていました。
(帰宅した薄暗い玄関とぽっぷちゃんのピアノに夢中の母親、とか、明るい居間でお菓子を食べる家族と暗い部屋で一人きりのどれみさんの対比、という描写は胸が痛みました。)
みんなで騒いでいても、ふとした瞬間に孤独を感じることって誰もが経験することだと思いますが、それって小6くらいからだっただろうか。
何かを選ぶことは重大事になればなるほど孤独な作業だし、選ぶ、あるいは、得る、ということは、何かを捨てることと表裏であって、そういう寂しさもひっくるめて折り合いをつけていくのも成長のひとつなのかな、とか、がらにもなく思ったりしました。
未来さんも完璧な大人の女性ではなく、自分の選んだ道の重さに崩れそうになる弱さを併せ持つ人のように感じられます。
(だから同じ道を、同じ時間を共有しながら歩む存在として、どれみさんを欲したんじゃないかな。)
ラストの行動はどれみさんとの出会いを通して、彼女もまた少し強くなったことの表現なのかなあ、なんて。

心に沁みて、後味がいい作品でした。
「ピーリカピリララってやらなかったからつまんない」と思ったお子ちゃん達も多いと思いますが、10年後に見直して欲しいですね。
DVDが発売されたらこの回だけでも買いたいと思います。

11がつ10にち(日)
galleryのページを作ったりしながらぼーっとしてみる。

今日の「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!40話」は力作だったらしい。
どれみは基本設定と主要キャラ名程度は知っているものの、実際には過去5回くらいしか見たことがありません。でも、今回のあまりの評判の良さに興味が湧いています。
ちょいと周囲を当たってみるか。
子ども向けと思って見くびっていると突然シリアスな話が展開され度肝を抜かれるのが、特撮や子ども向けアニメ好きにとっての醍醐味なのかもしれません。
最近ではクレヨンしんちゃん「オトナ帝国の逆襲」なんかが話題になっているようだし、「ウルトラセブンの地味な回はテーマが深い」と知人も言ってたし。
かといって、いつやってくるか分からない「大人向け」子ども番組を待って、毎週見るというのもなぁ。
おジャ魔女に限らず、「傑作選(対象年齢15歳以上)」みたいなDVDを出して欲しいです。

11がつ9にち(土)
先日から部屋の整理にいそしんでいるのは、これはもう部屋があまりに散らかっていたからなんですが、「近々そっちに寄る」という両親から連絡があったというのも一因です。
あまりに混沌とした部屋を見せると『昔からダメな子だったけど、ここまでダメダメな子だったか・・・』と呆れられるんじゃないかと思って。
普段親不孝なので、せめて心配かけないようにというか、ありていにいえば取り繕っておこうか、とうわけです。

「1時に着くから外で待ってろ」と言われ、待ってても来ないし。
やってきたのは1時半でした。
両親は天候を気にして、1時間ほどでさっさと帰っていきました。
自家製の梅ジュースを大量にもらう。おいしゅうございました。

夕方から絵の仕上げ。
最後にPhotoshopへ持っていき、軽く調子を整えて、完成。
トップ絵更新する。

11がつ8にち(金)
今日は先月の休日出勤の代わりで、お休み。
先週末に続き、大掃除です。
あたりまえなんですが、台所って155cmくらいの身長の人を基準に作られてるよなあ。長時間の台所仕事は腰がおかしくなりそう。

ANIMAXで以前から放送されていたらしい「カウボーイビバップ」ですが、本日が最終回でした。
ウチのケーブルテレビは11月からANIMAXが見られるようになったため、結局ラスト5話くらいしか見ることが出来ませんでした。
「途中から見ても、わかんないや」程度に流していましたが、今日の最終回はマジで痺れました。圧巻でした。
ファンの方にとっては『何を今更(苦笑)』なんでしょうけど、こんなにすごかったんですね。
台詞のひとつひとつは登場人物の過去の象徴のようにズシリと重く、画面は美しいの一言。妥協なし。あっけないほど一瞬だけど、密度の高い決着の瞬間、そして最後の台詞、エンドロール後の消えゆく星、ラストカット。
ああ、もう書いてるだけでじーんとしてきました。漢です。イカしてます。格好良すぎ。
先日「ケーブルテレビ視聴料値上げしやがって」と文句言いましたが、すみません。これ見せてもらえただけで十分です。
むしろ、どうして10月から見せてくれなかったの? と恨みごとを言いたいくらい。
第1話から見たい。もうリピート放送しないのかなー。でぃ、DVDかなー。全9巻、5万円コースか・・・

11がつ7にち(木)
帰宅したらドアに宅配業者の不在票が入っていました。
「ビクターエンターテイメント」から。
しばらく考えて、思い出しました。NoirのDVD全巻購入特典だ。
送料として切手を同封したのに、郵便じゃなくて宅配なのか。
明日、受け取ることにします。

特に書くことなし。明日はお休み。

11がつ5にち(火)
大して盛り上がらぬまま、いよいよTablet PC発売が近づいて参りました。
趣味でヘボ絵を描く身としては、グラフィック用途としての使い勝手が気になるところ。
今、絵を描くときの体勢は、タブレットの向こう側にキーボードを置いて、左手は常にCommandキー(WindowsでいうCtrlキー)、スペースキー、Z、S、Cあたりをまさぐっています。
普通、そんな感じだと思います。
Tablet PCで絵を描くとき、キーボード付きのタイプだとしても液晶を裏返してキーボードを隠す形にしないと不安定だし、そうなるとキーボードショートカットが使えない。作業取り消しをいちいちメニューから選んでられないし、外部キーボードを繋ぐのもばかばかしい。
どうすればいいんだ。

Tablet PCのペン関係部分はほとんどWACOMが作っているらしいです。
WACOMにはCintiqという魅力的だけどバカ高い液晶タブレットがあります。
もう、Tablet PCが売れまくって、WACOMがウハウハで、Tablet PCとパーツを共用した新Cintiqが劇的な安値で登場! というシナリオがボク的理想かなーと。

11がつ4にち(月)
3連休で絵を仕上げたいとトップページに書きましたが、無理でございます。
髪型変更が予想外でした。
真剣に描いてないことは確かですが、キャラ部分の完成度やっと30%程。
ウチのgalleryに載せている絵のうち、描き込み度No.1の絵になることは確実ですが、その描き込みが効果的かというと、そうでもないのが残念なところです。

11がつ3にち(日)
最近のPCには大抵
「intel inside」
「Designed for Windows XP」
「Windowsライセンスシール」
という計3枚のシールが貼られています。
デスクトップならば気になりませんが、サブノートとなるとデザイン的にすごく気になります。
どんなに細部に気を遣った筐体デザインでも、あのシールを貼られると台無し。
昔のノートPCなら液晶の額縁に貼っておけばそれなりに収まりは良かったけど、最近はパームレストに貼られることが多いみたい。しかも少々斜めになっていたり、糊がはみ出してたりすることも。
あんなシール嬉しくも何ともないって。(それってもしかしてボクだけ?)
「intel inside」と「Designed for Windows XP」シールは、あなたのパソコンにはPentium4が入ってますヨ、とか教えるために親切心で貼ってあるわけではなく、きっと、マーケティングというやつなのでしょう。
CPUにしろOSにしろ、PCの構成の一要素だし、ボクらはIBMやSONYのPCを買うのであって、IBMやSONYを通してIntelやMicrosoftの製品を買ったという意識はありません。
なのに、不細工なシールを目立つところにガッチリと貼られてしまう。
こういう例は他の業界ではちょっと思い浮かびません。
トヨタのクルマ買ったらボンネットに「Powered by YAMAHA 3S-GE」というステッカーが貼ってあり、剥がそうとすると塗装が取れる、なんてことになったらみんな怒ると思うんです。
あのシールが強制的に貼らされているのかどうか知りませんが、工業デザイナーってあのシールをどう思ってるんでしょうか。
せっかくのオレのデザインが・・・、って思うんじゃないでしょうか。

11がつ2にち(土)
半日かけて身辺整理。
読み始めると止まらなくなる古雑誌は開かないように気をつける。
パソコン関係ではパラレル切替機、RS-232C切替機、56Kアナログモデム、サウンドブラスター接続のジョイスティック、大量のパラレルケーブルとジェンダーチェンジャー、PS/2→RS-232C切替コネクタ多数、古いソフトのマニュアル等々、もう使うこともないだろうと思われるものを捨てました。70リットルゴミ袋5つ分。
ちょっとすっきりしました。
おっしゃれな部屋には全然なりませんでした。

テレビ神奈川にて発売前のOVA「ナースウィッチ小麦ちゃん第2話」放送。
1話目は2ちゃんねるネタを大胆に盛り込み、(一部で)話題になりましたが、第2話はコミケネタ。
東京ビッグサイトって誰もが「ロボっぽい」という印象を持つと思いますが、変形してビッグサイトロンというロボットに。
武器は例の地面に突き刺さったノコギリ。
制作がタツノコプロってことで、テッカマンやガッチャマン、タイムボカンのパロディもふんだんで、科学忍法リアル火の鳥に不覚にも大笑い。
すげー面白かったんですが、こういうのを見て素で笑っている自分がちょっと嫌になったりします。
小麦の後、りぜるまいん(こちらはこちらで「キタ−−(゜∀゜)」なんてやってました)、くるみ実写版(出演者の将来が心配)、プリンセスチュチュ(これは良作だと思います)と続くテレビ神奈川はある意味地上波最強です。

11がつ1にち(金)
午後9時、帰宅のために外へ出ると夜霧が濃い。きれいです。
このまま帰宅してしまうのが惜しくなり、バスはやめて徒歩で帰宅。

加入しているケーブルテレビ、本日から3つのチャンネルが追加されました。
その中にはANIMAXも。
もう見きれません。
しかし月額料金が500円アップ。
「このデフレの世の中で値上げだァ? 解約だ、ゴルァ!」と言ったところで機材撤去費用10000円。だったらもうしばらく見続けるか〜って思うよな〜。
いい商売だ。
あ、先日のサターンの件、ネジコンはPS用だった。つながっていたのはマルコンでした。
(ネジコンもサターンにコードがからみついた状態で発掘されたのですけど)

 

2002年10月

10がつ31にち(木)
コンビニでおでんを買って部屋に帰り、フタを開けたら、うわっ、ダシ少なっ!
ちくわさんの肩が冷えるじゃないですか〜。せめてちくわが腰湯出来るくらいはダシを入れてください。
具を食べ終わったあとに、ダシを飲むのが楽しみだったのに・・・
しょんぼりです。
今度、「おでん、つゆだく」って言ってみようかな。

部屋が汚いのです。
汚いというか、整理されていないです。
部屋のエントロピーが急激に上昇中。
テレビが乗っているローボードにはビデオテープが数本入っているかと思えばそのとなりにPhotoshopの箱、そのとなりに雑誌や資料やCD数枚にゲーム、といった感じで、物が本来あるべき所に収まっていないし、不要品が多すぎ。
このままじゃいけない。3連休は部屋を整理します。おっしゃれな部屋を目指してがんばります。

10がつ30にち(水)
帰りに立ち寄った店の中古ゲームコーナーを眺めていたら、サターン版のEVE burst errorを見かけ衝動買い。
大絶賛している人が多いので、どんなものか興味があったのでした。
さて買ったはいいけど、ウチのサターン動くんでしょうか? 少なくとも3年は段ボール箱に突っ込みっぱなし。

サターン発掘。
メモリーカートリッジが変な色になってます。namcoのネジコンが繋がってるよ〜。
ドキドキしながら電源オン。
時刻設定画面が表示されました。懐かしい。
初期状態は1994年1月1日。もう8年も前なのか。
時刻設定してCD-ROMを入れると、何の問題もなく立ち上がりました。
ウチのサターンは最初期の灰色のやつ。こういう大量生産品は徐々にコストダウンしますから、意外と初期バージョンは質のいいパーツを使っているのかもしれません。それにしても頑丈だなー。
ゲームの方は軽く30分遊んだ程度。主人公の傍若無人な発言や前髪で目が隠れてる容姿は「いかにも昔のアドベンチャーゲームの主人公像」だし、茜が「まるビ」(激しく死語)なんて言っているのにも時代を感じさせますが、いい感じの導入部分。展開が楽しみ。

10がつ29にち(火)
フジテレビ深夜のキディ・グレイドは放送お休み。
明日の灰羽連盟も放送お休み。
10月は火・水曜日それぞれ5回あったのにキディは3話、灰羽に至っては2話しか放送されていません。
いつもの「放送機器メンテナンス」じゃなくて、ストレイシープを放送しているところをみると、制作スケジュールが厳しいのでしょうか?
ヘボーいの放映されるよりはいいけど、また「3話連続放送スペシャル」がありそうな予感。

塗り進行度60%。もうすぐ背景が終わりそう。
普段のようにキャラから色塗りしていれば、キャラ部分だけ切り取って、絵の完成前にトップ絵を変更できるのに・・・

10がつ28にち(月)
いきなりですが、ノートパソコンにVGA入力コネクタがついていたら、使わなくなったノートの液晶ディスプレイをデスクトップのセカンダリモニタにできるので嬉しいのですが、そういう製品ってないよな〜。

先週の金曜日、ワるDVD2巻が売っていないと騒ぎましたが、今日は普通に売っています。たまたまだった模様。

今描いてる絵は塗り進行度50%。
どうも全体の色調がネムいので、コントラストを上げたくなってきました。
画像処理的な手法は使わないつもりだったのに。

10がつ27にち(日)
煮詰まり気味。地面をどう描いていいか分からなくなっています。
キャラ部分を先に塗り始めたい誘惑に駆られます。
本日はほとんど成果なし。
クリスマス絵の構図が頭に浮かんだりしています。
つまりは楽をして成果を得ようとしてもダメってことのようです。
明日からは草を一本ずつ描き込んでいくことにします。
形を面で大づかみに捉えられないのが下手な証拠。
自然の風景を想像で描くということの自分的限界を感じるデス。

10がつ26にち(土)
天気も悪いし、ほとんど寝てました。今ひとつ風邪が抜けきりません。

電子辞書は便利です。HP200LXには「光の辞典」を入れているし、机の上にはカシオのポケット電子辞書が置いてあります。
Mac OS 9を使っていた頃はシステムソフトの「研究社 新英和和英中辞典」をインストールしていました。CD-ROMが要らないタイプで、使い勝手が良好でした。
残念ながらメーカーからはOS Xで動く辞書ビューワが提供されていません。
一応Classic環境では動くんですが、普段Classicを立ち上げていないので、起動に時間がかかり、使う気がしません。
OS X用の辞書ビューワをgoogleで探したところ、Jammingというソフトが良い感じ。\3000のシェアウェア。
システムソフト系の電子辞書以外にも、EPWING準拠の辞書もハードディスクにコピーして使えるとな。大昔に買ったASCIIの「辞典盤(Windows用)」がOS Xで使えるようになりました。
このJamming、3000円の価値は十分あります。
もう少し試用して、シェア登録することにしよう。
定番プログラムランチャの「DragThing」の作者(イギリス人だったかと思う)が、「日本人がいちばんシェアウェア登録してくれる」と言ってました。
価値を認め、快く対価を払うというのは良いことです。

10がつ25にち(金)
今日はスケジュール上お休みを入れてたのに、お仕事。
帰宅途中、本日発売(といっても店頭には昨日から並んでいたんでしょうが)のワるきゅーレDVD第2巻を買おうと行きつけの店に行っても在庫なし。
昨日、通販サイトの在庫を確認したら発注不可だったので、嫌な予感はしていたのでした。
やっぱ初回ボックス付きってのが効いてるのか〜?
まあ、2軒目に1本だけ在庫があったので事なきを得ました。
それと翻訳ソフトを導入。「こりゃ英和!」ってやつ。
最近、英文メールを書く機会が増えてきて、無理矢理つたない文章を書くんですが、やっぱ場数を踏んでいないだけに不安が残るということで。
つまり、リアル・ピープル菊地桃子状態な訳です。
(あのAppleのCMは正直、不快。OS Xはマジで落ちないけど、NTカーネルだってそうそう落ちるものじゃないし。)
翻訳ソフトは結構面白いです。Web上の各種翻訳サービスはダメダメな印象ですが、これなら使えそう。

9時過ぎに帰宅して、テレビをつけたら、その内容にあっけにとられる。
いかにもお涙頂戴の安物ワイドショー番組ではなく、もっと冷静に、批判的に、報道というものに徹しなければ「国民の知る権利を」云々のご託を並べても説得力なんて全くないです。

10がつ24にち(木)
特に書くことなしです。
引き続き地味に色塗っています。
あいかわらずの大きな画像に細めのペン先で延々と描き込んでいます。
どう描くか考えながら描いているせいもあり、2時間近くかけても全体の15%くらいしか塗れていません。
ちょっと疲れてきました。

10がつ23にち(水)
10時過ぎに帰宅。2時間ほど塗り。
今回は制作手順の上でもパステル画をシミュレートすることにします。レイヤー使いません。
というわけで背景から描き始めています。
そうだよなー。紙に描いてた頃はこんなふうだったよなー。近景の人物を一番最初に塗る、なんてこと出来なかった。あたりまえのことなんですが。
ああ、楽しい。描いていると心底幸せな気持ちです。
普段、キャラ塗りで気力を使い切ってしまい、背景描くのは苦痛なんですが、こんなに楽しく背景を描いてるのはパソコンで描くようになってから初めてかも。
描いてる本人ばっかり楽しくて申し訳ない感じ。見る方には退屈な絵だと思います。萌え要素ゼロ。

10がつ22にち(火)
昨日の記事になりますが、モノ系コラムニストとして有名なスタパ齋藤氏がインプレスの「ケータイWatch」内でiPodについて書いていました。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/0,,11374,00.html
デザインや使い心地については同意なんですが、iPodってそんなに音良い?
むしろ悪いというのが定説だと思いますが、最近のやつは良いのでしょうか? なら20GB版欲しいよ。

咳が止まりません。風邪の諸症状といわれるヤツが日替わりでやってきます。

下絵が終わり、塗り開始。
せっかく透明レイヤー数枚に描き分けた下絵ですが、全レイヤー統合。下絵の上に塗り重ねてしまうことにします。

10がつ21にち(月)
IBM ThinkPadが10周年を迎え、パソコン系ニュースサイトで過去のThinkPadについて触れられる機会が増えています。
そのなかでまず取り上げられるのがThinkPad 701シリーズ、通称バタフライといわれるモデルです。液晶を開くと、キーボードが左右に広がり、本体をはみ出すという仕掛け(TrackWrite)がありました。
この701、「後継が出なかったのが惜しい」という語られ方をされますが、なにしろ売れなかったし、売れなかったのはそれなりの理由がありました。

店頭で実機をいじったときは痺れました。ゆっくりと液晶を開けていくと、するするとキーボードが左右に広がっていき、ジグソーパズルのようにピタリと組合わされます。
正確にいえば、キーボードの左半分がまっすぐ左にスライドし、右半分は右下に向かって弧を描いてスライドしていきます。
図にすると、
   □□□□□□□
    □□□□□□
 ■■■■□□□□□
 ■■■■■□□□□
 ■■■■■■
 ■■■■■■■
こんな風に格納されているキーボードが

■■■■□□□□□□□
■■■■■□□□□□□
■■■■■■□□□□□
■■■■■■■□□□□
こんな感じに広がります。
(等幅フォントじゃないとズレるかも)

この仕組み考えた人、ホント頭がいいなと思いました。
こういう一発芸的な機構はチャチになりがちですが、動き自体も非常になめらかで、エレガントなものでした。
液晶とキーボードの隙間をのぞき込みながら、何度も開けたり閉めたりしたものです。
しかし価格は70万円以上。液晶の品質を落とした廉価版も出ましたが、それでも高価すぎました。
スペックはというと486DXの75MHz、液晶はVGA。本体は小振りでしたがやや厚く、重さは2kgだったと記憶しています。
各社のハイエンドノートがPentiumに移行していく中の発売でしたから、価格性能比の悪さが際だちました。
小さな筐体にフルサイズのキーボードを納めたTrackWriteの複雑な機構からか、本体の厚みは増し、大きさの割に重くなりました。
ハイエンドノートとしては性能が足りないし、モバイルノートとしては高価でやや重いという、中途半端な位置づけだったと思います。
TrackWriteの優雅さはエモーショナルな部分には訴えるんですが、ロジカルに考えると圧倒的に価格性能比が悪く、冷静になればなるほど買えなくなるマシンでした。

最終的に22万くらいになった頃、マジで購入を考えましたが、 購入を迷っているうちにDigital HiNote UltraIIが発売されました。
Pentium100〜133MHz、SVGA液晶、クラス最薄の30mm弱、1.8kgというスペック。
別売のベースステーションを取り付ければCD-ROMと一体化し、マルチメディアパソコンになるという売りもありました。
(CD-ROMついてれば「マルチメディア」なんですから、なんとも可愛らしい時代でしたな〜。)
実売価格は701cの1.5倍以上しましたが、これまた格好良すぎるデザインとSVGAが決め手になり、結局701cを諦めたといういきさつがあったもので、懐かしくなりこんなことを書いてしまったという次第です。

10がつ20にち(日)
今日は鼻水止まらず。不調です。天気もあまり良くないし、安静にしていました。
背景の下絵描き。

最近、デスクサイドの巨大な自作パソコンをどう処理しようかと思い始めています。
最後に電源を入れたのが何ヶ月前か、全然思い出せません。
もしかしたら年間5回くらいしか電源入れてないかもしれません。
いちばん使用頻度が低いマシンがいちばん場所をとっています。
「使用マシン」のページにあるとおり、スペックも中途半端。今時の3Dゲームを動かしたり、ビデオキャプチャ専用にするには全然足りないし、かといって潔く捨ててしまえるほど役立たずでもない。デスクトップのWindows環境がなくなってしまうのも少々不安。
ファンがうるさいからサーバにするのはイヤだし、パワーアップするにも古いSlot1マザーじゃたかが知れている。じゃマザー変えるとなるとメモリも使えなくなるし、電源も交換しなくちゃだし、つまり全とっかえ。
いっそ気が利いた小型ケースで置き換えるにしても、ゼロから組み立てる動機付けがない。
もう、我を忘れてハイスペックマシンを組んでしまうような、魅力的で重いアプリは出ないものだろうか。

10がつ19にち(土)
ぐっっっっっっっったりしてました。
疲れてます。喉が痛い。気力メーターがゼロ。

ガンダムSEEDは今のところ惹きつけられるところが全くありません。
キャラに魅力がないんですよね。小綺麗な連中ばかり。アクの強いオッサンとかは登場しません。
ごちゃごちゃと登場キャラは多いのに、みんなすらりとした体型で同じような顔をしています。容姿が記号化されていないから性格がつかめない。太ってて大きなキャラは「おおらかで頼りがいありそう」とか、痩せてると「神経質そう」とか、想像するじゃないですか。そういうイメージをふくらませる要素が少なすぎです。
軍という組織に現実感が乏しいのも致命的。
連合軍戦艦「アークエンジェル」は士官クラス+ガンダムパイロットが全滅という(無理がある)設定なので置くとしても、ザフト側は組織化された軍隊であるはずはずなのに行動が妙に子どもっぽい。例えば、部下が命令無視して拿捕したイージスガンダムで出撃しても容認。普通、拿捕したら出来る限り原状を維持しつつ解析に回さない? 連合軍の最新最重要兵器をせっかく奪ったのに、そのまま局地戦投入かよ〜。撃墜されたらどーするの?
制作側はそれなりに重くシリアスなストーリーにしたいんだろうけど、このリアリティのなさでは空回りするばかり。

「モビルスーツ用OS」という概念も新味がないというか、むしろ陳腐。
そのOS自体の描写もいい加減で甘い。
如何にコーディネーター(ニュータイプというか、強化人間みたいなもの)である主人公のキラ・ヤマトであっても、戦闘直前、しかもキーボードという古くさいインターフェースでOS書き換えをされた日には、「んな、アホな」です。
ファーストガンダムですら「サイコミュ」というニューラルな領域に踏み込んでるのに、今更キーボードでOSかよ、と。
だったらガンダムをコーディネーター専用機体にしてしまえばいいのに。
コーディネーター(ザフト)対ノーマル(連合軍)という対決図式なのに、戦争に勝つためにコーディネーター専用機体を作っているという連合軍の矛盾なんかを絡めれば、物語に深みが増すと思うけど。
しかもキラがストライクガンダムに乗り続ける必然性も生まれるし。

作り事である以上、どんな物語だって多少は不自然な部分を抱えていますが、それを不自然に見せないのが作り手の技量。
ガンダムを名乗ってしまった以上、「あのシリーズは無かったことに・・・」というわけにはいかないんだから、キャラ設定やシナリオをしっかりと煮詰めて欲しいです。

ガンダムにほとんど思い入れのないボクだっていろいろ文句を言いたくなるんですから、世のガンヲタの皆さんは忸怩たる思いなんでしょうなー。
あるいは脳内あぼーんか。

10がつ18にち(金)
午後は会議。無事に終わり、一段落。早めの帰宅。
晩ご飯を食べに寄った店、店員の女の子が
『「ワタシって広末涼子に似てるでしょ?」オーラ』を激しく発散しておりました。
終始、アヒルのような、例のあの口元を作っています。
まァ、若干似てなくもないのですが。
といいますか、似てて嬉しいかどうかは微妙な昨今ですが。
(ボクが買った唯一のVideo CDが「20世紀ノスタルジア」であることは、この際、不問とします)
とりあえず、客が座ってるにもかかわらず、テーブルから調味料を回収していくのは、よろしくないと思います。

10がつ17にち(木)
「CGリンク集のTallyho!が閉鎖してましたよ」というご連絡を頂き、見てみたところ9月半ばには閉鎖されていた模様。
少々ショックを受けました。
閉鎖されたことがショックなのではなくて、自分が1ヶ月以上知らなかったことが。
自分って、ほんと、そういうのに無関心なんだなと思って。
(もちろん、リンクして頂いてる個人の方々のページは定期的に見せていただいてます)
CGリンク集に登録することにも関心なし。検索エンジン登録にも、リング登録にも、同盟にも、リンクをお願いしたりすることにも興味なし。
ダメだこりゃ、と。
関心があるのは、へぼーい絵を描くことだけ。それを多くの人に見てもらうために何かしようという気はないらしい。
描いてる本人すら「ウチの絵見てる時間があるなら他に見るべきページはいくらでもあるよな」と思うし。
じゃ、どうしてHPを維持してるのかといえば、アクセスして、絵を見て、ウチの絵が好きだといってくれる人がちょっとだけいるというのと、まあ、暇だからだと思います。
とりあえず、ボクにとってHPは、少なくとも絵を仕上げることの動機付けにはなってるみたい。
以前は8割方描いて放置というのがほとんどでした。でも今は、色を塗り始めた絵は最後まで仕上げています。
途中で投げ出してしまい、どうしても絵が完成しないという方は、ホームページを持つことをおすすめします。

10がつ16にち(水)
サービス券もあるし、お昼は連れだってラーメン花月へ。
ここ半年ほど、花月で「バリ辛ラーメン」以外のラーメンを注文していません。
店員さんも「このヒト、バリ辛しか食べないなー」と思ってるはず。
バリ辛のものすごい辛みにも、舌も消化器も慣れた昨今ですが、今日のバリ辛は普段に輪をかけて辛かった。
これはもう、ボクに対する挑戦としか!
夕方にはおなかが痛くなり、寝るまで続く。負け。

亞里亞が変だ! ってか見とるんかい。>おいら
怖いモノ見たさ、というやつです。多分 。

10がつ15にち(火)
IBMがPowerPC 970の詳細発表。
MacのCPUはMotorola(一部IBM)のPowerPCってやつですが、Motorolaののんびりしたクロック上昇に一部ユーザーはキレかけ、というのがここ2,3年の状況です。
もうMotorolaには任せておけない。IBMだ。IBMならPowerPCの元になったPowerシリーズ、POWER4だ、と。
実際POWER4は数百万円以上のサーバ用CPUなので、個人向けには無理なんですが、それだけ腹に据えかねる人が多いというわけです。
(POWER4が無理ならintel/AMDのx86で・・・という声も)
今回のPowerPC 970はPOWER4のアーキテクチャを受け継ぐ物だそうで、高性能は約束されています。
AppleがMacに採用する見込みとの報道もありますし、マジ楽しみです。
貯金しなきゃ!

ThinkPadに付属していたNorton AntiVirusのウィルスパターン更新サービス期間が終了しまして、まー、年間3000円くらいならと、オンラインで申し込んでみました。
Symantecのオンラインストアでの申し込みでは、住所氏名はもちろんですが、「メンバー名」というのを設定します。ニックネームみたいなもの。
で、そのメンバー名は過去の登録者と違うものじゃなきゃいけないようで、思いつくものことごとく「もう他の人に使われているので、ダメっ」というメッセージで先に進めません。
ちょっとうんざり。登録する気がどんどん失せていくのが分かります。
もう、本名がらみでメンバー名を設定するのは無理。
というわけで、本名やハンドルとは全然関係ないメンバー名になりました。
そのメンバー名が何かはちょっと恥ずかしくて言えません。
そもそも、どうしてメンバー名なんて設定しなくちゃならないんでしょう? メアドとかじゃダメなんでしょうか。

10がつ14にち(月)
昨日、目、使いすぎたみたい。左目が痛い。
コンタクトレンズ外して一日ぼんやり。
夜はカルドセプトセカンドなど。

10がつ13にち(日)
お友達の中でも「月末、金がない〜」と言ってるヤツは毎月末「金がない〜」と言ってるし、言わないヤツは言いません。
「金がない〜」と言ってるヤツは「ちょっとタバコ買ってくる。待っててー」とコンビニに入り、出てきたときには手に食玩を持っていたりします。
「あ、ペリーヌのフィギュア! いいな。くれ!」というと、「いいよー」と二つ返事。
いいヤツです。
別の友達が文房具屋に入り、仕事道具を買ってる横で、なぜか彼も「香り付きインクのボールペン」を3本買ってたりしています。
「ラブレターでも書くんかい!」とツッコむと、「いやぁ、なんとなくおもしろそうだなーって思って」だそう。
そういう姿を見ていると、個人の経済状況というのは日々の小さな積み重ねに起因するところ大であると思われます。

昨日作ったハウスのクリームシチューをぱくぱく食べて、今日はお絵描き日。
鍋がシチューに占拠されてしまってるので、明日もシチューを食べ続けるしかありません。
人物のデザイン終了。相変わらず華がない絵です。地味。
服のしわをいっぱい描けて楽しかった。
背景が思い浮かびません。

10がつ12にち(土)
趣味の田舎散歩をしてきました。
藁を焼く煙のにおいが懐かしい感じ。
鳥の声と、遠くを飛ぶ飛行機のブーンというかすかな音しか聞こえない道。
子供の頃の休日って、こんな感じに静かだったよな〜。
家にいればテレビの音か音楽が鳴っているし、街に出ればノイズだらけだし、そのノイズにヘッドホンで蓋をしているし、「あゝ、しづかだしづかだ」って感覚をしみじみ味わう時間って貴重です。

こういう日和は中也の「秋の日」って詩を思い出してしまいます。
詩の引用なんてホント恥ずかしい行為であることは重々承知していますが、文学の秋ですし、やってしまいます。
--------------
秋の日

 磧づたひの 竝樹の 蔭に
秋は 美し 女の 瞼
 泣きも いでなん 空の 潤み
昔の 馬の 蹄の 音よ

 長の 年月 疲れの ために
国道 いゆけば 秋は 身に沁む
 なんでも ないてば なんでも ないに
木履の 音さへ 身に沁みる

 陽は今 磧の 半分に 射し
流れを 無形の 筏は とほる
 野原は 向ふで 伏せつて ゐるが 

連れだつ 友の お道化た 調子も
 不思議に 空気に 溶け 込んで
秋は 案じる くちびる 結んで
--------------
やってしまった(汗
でも、これ、好き。

10がつ11にち(金)
先月の休日出勤分の振り替え休日。
ボクの敬愛する作家のひとり、澁澤龍彦の文章を久しぶりに読みたくなり、大きめの本屋さんへ行って参りました。
代表的な作品は昔ほとんど読んでしまっているので、マイナーなエッセー2冊と翻訳1冊、計3冊の文庫本を持ってレジへ。
で、計2900円。うわ、高い。
最近文庫本全然買ってませんでしたが、いつのまにかこんなに高くなってましたか!
若者の読書離れ、とか、出版不況、なんて言いますが、そりゃ離れるよ。高いもん。
その点、マンガはあんまり値段が変わりませんね。ずっと500円くらいのイメージ。
高いから売れないのか売れないから高いのかは鶏と卵の関係ですが、それにしても文庫本の値頃感は低いです。
マンガは安いのにどうして文庫本は値が上がるんだろうか、とか、著作権消滅している古い作品はもっと安く出来るんじゃないかとか思いました。

10がつ10にち(木)
あまり良い言葉じゃありませんが、ある文章の中に「醜女」という記述が見かけ、えーとこれって「しこめ」って読むんだっけ? とATOK14で「しこめ」を変換しようとしても出てくる候補は「仕込め」だけ。
紙の辞書で、やはり「しこめ」であることを確認。
ちょっと気になり、その他思いつく不穏当な単語をATOKで入力、変換しようとしても、ことごとく出てきません。
「ふつうに使う言葉だけど、時に異義として中傷するときにも使われる」といった、不穏当とも言い切れない単語も変換できません。
これはATOKだけじゃなく、IME2000も同じっぽい。
ボクの周囲に手書きで文章を作っている人は皆無ですが、日本語変換ソフトが個人の語彙に与えている影響って大きいと思う。
はじめから変換辞書に入れず、言葉の存在自体を「なかったこと」にしてしまうのが良いのか悪いのか、ちょっと考えさせられました。
ただ、「使って良い言葉、悪い言葉」というのをいちソフトウェア会社が判断しているというのには違和感があるような。

10がつ9にち(水)
朝、仙台を発ち、昼過ぎには職場へ戻る。
後泊は開放感がないのがよろしくないです。

午後10時前に帰宅。メール書いたり、昨日の「キティ・グレード」を見たり。
ハキハキとよくしゃべる亞里亞が出演していました。いや、これ亞里亞ですよねー、やっぱ。
水色髪で縦ロールだし。
ってか、話が薄い。
今期は継続視聴する気にさせる番組が全然ありません。不作。
今晩の「灰羽連盟」が最後の期待。原作者の安倍さん、好きですし。
放映時間がド深夜なので、ビデオに録ります。
にしても、同人本がアニメ化されちゃうとは。
そういえば同人ゲームの「月姫」もアニメ化(OVA)だそうです。
パイオニアLDCはそこらへんに活路を見いだそうとしているんでしょうか。

10がつ8にち(火)
夕方からの催し物出席のため、新入社員さん二人連れて仙台へ。
駅ビル地下の牛タン屋「喜助」で昼食。おいしい。
夜、少し飲んでホテルへ戻り、シグマリオンでゲームしてたらバッテリが切れ、携帯電話のバッテリも切れ、ROBINも放送してないし、やることなし。
ホテルのメモ帳に落描きするのにも飽きて、テレビのチャンネル廻してたら、教育テレビの「日本画基礎講座」がいい感じでした。
ああ日本画も面白そう。花鳥風月が描きたいわけじゃないけど、技法や形の取り方が興味深いです。
2時過ぎまで見ていたでしょうか。

10がつ7にち(月)
今ひとつ感の強いプレゼント絵「Kumi-chan」ですが、描いたんだからアップしちゃおうと、1年以上ぶりにgallery内のプレゼント絵コーナーを更新。
これも貧乏性ゆえ。

フジテレビが深夜アニメ枠を月火水に拡大。本日スタートは「超重神グラヴィオン」。
メイドだらけ。うゎ、コアファイター(2Pカラー)だよ〜。ドリル、しかも2コ。アナクロ。謎の大富豪って(w
・・・ツッコミどころ多すぎ。
来週は見ないだろうな、ってか、もう来週は放送お休みか。
期末にはまた1時間スペシャル連発カナ。

10がつ6にち(日)
溜まったビデオ消化デー。
プチプリ☆ユーシィは全くもってプリンセスメーカーでした。
プリメを名乗らないのはNHK BSだからでしょうか。
「真・女神転生デビルチルドレン」、ひどい。特に演技の下手さが目立ちます。
「ゲットバッカーズ」、乙葉さん、ごめんなさい、厳しいです。つらいです。
「ガンダムSEED」、微妙。偽シャア、安っぽい風味。「ガンダム」の看板は重いか・・・
あーあ、キングゲイナー見たいなぁ。

10がつ5にち(土)
散歩2時間。普段は住宅地や田舎道などを歩いてますが、今日は市民公園など。
いかにも散歩らしい散歩。
ファンタオレンジな気分につき、ファンタオレンジを飲む。何年ぶりだろう。

夜はドイツ向けキャラ絵の続き。
夜半過ぎにはとりあえず完成。総作業時間6時間くらい。
ボクの絵としては大変珍しいけど、世間的にはありがちなものになりました。
もっと凝ればよかったかなぁ。激しくチープ。
かといって「1ヶ月後に送ります」ってわけにもいかないし。
・・・あ゛〜、送っちゃおう。恥ずかしいけど。英語めっちゃ適当。
週明けにでも、galleryの贈りもの画像ページ(サイト管理者本人も存在を忘れがち)に載せます。

鋼鉄天使くるみ実写版の第2期スタート。慣れって恐ろしいなと思いました。

いきなり関係ない話。
蚊が、この長い生命の進化の中で『かゆみを与えず血を吸う』という形質を獲得しなかったのは、どう考えてもおかしい。
かゆくならなかったら、少々血を吸われたって気にしないのに。
かゆくならないと血吸い放題で爆発的増殖、自滅。だから少々かゆくなって嫌われるくらいの方が種の存続としては有利なんだろうか。うーん。

10がつ4にち(金)
午後2時前なのに、太陽の色温度が低くて、夕暮れのような雰囲気。
どうしちゃったんでしょう。
空気に塵が多いのだろうか。

ドイツのマスコットキャラの件ですが、夜、ちょっと下絵を描いてみました。
結果、オリジナルとは全く別物に。っていうか、なぜか、少々ぷに系になった。
不思議です。

10がつ3にち(木)
ドイツの方からメールを頂きました。日本のマンガ、アニメ、イラスト等の情報を提供しているサイトを主催されている方です。ドイツ語だったらアウトでしたが、英語メールなのでなんとか内容は分かりました。
(実は随分前からそのサイトの存在は知っていました。ウチのページ、リンクしてもらってます。)
えと、そのサイトのマスコットキャラ(紺色髪でツインテールの子)を日本の絵描きがアレンジして描いてくれたら自慢できるんですが・・・という話のようです。
うみゅう、どうしようか。
他の(ボクよりずっとお上手で有名な)作家さんにも声をかけているだろうから、まーボクごときが描かんでも困りはしないだろうと思う反面、ヨーロッパからの依頼というのが今後あるかどうか分からないし。というわけで、週末にちょいちょいと描いてみようと思います。

10がつ2にち(水)
うー、なんか暑いです。

世の中に「シスター・プリンセス」のファンがそれほど多いとは思えないにもかかわらず(ボクも特に興味はない)、なぜか本日放送開始の「シスター・プリンセスRePure」は好事家の間で大盛り上がりすること確実のようです。少なくとも実況掲示板では。
実際、掲示板は例のない程の盛り上がりを見せていました。
じゃあ肝心の作品そのものはというと、これはもう、ある種の極北を感じさせるものでした。
まだ1話目だけだから今後は分かりませんが、絵は相当綺麗。前作のようにDVD収録時のリテイクシーンの多さが話題になることもないでしょう。
しかし、前作はそれなりに存在したストーリー要素は随分弱まったようです。妹たちのモノローグが続く番組後半はそれが特に顕著で、お兄ちゃん好き好き電波をドバドバと放出するのみ。
キャラ萌えに無関係な要素は潔く全て取り払った、ひたすら萌えしか存在しない世界。それがツボにはまればこれほど麻薬的な作品もないんだろうな〜。
個人的には、退屈で退屈で。30分が長く感じました。

ラーゼフォンのサントラ到着。大変良いです。
番組自体に全く思い入れがないのに「良い」と思えるのだから、純粋に良い音楽なんでしょう。
ラーゼフォンは絵もいい。
ただ、ストーリーが、ねぇ・・・。

10がつ1にち(火)
日中はもっともらしい意見を言ったりして普通にお仕事をこなし、帰途へ。
台風です。
電車止まるんじゃないか心配だったけど、大丈夫でした。
空いた電車の中、座っていたおじさんが立ち上がったかと思うと、いきなり吊革の鉄パイプで懸垂始めたときには、どうリアクションをとったらいいものやら悩みましたけど。

帰宅して、ビデオチェック。
当然ながらビデオには前番組の「ウェル歌夢」最終回が。
どうして布施明・山本譲二の寸劇コントなんて録っちゃったんだろう・・・(´・ω・`)
キャプチャの方は、30分遅れで録画されているよう。よし。
で、テレビ再生してみると、動きがカクカクしてます。
コマ落ち〜っ! (´Д⊂ヽ
普段使っていない高画質録画設定をしたらUSBの転送レートを超えちゃったようです。通常画質にしておけば良かった〜。あーあ。

ときおりぎごちなくなる画面を見ていたら無性にDVDが欲しくなってきました。
ネット通販は全滅。
土曜にはアキバの店頭販売も消滅していたそうだし。
そういえば、土曜日に買い物してたとき、1本だけ店頭在庫を見かけたんだった。
そのときは全然買う気なしだったんだよなぁ。買っておけばよかったかなぁ。
我に返り、『冷静になろう、冷静になってみよう・・・』と心で唱えたら、激しい衝動が治まってきました。

DVD第1巻再販版には箱は付いてくるんだろうか。
付いてなければ完全見送り。付いていたらそのとき考えよう。

 

2002年9月

9がつ30にち(月)
職場で同僚のスポーツ新聞を見て愕然。
今日の「あずまんが大王(最終回)」いつもより30分遅いのかッ!
前にネットの番組表見たときにはいつも通りだったような気がしたんだけど。
午後から明日にかけて出張。なので、録画予約してきたのでした。
ああ、ビデオ録画はダメだ。頼みはバックアップとしてiEPGで設定したビデオキャプチャが30分遅れになっていたかどうか。覚えてないです。
最悪を考え、同僚に録画を頼む。

連れと二人、在来線でひたすら田舎を行く。
2時間半ほど電車に揺られて、現地到着。もう一人と落ち合い、居酒屋で3時間。
結構飲んだはずなのに、ぜーんぜん酔わないな。

ホテルに戻りゴロゴロしてたら寝てしまい、起きたら2時過ぎ。
あずまんが最終話を途中から見る。無難な、いい雰囲気の最終話でした。
(今頃、実況掲示板では大騒ぎしてるんだろうか・・・)

9がつ29にち(日)
少し散歩。小学生は運動会か〜。
散歩コースにある映画館の裏側には外に面した階段が付いていて、そのまま屋上に繋がっているようなんですが、特に「立ち入り禁止」とも書いてありません。
屋上に登ってもいいのかなあ。登りたい。

Painter7が何度も落ちます。だんだん落ちるタイミングが分かってきました。
今描いてる絵、2枚のレイヤーのうち、1枚を非表示にしてもう1枚を左右反転、描いたり消したりした後、再度左右反転。非表示にしていたレイヤーを再表示した瞬間に落ちます。
でも、同じ操作を別の画像で行っても落ちません。不思議。
10枚近いスケッチを没にしましたが、やっと描きたいイメージが固まってきたかなー。いつも以上にシリアスな画面になりそうですが、画力がついてこないんだろうなー。

9がつ28にち(土)
大方の予想通り、本日の東京ミュウミュウは「神の作画」と呼ぶにふさわしいものでした。最初から最後までほとんど隙なし。番組史上最高かも。
戦闘シーンも妥協なく大変よく動いていて、特に東京タワー内での戦闘は演出も見事。ミュウミュウで手に汗握ることがあるとは思ってもみませんでした。
何といいますか、軽く感動したというか。
ほんの2週間前、あれほどのダメぶりを全国にさらしたと思えば、今週は見違えるよう。
「こんなに立派になって・・・」という親心っぽい感情が湧いて参ります。
軽く涙ぐんだりして。
冷静に振り返ればシナリオという点では?な部分もありますが、その程度のことは吹き飛ばすほどの作画パワーだったといえましょう。

ふらりと寄ったパソコン屋でiPodのリモコンを見かけ、購入。
それと、何でもいいから表計算ソフトが欲しくて、ThinkFree Office。格安のMS Office互換ソフトです。

リモコンのパッケージには白いイヤホンも同梱されていました。
iPodのリモコンを買うのはリモコンが付属していないiPodを買った人。白いイヤホンを既に持ってる人です。ケーブルが短いとか、変更があるのかもしれませんが、正直、イヤホンは要らないから安くしてほしい。
リモコンの機能はシンプルですが、十分。本体液晶を時計表示にしていても曲送りや音量調節が出来るのは便利。
裏面のクリップが横向きなのは謎。普通にボールペンみたいなクリップにすればいいのに。
マニュアルには「襟に付けろ」と書いてありますが、上着を着ていないとき、どこにとめていいものやら。

ThinkFree Officeは表計算、ワープロ、プレゼンテーションで構成されています。
表計算(Calc)は画面やメニュー構成がMS Officeに沿っており、特にマニュアルを見なくても一通り使えます。関数の互換性も高そう。
Javaベースだし、処理速度に期待はしていなかったものの、やはり少々もっさりした動作です。特に起動直後、画面が表示されてから10秒ほど全くキー入力を受け付けず、その後、徐々に処理速度が上がってくるような感触には違和感が。
まあ、動き出してしまえばそれなりに実用的です。
変なファイルをドラッグ&ドロップするとアプリがフリーズしてしまい、強制終了するしかなくなりますが、その後アプリを再起動するとフリーズ直前の編集状態に復帰。おお、これは偉い!

とまあ、ここまでは購入価格を考えれば全然OKだったんですが、自分にとって致命的な問題に気づきました。
 読み込み可能ファイルはアプリ標準形式とExcel形式のみ。
という仕様です。
CSV形式(カンマ区切り)を読み込めないとは。
テキストエディタで作ったデータやPerlとかのツールでCSV形式に変換したデータを表計算で分析するという作業は無理っていうこと。
CSVって表計算/データベースソフトのファイル互換における最後の砦だと思うんだけどなあ。
WindowsならばCSV→XLS変換を行うフリーウェアがあるようですが、Mac、しかもOS Xじゃ期待薄。行き詰まりを感じております。

9がつ27にち(金)
ホームページでメアドをさらしているにもかかわらず、マイナーであることが幸いしてか、スパムメールが来ることはほとんどなかったんですが、急に増え出しました。
短い文章で「寂しい貴女のアクセス待ってます」みたいなやつ。
放っておいたら、「ユーザー登録しました」というメールまで届く始末。

先日、日本の兜のフィギュア付きお菓子(UHA味覚糖の「激戦」)について、ちょっと触れましたが、事務所の隣の引き出し内に発見。3個。
4個買った時点で1種類ダブったので、萎えたそうです。
味覚糖のHPを見てみたら、兜フィギュアは海洋堂が原型制作とか。
海洋堂、大人気だな。

9がつ26にち(木)
ZDNetにこんな記事が。
−−−−−−−−−−
発生地が日本国内と見られるコンピュータウイルス「Diskfill-C」が見つかったが、同ウイルスの作者と称する人物からZDNet編集部にメールが届いた。「初心者でも簡単に作れる」とし、今後も同様のウイルスが出回ると予言している。
日本ネットワークアソシエイツによると、同ウイルスはフリーの国産インタプリタ言語「Hot Soup Processor」(HSP)で作成されたトロイの木馬型。実行すると偽のエラーメッセージを表示した上で、Windowsフォルダ内のシステムファイルをCドライブのルートに複数回コピーする──というもの。危険度は「低」としている。
(中略)
メールによると、同ウイルスの作者を名乗る人物は中学2年生だという。「暇つぶしにジョークソフトを作ったんですが、出来上がったのはウイルスでした」。同様のウイルスは簡単に作れるとした上で、「これからも友達などが作ったウイルスが出回るでしょうね」と述べている。

−−−−−−−−−−
そりゃ、悪意のあるプログラムではあるけれど、自動実行されるわけでもないし、自己増殖するわけでもないんですよね? これ。トロイの木馬って書いてあるし。
技術的なことには全く疎いんですが、この程度で「コンピュータウイルスに認定」されてしまうんでしょうか?
だったら、

del c:\command.com

という一行バッチファイルだってDOSのウイルスってことになっちゃいそうです。
なんというか、いっぱしのウイルス作者気取りの語り口調がなんとも香ばしいぞ、厨房。
こいつ、自作のくだらないプログラムをその辺のアップローダーに自分で貼り付けたり、フリーのメアドから添付ファイルとして他人にせっせと送りつけてるんだろうか。
・・・うわ、キモい。
出来上がったのはたまたま害のあるソフトかもしれないけど、それを外部に流したのは悪意を持った厨房本人であるはずだし、トロイの木馬、しかもエラーメッセージしか出さないトロイの木馬なんて、他人から他人へコピーが渡るはずがないし。

ZDNetは、こういうアホな中学生のメールをまともに取り扱わない方がいいと思います。自分のメールがZDに載ったと、今頃鼻高々でしょう。
ウイルスと呼ばれる中でも、わずかなリソースで複雑な動作をし、意表をついた手段で強い感染力を示すものは、まあ迷惑なんですが、なんか凄いもの作るヤツがいるなぁとその技量と発想に感心する面もありますけど、今回のDiskfill-Cみたいに、創造性のかけらもない、情けない代物をウイルスと呼んじゃ、NimdaやCodeRed、Hybrisに失礼だろうと。

そもそも「ジョークソフトを作ったんですが・・・」って言っておきながら、動作は「エラー表示」「システムファイルのコピー」って、それ、これっぽっちも面白くないじゃん。ジョークの才能すら無し。もうダメダメ。5点。
例えば同じ「ディスクを埋め尽くす」にしても、My Picturesフォルダをチェックして、一定量以上の割合で肌色成分を含むjpegファイルを大量にコピーしてディスクを埋め尽くす、とか。
・・・つまんないか。すみません。

9がつ25にち(水)
昨日に続いて、ミーティング、長っ!
昨日に続いて、遅めの帰宅。

絵の題材が思い浮かびません。
何枚かスケッチしてみましたが、今ひとつ。
Painterが急に不安定になりまして、1時間に3回も落ちる。どうしたんだろう。

結局ほとんど見ることがないまま、ビデオに録り続けていた「藍より青し」ですが、本日の最終回も朝4時までは起きていられるわけもなくタイマー録画で対応。
ふと目を覚ました午前2時45分、なぜかビデオが作動しています。
うわ、危な〜。最後の最後でタイマー録画に失敗するところでした。
(前回の藍青のタイマー設定が、毎週録画として残っていた模様)
慌てて巻き戻し、留守録設定をチェックし、また寝る。
全24話、ビデオテープ2本にきっちり収まったのは気分がよいですが、果たして今後見ることはあるのかというのが問題です。

9がつ24にち(火)
ミーティング、長っ!
遅めの帰宅です。

金木犀が香り始めました。
去年の日記で、金木犀について触れているのは9/26。一昨年は10/4か。
だんだん早まっている?

9がつ23にち(月)
OS Xに移行したら、バックアップソフトのRetrospectが動かなくなりました。
バージョンアップすれば動くらしいのですが、やや高めだし、そもそもバージョンアップの案内が来てない。
Retrospectは多機能ゆえに設定が複雑。もう少しシンプルなソフトをと、ヒューリンクスの「Tri-BACKUP 3」を導入してみました。オンライン販売で4700円。
定期的な自動バックアップや、フォルダのミラーリング、フィルタリングなど基本的な機能は十分。インターフェースもわかりやすくて、インストール5分後にはバックアップ開始できました。
問題といえば、モード設定時の細かい動作がPDFマニュアルには記載されていないこと程度。バックアップ元のファイルを削った後、バックアップ先のファイル構成がどう変化するか、みたいな細かい挙動が不明で、少々試行錯誤を要しました。

昨日、今日と、たまたまアルプスの少女ハイジ(25,26話)なんぞを見ておりました。
ロッテンマイヤーさんは「ハイジはおかしい、異常だ」と言い、クララはフォローするわけですが、現代の基準からすると、ハイジは軽いADHD(注意欠陥多動性障害)とかLD(学習障害)と診断される場合もあるかもしれない、と思いました。

9がつ22にち(日)
晴れたり曇ったりでどうにもすっきりしない天気。
散歩気分も萎えて、午後はPhotoshopいじりです。

先週のサイボーグ009は酷いものでした。
今週は「最終回直前スペシャル 総集編」と銘打っていましたが、実際放送されたのは何のことはない、ほとんど先週放映分のリテイク版。
先週絵がなかったあのシーンはこんな状況だったのね、って感じです。
DVDにはどう収録するつもりなんだろう。

昨日の素材を使い、試行錯誤しながら背景を作り、キャラ部分と合成し、完成となりました。
アップロードが終わった現在、一段落気分でほっとしてます。

9がつ21にち(土)
ミルモを見ながら身支度して休日出勤。
終日、静かな事務所で地味に過ごす。
こういうとき、ネットラジオはありがたいです。

無性にお金使いたい気分ですが、午後9時過ぎじゃどうしようもなく、そのまま帰宅。
普通につまらない今朝のミュウミュウのビデオをつまらないなあと思いながら見る。
そういえば、いつからこの番組ミュウアクア争奪戦になったんだっけ。
しかし、次回予告はすごかった。これこそ最強レベルの作画! ほんと、上手いなあ。惚れ惚れします。来週は必見。

絵の背景に使う素材を準備して、午前3時頃に就寝。

9がつ20にち(金)
一日会議。よく分からない論理展開に終始。まあいいや。
書くこともないし、明日もお仕事なので、夜更かしはできません。
おやすみなさいです。

9がつ19にち(木)
ひっさしぶりに帰りが遅くなりました。
晩ご飯はモスバーガー。これだけ深夜になると待ち時間も短くてナイス。
マスタードチキンバーガーは美味しいです。期間限定は惜しい。
部屋に帰ってきて、パソコン立ち上げずに寝たのは久しぶりというか、過去、記憶がないです。

9がつ18にち(水)
久しぶりに太陽見た。散歩日和。どっか行きたい感、高まる。

特にここに書くこともありません。
そういえば、いつの間にかWacom SmartScrollのMac版ドライバが出ていて、おおっ、と思ったら旧Mac OSのみか。あれ、使ってみたいんだけどな〜。しょんぼり。

9がつ17にち(火)
お友達の元アニメーターに14日のミュウミュウ画像を見せたら、大笑いしてました。
15日の009については「ついに・・・やっちゃいましたか・・・」という反応。
昔の同僚が携わっていたらしく、企画を持ち込まれたのが放送開始2ヶ月前だった、なんて話を聞いていたらしいです。最初から無理があったんですね。

出来の悪いアニメというと話題に上る定番がいくつかあるようです。件の「ヤシガニ」は別格として、その他「ガンドレス」とかいろいろなのですが、これもまた酷かったといわれる「アキハバラ電脳組 第17話」が今朝方放映されていたのでビデオに録って見てみました。
ビデオソフト化されるときに大幅にリテイクされたらしく、そっちが放映される可能性もありましたが、ちゃんと本放送時のオリジナル版を使ってくれました。
こりゃ酷いや〜。
放映から数年たっているのにいまだに話題になるだけのことはある。
14日のミュウミュウが10段階評価1〜5レベルを行ったり来たりしてたのに対し、電脳組は最初から最後までずっと2、という感じ。

さて、7/28に「第3回超絶作画ミュウミュウは10/5か?」と予想しましたが、1週早い9/28にやってくるみたいです。(作画監督が石野さんなので)
ジェットコースターのような作画レベルの上下動は、もしかしたらわざとやってるんじゃないかとさえ思えてきます。
ボクら、スタッフにまんまと踊らされているだけなんだろうか? 話題に事欠かないもんなぁ〜。

9がつ16にち(月)
お仕事でした。先週休んだのでちょうどいいや。
来週の連休も仕事の予感。

既にこんなものが出来上がっていました。おとといのキャプチャ画像の左下です。

よりによって、この絵のアスキーアート作らなくても・・・

めっきり涼しくなり、もう酷い残暑はないだろうとのことだし、キャラ部分の塗りが終わったっぽいので、トップの夏絵はおしまい。
背景どうしようかなぁ。下絵にはよく分からないオブジェ風のものが一応かいてあるのですが煩いだけのような気もします。

9がつ15にち(日)
一日中お絵描きで、キャラ終了。
あんまり気に入らないので、目とか描き直したい風味。

「今日の『サイボーグ009』は相当ヤバいらしい」というリーク情報があり、普段見ないこの番組を見てみました。
驚きです。破綻アニメはミュウミュウが最後ではなかった。これ、明らかに未完成です。
完全にシーンが足りません。
しゃべっても口が動かないなんて可愛いもので、背景しかない画面で台詞や効果音が続いたり、音声とは関係ないキャラが画面に映ったり、使い回しのシーンが続いたり。
(波が超高速で寄せては返すシーンも。中割りのコマがなかったのか・・・)
しかも紙芝居状態の画面は、家庭用ビデオの一時停止のように粗い画質(インターレースの片側フレームしか表示していない?)で、放送クォリティに全く達していません。
ラストシーン、サブキャラが敵に殺されるシーンは悲鳴が上がっているのに画面は黒い雲が流れるのみ。
ここ、クライマックスだろうに。
1枚1枚の絵はいつも通りなので、静止画キャプチャしてもインパクトはないのですが、とにかく動かない。絵が足りない。
挙げ句に来週は放送予定を変更して急遽総集編を差し込んだ模様。ギブアップということか。
再来週は最終回なのに、その直前に総集編とは・・・

昨日のミュウミュウは、ネタアニメとして楽しませてもらいましたが、009は、もう、いたたまれないだけでした。
古い作品だから熱烈なファンも多いはずで、そういう人たちはどんな気持ちでこの悲惨な放送を見ていたんだろう。
放送直後から公式BBSは、悲しい、とか、悔しい、という書き込みばかり。
この1週間は黒歴史としてアニメ史に残るはず。リアルタイムで体験できたことを幸運と思うことにしましょう。

9がつ14にち(土)
多分あちこちで話題になると思いますが、既にネタアニメと化している「東京ミュウミュウ」、やってくれました。

番組開始は8:00。本編開始直後は中の上くらいの作画。主人公と友人2名、まずまず可愛らしく作画されています。8:05くらいまでは「あ、今、変だった」程度。少々変なのはいつものことなので。
Aパート後半になると、キャラの顔の崩れや怪しげな動きが頻発し始めました。
うわ〜、今日は過去最低レベルだな〜と。
かと思うと、顔アップでは中の上レベルに回復したり。不安定。

CM明けのBパート開始。
そして、作画、完全崩壊。


ヘボい、ヘボすぎる。情けなーい感じが味わい深い。これがテレビで動いてるんですよ! 奥さん!

あはははは! なんじゃこれは〜。
スタッフ、小学生か!
作画も凄いが、奥の敵キャラが斜めりながらツーッとスライドするような動きもシュールというか。

そしてその後は衝撃のシーンが連打連打。

もうすっかり別モノに。笑える絵はまだまだありますが、きりがないし、貼りまくるのもどうかということでこの位にしておきます。

手を抜いているというのではなくて、純粋に絵が下手。下手すぎ。
それでも顔アップの瞬間だけは思い出したように回復することも。
最後まで、素で笑わせてもらいました。

ちなみにこちら、「神作画1回目」といわれる6/8放映分。

同じ番組なんでしょうか?

絵に気を取られがちですが、脚本も相当のヘタレ。
ジュエリーショーが始まる直前まで「自分のアクセサリをメインに使え」と言い張り、最後はざくろ姉さんと共謀、勝手にショー内容を差し替え、挙げ句に自分がモデルとして無断で出演してしまうという下っ端スタッフ「山田月子」は非常識極まると言えましょう。
ここまで酷いとDVD化の際にはリテイクするんだろうな〜。記念に動画キャプチャ、保存しておこっと。

多分、海外の下請けスタジオへ丸投げだったのでしょう。
アップの場面だけ質がいいのは、きっと、あまりの悲惨な出来上がりに、せめて目立つ部分だけでもと国内スタッフが描き直したのではないかと思います。
それも番組が終わりに近づくにつれ、力尽きたのでは。

今回のミュウミュウのように、破綻した回のことを「ヤシガニ」なんて呼ぶらしいです。
語源は「ロスト・ユニバース」第4話の「ヤシガニ屠る」。
詳細はGoogleとかで検索して頂ければよろしいのですが、史上最悪、伝説といえるほどの破綻ぶりだったらしく、ビデオソフト発売にあたり4話目の描き直しをするも本来収録されるべき2巻には間に合わず、第3話から5話に跳び、4巻目にあらためて4話目が収録されるという事態となりました。
(描き直したといっても、それでも出来はかなり低レベルらしい)
「朝霧の巫女」もミュウミュウに勝らず超ヘタレ作画だったそうで、ラーゼフォンのシナリオ破綻といい、呪われた1週間として後世まで語り継がれることでしょう。

9がつ13にち(金)
講習は午前中で終わり。連れのクルマで事務所に戻る。
ボクが直接関係していない部分でひっじょーにマズい事態が発生しているらしいという噂。なので気が重いけど仕方がない。

帰宅し、昨日見逃したワるきゅーレ11話を視聴。
いままでギリギリ許容範囲内だった作画レベルが遂に一線を越えてしまいました。
ああダメだ〜 (´Д⊂ヽ
秋菜、ぶっさいく・・・
シロッケンハイムなんて別モノだし。
DVD購入意欲、大幅減退。
ライネのテーマ曲が入ってるなら、サントラは買おう。

9がつ12にち(木)
今日から明日にかけて東京で講習。
テストシステムにふざけた名前を入力してたら恥かいた。

夜、旧いお友達と3時間くらい飲んで食べておしゃべり。
楽しいひととき、ありがとうございました。おみやげありがとう。
最近、濃い馬鹿話をする機会があんまりなくて。

ホテルでは暇をもてあまし、PDAでAIR。適当にやってたらバッドエンド。国崎、バス停から歩き去る。
しょんぼり。

9がつ11にち(水)
職場復帰。

とりあえず、昨日の晩の「ラーゼフォン」最終話には触れないわけにはいきません。
作画のなんとすばらしいことか。一切の妥協なし。小物類のデザインも良い。
駅のシーンのポスターは先日、新日曜美術館で特集していた、マグリットですな。
著名イラストレーターの末弥純さんの作品を劇中に持ってきているところにもお金がかかってるなーという印象です。
しかし、しかし、

 わ け わ か ら ん (´・ω・`)

これはたまにしか見ていない自分のせいなのかと、実況掲示板を覗くと、もう祭り状態。
ストーリーを追えている人、皆無。
そして、ラストシーン。世界を調律して時間巻き戻し?の直後、ラーゼフォン映画化の告知。
・・・ぽかーん・・・
多分、この瞬間、全国300万人の視聴者全員があっけにとられてるんだろうなと思いました。
この作品、所々にエヴァンゲリオンっぽいところがありました。最終話でも「宇宙に達する光の羽」とか。
でも、ここまで同じ展開をたどるとは。

実況掲示板は阿鼻叫喚。ものすごい勢いで発言がされ、放送前後を含めた1時間ほどでレス5000に達するほど。そのほとんどが、怒り、嘆きや今まで見続けてきたことへの自虐的な発言。
この最終話は後に語り継がれるでしょう。
凄いモノ見せて頂きました。

9がつ10にち(火)
発熱につき、お休み。

9がつ9にち(月)
発熱につき、お休み。

9がつ8にち(日)
髪を切る。
いつもはオバさんが切ってくれますが、今日は姿が見えず、いつも暇そうにしているオジさんが切り始める。
「どんな風だったっけ?」という問いにあれこれ説明するものの、上手く伝わらず、結局はオバさんが呼ばれることに。

初めての人に髪を切ってもらうのは怖いです。
昔、ふと入った床屋のオヤジさんの目がトロンとしていてエプロンが血だらけだったときは、正直、殺されるんじゃないかと思ったし。

9がつ7にち(土)
夕方から夜にかけて、色塗り。
顔と髪が終わりましたが、なんか重たいイメージ。
あんまりよろしくない。
塗り直そうかな〜、ふう。
そうこうしているうち、夜10時になり、点けっぱなしだったテレビで「るろうに剣心 追憶編」が始まる。
TVシリーズはほとんど見ていなかったし、そもそも少年ジャンプ掲載作品には興味がないので、真剣に見るつもりはなかったのですが・・・
画面から目を離せません。
10時から12時までOVA4話、2時間ノンストップ放映。トイレに行く暇もなし。
これ、マジで良質な作品でした。
画面は美しいし、音楽の質も高いし、何よりもシリアス一辺倒のシナリオは胸に迫るものがありました。
幕末の庶民生活や風俗も叙情的で、雰囲気を盛り上げていましたし。

ちょっと調べたところだと、コミックスやTV版は、作者の本意に反した展開をせざるを得なかった部分が多く、このOVAについては作者から「ギャグシーン不可」という指示があったそうです。
そういう意味ではこのOVAが本来のあるべき姿なのかもしれないです。
もう一つのOVAシリーズ「星霜編」も良い出来みたいなので、機会があれば是非見てみたい、というか、DVD買うか。
来週14日はビデオに撮ろう。

その後、ジーンシャフト1〜7話放映に付き合って朝になる。
全ての設定をお話に盛り込もうとして失敗した例だと思います。

9がつ6にち(金)
塗り分け用のパーツごとのレイヤー作成終了。
なんというか、特に書くことがないわけです。
ならば書かなければいいだけなんですが、なんとなく。

9がつ5にち(木)
無洗米って楽っすねー。
今までインチキくさいなあと敬遠しておりました。
どうもすみません。
なんというか、特に書くことがないわけです。

9がつ4にち(水)
お仕事でNTTのネットワーク関係のサービスを検索していたところ、こんなものを発見。

妙に興味をそそられるサービス名。
それだけなんですけどね。
ネタとしては弱い・・・最弱クラス。
しかし、あらぬ誤解を受けそうなサービス名です。字面的に。

今日はコンビニ前に親ネコ。なでなで。

9がつ3にち(火)
久しぶりに綺麗な夕焼けを見ました。
雲が柔らかなブロンドの髪の毛のようで優しげでした。

今日もコンビニの前に子ネコが。すっかり居着いてる様子。

主線、終了しました。ここまでのところ、最近の絵の中では満足度高いです。
その後、配色のシミュレーションをしてみたりとか。

ちょびっツ、午前3:50からの放送らしいです。インターネットTVガイドの番組表、午前2時台に載っていなかったので放送無いのかと思った。
しっかし、こんな時間に誰が見るというのでしょう・・・
(翌朝、ちょびっツ実況掲示板のレス数だけ確認したら2500も発言があった。びっくり。)

9がつ2にち(月)
トンボがクルマのボンネットに卵を産もうと必死でした。
水たまりと勘違いしているらしい。
日差しに灼けた塗装面に卵をなすりつけても瞬殺だろうな。
なんか、不憫でした。
近所のコンビニの駐車場でネコ親子がマターリしていたので、なでたり。

某巨大掲示板群の「国内サッカー板」のうろたえぶりは、それほどサッカーに興味のない自分から見ても(その是非はともかく)、大変興味深いというか、ぶっちゃけ面白かった。
あれですね、人間って共通の敵が現れると一致団結するもんだなあ、と。
ある時期、傍若無人さや歯に衣着せぬ発言、根拠のない自信などを「個性」として前面に押し出すことが流行った時期がありましたけど、やっぱみんな、根っこの部分では謙虚な人が好きなのね、と思いました。

9がつ1にち(日)
今日で夏休みも終わりという皆さん、残念でした!
ひめくりあずまんがによれば、明日は8月33日らしいから、きっと大丈夫!
9/1が日曜日で、なんというか1日得したような気もするかもしれませんが、
「休み明けにいきなり5日間連続通学はキツい」
ので、ボク的には「9/1は木曜日で、2日間出たらまた週末」というのがベストだと思います。
終わっていない宿題も「持ってくるの忘れました」で2日くらいはごまかせるし。

主線、大体書き上がりました。アクセサリとかのオブジェ関係がダメっぽいですが、もう案も出ないし、諦めよう。
画面中、線だらけ。

 

2002年8月

8がつ31にち(土)
昼時、テレビで激しく焼き肉・ステーキ系をとりあつかってましたが、ぼけーっと眺めていた自分、よだれたらしてました。リアルで。
(えっ!? うわっ、よだれがっ!! ティッシュティッシュ!!)
なんというか、ひどく情けない気分に。

日中はサイトの更新準備をしたり、ちょっと買い物に行ったり。
適当に作った「アンチョビとトマトソースのスパゲティ」は妙に美味しく出来ました。
夜、メール書いて、サイトの更新して、絵を描く。
書き殴っていた羽の主線を整えるだけで一苦労。消しながら描くよりも別レイヤーに新規に描き起こした方が早いのかもしれない。

8がつ30にち(金)
週末はカレーとかシチューとか、そんな感じのやつを作りたい気分です。でもこれだけ暑いとちょっと油断すると痛んでしまいそう。

近所のコンビニですが、チーズとハムのサンドイッチが「新発売」。
知る限り、この「チーズとハムのサンドイッチ」、3回くらい新発売しています。
というのも、しばらく売っていたかと思うと、ぱたりと店の棚から消え、数ヶ月のブランクの後、「新発売」と称して再発売を繰り返しているのです。
『新発売』というシール貼りたいだけちゃうんかと。
ええと、おまけに各種フィギュアが付く飲み物やお菓子が増えてますが、コンビニのお菓子売り場に「日本の鎧甲フィギュア(というかミニチュア)付き」お菓子がありました。
12種類あるんだそうです。
誰が買うのかと。
いや、そういう関係が好きだという友人が2名ほどいますので、彼らは買うかもしれない。
にしても相当客層を絞り込んだお菓子ですな〜。

8がつ29にち(木)
明治の「おいしい牛乳」は他の牛乳に比べて賞味期限が1週間近く長いのはなぜだろう?

最近「円盤皇女ワるきゅーレ」が素直に面白く感じる自分。困ったものです。
ヒロインの基本設定がモロ「まじ☆アン」なのは、どんなもんかと思いますが、萌えメインのキワモノかと思いきや、実はそれ抜きでも面白いというのは「ナジカ電撃作戦」を思わせるものがあります。
キッズステーションやUHF局(1週遅れて放映)を駆使すれば、1週間に6回も見ることが可能ですが、そのうち4回は見てます。
たった12話で放送終了なのは残念至極ですが、第2期シリーズ制作を願って、あずまんがDVD購入資金をワるQに回そうかしらと思う昨今です。

8がつ28にち(水)
IBM ThinkPad X30発表。
X24を使っている身としては記事に一瞬ビクッとしましたが、さほど魅力的でもないので、残念なようなホッとしたような。

とっても小さくてファンシーな虫。


(こうしてみるとバッタっぽいんだなー。肉眼じゃ小さすぎてよく分かりませんでした)

「カニかま」みたいな色合いにつぶらな黒い瞳。
時々網戸を通り抜けてやってきます。
これはなんだろう。

ラーゼフォン、意味がさっぱりわかんないよー ヽ(`Д´)/
最初から見続けている人にもわからないみたいなので、ごくたまに見ている程度じゃ理解不能で当然なんでしょう。

8がつ27にち(火)
午後から東京。時間に余裕があるので遅めに起床。
大変暑いです。先週の、あの、肌寒さはどこへ。

特に問題なく用事を済ませれば午後5時半。いい頃合いです。
貯まっているヨドバシカメラの還元ポイントを使うことにしました。
購入品チョイスのコンセプトは「欲しいには欲しいけど、身銭を切るのは勿体ないと思う物」です。
で、買ったのはFLASH MX。
あーっ、買ったはいいけど有効活用する機会はあるのかなー。

帰りの電車でいつの間にか寝てしまった。
うつむいていたので喉が圧迫、いびきをかいていた可能性あり。
ハズカシ。

8がつ26にち(月)
ありがたいことに明日はゆっくり寝てられるので、リアルタイムであずまんが見て、ついでにアイアンジャイアントも見てやろうかという勢いでしたが、4時までは無理なので、ビデオに撮って寝る。
書くことがないのでこんなところで。

8がつ25にち(日)
少々散歩。やや蒸し暑い。

新OS環境を構築しています。
ビデオキャプチャユニット(CaptyTV)は動作が微妙に変。
TV受信中、ポチポチとチャンネルを変えると、数分間、処理が戻ってこないことがあります。ハングしたかと思った。そういう状態でもOS自体はしっかり動いているところにUNIXベースの堅牢さを感じます。
CanonのSCSI接続スキャナはメーカーが見捨てたようです。OS Xドライバは出すつもりないらしい。
私的Canon株、大幅下落。次にスキャナ買うことがあったら別のメーカーにします。
スキャナを使うときには旧OSを立ち上げるか、あるいは旧マシンに繋ぎ直すか迷い中。
iTunesが新バージョンになったのを期に、ダブっている曲やショートVerを削除し、聴く頻度が低そうなファイルをiPodとの同期チェックから外す。iPodの空き容量が500MBくらい増えた。しばらく耐えられそう。

同一家庭内ならば5台まで新OSをインストールしてもいいという「Mac OS Xファミリーパック」なるものが2万円ちょいで出るんだそうです。
Win XPみたいにライセンスをがっちり固めていないので、購入した1本のOS Xを複数マシンにインストールしても事実上「良心の呵責」以外の問題はないんですが、こういうリーズナブルな価格でのライセンス販売というのはとてもよいことだと思います。
でもねー、発売日が9/7なんだよなー。
一般家庭で「OS Xがまともに動く環境が複数ある」といったら、それはもうマニアさんのお家。いわば逸般家庭。そういう人たちは9/7まで待ちきれないですよ。ボクも昨日の時点でファミリーパックがあったら、そっちを買ったと思うし。
せめてアップグレードパスがあればいいのに。

8がつ24にち(土)
「ミュウミュウ」は「神の作画」かと一瞬思いましたが、塗りは良いものの線画が良くない。惜しい。
「満月」はボロボロ。最近打ち切りかという噂もあるようですが、続けて欲しいです。

Mac OS X 10.2の発売日。
あまり積極的に購入する気はなかったのですが、先日のPainterアップデータでメイン環境をOS Xにする気運が個人的に高まっており、導入してみることに。
近所の電気屋で購入し、早速10.1.5に上書きインストール。かかった時間は40分ほどでした。
いくつかアプリを動かした範囲では特に問題は発生せず、順調です。
ただ、スクリーンセーバーから復帰したときに、セカンダリモニタの表示が乱れることがあります。ウィンドウをグリグリとドラッグして画面を再描画すれば直りますが。

10.2上でPainter7を使い、3時間ほど描いてみる。
新OS上でまじめに絵を描いたのは初めて。Painter7は特に線画では使いづらい。突然アプリが落ちるし。今日は2回落ちました。
せめてClassic環境でPAINTER6がまともに動いてくれると助かるんだけど。
羽やアクセサリ関係で結構線が多いです。デザイン思い浮かばなくなってきた。
あー早く色塗りしたい。

8がつ23にち(金)
定例会議は何事もなく終了。会場から職場には戻らず、「ニンギョヒメ」のCDを買い、いつになく早い帰宅。ご飯炊いた。
午後10時頃、ものすごく眠くなって布団に寝転がったら寝てしまい、起きたら朝4時。
このまま「満月」まで起きてようかと掲示板などを巡回して暇をつぶしましたが、6時頃に力尽き、また寝てしまったみたい。

8がつ22にち(木)
Painter7.1のOS X向けアップデートパッチが出ました。
「マルチモニタ環境での描画不具合の修正」だそうです。
もしかしてこれはーーっ!

もう、ここに書くのも滅入るだけなので今まで触れませんでしたが、OS Xでのお絵描き環境は問題だらけでした。

■2002/03まで
 Painter7.0 一応描けるが筆圧感知せず。全く使い物にならない。
 Photoshop6 OS Xネイティブ版ではないので、使う気せず。

■2002/04(Painter7.1アップデータ登場)
 Painter7.1 まともに描けるようになる。問題なし。
 後はPhotoshop7待ちか。

■2002/06
 Photoshop7.0 発売されたものの、タブレットのマルチモニタ環境でのマッピングが上手くいかない。使う気せず。

■2002/06末(タブレットドライバ更新)
 Painter7.1 タブレットで全く描けなくなる。もうダメダメ。
 Photoshop7.0 マッピングが直る。問題なし。

とまあ、見事にPhotoshopとPainterが、あちらを立てればこちらが立たず状態だったわけです。
特に6月末のタブレットドライバ更新以降、Painter7.1で全く描画出来なくなった件については、同じ症例をネット上で全く発見できず、何度も再インストールした挙げ句に「くっそーっ、もう一生Mac OS 9.2+Painter6で描き続けてやる・・・」とブルーになったりしてました。

帰宅後、早速このパッチを適用。描けます〜(TT
有史以来初めてPainter、PhotoshopがOS X上でちゃんと動作するようになり、DreamweaverもXに対応し、加えて明後日にはOS X 10.2も発売になるということで、もうこのままメイン環境を新OSにしちゃってもいいかもという気分になってきました。

8がつ21にち(水)
今日の「藍より青し」の実況掲示板は「祭り」になるらしいのですが、午前3時半までは起きていられないから諦めます。
まー今まで全然見てないし、ちょっと風邪っぽいし。
そういうわけで早く寝ます。おやすみなさい。

8がつ20にち(火)
もうなんだか涼しいしー。最高です。夜なんて袖まくりした腕が寒かった。寒いという感触が懐かしいです。

妙に目が冴えていて眠れず、久しぶりに「ちょびっツ」を見る。
チロルのマスターのエピソード。これ、音声付き動画で見るとマジで痛い。深夜3時、ブルーはいった。
「カスミン」と並んで「鬱エンディング」と称される「ニンギョヒメ」も本編の雰囲気そのままという感じです。
そういえば6巻、買ってなかった。

8がつ19にち(月)
仕事じゃ〜
メールたまり過ぎじゃ〜
溜まった1週間分メールを処理するだけで1日が終了。

夏休み最初の2日くらいは、何の計画もなくひたすらダラダラしてしまうだろう自分に疑問を感じ、ひとりサークルとして活動すべきか!?なんて馬鹿なことも頭に浮かんだりしていましたが、終盤はすっかり慣れてしまい、これっぽっちも罪悪感なんてございませんでした。今まで同様まったりと描きたいもの描いていきます。
そんな甘美で自堕落な日々もおしまい。悲しいです。早くも9月の3連休が待ち遠しい。

8がつ18にち(日)
セイカのお子ちゃま用塗り絵ホワイトボード(?)、「らくがきんちょ!」という商品名は、なんかすごいなと思いました。「がきんちょ」ですから。
夏休みの最終日は、一日絵を描いてました。気が向くままに落描き三昧。
その中の1枚、「羽つきの娘さん」がちょっといい感じになったので、次はこれを仕上げたいと思います。
「オトナっぽいキャラを・・・」という前言は撤回。

8がつ17にち(土)
11時、一応目が覚める。
ビデオを巻き戻して土曜朝のテレ東チェック。
「満月は今日もちゃーんとお目覚め」という「りぼん」のCMを見てる自分は半分寝ぼけています。
1時間半のビデオを見終わったらまた寝てしまい、起きたら午後5時。
やっぱ疲れていたみたい。
気力ゼロ。

8がつ16にち(金)
今日はお仕事、といっても、邪魔が入らないお盆中に数人で倉庫を片づけちゃいましょう主旨なので、気楽なもの。
焦熱の倉庫で汗だらだら流しながら、数十箱の書類入り段ボールを片づけたり、古いパソコンやプリンタ捨てたり。
死にそうになりながら5時間ほど作業。きれいになって満足。
帰宅後、昨日の絵を少し手直しして深夜過ぎにアップ。
描き終わったという嬉しさより、次の絵を描き始められるという嬉しさの方が勝っているので、まあ、出来が不本意なんだと思います。

休日も続くと、ここに書くことがなくなってきます。困ります。でも、あと2日で終わり。ああ・・・

8がつ15にち(木)
明日はお仕事なので、今日中に絵を描き上げちゃうかと。
背景、どんな感じに塗ろうか、あれこれ1時間くらい試し、午後3時頃から塗りはじめる。
使用ツールはアーティストパステル、スクラッチボード、パレットナイフといったところ。
実質3時間くらいで終了。相当粗いけどいいや。
どう塗るか、さえ決まればまあまあ早く塗れますが、考えてる時間が長すぎ。
出来た画像を45度回転させて、トリミングして、トップ絵更新。めっちゃひさしぶり。

8がつ14にち(水)
キャラ2人とベンチの塗りが終わり。
背景、どんな塗りにするか悩み中。真剣に描き込む気力は無さげ。

深夜、「新PowerMac G4発表」のメールニュースが届く。
眠いし、スペックとデザインだけチェック。
1.25GHzのDual CPUでGPUがRADEON 9000pro、DDRメモリ。
デザインは以前にリークされたヤツと同じ。写真じゃ白く見えたのは光の加減だったのかな。
4つの穴は格好良くない。
新筐体まだー?
つまんない。寝よっと。

8がつ13にち(火)
特に用事はないけれど、暇つぶしに秋葉原へ行って来ました。
9〜11日はコミケ帰りのみなさんで混み合ってそうなので、日をずらしてみました。
お盆だからか、平日なのに謎の東洋人による怪しげな露天商も現れています。
OSとかOfficeとか、魅力的な価格ではありますが、もちろん買いません。
GOFのサントラ買おうかな〜と立ち寄ったお店で思わずこんなマグカップを購入。

キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!
ですね。

急にFLASH MXが欲しくなりましたが、5万円強というお値段に二の足。
こんなことならDreamweaverをバージョンアップするときにStudio MXにしておけばよかったかも。
特にこれといった買い物はしないで帰りました。

買い物といえば通信販売。JBOOK、在庫ありの本を注文から10日以上経つのにまだ届かねーよ、じゃなくて、深夜テレビの通信販売といえばジャパネットタカタ。
「♪ジャーパネット、ジャパネット」の後の「フウフウ」はキモイ、じゃなくて、自分が持っている物をジャパネットタカタで通信販売していると妙に気分が悪くなるのはなぜでしょう?
具体的にいえばCASIOのデジカメのEXILIM。
あの妙な口調での説明を聞いていると、自分のEXILIMが馬鹿にされているような気分になってきます。
いや、当然商売だからベタ褒めしているんですけど。不思議だ。
そういえばカメラ付きケータイ用のマクロレンズ「ぴた@レンズ」ってEXILIMで使えないのかなぁ。

8がつ12にち(月)
絵を仕上げるのが早い人って、下絵の段階から生産性を考えて描いてるらしいですな〜。例えば選択範囲を作りやすいように気をつかって主線を描いて、塗りつぶしツールで一気に処理したり、とか。
そういうの全然気にしたことがないです。カチッとした絵、描けないし。

やや本気で色塗り開始。4時間くらいでキャラ1.5人分ほど塗る。
塗り自体は楽しいのですが、次に描く絵ばかり気になる感じ。

8がつ11にち(日)
ぼんやり。
香辛料のナツメグとシナモンパウダーは、その質感、色が大変似てますが、S&B食品の香辛料はどちらも同じオレンジ色の蓋のビンに入っています。

ナポリタンを炒めてまして、ナツメグを入れるつもりが、シナモンを思いっきりふりかけてしまい、破壊的な味になりました。
他に食べるものもなく、仕方なく食べる。激マズです。
そんなときに限って大量に作ってるし。
泣きながら食べる。

色塗り用のパーツ分けレイヤーを作り、少しだけ色塗り開始。

8がつ10にち(土)
「満月をさがして」は、主人公が変身して歌手として活動するという、まあ、変身魔法少女系ではよくある設定ですが、本日、周囲の人に「私が変身して歌手してました」とカミングアウト!
変身系といえば「周囲にバレる=物語終了」というのがお約束ですが、この不文律をうち破りました。
マネージャーと担当医の前で変身して見せるというかつてない展開を見せました。
留守録忘れて旅行やコミケに逝っちゃった人、来週はわけわからんだろうな。

iPodの新ファームウェアが出ていたのでさっそく適用。
腕時計しないので、時計機能が追加されたのは嬉しい。
iPodってアカペラのボーカルやピアノ曲でポコポコっていうノイズが聞こえるのが不満なんですが、これは解消されていませんでした。
EXILIMのMP3プレーヤーの方が高音質なんだもんな。なんとかしてください。

今描いている、夏っぽい絵の背景を考える。
夏の花といえば向日葵が定番ですが、ボクはなんとなくノウゼンカズラです。
幼稚園児だったころ、家の前の広場の真ん中に、大きなノウゼンカズラの木があったことをぼんやりと覚えています。
ノウゼンカズラのオレンジ色の花には、なんだか郷愁を誘われます。

8がつ9にち(金)
今日から夏休み〜っ! わっほー!
毎日信じられないほど暑い日々が続いていますが、都市におけるヒートアイランド的暑さではなく、「素(す)の夏」を体感してみようと思います。
電車で40分、とある田舎の駅に降り立ったのは午後2時前。ひと駅分、行き当たりばったりで散歩しようと決めて歩き出しました。
しかしまあ、誰も歩いていません。クルマすらほとんど見かけない。動くものといえば蝶と道端の草むらから慌てて飛び出してくるバッタくらい。
途中、小さな公園で顔洗って、日陰でお茶飲んで。あー夏過ぎるほど夏。すがすがしいです。

歩き始めて2時間、やや日差しも西に傾きかけると、だんだん絶望的な気分に。このまま駅が見つからず見知らぬ田舎道で行き倒れるんじゃないか、とか。
勘に任せて適当に進むこと2時間半、駅に到着。一駅分の運賃140円。これだけしんどくて140円だから、電車賃って安いよなーと思いました。

8がつ8にち(木)
帰宅途中、一方通行の道の路肩に停車したタクシーをフェラーリがクラクションと空ぶかしで煽りまくっていました。「フェラーリ様が通れねえぞ、ゴルァ!」ということらしい。
いや、通れるって、結構余裕で。
無理矢理タクシーを退けさせるとゼロヨンみたいな勢いで走り去りました。
さて、
・現行型のフェラーリ(とりあえず金持ち)
・車幅感覚すら無し(免許取ったばっか、フェラーリ乗り始めたばっか)
・煽りまくりで裏道急発進(ガキっぽく余裕のない行動)
とくれば、
「社長のバカ息子」(?)
うわーーーーっ、ブルジョアかよー、ボンボンかよー、ちきしょーーーーっ!(智ちゃん風)

ってか、金持ちなら文字どおり「金持ち喧嘩せず」な態度を貫いたほうが我々低所得者層にはダメージが大きいかと。
金持ちで腰が低くて、人間が出来ている。こうくればもう、我々としては黙って地面に両膝をつくしかないしかないですわね。
勝ち目無し、と、ビンボーで性格がよろしくないボクは思うわけです。

8がつ7にち(水)
お仕事中、マラカスを持って踊るシロッケンハイムを画面の端に表示させておくと妙に和んでいい感じです。

そろそろコオロギも鳴きだしてます。
コオロギって、パーツのひとつひとつを見るとゴキブリちっくですよね〜。
長い触角とか、羽の具合とか、全体のテカテカ感とか。
イメージがいいのは鳴き声のせいなんでしょうねー。
芸は身を助けるというやつか。
かといって、ゴキブリに冷蔵庫の裏で一晩中、妙にいい声で鳴かれても困るんですが。

8がつ6にち(火)
好みのデザート、お菓子類がどんどん近所のコンビにから撤収されていく中、最近のお気に入りはハーゲンダッツのドルセ・ラ・レシエです。キャラメルっていうやつ。
これはおいしいねぇ(TT)
マーブル状に入ったキャラメル部分の甘ったるさがなんとも。
ついつい、キャラメル部分をほじくって食べてしまいます。
ハーゲンダッツを買うと、大抵はレジでメーカー純正プラスチックスプーンをいただきます。しかしたまに汎用品の木のスプーンを渡されることがあるのですが、あれがダメ。多くの弱点のうちでもトップランクの弱点。
木のスプーンの匂い、唇の感触、味、カップの底をこする手触りを思い浮かべただけで鳥肌が立ち、体の力が抜けます。
(実際、只今鳥肌立ってます。)
以前は同じように割り箸もダメだったんですが、克服しました。
どうしてこんなものが苦手なのか他人には全く理解してもらえないというものを、みんなひとつくらい抱えているものなのでしょうか?

8がつ5にち(月)
「ちょっとミーティングに入ってくれ〜」と呼ばれたのが午前11時。
解放されたのは午後5時。
長いよ〜。
お弁当頼んでなかったので、また断食24時間。

今日はやっぱ「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」でしょう! 
Anime-TVにて、OVA発売前に1話のみの限定放送。
単なる萌えなアニメかと思っていましたが甘く見てました。ごめんなさい。
単なる萌えなバカアニメでした!(分かりづらいでしょうが、ほめ言葉です)
いやー、笑った笑った。
敵が8頭身モナーですもん。8頭身のモナーはキモイ。しかも動いてるし。
8頭身モナーからの「コピペ光線」を受けたアキバ界隈の人々はモナーやおにぎりに変化してしまいます。
見慣れた中央通りで巨大な8頭身モナーと戦う小麦ちゃん。一般人が見たって何が何だか分からないでしょ、これ。
で、「あぼーん」という声とともに消滅。
(まあ、一般人は見ないから大丈夫か)

エンドテロップの超高速ぶりにも笑った。あんなの見たの初めて。右から左に、文字が0.5秒くらいで流れ、消えていく。視聴者の動体視力に挑戦!? 全く読めません。おもしろすぎ、Anime-TV。

8がつ4にち(日)
昨日「出来るだけ2時には居るようにする」と言った手前、仕方ないので家にいることにしました。
結局届いたのは午後6時過ぎ。努力してくれたということなんでしょうが、無意味に拘束されたようで勿体ない風味。

ウチは「萌え系」イラストサイトなんでしょうか! 描いてる本人は一部の絵を除いて萌えを意識していないので、そう受け取ってくれる方がいるというのはこそばゆくて嬉しいデス。

絵の背景考えなきゃ。

8がつ3にち(土)
午前10時目が覚める。
既に習慣となってるテレ東土曜朝アニメ3本をビデオで見る。
「満月」、この前はコケそうになってキスしてましたが、今日は人工呼吸。少女マンガの王道。
少女マンガワールドでは極めて高頻度で(しかも『自分の気持ちに気づいていない隠れ両想い同士』で)発生する「コケてキス」。
実際、リアルワールドでそんな体験をしたことあるヤツは存在するのか!? 『隠れラヴな憧れの彼と「コケてキス」』だあ? そんなもん夢見がちな少女の幻想だろうがッ! ・・・もしかして意外とありがちなんですか・・・? 惜しいことをした!!
「ミュウミュウ」は先週の神降臨状態には遠く及ばないものの、平均からはずっと高レベルの作画。まあ、平均点が低いからな〜。
「ミルモ」は相変わらずの大安定状態。安心して見てられます。
ヤシチのダメぶりに愛しさすら感じます。
・・・とまあ、こんな愚にもつかないことを考えながらゴロゴロとビデオを見ていたら、玄関のチャイムが鳴る。
あ、昨日のDreamweaverかも! と立ち上がろうとしたら左足のふくらはぎが激しくけいれん、行動不能に。
やっと動けるようになり窓から見下ろすと、運送屋さんが去っていくところでした。あーあ。

午後に運送屋(某MT運輸)に電話し、昨日不在票をもらったが、荷物を持ってきて欲しいと言うと、今日は配達できないし明日は午後2時頃じゃないと配達できないとのこと。
明日はお出かけしたかったので、もうちょっと遅めにとお願いしても、出来ないの一点張り。
「それなら月曜日にお届けとなりますが」
「平日の帰宅は夜10時近くなんですが・・・」
「・・・」
「・・・来週の週末まで受け取れないってことですかー・・・」
「・・・」
「・・・」
お互い押し黙ってしまい埒が明かないので、じゃあ、明日出来るだけ2時に居るようにするのでとにかく持ってきてください、と告げて電話を切る。
(クロネコヤマトとかだったら、その辺融通を利かせてくれるのに・・・)

夜、Photoshopでホームページ用の部品をいくつか作り、更新。
すこしすっきりしたけど、タイトルロゴはダサダサ。
気が向いたら直します。

8がつ2にち(金)
今日も激しく雷雨。
昼過ぎだというのに6時過ぎのように暗くなり、1時間ほど雷と集中豪雨。
しかし残念ながら日中。おしごと中。
明日だったらよかったのに。

帰宅したらドアの隙間に宅配便の不在票が。なんか買ってましたっけ?
マクロメディアからなので、Dreamweaver MXかー。必要に迫られてのバージョンアップ申し込みじゃなかったので、すっかり忘れておりました。
8/1付のzdnetに、Dreamweaver MXのレビュー記事が載ってますが、その中でレビュアーのまつばらあつしさんが「Dreamweaver Lite的なソフトが欲しい」と書いてます。ボクも以前、ここで似たようなことを書いた気がします。このソフトを使っている一般人の共通な願望なのかもしれません。こんなに多機能いらない。

以前から(というか、今のページ構成にした直後から)上のフレームが大きくてウザく感じてたのですが、急に直したくなってきました。

8がつ1にち(木)
随分前に、ここで「雷ラヴ!」と書いたことがあるような気がしますが、今日は雷好きなボクにとって記憶にとどまる日になるでしょう。
午後9時前に職場を出て、歩いていると遠くで微かな稲光。
ご飯食べて帰宅後、10分ほどすると激しい雷雨に。
間断なく響く雷鳴と稲光に居ても立ってもいられず、ベランダから身を乗り出し、光る雷にみとれました。
30分くらいは見ていたと思います。
今年は雷が少ないな、と少々残念に思っていましたので、今日の雷はそれを補って余りあるものでした。
被害もあったのに、雷に浮かれているのは申し訳ないとは思うのですが、夜の町が一瞬、光に浮かび上がる様は幻想的で、どうにも好きなのでした。

 

2002年7月

7がつ31にち(水)
職場のエアコン、壊れてるんじゃないかー。
ボクの席あたりはいくらかマシですが、局所的には30℃を超えてそう。
なんというか、こう、書くことがないわけです。

7がつ30にち(火)
アニメ版ちょびっツは惰性でビデオを撮り続けているけど溜まるばかりで全然見てません。
でも継ぎ足し録画するせいでエンディングと予告くらいは目にします。
エンディング変わりましたが、ニンギョヒメ、なんかいい歌。
と思えば新居昭乃さんの作曲。最近多いパターン。
歌ってるのは主役の田中理恵さんですが、ブレス音がはっきり聞こえる歌い方も最近の新居さん風。
(デモテープがそんな歌い方だったんだろうな〜)
調べたら8月下旬にシングルが出るみたい。早く欲しいな。

7がつ29にち(月)
智ちゃん面白い。笑った。

最近のお気に入り。

勢い余ってGIFアニメ作ってしまった。
といっても2フレームしか使ってないのでかんたーん。
見たことある人は分かると思います。手抜きじゃありません。本当にこの通りの動きなんです。
こいつを見るためにワるきゅーレ見ているといっても過言ではない。まじで。
実際、本編放送中は画面を見ていないことが多いです。

7がつ28にち(日)
昨日の「おなか全開シーン」はインパクトがあったらしく、既にAA(アスキーアート:文字や記号による絵)が出来てました。

下のキャプチャ画像と見比べてみてください。

ついでにこんなのも。

(笑)味わい深い。
いやあ、AA職人、仕事早すぎ。

過ごしやすい気候でありがたかった。
おかげさまでいい感じでやる気も出てきて、やっと大体のキャラデザが決まる。
結局丸一ヶ月間ほとんど成果がなかったと。
(素直にファンタジー物を描いておけばよかった)

もう深夜だというのに一匹のアブラゼミが鳴きまくっています。
体内時計壊れてるんとちゃうかー。
時々「じーーーー、じーー、じぃ、じっじじじ、じぃ・・・」とくるので、お、鳴き止むか思えば、再び「じーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
せっかく涼しいからと、窓開けるとうるさいし、閉めると暑い。

7がつ27にち(土)
第二回ミュウミュウ祭が開催されました。
といっても単に激しく作画が良かったというだけ。
過去日記を見ると、第一回は6月8日。7週間ぶりにやってきた、OVAと見まごうばかりの超ハイクォリティ東京ミュウミュウです。
(第三回は時期的に番組改編直後、10月5日あたりにやってきそうな予感)
つうか、朝っぱらから妙にエロいな〜(^^;
当然、即物的な表現は無いものの、従来比3倍以上の作画パワーが少々エッチっぽい方面に割り振られておりまして、「おっきなおともだち」のハートも鷲掴みだゼ、てな感じでした。

ホントはマズいんだろうな・・・と思いつつ、例によってキャプチャしてみました。


いちごさん、おなか丸見え。サービスカット!? と思いきや、寝冷えで風邪をひくという・・・


変身後のミュウいちご。む、胸が・・・(///)

お話し的には、ヒロインを助ける謎(バレバレという噂も・・・)のヒーロー登場。役どころとしては、まあ、タキシード仮面です。お約束。

いろいろ文句言いながらも妙に気になる存在の東京ミュウミュウ。
本編よりも周辺のネタが面白いという。
OCNブロードバンドメディア(http://broadband.ocn.ne.jp/)で、本編まるごとストリーミング放送という太っ腹な企画も実施中です。

話変わりまして、夜の某番組で「地球の周りを700日以上周回した宇宙飛行士は計算上1/50秒だけ時間旅行したはず」と言っておりました。
学校で習った特殊相対性理論でしたっけ。
直線的に加速して光の速度に近づくのは大変そうだけど、回転運動ならばなんとかなるように思いますがどうでしょう。
「光は1秒間に地球を7回り半」といいます。
地球の直径が12700kmなので円周は約4万km。光は秒速約30万kmなので、割り算すれば7.5。合ってます。
ええと、まず宇宙空間に地球の直径と同じ12700kmの棒を建造します。
棒の中心から少し離れた位置、棒と直角にお互い逆向きのベクトルとなるようにロケットのような推進装置を取り付けます。
で、徐々に加速して秒間7.5回転させれば棒の先端は光の速度に達するような気がします。推進力でバランスが取れれば、棒の長さは半分強でもOKかも。
秒間7.5回転は1分間に450回転。パソコンのハードディスクは5400〜7200rpmが一般的なので、その1/10以下の角速度で光の速度達成。
おかしい。あまりに簡単すぎる。出来そうじゃないですか。
そもそも450rpmを超えるとどうなるんだろう。
根本的なところが分かっていない風味です。

7がつ26にち(金)
朝、職場のWindows2000マシンの電源を入れても途中で止まってしまい、起動せず。
ハードディスク壊れたか〜? まずいことになったなー。
何度か再起動していると、画面に一瞬、「Keyboard Failure」という文字が出ていることに気づき、キーボードを交換したら無事起動。
Keyboard Failureって「キーボード故障」って意味だよな〜。
ついに長年愛用してきた名キーボード「IBM A01」もお亡くなりということでしょうか。悲しい。
後でメンテナンスしてみて、それでもダメなら部品取りに使おう・・・

妙な気まぐれを起こされたら休日出勤かなと思ってましたら、予想外にすんなり通りまして、晴れ晴れとした気分で週末を迎えております。

7がつ25にち(木)
すごい湿気。夜、バス停でシグマリオンを開いたら液晶が曇りました。
家に着き、ドアを開けて靴を脱いだ瞬間にiPodのバッテリーが切れました。
偉い。よく頑張った。ちょっとだけiPodに感情移入しました。
特に書くこともなしっぽいです。

7がつ24にち(水)
次期PowerMacとおぼしき筐体の画像がネット上に流出してました。
あーまたこの筐体(El Capitan)かー。
今度は白をベースにしています。今までシルバーだった部分が白くなりました。正面下部には丸い4つの穴が開いています。吸気口でしょうか。
スピーカーは正面上部に移動。
光学ドライブのベイまわりはステンレスのような質感のパネルがはめ込まれています。
もう完全に飽きました。完全新設計のボディで楽しませて欲しいです。

7がつ23にち(火)
昼時に捕まってしまい、昼ご飯を食べるタイミングを逸しました。
断食24時間。
結構空腹には強いので、そんなに辛くないです。2、3日なら断食できそうな気がする。

帰りに立ち寄ったお店で「千と千尋の神隠し」をデモってました。
やっぱ赤いです。
DVD購入したというお友達も「赤い。参った。」と言ってました。
どう見たって赤いですよ。いろいろと言い訳しているようですが、赤いものは赤い。明らかです。
最近のジブリに興味なしなので、DVD買うつもりもないし、今後、ポケモンみたいに緑バージョンとか金・銀バージョンが出ようとどうでもいいです。
でも、最近、苦しい嘘をつき続けているな、と思わせる出来事が多いです。
「まずいことになった・・・」って思ってるんだろうな〜、担当者。でもこれだけ売れてしまうと回収、交換費用だけで数十億単位の費用がかかるはず。もう後には引けない。赤いのが正しいと言い続けるしかない。
かくして金熊賞受賞作品は赤がデフォルトとなり、自然な色合いのオリジナルは永遠に封印と。

仕事していると、「ピンチはチャンス」てなことをよく言われます。
苦情に対して誠心誠意答えれば、その企業等に対しての忠誠度が上がるという意味です。
昔、KIDというゲームメーカーのプレステ用ソフト「infinity」に特定シナリオをクリアできないというバグがありました。
ボクもそのソフト買ってまして、その件があちこちのBBSで話題になったときは、こんな杜撰な品質管理のメーカー、二度と買わねーぞ! とか思いました。
でも、KIDはそこで「仕様です」とは言い張らず(というか弁解の余地無しだったけど・・・)全商品交換という決定をしました。英断だったと思います。
誠意ある対応にホレました。やるな、KIDと。
以来、このメーカーは応援しようと思ってます。
ちょっと面白そうなら買うことにしてます・・・積みゲーも多いけど。
人なんて単純だし、そんなもんだと思う。

「千と千尋」という作品にとって、それが返品交換できないほど売れすぎたことが唯一最大の不幸だったのかもしれません。

7がつ22にち(月)
突然、画像フォーマットのJPEGについて権利主張する企業が現れたそうです。
最近よく言われる「サブマリン特許」というやつ。
随分前、GIFフォーマットで同じようなことがあり、そのときは権利所持者のUNISYS社が「プログラム作成者はGIFを扱うアプリケーション1本につき5000ドル払え」と要求、フリーソフト作成者のほとんどはGIFのサポートを辞めたという顛末だったと記憶しています。
ボクはソフトを使う側なので課金とは無関係ですが、GIFのときみたいにフリーウェアが激減してしまうんでしょうか。

そりゃ現行法上、正当な権利主張なんでしょうけど、なんというか、日本人的感覚では「志が低いよな」という印象です。
だって特許出願した本人たちはJPEGが自社技術に抵触していることは当然知っているはずで、サブマリン状態の間、ただただ静かに押し黙って、「JPEG使うソフト、機器、増えろ増えろ増えろ・・・」と念じ続けているわけで、使用に対して事前警告は一切しない、と。
んで、突然急浮上、お金ちょうだい、ですから。怖すぎるでしょう。
今後、データの自社製フォーマットにこだわる会社も出てくるかも知れない。DOS時代のようにアプリ間のデータ移動に苦労する事態だけは勘弁してほしいです。

7がつ21にち(日)
近所のスーパーの肉売り場に貼ってあった紙には
「うじの日」
って書いてあり、ヤな日だな〜とよく見ると、
「"うし"の日」
でした。
最初の「"」がクリップの陰になっていました。
どうでもいいんですけど・・・

スーパー内のあまりの和気あいあいぶりに、いたたまれなくなり、何も買わずに店を出る。何をやっているのか。

7がつ20にち(土)
子どもたち! 夏休みか! 最高だな!
夏休み中の祝日というのはいかがなものかと思っているでしょう?
オトナだって祝日が土曜日なのはいかがなものかと思っているヨ!
海の日、使えねーな、と。

やはり描けやしねーので、題材も構図も全て再検討。
少しはマシになってきました。

7がつ19にち(金)
ミーティングで東京へ。
適当に当たり障りないこと言ってヘラヘラしてました。
久しぶりに某ラーメン屋へ。
明らかに店員総入れ替えにつき研修中。
後から注文した順番めちゃめちゃ飛ばされたし、麺、煮すぎ。のびてる。美味しくなかったです。食べ残しちゃった。

アキバで遊ぶには遅い時間なので、ヨドバシカメラへ。
貯まっている結構な額のポイントの使い道を考えながら店内をぶらつく
PDA売り場、ザウルスのデモ機に
「PDAで日本語を手書き入力するのって、かったるいんだよねー。やってられねーって感じ。Palmのグラフィティはいいよね。Palm最高!」
みたいなことが書き込んでありました。

しばらく店内をまわってPDA売り場に戻ってきたら、さっきの書き込みは消され、今度は、
「日本語を直接書けるのがスゲー気持ちいいんですけど。あの、なんだっけ、Palmのグラフなんとかってやつ。あんな象形文字みたいなののどこがいいんだろうね。ザウルス最高!」
みたいなことが書き込んでありました。
ユーザー同士が水面下で熾烈な戦いを繰り広げているようです。

そんなこんなで2時間近く店内をさまよっても、一向に欲しい物が見つからず、ケーブル1本、CD-R20枚買って店を出る。負け気分。
帰りの電車は暇すぎて、PDAのHP200LXでDOSに切り替えたらKanonが動いてるし。
しかも、真琴シナリオのエンディング近辺です。
(プリクラ、花火から「ちりん・・・」という流れのあたり)
私的最強泣きポイント。
電車内でエンディングを迎える。ちょっとウルっときた。やばかった。

7がつ18にち(木)
朝、いきなりMac仲間から
「iPodのホイールがまわらなくなった」
と言われました。
「えー、こわれたの? こわれたの?」
と聞き返したら
「いや、昨日の新製品。新しいiPodはホイールまわらなくなったよ」
あー、昨日はニューヨークでMacWorld Expoだった。完全に忘れていました。
概要をチェック。
・iMac、ワイド液晶化
・iPod、20GBバージョン
・Mac OS X 10.2
などだったらしい。
PowerMac/PowerBook関連の新製品なし。
iMacの17インチワイド液晶はよいな。シネマディスプレイとして発売してくれたらいいのに。
PowerMacユーザーはSXGAで我慢するか298,000円の22インチシネマディスプレイを買えというのは酷。その間を埋める製品が必要だから、近いうちに出てくるでしょう。

iPod20GBは結構惹かれます。リモコンも付いたし。
ウチの初期5Gモデルはもうほとんど残量がありません。そうなると母艦でリッピングする気も起きなくなります。
元来、整理とかが苦手なので、MP3ファイルを取捨選択しなくちゃならないとなると、途端に億劫に感じてしまいます。
20GBならまず一杯にはならないと思う。いいなあ・・・
機械式ホイール廃止。ノートPCのタッチパッドのような感じになったみたいです。
動作不具合は少なくなるでしょうが、物としての面白味は減ってしまったと思う。

OS X 10.2はバージョンアップサービス無し。製品版を買えと。あーあ。
世知辛いね。衣食足りて礼節を知る、貧すれば鈍す、ってやつかな。
全体的にがっかり感高い基調講演でした。
あんまり魅力的な製品を出されても我が家が経営破綻するので、それはそれで良かったと思うことにします。

7がつ17にち(水)
気を揉んで上申しても、受け手が脳天気に「ハァ?」みたいな感じでがっかりです。責任は自分でとってね。

今日、お友達に教えてもらったURLに載っていた「某有名ゲームプロデューサー」の絵(とされるもの)に激しくショックを受けました。
これ、写真をPhotoshopで加工しただけじゃーーん。
公式HPだからマジなんでしょう。
見ただけでPhotoshopでの作業工程が浮かびそうな画像。
手描きなら絶対こうは描かないって部分も多いです。
(本来繋がっている部分が色的に背景に溶け込んでしまって、物体が宙に浮いているように見える、とか、レンズフレアが描いてあるとか。)
最近の作品になるほどに加工度が上がって絵画チックになってくるところも興味深いです。抽象画風になのにパースが全然狂っていないし。部分的にゆがんでいるところもありますが、部分的な加工という感じで、全体ではびしっとパースが合っている。
ボク的印象では間違いなく写真をフィルタ処理したもの。
違っていたら申し訳ありません。

しかも、これ、売っているらしい。
アートなんだそうです。美しいんだそうです。文字通り自画自賛。いや自画じゃないか。
マジかー。
制作予算でロケハンして、撮影した写真をちょいちょいと画像処理。自分の絵という名目で小遣い稼ぎ〜・・・という流れが頭に浮かびます。

手元にあったフリー素材写真を思いつくままに加工してみました。作業時間15分。フィルタと色調処理のみ。



加工前っす

 


加工後っす

もうちょっと加工度は高いけど、だいたいこれに近い感じの絵が並んでるわけです。
なんだかすごく悲しくなっちまいました。
もっといい絵が描きたくて日々がんばっている人はたくさんいて、ボクだってちょっとだけがんばってます。
虚勢を張るために描いてるんじゃないと思います。
有名人が「私には芸術的な才能にも恵まれています」と言いたいだけなのでしょうか? 絵を権威付けの道具としか思っていないのでしょうか? じゃなければこんな恥ずかしいマネ出来る訳ない。
(しかも多少でもPhotoshop使ったことがある人にはバレバレってところが、もっと恥ずかしい)

勢いで辛口に書き殴ってしまいました。
すさんだ気持ちをカナ坊で和ませます。
おちついたカナ、おちついたカナ。

7がつ16にち(火)
会議。久しぶりに夢のあるお話をいろいろと聞かせていただきました。
相変わらず風呂敷の広げ方が絶妙です。すばらしい。

夜のマクドナルドは在庫を絞り込みすぎだと思います。
まずくて遅いんじゃ安いしか取り柄がないじゃないですか。
(そのチープな味が恋しくなるという面はありますが)
というわけで、特にここに書くこともなく、寝ころんでいたらテレビもノートもつけっぱなしで寝てしまいました。

7がつ15にち(月)
描いては消し・・・
そんな状態が早2週間。
もう、別の題材に変えようかな〜(TT)

Windowsサブノート(機種名書くの忘れていましたが、IBMのThinkPad X24)、ゲームで音が超早回しになるという不具合は、6/8版のドライバ導入で治りました。
(7月出荷のマシンだからもう最初からインストール済みかと思ってました)
快適です。
でもその代わり、ごくたまに音が超ゆっくりになることがあります。

とっても眠くて、あずまんが大王すら見ずに寝る。

7がつ14にち(日)
イタリアンなパン屋さんを覗くと焼きたてのチャバッタがありました。
おー、これが噂に聞くチャバッタかー。
安いし買おう。
コッペパンみたいな感じなんですけど、噛みしめるとコクがあって美味しい。
・・・当たり前のように「これが噂のチャバッタか」と思いながら買いましたけど、ボクはどこでチャバッタを知ったんだろう。
チャバッタ。うーん。
ああ、そうだ、あれで知ったのでした。
(どうして知っていたのかは恥ずかしいので内緒です。)

あずまんが(4)を買う。面白かったけど1、2巻に比べると無理をしてるのが分かるから、きっちり終わって良かったと思う。

7がつ13にち(土)
「満月をさがして」はエッチぃくて、「ミュウミュウ」はヘボヘボで、「ミルモ」は笑えました。

ゲームの仮想CDが出来る様を眺めながらダラダラしていました。
存在しないものが存在するように見え、しかも存在するように振る舞うというのは妙に面白いです。

今日も何もしませんでした。

7がつ12にち(金)
帰りが最終バスの時間になってしまいました。
バス停に向かって歩いている途中、そういえばバス停の近くのセブン・イレブンに注文したCDが届いていることを思い出しました。
(セブンドリームドットコム。これは結構便利です。)
バス到着まであと6分。行き2分、受け取り2分、帰り2分。走れば間に合いそう。
走れ〜(ぴゅーっ)

到着ー!
って、レジに2人並んでるし。(計画の甘さがいきなり露呈)

店員に発注票を渡す。
バーコードリーダーで読みとろうとするけど、ピッて音はするのに液晶画面に金額が出ません。
あー、店員、セブンドリームドットコムに慣れてないし。

やっと支払いを済ませる。
レジから出てきたレシートに受け取りのスタンプを押そうとする店員、スタンプを落とし、転がったスタンプはレジカウンターの下へ。
腹這いになって探す店員。
だめだー、もうコントだし。

店を出て30mくらい走ったところで遠くをバスが通り過ぎる。
しょんぼり。徒歩帰宅。

ケーブルテレビで「木枯らし紋次郎」を見ました。
木枯らし紋次郎は良い。時代劇はあまり見ませんが、これは好き。
その辺の時代劇とは殺陣の迫力が違います。

7がつ11にち(木)
日記整理してアップ。
半年分の過去ログ送りは次回ということにします。

新マシンの環境設定などなど。
XPってOS X並に分かりづらい・・・
っていうか、Lunaが分かりづらいです。
変化のための変化という感じ。
日本語版発売当時に話題になった、「スタート」ボタン下の隙間はまだ直ってないのですね。

7がつ10にち(水)
昨日、宅配業者がノートPCを持ってきたようでした。不在票には夜10時まで宅配すると書いてあるので、電話で「午後9時に持ってきてください」と言ってみる。
「台風ですから夜の配達は難しいですね〜。荷物濡れるし。明日の配達をお勧めします。」だそうです。
せっかく買ったのだから早く手にしたいのが人情。交渉の結果、午後8時に配達することの了承を得る。
「絶対に午後8時にはお家に居てくださいね?」
「絶対居ます。無理言ってごめんなさい。」
というやりとりで電話を終える。

ミーティングを午後7時に終え、即帰宅。7:45PM。完璧だ。
で、待つ。
8:00PM、来ない。
8:30PM、来ない。
9:00PM、来ない。
なんか腹が立ってきました。
9:30PM、バックレかよ! くそー、電話してやるー! っていうか不在票、今朝の交渉終了後に捨ててた〜! インターネットで電話番号検索か〜?
なんて地団駄踏んでいたら、宅配到着。
「いやー、天気悪い中、ご苦労様です(^^)」
なんて思わず労をねぎらってしまうワタシ。弱腰です。

梱包を解いて起動してみる。いろいろと質問に答えていき、WindowsXPの初期設定終了。液晶に死んだ画素は無いです。よかった。
しかし、無線LANが見えません。なぜだ〜! (´Д⊂ヽ
あれこれ試したけどダメ。
ルーター側の問題かもしれないと思い、メルコのWEBページを見ると、『ファームウェアが古い場合、XPマシンから見えない場合があります』だそうです。
そうか、ファームの書き換えか。書き換えると設定が消えるらしく、現在の設定画面をPrintScreenでキャプチャして、ファーム更新、再設定。
無線LANが見えました。
後は適当にいじっていたらインターネットに繋がりました。
ここまでで午前0時。

その後、純正のドッキングステーションでコンボドライブを繋ぎ、その辺のゲームをインストールしてみましたが、BGMが超早送りになる。XPの終了音が「ピロッ♪」としか聞こえません。
再起動すると治りますが、ゲームを何度か立ち上げると、また変になります。
参った。本日ここまで。

7がつ9にち(火)
一転大雨。アンド雷。
15分おきくらいに激しい雨が降ったりやんだり。
ビニ傘しかないので、小降りのタイミングをみはからって帰宅。

今日はお絵描きリンクサイトのTINAMIさんに絵を転載してもらえる日でした。
正確には今日の午前11時から24時間。その後はバックナンバー行きとなります。
なんかいっぱいアクセス頂いてるみたいでびっくりです。
「1日だけ人気サイトにしてあげよう」って魔法をかけられたシンデレラのよう。
人通りの多い場所で晒されるってすごいんだ・・・
今回のTINAMIからのお客さんは転載画像を見た上でリンクをたどってくれたというところが嬉しいです。
(同時に期待を裏切ってしまったかも、と申し訳なくもあります。)
でも、全然描けない日々が続いていてヘコみ気味で嬉しさも50%OFFって感じです。

7がつ8にち(月)
暑い暑い・・・
職場のエアコンあんまり効かないし〜。
あずまんが大王、絵はちょっと変だったけど面白かった。
実況掲示板のレス数の伸びもこれが一番みたい。
DVD買ってしまいそう。
その前に4巻買わないと。
今日も書くことないな〜。

7がつ7にち(日)
明け方まで描いてもダメだったし。フテ寝。
ノートPCが届けば盛り上がったんだろうけど、届かないし。
夜、ちょっと描く。
昨日よりは多少いい塩梅。
書くことない・・・

7がつ6にち(土)
2時間、散歩。
暑いけど湿度が下がったみたいで、それほど不快じゃなかった。
道端や、よそのお家の庭先に咲く花とかの写真をとりながら歩きました。
資料にするつもりです。

もう、マジで描いても描いてもダメダメです。普段に輪をかけて。
ここ数日で15枚くらいはラフ描いたと思いますが、ことごとくダメ。
全部消す。
最近3ヶ月くらいは描いててかなり楽しかったんですが、今は全然面白くないです。ストレスが溜まるばかり。
ああ、愚痴っちゃった。
昔聞いた話なんですが、ある中堅のプロ野球選手が、「いや〜最近スランプっすよ〜」と語る若手に対して、「おめーはスランプじゃない。下手くそなだけ。スランプっていうのは、かつての王選手のような偉大な人がなるもんだ!」と一喝したそうです。非常に納得しました。
そう。下手くそなだけ。下手くそは練習しなくちゃいけないわけです。

7がつ5にち(金)
光学ドライブ非内臓ノートPCに移行するからには、やっぱこれは必需品かなとCD革命Virtual Proを買ってみました。
CD-ROMの内容をハードディスクに保存することで、起動時にCDが必要なソフト(ありていに言えばゲーム)もCD無しで動かしてしまおうというソフト。
逆にハードディスクに保存したデータを元に、CD-Rを焼いてしまうことも可。
この機能を悪用する輩がいるため、どうもアングラっぽい雰囲気も漂いがちみたいです。
インストール予定のマシンはまだ届かないので、マニュアルなどを眺めてみる。
で、パッケージ裏の画面写真、目を凝らしてよく見ると・・・


パッケージ裏の写真をスキャンしたもの

「AIR_ALL」はAIR。このアイコンは見覚えがあります。
「SUIKA」ってのは「水夏」ですよね〜
「Only You」というのは多分「Only You リ・クルス」
「UTAWARE」ってのはやっぱ「うたわれるもの」でしょうな〜。
残りはよく分かんない。
というか、
ギ ャ ル ゲ ー ば っ か り だ !

正直、「水夏」持ってます。丸1年インストールもせずに放置されています。
ノートPC来たらやってみようか。XPで動くんだろうか。

こんなものをもらいました。ありがとうございます。

販促用のポップでしょうか。ちよちゃん。和むー。

7がつ4にち(木)
日記更新。6月末まで。

このところ毎週末ごとに「ああ、先週Windowsノートを発注していたら今頃セットアップ作業したりして楽しかったんだろうな〜」なんて後悔の日々。
あーっ、もう、こりゃ遅かれ早かれボクは買ってしまうな。
ボーナスもちょびっともらったし、買うなら早いほうがいいや。
・・・というわけで某サブノートを注文してしまいました。
今年の大きな買い物もこれで終わりでしょう、きっと。
そうあって欲しい。最近金遣い荒すぎ。緊縮財政モードに入ります。

7がつ3にち(水)
ここ数日、蚊が飛んでいるのを見かけるたびに滅殺を試みますが、その度に失敗。
取り逃がしています。
なんだか毎晩、少しずつ血を吸われているようです。
朝起きると耳たぶがかゆかったり、足がかゆかったり。

深夜3時頃、「熱血電波倶楽部」って、ゆんゆんなタイトルのオムニバスが始まるみたいですが、どうでもよさげなので視聴は見送り。

7がつ2にち(火)
CS放送のファミリー劇場で「最終兵器彼女」の先行放送開始。ビデオで見る。
大方の意見としては、
・絵が変。声優合ってない。
・途中で飽きた。
という感じ。不評みたいです。
絵については元々原作がフワッと力が抜けたような筆圧の低い絵柄だから、原作読んでれば違和感ないと思う。
声、確かにシュウちゃんはもっと青臭いイメージがあったほうがいいかな。落ち着き過ぎてます。
ラスト5分までは日常生活の描写に絡めた人物紹介や状況説明だったので、退屈というえば退屈。でも非日常を描くためには、まず日常を示しておくことが大事だし、日常がまったりしていればいるほど、失われた日常が愛おしくなるわけだしね。
(制作者側の、日常描写で退屈させないための努力は大事ですが)

えーと、「恋人や将来の話を始めたサブキャラは死んでしまうの法則」はここでも有効性が証明されました。
とりあえず視聴続行。金曜夜の再放送のほうがいいかな。
テレ東深夜の新番組は「Witch Hunter ROBIN」。
予備知識無しで見ましたが、面白くなかった。
面白くないんだけど、絵や設定がすごく魅力的。
30年代アメリカと現在の日本と近未来が混じったような不思議な世界観。
(事務所の机の上にPowerMac G4とG4 Cube、Cinema Displayっぽいのが置いてあった・・・)
彩度の低い、抑えた色調と表現や、さりげない3Dの使い方。ものすごく趣味がいい。触発されるものがあります。
面白くないけど(何度もゆーんじゃない)この品質と雰囲気を持続してくれるんだったら、見ます。
いいなぁ〜と浸っていたら、エンディング終了後、いきなり「じゃりん子チエ」DVDのCM。
気分ぶちこわし。ちょっとは考えろや、テレ東!

火曜日深夜にテレ東参戦で、天地無用GPX、ラーゼフォン、ちょびっツと、4番組が微妙に重なりながら放映されることになりました。
WOWOWでよく分からないアニメもスタートしていたみたいです。
・「HAND MAID メイ」のスタッフらしい
・全員眼鏡っ子(「終末の過ごし方」かよ)らしい
という断片情報だけでおなかいっぱい。放置とさせていただきます。

7がつ1にち(月)
また、このページの半年分を過去ログ送りにする季節がやってきた。
そのたびに時の経つのの早さを感じます。
相変わらず生活はだらしなく、絵もそれほど上手くならない。参ったなあ。

1クール放映の番組が終了、新番組が始まりますので、これから1週間はオタ風味が強くなると思われます。
絵、描くの好きだから、アニメ絵もギャルゲ絵もNHK教育「日曜美術館」で紹介される絵も等価値で好き。
街を歩いていてもポスターが貼ってあれば気になるし、「あ、結構上手いな」と思ってまじまじと眺めると、実はエッチなお店のポスターだったりして恥ずかしい思いをすることも。