2003年後半の日記。
惰性で書き続けています。

もっと過去の日記へ
2000年分 2001年前半分 2001年後半分 2002年前半分 2002年後半分 2003年前半分

2003年12月

12がつ31にち(水)
今年の買い物について振り返ってみたいと思います。
単品での最高価格はAppleのシネマディスプレイ23インチ。
買わなきゃ良かったとまではいかないけど、まあ、無理して買うほどでもなかったかな、という感じ。
もう少し色に濃密さがあれば、もっと評価できるのですが。
液晶のくっきりさに慣れると、フォーカスが甘くなったCRTのおネムな画質には戻れないよな、とは思います。

あと、挙げるとすれば東芝ハイブリッドレコ「RD-X4」。
去年XS40を買ったときの新鮮な感動こそありませんが、実用品としての完成度は非常に高く、満足しています。
よく、「東芝はリモコンが・・・」といわれます。
でも、あのリモコンを無意識に操作できるほど慣れてしまったので、ボク的には従来通りのリモコンが付いてきて、満足です。
むやみに叩かれるほど悪いとは思えないんだけどな〜。
(でも、電源ボタンだけは改善して欲しい。)
特に編集作業をするときは左手で扱った方が操作しやすいような。

もうひとつ、10万の大台超えの買い物がありました。EOS Kiss Digital。
大げさすぎて、使用に際しては気合いが要ります。が、出力される絵は鮮烈の一言。
下のフィギュア写真にてEOSで撮影。
・・・なんだかEOSに申し訳ない気持ちで一杯です。

普通に買って良かったなぁと思えるのはAVアンプとスピーカー。
購入金額を使用時間で割れば、これがいちばん良い買い物でした。

今年も散財したにゃー。

絵を描きまくり。
下絵が描き終わり、塗り始めたら年が明けました。

12がつ30にち(火)
一日中「紅い蝶」をやってました。
以上。
ゲーム内容とは直接関係ありませんが、長い階段を駆け下り、振り向きざまに、後ろからついてくる双子の姉(自分が操作しているのは、妹)を撮影すると、迷惑行為防止条例に違反してしまうことに気づきました。
テクモだしなぁ、わざとやってるんだろうなぁ。
おどろおどろしいホラー世界が、姉のパ○ツひとつでほのぼのしてくるから不思議です。

12がつ29にち(月)
お正月画像は今ひとつ気が向かず、諦め。
とはいえ、絵は描きたいので、gallery用のを描きます。
スタジオで撮る記念写真のようなイメージで下絵を描き始めたら、意外と筆が進む。

夜、「紅い蝶」を始める。
深夜3時ころまで。怖いッス。

12がつ28にち(日)
8連休だ〜。わしょーい。

午後、ネット上をぶらついていたら、I'veの新アルバムについての記述を見かけました。
といっても、既に9月初旬に発売されていた「LAMENT」「OVER FLOW」。
4ヶ月も気づかなかったとは・・・全然気づきませんでした。
急いで着替えて駅前へ行き、20分後には購入。ついでにホラーアドベンチャー「零 紅い蝶」も買う。
限定版はCD2枚組+PVのDVDだったらしいけど、今売っている通常版は1枚ずつ別売りで、ちょっと高い。
まあ仕方ないです。
初めて「Close to me」をフルコーラスで聴けて、感激。
今にして思えば、インターネットが無かった時代、いつ、何がが発売されるかとか、その内容とかって、どうやって知っていたのだろうと思う。
少なくともCDショップの発売予定表や「これから出る本」、メディア情報誌は真剣に見ていたけど、初回版商売もなかったし、出遅れたからといって負け気分になることもなかったけど。

12がつ27にち(土)
「実写版セーラームーン見るのって、初回以来だなー」と思いながら、出勤の準備。
空いた電車に乗り、今年最後のお仕事。
・・・
しゅーりょー!!
で、本屋に寄る。小説4冊購入。
積んであった例のアレをその場の勢いっていうか、ネタ用というか、開放感で買ってしまいました。
(←クリックすると巨大な画像が開きます)
まあ、見ての通りです。
電撃萌王「週刊わたしのおにいちゃん」プレビューフィギュア付き。
ある種、感動です。ふざけ半分で買ってどうもすみません。
こういうものに造詣の浅いボクですが、素直にこりゃすごいと思いました。
画像をクリックして大きな写真見て欲しいのですが、ほんと、良くできてます。
実際、これ、高さ5cm少々なのです。かなり小さい。200円ガチャよりも小さい。なのにこの細部まで手の込んだ造り。
大量生産品でこれですから。恐れ入りました。
写真以外の角度から見るとどんな感じなのかは、購入してご確認下さい。
いっぱい売ってたから、リカヴィネみたいにプレミアがつくことはないだろうけど。

雑誌本体の方は、あー、まぁ、あれです。ここまで直球で「萌え!」と言われてしまうと「萎え〜」かな。
「まぶらほ」と同じ香りがする雑誌でした。

12がつ26にち(金)
今日で御用納めと思いきや、明日も仕事なのだそうです。
すっかりやる気なし。
職場全体がダレぎみ。
早めに帰宅し、画像加工してトップ絵をでっち上げ、更新。

12がつ25にち(木)
しゃちょーのところに企画書持っていって説明したら、何の因果か急遽、最近一緒に仕事している3人+しゃちょーの計4人で食事をすることになりました。
ええと、今日はクリスマスなんですけどネ。(特に予定はないわけですが・・・)
都内某所のふぐ料理店。午後7時から11時まで、約4時間、しゃちょーの話、聞かされっぱなし。
話を聞くだけでこんなに疲れるとは。
ああ、帰宅したらクリスマス終わっているし。
26日になった瞬間にトップのクリスマス絵を引っ込めようと思っていたのに。
あー、なんか十二国記やってます。最後まで見てたら2時過ぎました。
寝ます。
しゃちょーDAYでした。

12がつ24にち(水)
祝日後の水曜日って、「ああ、また休み明け。ダルぅ。」という感じで、あんまり嬉しくない。

夜の横浜駅前。
携帯電話がマジで通じません。
電話しても「プツプツプツ」という音が続くだけ。着信しません。
メールもダメ。Webにもつながりません。もうお手上げ。
これが噂の輻輳というやつですか!?
あー、参った。

12がつ23にち(火)
お天気。電車に乗って海に行き、てくてく散歩。
トンビやよくわからん海鳥の餌付け風景を眺める。
道に迷っても携帯のEZ Naviがあるからいいや、と適当に歩いていたら、やっぱり道に迷い、嬉々としてEZ Naviを起動したら無料お試し期間が終了したらしく、月額210円のサービスに登録せよとのこと。
まんまと策略にはまったような気はしますが、210円くらいならいいかなと、登録。やっぱ便利です。
潮風が気持ちよかった。

12がつ22にち(月)
帰宅。食事を簡単に済ませて、塗り。
そしてタイムアップ。

うむー、帽子はもっと毛糸っぽくしたかったし、コートの黒い部分はファーっぽくしたかったし、前面にガラスがあるっていう設定なのに、ガラスっぽいハイライト全然入れてないし。
安っぽい絵ですねぇ。
どうせ2,3日だけの扉絵だし、縁起物ってことで、えいやっ、とアップ。
面目ないッス。

12がつ21にち(日)
近所にある、昔ながらの商店街はどうしてこんなに集客力があるのでしょう?
人混みをかき分けて歩く様はまるで縁日のようです。不思議。

どうも絵が上手く描けないので、気分転換にクリスマス絵でも描いてみようかな、なんて思います。
(気分転換したいなら絵を描くの休めばいいのに)
先日「クリスマス絵はパス」なんて言ってましたが、前言撤回です。
・・・と、思い立ったのが午後6時くらい。明日中にトップ絵更新が目標。
がーっと下絵(線、少なめ)を描いて、ごはん食べて、シャカシャカと塗って、午前0時。

12がつ20にち(土)
散歩して、絵を少々。いつもの休日。
絵の全体的なイメージは決まっているのに、どうにも形にならず、もどかしいです。
あー、イライラするー。
成果なし。ふて寝です。

12がつ19にち(金)
安くて賞味期限が長くて調理が簡単な割にバリエーションが豊富。
スパゲティって貧乏人に優しい。
しかし一般に売られているだけで1.4mm、1.6、1.7、1.8、1.9と種類が多く、しかもブランドによって、同じ1.6mmでもゆで時間が違います。
無秩序にいろいろ買っていると中途半端に余ってしまい、始末に困ります。
ゆで時間10分のパスタをゆで始めてから3分後に、ゆで時間7分のパスタを追加投入してみたこともありますが、食感の違う麺が混じり合い、非常に不味いです。おすすめしません。
そういうわけで、無駄を出さないためにも、デフォルトな銘柄が決まってくるわけです。
ボクのデフォルトはマ・マーの1.8mm。これがベスト。細いパスタは歯ごたえがなくて好きじゃないです。
しかし最近、マ・マーの1.8mmが微妙に入手難でございます。
コンビニで売っているのは1.6か1.4。近所のダイエーでも売ってないことが増えてきました。
細い方がオシャレに見えるからでしょうか?
このまま太めパスタは消滅してしまうのでしょうか?
店頭での扱いは既に絶滅危惧種って感じです。

今後ともマ・マーの1.8mmをよろしくお願いいたします。

12がつ18にち(木)
紙の年賀状を出すべきか否か。
「ポリシーとして出さない」と言い張って数年。しかしそんなことばかり言ってられない気もします。
面倒くさいというのがいちばんの理由。否定できません。
それともうひとつ、当たり障りのない年賀状を作らなくちゃいけないという不本意感が、どうも気乗りしない原因です。
出来合の年賀状イラスト集に頼るのは、ヘボ絵描きとしての矜持に反します。
しかし自力でイラスト集っぽい絵を描いてみたところで、全然意味ないし。
自己満足を優先すれば、絶対暴走するし、そんなの役員とかに出せないし。
そういった葛藤に悩むうちに年が明けてしまう。
ああどうしよう。今年もまた、悩んでるうちに来年になってしまうのだろうな。

12がつ17にち(水)
ハンズで線香立てを買ってきました。
小皿と大きめのビーズみたいな玉がついているやつ。ビーズの穴に線香を立てて使います。
線香は「インセンススティック」と呼ぶらしい。線香は線香だろうがー。

以下、屁理屈です。
例えば柑橘系やハーブ系の香りは味覚をイメージさせる面が強いかと思います。
フローラルはそもそも他の生き物を呼び寄せるためのサインだから、いい匂いに感じられるように出来てるわけです。
オリジナルの「バラの香り」というイメージが先にあって、それに寄り添う形で「バラの香りの芳香剤」が成り立つという関係でしょうか。

線香の匂い(香木系の匂い)って抽象的だと思うのです。
ボクは線香の匂いから原料の香木を意識することはありません。白檀なんて見たこともないし。
そもそもボクはどうして香木をいい匂いと感じるのでしょう?
ボクにとっても香木にとっても、いい匂いと感じることに直接的なメリットはないと思うのですが。
美しいバラの絵は、元々のバラの美しさと、絵としての美しさ。
線香の匂いが心地よいと感じるのは、抽象画を美しいと感じるのと似ているような気がします。

書いてて訳分からなくなってきました。すんません。

12がつ16にち(火)
昨晩、秋葉原のコスプレ喫茶「Cos-Cha」にて「スクみずDAY」というイベントが行われました。
ウェイトレスさんがスクール水着を着ているのだそうです。
興味のない人間から見れば、「えっ? それだけ?」ですが、その筋の人にとっては「それ以上何が必要だというのだっ!」なのでしょうね?

好事家の友人数人が現地の様子を報告してくれたのでご紹介します。
結論から言いますと、

 お 店 に 入 れ な か っ た

そうです。

Cos-Chaのホームページによれば、昨日は17:30に一旦営業を終了、18:00〜23:00のイベント時間中は、メニューはビーフシチュー(¥1800)のみ、入店後1時間以内に店を出なくちゃダメ、という条件で行われました。

さて、友人たちが現地に到着した時点でお店の前には長蛇の列が。


ざっと100人程が並んでいる模様。


店の前にはコスプレをした女の子が二人いて、問い合わせるお客に、今日は多分入店できない、とか告げています。
大きな白いベレーと変形白セーラーが「白川ことり@D.C.」を思わせます。ていうか、間違いなく白川ことり。

列に沿って終端まで進んでみると、
「ココは最後尾ではありません」
という張り紙がしてあります。
「最後尾は、ココから右に一筋入って、更に右に曲がったところ」
と説明され、向かいます。
するとそこには更に500人くらいが延々と列をなしているという、にわかに信じがたい光景が展開されていました。


寒空の下、都合600人がスク水の女子目当て(ビーフシチュー目当てではないでしょう)で並んでいたわけです。
我が友人のように、
「こんなイベントやってるみたいよー」「じゃ、ヒマだし、話のネタにでも行ってみる〜?」
程度の激甘な考えでは到底入店出来ないということ。
スク水に命賭けるくらいの気構えが必要。

しかしまあ、すごい動員力だにゃあ。
おまいら「スク水党」を結成して、選挙に出ろ、みたいな。
Cos-Chaホームページの店舗写真を見る限り、座席数は少なそうだから、仮に、
 ・30席
 ・お客一人あたり平均滞留時間40分
という条件なら、入店できた人数は200人少々。
並んだ600人のうち、3人に2人は入店できなかったと予想されます。

スク水好きという重い十字架を背負った皆さん・・・ごくろうさまでした。

12がつ15にち(月)
エライひとたちによる忘年会には出席する気になれなかったので、明日朝までに終えなきゃならない仕事を一手に引き受け、合法的にパス。
でも予想外に大変で、こんなことなら忘年会に行っておけば良かった、と自分の判断ミスを悔やむ。
とはいえ、ボクが忘年会に行ったからといって、仕事は時計の中から出てきたコビトさんが代わりにやってくれるわけでもなく、何の解決にもならないのだけど。
そんな中、「某コスプレ喫茶が『スク水DAY』なんだけど、逝かない?」というイカレたお誘いの連絡がありました。
一瞬、「スク水喫茶で現実逃避!」とか思ったけど、現実逃避しても仕方ないし、そもそもさして興味もないし、スクール水着のおねいさんを眺めても、なんだか居たたまれない気持ちになりそうだし。
丁重にお断り申し上げる。
まあ、ごく普通の営業をしている日に、1度くらいは行ってみるのもいいかなとは思います。
明日は現地レポートを報告してくれるそうです。

12がつ14にち(日)
朝、早めに起きる。
「そーなんだ!」見る。
ユリイカストーンは最後に勝ったチームが総取りってのもグダグダで、後付っぽい設定です。
そして今日、最後の10個目をゲットしたら、タワーが伸びて、もう10個取れ、だそうです。
博士曰く「一体どういう事だ!」って、こっちが聞きたいよ。
まぁ、カスミンのスタッフだし、まあまあ楽しいのだけど。

ナージャよ、そこでフランシスを選ぶか!? やっぱ金持ちか!?
自分が好きな方を選ぶ、という前フリでフランシスを取るか!?
スペインあたりで、キースに「前のあなた(フランシス)より今日のあなた(キース)の方が好き」とか言ってたじゃん。
わけわからん。
つうか、母親問題の解決方法とどっちのオトコを選ぶかは別問題かと思うがー。
まーもう一波乱ありそうだけど。

頭痛はかなり治まったので、散歩。
何もしない週末でした。

12がつ13にち(土)
頭痛が続いています。
寝たり起きたりしていました。
おわり。
すいません。

12がつ12にち(金)
夜、職場でPCの画面を凝視していたときのこと。
視覚に違和感発生。
視界の中心、文字が見えているようで見えていないような、見えてるだけで読めないような、やっぱ見えていないような、妙な感じ。
しばらくすると視力は正常に戻り、代わりに頭痛。咳をしたり首を傾けるとズキズキと痛む。
どうしても今日中に仕上げなくちゃいけない仕事を片づけ、居酒屋に来いという上役の電話を断り(残業していることは知っておろうが!)、やっとのことで帰宅。
寝る。

12がつ11にち(木)
香水や芳香剤の類は苦手。食べ物の匂いも嫌いです。
アロマテラピーなんて逆にストレスが溜まりそう。
みんな小洒落た雰囲気にだまされてるだけじゃないか、とか邪推してしまいます。
アロマテラピーって、香りを楽しむのは当然としても、小瓶から取り出したオイルを水に溶いてアルコールランプや電球であぶったりという、秘術めいた一連の手続きや、道具・香料の収集といった趣味性に支えられるところ大ではないかと思われます。

とはいうものの、ほとんど唯一、好きな匂いがあります。
それはお線香の匂い。
普通のコンビニで売ってる線香です。「青雲」とか。
中国製の円錐香も試したことありますが、あれは頭痛がしてきます。だめ。

そういうわけで、線香立てが欲しいのです。
仏具としての線香立てではなく、怪しげな印象がない、ニュートラルな線香立てが欲しいです。
東急ハンズのアロマテラピーコーナーあたりには良いのがあるのだろうか?
アロマテラピーコーナーで買い物するのはちょっと癪だけど。

12がつ10にち(水)
昨夜は寝付きが悪く、睡眠不足。
どうにも眠いので、残業せずに帰宅。

次はどんなの描こうかな、というか、クリスマスもお正月も既に目の前。
今年もクリスマス絵は無しかなぁ。

12がつ9にち(火)
今日は「日経キャラクターズ」のアニメビジネスセミナーに行ってきました。
普段の仕事とは全く関係ありません。
「斜め上あたりの」上司に誘われるままです。

講演は、テレ東のアニメ編成局の人や、電通、プロダクションI.Gの石川さん、サンライズの内田さんなどなど。
テレ東に対し、いわゆる「テレ東チェック」の厳しさに憤りを感じているが! という質問があり、場内少々殺伐。ああ、やっぱ制作側は怒ってるんだな〜と思いました。

I.Gは押井監督の「イノセンス」最新映像や、キル・ビルへの参加のいきさつなど。
悪い言い方をすれば自慢話系だけど、勢いがあるから納得させられます。
プロモーション映像を見ながら、いい映像を作るなぁとあらためて感心。
イノセンスのテーマ曲「FOLLOW ME」のプロモ用シングルCDをもらいました。

サンライズはガンダム話。SEEDは敢えて旧来のファンとは違った層を狙い、ビジネス的には成功とのこと。
質問の時間になると、いきなりみんなガンヲタ化してしまい笑った。
「どうしてファーストガンダムのDVDは出ないのか? っていうか、いつ出る?」
「従来のファン向けには何か出ないのか?」(・・・来年は何か出すそうです)
とか。
サウンドリニューアル版には納得いかない! という質問を期待したけど、さすがにそれはありませんでした。

セミナー修了後、9時過ぎまで楽しく飲み、JRで帰宅途中、電車ストップ。
線路に入り込んだどっかのアホのせいで1時間近く遅延です。
立ちっぱなしの車内で、この遅れによる社会全体の経済損失をあれこれ試算し、ますますムカついてくる。

11時過ぎ、帰宅。
家に着いた安心感か、変に酔いがまわり、体をあちこちぶつけるので、素直に寝ます。

12がつ8にち(月)
総勢80人にて第1回忘年会。
人が多いのは苦手〜。
飲み放題の酎ハイは薄く、いくら飲んでも酔わず。

酔わなかったので、絵の背景作り。
空の画像を適当に加工して、2時間くらいで完成、サーバにアップ。
思えばなんとまあ時間がかかったことか。
毎度のことながら、テーマと構図に苦しみ、結局は人物の組み合わせでごまかしたってところです。

12がつ7にち(日)
天気も良いのであちこち歩き回りながら写真撮影。
予定通りにキャラ塗り終了。
明日で終わりそう。多分。
書くこと無いッス。

12がつ6にち(土)
グランツーリスモ4をやっていると、自分ってつくづくゲームの才能がないなーと感じます。
トレーニングモードを3分の1くらい進めて、ゴールド評価はゼロ。
ロードスターでミニオーバルコースをただひたすら走り続ける。

3人目のキャラの塗り。
明日には終わりそう。
後は適当に背景付けて完成。次の月曜あたりかな。

12がつ5にち(金)
降水確率は10%だったのに、一日中微妙に小雨。
PS2のGT4プロローグを買い、食料品を買い、外に出た頃には少々強く降り出し、濡れる。

RD-X4の使用感などを簡単に。
ゴーストリダクションチューナー(GRT)の効き具合はまあ、大体イメージ通りでした。
輪郭がダブって見えるような、わずかなズレへの効果は高いようです。
過度な期待は禁物ですが、ゴーストは明らかに薄くなります。
ただし離れた位置に、ぼんやりと見えるようなゴーストにはほとんど効き目はありません。

以下、RD-XS40との比較です。(意味不明な内容が多いかと思いますがご容赦を)
・動作音がとても静か。1年間使ったXS40のファン音も気に障るほどではありませんが、電源OFFにすると「あ、静かになった」とはっきり認識できるものでした。
X4は常に電源ONでもファン音を意識することはほとんどなさそう。
また、HDDも静かになりました。
XS40の場合、録画と再生を同時に行うと、カリッカリッというアクセス音がし続けます。
「負荷かけてるな」とちょっと不安になります。
X4は録画・再生を同時に行ってもアクセス音は気にならず、精神衛生上よいです。
・動作がきびきび。HDD内の録画ファイル消去が早いです。1秒くらいで消えます。XS40より10倍くらい早い感じ。
まだ録画ファイル数が少ないせいかもしれないけど、サムネイル付き録画一覧の表示もなめらかになったような。
全体的に動作が速く感じます。
・細かい部分での操作性が上がりました。
例えば、プレイリスト編集中、選択済みのチャプターには小さな矢印が表示されるようになった、とか、一括削除時に録画タイトルが表示されるようになった、とか、タイトルエンドでも10秒巻き戻しボタンが利くようになった、とか。
特に一括削除でのタイトル名表示はありがたい。サムネイルだけじゃ、どれが消したい番組か分かりづらかったので。
取り溜めた1クール13話、一気に消すといった操作が苦にならなくなりそうです。
・GOPの切れ目にチャプターを打ち込むために、XS40ではビットレート変化チェック/15コマ送りといった小ワザが必要でしたが、GOPシフト機能で楽々。
・DVD作成しながらHDD内の番組を見られるのは、やっぱ便利。でもちょっと怖いかも。100%信用していいのかな?

問題はDVD-RAMのライブラリ管理。
RDシリーズは、本体側でDVD-RAM1枚ごとの内容や残量をライブラリとして管理しています。
でも1枚のRAMを2台で運用すると、それぞれの本体に記録された情報の整合性がとれなくなります。
どう運用するのが美しいのか、ちゃんと調べなくちゃ。

12がつ4にち(木)
午後8時過ぎ、プレステ2の「グランツーリスモ4プロローグ」を買おうかと、ゲーム売り場に行ったら、こんな時間だというのにレジに長蛇の列。店のフロアを1周しそうな勢い。ざっと50人くらいは並んでますか?
品薄ってわけじゃなさそう。並んでまで買うのも馬鹿馬鹿しく感じられ、買わずに帰る。
そんだけでした。

12がつ3にち(水)
最近教えてもらった暇つぶし。Flashのゲーム。
http://game.panlogic.net/
単純なようで、やっぱり単純。なのに、ミスしてしまう。ちょっと悔しくて、ついつい続けてしまいます。
最高記録を出した人は、ものすごく暇だったんだろうな。
特に書くことなしです。

12がつ2にち(火)
せっかくだからDreamweaver MX 2004をインストールしてみました。
ユーザー登録し、ネットワーク経由で認証してもらわないといけないらしい。
うーん、まあいいんですけどね。

溜まっていた日記をテキストエディタで開き、コピペしていきます。
前のバージョンとは、コピペ時の改行コードの扱いが変わったようです。
設定で変えられるのかな?

・・・あのー、これはβ版でしょうか?

ご覧の通り、このページは1ヶ月単位でテーブルにテキストを流し込み、それが縦に6ヶ月分続くという、大変安易な作りになっています。
だからなのか、ホント、動作が重いです。体感的には前のバージョンの何倍も重い。
テキストの色を変えるだけでマウスカーソルが虹色に回り、ふた呼吸くらい待たされます。
一方、トップページのように軽めならば、それなりにさくさく動きます。
HTMLファイルのサイズがある一線を越えると、突然激重ソフトに変貌するのでしょうか。
内蔵FTPは相変わらず不安定で、サーバに上手くつながらないことがあるし、HTMLファイルをアップしてもページ内の画像を同送しないことがあります。
(後日追記:しばらくの間、11/28の画像がアップされていなかったことに気づきませんでした。どうもFTPは過去バージョンに輪をかけてダメダメみたいです。)
挙げ句にクラッシュします。
実用に耐えないです。
このソフト、アクティべーション組み込んでまで守る価値があるんでしょうか?
しばらくは前のバージョンを使うことにします。

12がつ1にち(月)
職場の紙コップ式自販機にあった謎の飲み物「ホットヨーグルトドリンク」が、いつのまにか廃止されていました。
たった70円とはいえ、一口飲んで不味くて、流し台に捨てたら、文字通り、金をドブに捨てることになるし。
周囲に手を出し人もなく、躊躇しているうちになくなってしまった。
「ミルキーセーキ」はコンデンスミルクをお湯に溶かしただけの代物でした。
この自販機はネタ専用として設置されているのでしょうか。

 

2003年11月

11がつ30にち(日)
「もえたん」は愉快です。すんごいくだらない例文が極々真面目に英訳されています。このギャップがなんともいえずオモロイ。あはー、いいなー、これ。
例文の元ネタ、アニメからは、ガンダム(なぜかGガンが目立つ)、ジブリ関係、エヴァ、ドラえもん、コンバトラーVから、ちょびっツ、CCさくらまでと、非常に多岐に渡ります。
ゲームからのネタはシスプリが圧倒的に多く、あとは、Leaf(なんと「感感俺俺」の英訳まで・・・故青紫氏のご冥福をお祈りします)、Key系が主。
その他、2chネタや、業界ネタ。
ときどき出てくる皮肉がこめられた例文も、ニヤリとさせられます。
しかしまあ、かわいい絵柄だなあと。
普段あまり積極的に見ようと思わない絵柄だけに、あらためてまとめて見せられると、ひたすら感心。ボクには絶対描けません。断言できます。

二人目の塗り終了。トップ絵更新。

11がつ29にち(土)
ろくな食べ物の買い置きもないし、雨降りだけど、横浜駅前に出かける。
たまたま入った電気屋を眺めていたら、東芝のハイブリッドレコーダ「RD-X4」が既に売られていました。
発売12/1じゃなかったっけ?

・・・いやー参った参った。
10分後には買っていました。久しぶりに、超衝動買い。ここまでの高額商品を衝動買いしてしまったのは初めて。
昨日のPSXに軽くショックを受けたからかも。
さようなら、冬のボーナス。
食料品を買う気もすっかり失せ、そのまま箱を手にぶら下げて帰宅。
3時間くらいかけて、いろいろセッティング。

今日は宅配便が4回も来ました。
ずいぶん前に通販で予約注文したもの(音楽CDとか)、やや前に注文したもの(マンガとか)、つい先日注文したもの(もえたんデス)、Dreamweaver MX 2004のアップグレードパッケージ。
これらが今日に集中しました。
Dreamweaverのアップグレードパッケージはショボかった。これが2万円のパッケージですか〜。
外箱はそれなりに立派。でも中に入っているのはCD-ROM1枚と空気のみ。ビニールのスリーブにシリアルNo.や問い合わせ先がプリントされたシールがベタッて貼ってあるだけ。
むしろ箱が普通な分、中身のショボさが際だつっていうか。
製造原価だけでいえば、中身より箱の方が高いと思う。

11がつ28にち(金)
出張2日目。
あちこち見て回り、午後9時頃帰宅。
岐阜にはルーズソックスな女子が多いなと思いました。

昨日、PSXの詳細が発表されていたんですなー。
発売直前に大幅スペックダウンとは・・・
ホントにアップデートで対応されるのかなあ。

開発者が言うように、誰でも使えるハイブリッド国民機を目指す過程で、不要なマニュアル機能を削るという方向性には同意します。
でもそれを補うだけのオート機能、例えば必要に応じて自動的に再エンコードしてDVDに書き出すくらいは出来なくちゃ。
極端な話、録画時は最高レート固定で、DVD・HDD内ダビングは強制再エンコードってのもディスク容量が250GBなら「あり」じゃないかと。
「ユーザーインターフェース」をビジュアルシェルだけで語るべきではないと思います。

あるインタビュー記事によれば、開発者曰く「PSXはフィット(ホンダ車)」だそうです。フィットに失礼かと。
むしろ、
「あなた、クルマで東京から大阪まで、年に何回行きますか? だから1日に300kmしか走れません。それで十分です。あ、300kmしか走れないのは秘密です。安いですから仕方ありません。その分、ステアリングはMOMOで、レカロシート付けておきました。」
みたいなクルマを連想します。
大衆車っていうのは、限られたコストをどこにどう配分すれば、ユーザーの最大利益につながるか。そのバランス感覚が肝要なのでは?
ありものの要素を寄せ集めて、ソフトウェアの作り込みは時間がかかるから後回し。はい一丁上がり、って感じ。

しかしなあ、売れるんだろうなぁ。少なくとも最初だけは。
ボクが好きだったSONYは消滅してしまったのだろうか。

11がつ27にち(木)
クルマで名古屋へ向かう。
途中立ち寄ったショッピングセンターに、「ゲームボーイアドバンスSP シャア専用モデル」がいっぱいありました。
これ、ボクの周辺でも非常に人気が高く、限定生産5000台というアナウンスもあったことから、オークション相場も発売前にもかかわらずヒートアップ気味。
某大手電器店の通販サイトでは受付開始後30秒で売り切れたそうです。
そんな「シャア専GBA」の在庫が目の前に10台。
連れの一人が並々ならぬ興味を示し、店員に「本当に5000台しか出荷されていないのか?」と訊ねるが不明とのこと。
携帯でヤフオクをチェック。かなり相場が下がっているようです。
どうもおかしい。
勢い余った連れはバンダイに直接電話。担当者を問いただします。
担当いわく「5000台という報道はされましたが、その後の反響が大きかったため、追加生産し、結局4万台近くは出荷したようです。」
連れは「本当に5000台だったら店の在庫全部買い占めたのに・・・」と悔しがっていました。
まぁ、転売前提で買うってのも感心しませんけどね。

限定数を過小にアナウンスしたことが、オークション相場を高騰させる結果になりました。
業務上、値上がり確実な限定商品が出ることを知ったひとが、前もって手を回して商品を確保し、転売するっていうのは、株ならインサイダー取引だけど、普通の商品ならお咎めなしなんだろうか?

夜、名古屋市内で、深夜近くまで飲み会。
「電車まだあるよ」と駅まで送ってもらったけど、終電は過ぎていて、ホテルまでタクシー。

11がつ26にち(水)
明日から一泊で名古屋近辺に出張です。
ケータイやデジカメをしっかり充電。
充電といえば、INFOBARの充電台、出来が良くないです。
ベッドのように電話機全体を乗せる形なので、大きいし、乗せた後、ちょっと押し込むようにしないと充電されません。朝起きたら全然充電されていなかったこともあります。
縦にポンと差し込むような形だったらいいのに。
本体の出来に不満はないのに、充電台には全く気を遣われていません。
とても残念。

11がつ25にち(火)
恥ずかしながらAmazonにて「もえたん」を注文してしまいました。
例文の魅力に抗しきれませんでした。
「★彼の作品だけが現代美術なんて、ズルイと思う。」
という例文に心を射抜かれました。
六本木丘関係のアノひとのことだよね。
うん、ボクもズルイとまでは思わない(うまいところに目をつけたな、とは思う)けど、率直に言って、どこがいいのかさっぱり理解できないし。

11がつ24にち(月)
ボケっと過ごしました。
気が向いたら絵を描き、飽きたらテレビやビデオ眺めたり。
食事は作り置きのシチュー。やっぱシチューといえば、ハウスのクリームシチューだよなぁ、と思う。
傷みが早くなるようなので、牛乳は入れません。

そろそろメイン環境をMac OS X 10.3に移行したくなってきました。
ウチのテスト環境の場合、ATOK15の挙動におかしなところ(英数モードなのに全角入力されてしまう)があり、気になるところです。

11がつ23にち(日)
雑用を済ませ、夕方から色塗りの続き。
キャラ3名のうち、一人目が仕上がりました。
久しぶりにトップ絵を更新して、寝る。
塗りは楽しいです。

11がつ22にち(土)
日差しが柔らかくていい感じの午後、近所を散歩してきました。
あっちにもネコ、こっちにもネコ。ネコだらけです。
近づくと逃げるヤツばっかりでしょんぼりです。
でも、こいつは逃げませんでした。仔ネコだからかな?

なでなで。

暇なとき、amazon.co.jpを眺めるのが好きです。
特に「おすすめ商品」が好き。
どうしてAmazonはボクにこの商品を薦めるのかなー、とか考えながら眺めるのも楽しい。
ちょっと前までは「妻みぐい」(だったと思う)という18禁ゲームをしつこく薦められました。Amazonでソレ系のゲームなんて買ったことないのに。
最近は「ストラトス4」のDVDを薦められまくっています。
どういうつながりでストラトス4なのかよく分かりません。
で、本題。今日のAmazonのベストセラー本。

1〜5位が「週刊わたしのおにいちゃん」。1巻から5巻まで、きれいに並んでおります。
そして6位が「もえたん」。
詳細は割愛しますが、日本ってスゲーなって思いました。
(もえたんは公式サイトの例文に心惹かれるものがあります。買っちゃおうかな?)

11がつ21にち(金)
約1年前、HDD-DVDハイブリッドレコーダを導入した当初こそDVD-Rを使いましたが、現在はすっかり扱いが楽なDVD-RAMがメインになりました。
水は低いところに流れるといいます。

これはボクの性格的なものだと思います。DVD-Rのように、もう後戻り出来ない状態になってしまうのがイヤなのです。
制作途中の画像ファイルを大量に残しがちなのも「いつでも後戻りできる状態」をキープしておきたいからなのでしょう。
つまりはヘタレであると。

以前、安さにつられて5枚買った台湾製DVD-RAM(両面カートリッジ入り)の4枚目を使ってみました。
前に使用した3枚には特に不具合はありませんでした。
しかし、4枚目はちょっと様子が変。レコーダに入れると、カシャカシャ・・・と異音がします。
イジェクトボタンを押す。
中でガコガコいってます。なかなか出てこない。
何度か押してみる。
テレビに、
「蓋、またはトレイに異常が発生しました」
というアラート表示。
・・・って、えーーーーーっ!?
ディスクを取り出せないまま、一旦電源を切り、再度オン。すかさずイジェクトボタンを連打したら、出てきました。
なぜかシャッターが開きっぱなしです。

こんなことになっております。

こびりついたプラスチックのバリのようなものが引っかかっています。
取り除き、再度セットしたら正常に書き込み出来ました。
DVD-Rと違って、RAMは激安メディアでも大抵大丈夫とは聞いていましたが、メディアは正常でもカートリッジに問題があるとは。
こりゃまた一本取られちゃいました。
デッキが壊れなくて本当に良かった。

11がつ20にち(木)
偉い人に会って、話を聞いてもらったり、伺ったり。
いろいろ課題も増えたけど、まあ、少し気が楽になりました。

気が楽になったので、録画を見る余裕も出てきました。
「ふもっふ」最終回。あー面白かった。
放送された全11回、「面白い回」と「すごく面白い回」しかありませんでした。
ストーリーで笑わせ、動きで笑わせ、台詞で笑わせ。
是非第2期をお願いします。もちろん今回のスタッフで。

11がつ19にち(水)
今日も一日中ミーティング。
明日を乗り切れば、ちょっとだけ一段落モードに入れるだろうと思います。

平日に絵を描ける時間は30分くらい。
全然描かない日が続くと、やっぱ勘みたいなものが鈍るような気がします。

11がつ18にち(火)
昼食をとるヒマもなしに、会議の準備と出席。その後、資料作って、閉店間際の電気屋に飛び込み、デジカメ2台購入。もちろん業務用。
会社のお金で買い物しても、全然面白くないです。

不思議なことに、火曜日はラーメンが食べたくなります。
帰宅途中「なにやら妙にラーメンな気分だなー」と思うのは大抵火曜日。
でも火曜日は近所のまずまずおいしいラーメン屋さんの定休日。
ラーメン屋が休みであることが、潜在意識内でラーメンを思い出させ、結果としてラーメンが食べたくなるのでしょうか?
別のお店でラーメンを食べて帰りました。
ニンニクを入れすぎました。

11がつ17にち(月)
一日中、資料作り。

噂によると、UHF系で放映している「ヤミと帽子と本の旅人」7話はヤバいくらいにエロいらしいのです。
で、テレビ神奈川(TVK)ホームページの放送予定表では7話が放映される予定の時間に特番が入り、翌週は7話を飛ばして8話になっていたものですから、一部で「TVK怖じ気づきやがったな!」とか「抗議メール出す」とか「TVK氏ね」とか、まあ、いろいろあった訳です。
おとといの土曜深夜、件の7話が東京ローカルのMXテレビで放映だったため、TVKに失望した連中がこぞってMXテレビに流れたりしました。
かくいう自分も「そんなにすごいの?」と、裏番組のワるQも見ずに、MXテレビ視聴にチャレンジしてみましたが、音は聞こえるけど画面はほとんど砂嵐で、なにがなにやらさっぱりでした。
(わざわざ7話を見るだけのために都内のホテルに泊まった強者もいた模様)

「放送予定表、間違ってました。スマソ」だそうです。
TVKでも7話は放映されるみたいです。正しい放送予定は以下の通り。(TVKのHPより)

TVKにすっかり踊らされてるヲタは悲しいなと思いました。
「AIR特番」に思わず反応してしまう御仁もいらっしゃるかもしれません。
「が、がお・・・」とか「お米券進呈」のアレとは全く関係ないようです。
ついでにいえば、訂正前は12/31も24:05から放映予定になっていました。
年明け5分後にはエロアニメかよー、と思ったらさすがにそれはなかったみたい。
年明け1時間後にはエロアニメかよー。

11がつ16にち(日)
仕事用の画像データを作ったり、絵を描いたり。

突然ですが、咄嗟に右と左の判断が出来ないことがあります。
「ほら、左見て!」とか急に言われると、右見ちゃったりします。
昔からそんな感じです。どーしてだろ?

11がつ15にち(土)
起きたら午後2時過ぎでした。
数日前からの状況をご覧いただければ分かるとおり、すっかり口数が少なくなっております。
別段忙しくはないのですが、常に考え事をしている状態が続いていて、ここに書けるようなことを思い浮かべる余裕がありません。
もうしばらくこんな感じだと思います。

11がつ14にち(金)
今日も企業内引きこもり。
タバコとお菓子を大量消費。
「こんなこと企画してます」とおおっぴらに出来ないところがツラい。
絶対になにやら良からぬ事をたくらんでると思われてる〜。まあいいや。

RD-X4発表。
大方の予想通りの内容。面白みはないけど、ゴーストも酷くなる一方だし、購入に向け、前向きに検討。

11がつ13にち(木)
朝から晩まで事務所の一室に少人数で雑談というか、いろいろ検討。
かと思えば、急に思い立ったようにクルマで出掛けて某倉庫街を歩き回り、道路脇に不法投棄された廃車の列を眺めながら思いを巡らす。
ペシミスティックな近未来世界のようだなぁ、なんて。
また事務所に戻り、大量の駄菓子を食べながら雑談。
周囲から見れば、アイツら一体なにやってるんだろう? だろうなー。
いろいろ知恵を振り絞ってるんだけど、そうは見えないだろうな。

11がつ12にち(水)
朝から晩までいろんな人と会って、話聞いて、それについて検討の繰り返し。
考えさせられること、考えなきゃいけないことが渦巻いて、他のことを考えられない。

最近「PC Watch」は午後7時頃に当日のページ更新が打ち止めとなることが多いようです。
業務シフトが変わったのでしょうか?

11がつ11にち(火)
また京浜東北線か!
人身事故だから仕方ないけど。
おかげで朝の横浜駅は超混雑。

少し色塗り開始。

11がつ10にち(月)
調子が悪くて終日吐いたりトイレいったり。
夕方頃には持ち直す。

11がつ9にち(日)
通販で取り寄せた盛岡冷麺を食べる。
あのゴムのような食感が、ダメな人はとことんダメらしいけど、ボクは好き。

線画終了。
書くことないです。

11がつ8にち(土)
ぼーっとしてたら終了。
特に書くことなしです。

11がつ7にち(金)
丸紅のインターネットショップが20万円弱のPCを19800円と表示してしまい、1500台も発注が入ってしまった件、結局19800円で提供することになったとのこと。
個人的な興味からすれば、もっと泥沼化して、裁判になって欲しかった。裁判所の調停による和解でも可。
こういう場合、売る側にどの程度の責任が発生するか、裁判所の判断が聞いてみたかった。
例えば、ネットショップ担当者が職場の不満でブチ切れたとします。
こんな会社潰してやる! と。
間違ったふりして安い値段つけて、あちこちのBBSで晒しまくる。
で、会社飛ぶ。
企業内自爆テロみたいなことが出来ちゃいます。
あるいはライバル会社が担当者を抱き込んで、安い値段を付けさせちゃうとか。
中小のネットショップならば2億も純損失だしたら会社が飛ぶでしょう。
錯誤による契約が有効かどうかは、ことネットショップに限れば、過去の判例もないようだし、ここは丸紅に「2万のPCに群がるような連中は未来永劫丸紅の客じゃねぇんだよ!」くらいの高飛車な態度を見せて頂きたかったです。
そこまでやってくれたら、次にPC買う機会があれば丸紅さんを利用しようかなー、なんて思ってたんだけど。

11がつ6にち(木)
丸一日ミーティングだったような気がします。
いや、違うかも。
というのも、今、これを書いているのは、11/18という事実。
完全に記憶が飛んでます。空白の1日。
手帳を開くのも、真剣に思い出すのも面倒、って感じ。

11がつ5にち(水)
朝から晩まで雑談風ミーティング。
お茶飲み過ぎ。タバコ吸い過ぎ。
脳がしびれたような、むくんだような。

R.O.D放送中止か〜。
放映期間短縮したりせず、ちゃんと最後まで放映してください。お願いします。
ガンスリンガー・ガールは〜、ええと〜、どっちでもいいです。

11がつ4にち(火)
あー、テンション低い。
11月はダメだー。
中学生の頃から11月は鬱だったような気がする。

先週の録画を見てたら、「アンビリーバボー」の番組宣伝で、
「誰でも5年長生きできる健康法」
と言ってました。
5年とはえらく具体的だけど、検証不可能のように思えます。
100歳で死ねば、「本来95歳までしか生きられなかったはず」。
30歳で死ねば「本来25歳までしか生きられなかったはず」。
番組見てないので、誰もが納得な、すごい健康法だったのかもしれないけど。

カレー、食べ終わる。4日連続カレーでした。

11がつ3にち(月)
音楽CDを整理したら、同じアルバムが2枚見つかりました。

10分間絵を描いたり消したりして、30分間ネット眺めて、の繰り返し。
ゴスっぽい衣装のキャラが3人。フリルは描き飽きたー・・・
久しぶりに2ch見たらTBS祭り中。
そんな中、こんなの見かけました。



2ゲットすらさせてもらえず、スレスト。(´・ω・`)
なんか笑った。

壁のカレンダーが最後の1枚になりました。6年1組、2組&魔女界の面々全員集合という絵柄です。
来年は山田章博の十二国記カレンダーの予定。

11がつ2にち(日)
方向オンチのくせに、知らない場所を気ままに散歩するのが趣味。
非常にやっかいな性癖です。
そんなボクを支援してくれそうなのが携帯電話のナビ機能。auの最新機種に搭載されているezナビウォークには及ばないものの、INFOBARにもGPS(ezナビ)がついてます。
天気もいいし、ezナビで迷わず散歩できるか実験してみました。
っとその前に、INFOBAR買ったお店に立ち寄り、「ストラップ入ってなかった」って言ったら、「マニュアルの記載ミス。元々入ってない。」だそう。ますますしょんぼり。

外は薄青く霞がかかっていて、ちょっと不思議な雰囲気。
海沿いの適当な駅で降りて、次の駅を目標に適当に歩きGPSで地図表示。
最寄り駅を検索すると、現在地からの距離や道順が表示されます。
そして駅に無事到着。
すごーい。これは便利だー。
皆さんはこんな便利なモノをずっと前から使っていたんですねぇ。
わがままな言いぐさですが、便利すぎてつまんないっていう面もあります。
道に迷っているときのプチ冒険気分は味わえないなー、みたいな。

11がつ1にち(土)
床屋さんへ。
相変わらず客がいないなぁと思ったら、後からどんどんお客がくるし、予約の電話も数本。
予約しなくても待たずにいつでもOKってわけにはいかなくなりそう。

カレー作りました。
連休中はカレー食べ続けます。

 

2003年10月

10がつ31にち(金)
切れ味の悪い包丁をムキになって砥石で研いだら、ますます切れなくなり、まるでペーパーナイフのようになってしまいました。
タマネギもきざめないので、今日、新しいのを買いました。
気持ち悪いほどよく切れる。包丁って、こんなに切れるものでしたか。

INFOBAR購入。
ネットの記事には専用の紙袋に入れてくれるとあったのに、量販店の普通の袋で渡されました。専用紙袋はauショップだけなんでしょうか?
薄くて軽いが、長いですね、こりゃ。
胸ポケットからするりと落ちそう。
マニュアルによれば、ストラップが付属しているはずなんだけど、入ってなかった。しょんぼり。
30円でBREWアプリの「ぷよぷよ」を買い、遊んでみる。
ゲーム難度低すぎで、いつまでやってもゲームオーバーになりません。

10がつ30にち(木)
INFOBARの予約をしてしまいますた。
店頭でモックアップを手に取り、どうしようかなと考えていたら、隣で、
「機種変更予約したいんですが」
「予約は新規のみとなります」
「・・・そうですか(しょぼーん)」
というやりとりがありました。
新規で予約できる自分が妙にラッキーな気がしてきて、つい。
いちばん不人気になりそうなグレーのヤツです。
最初に買った携帯はマイナーなフリップタイプ。今使っているのはiモード以前のNEC製。NECしか二つ折りタイプを出してない頃のもの。
世の中が二つ折りばかりになると、今度はストレート型が欲しくなるわけです。
つまりはただの天の邪鬼。安っぽいよなーと思います。

10がつ29にち(水)
横浜駅近辺で軽くINFOBARのモックアップを探したけど、見あたらなかった。

フリルばかり描いてます。いっこうに作業が進みません。
どこからか服の意匠を拝借してしまえば楽なんでしょうが、オリジナル描く以上、画面上の主要パーツは脳内から絞り出したい。
でもダメ。センスのなさが恨めしい。

10がつ28にち(火)
「ふもっふ」温泉編。やべー。面白すぎる。
なんつーか、過剰サービスの固まりといいますか。
熱すぎ。萌えすぎ。バカすぎ。動きすぎ。エロすぎ。全てが地上波週1アニメの限界って感じ。
ついでに某SEEDの種割パロまで。
恐れ入りました。
ここまでの録画、消さずに全部残しておいて、ほんとうによかった。全話録画保存します。

唐突にauのINFOBARが欲しくなっちゃってます。
DoCoMo解約しようかなぁ。

10がつ27にち(月)
午後8時頃のこと。
電車に乗っていると、横に立っていた女性(30代前半くらい)が別の男性に、しなだれかかるようにしがみつき、上目遣いで何事かをぶつぶつとつぶやいたかと思うと、ばったりと倒れました。
男性が「大丈夫ですか」と揺すったら、すくりと立ち上がり、何事もなかったかのように次の駅で降りていきました。
最初は知り合い同士なのかと思ったけど、違ったみたい。
顔色が変に薄紫でした。酔っていただけなのかもしれない。

ちょっと気に入ったアーティストの初期のアルバムは軒並み廃盤。
このところ中古CD屋巡りをすることが増えました。
こういうのこそ、iTunes Music Storeで曲だけ買えればいいのに。
アップルジャパンよ、やる気があるのかないのかだけでもアナウンスしてくれ。
Windows版iTunesは公開延期のまま音沙汰ないし。

10がつ26にち(日)
起きたら午後3時。

最近、「明日のナージャ」は、はっきりいって、怖い。
つうか、ローズマリー、黒い。黒すぎ。怖い。
理不尽な逆恨みって怖いよな。
(まー、ナージャは同性から見ると少々ムカつく存在だろうなと思うけど)
初期のモテモテお気楽珍道中ぶりが嘘のよう。
サイコホラー風昼メロ展開です。
もうちょっと早めにこんな展開に持ち込んで欲しかった。
正直言って、オモロイ。
来週放映無しかー。

夜、ちょっと絵を描く。線の整理中。

10がつ25にち(土)
Mac OS X 10.3(Panther)、買ってきました。
いきなりお絵描きシステムを上書きするのは怖いので、PowerBook G3/500(FireWire)にテスト環境を作ってみました。
普段使ってるアプリは特に問題なさそう。タブレットドライバも正常です。
一部、標準の日本語入力システム(ことえり)では、全角文字しか入力できなくなるアプリがありました。
これもATOK15なら問題ないようです。
全体的に若干きびきびと動くようになりました。
前はアプリ切り替えやウィンドウのドック格納がひと呼吸送れる感じでしたが、この辺の体感速度はずいぶん向上しています。
数日前に発表されたiBook G4の12インチ、心の琴線に触れなくもなかったけど、これならPowerBook G3もまだまだ現役でがんばってもらえそう。

コピーコントロールCD(CCCD)というやつを買ってみました。
収録されている音楽をパソコンでCD-Rにコピーしたり、MP3化したりできないような細工をしてある、謎の円盤です。
(CDの規格に沿っていないので、断じて「コンパクトディスク」じゃないらしい)
CCCDは個人的に感心できないため、今まで購入を避けていました。
まあ、サンプルに1枚くらい持ってるのもよいでしょう。
PowerBookにセットしてみる。
「ぎこーぎこぎこぎこぎこーー、ぎこぎこぎこ・・・」
初めて聞く すごい シーク音!(カレイド風)
まじドライブが壊れるかと思った。
10秒ほどシーク音が続いたでしょうか? デスクトップには2つのCDアイコンがマウントされました。
その一方には、普通に音楽データがAIFFで入っていて、そのままHDDにコピーできました。
MacはCCCDでもコピーできるという噂だけは聞いたことありましたが、いけるもんですな。
でも、あの嫌すぎるシーク音は二度と聞きたくないです。
製品ジャケットには「機器が壊れても文句言うな」的な記述もあるので、どんなことになっても苦情は受け付けないみたいです。

10がつ24にち(金)
久しぶりにかなり遅めの帰宅。疲れた。
途中寄ったダイエーでポイントカードをもらった。
部屋で案内チラシをよく見ると、200円ごとに1ポイントで500ポイント溜まったら500円券をプレゼント、だそうです。
10万円買って500円かよ〜。還元率0.5%って、しょっぱいなぁ、ダイエー・・・
たくさん買うとボーナスポイントがあったりもするそうだけど、そんなに買わないし。

10がつ23にち(木)
先日、こんな画像が少々話題になっていました。
(出所不明なため、とりあえずオリジナルを50%縮小してみました)

萌えカーナビ。

今日のPC Watchの記事によると、東京モーターショーに、こんなのこんなのが出品されていたそうです。
特に1枚目のイメージは「萌えカーナビ」に極めて近い。
みんなの夢はもうすぐ叶う(かも)!
萌えキャラもいいんですが、しぶーいおじさまキャラがナビしてくれるというのも捨てがたい。
例えば若本規夫様。画面にロイエンタールが出てきて、
「左90度回頭、微速前進!」
なんて言われた日には、もう無条件に従うしか!
スピード出し過ぎのとき、
「ばかもの! なぜ我が艦のみが突出するかっ!」
なんて怒られたら恐縮の極み。元帥閣下の仰せの通りです。スピード違反なんて絶対できません。
でも、何かの拍子に
「ファイエル!」
なんて叫ばれたら、窓開けてエアガン撃ってしまいそうなので、それは絶対にいけないと思います。

10がつ22にち(水)
なんか書くべきことはあったっけ?
ないみたいです。

10がつ21にち(火)
昼休みの雑談で「ハロゲンヒーターって暖かいのかしらね?」と聞かれたけど、「ハロゲンヒーターって、何?」と逆に聞き返してしまいました。
その後の帰宅途中、一見扇風機のような写真が印刷された箱を持っている人がいました。
見ると「ハロゲンヒーター」って書いてある。
偶然なのだろうけど、ちょっと不思議な気分になる。

珍走な人たちは大雨でも元気です。
平日だというのにどうしたのだろう。

お絵描きがちょっと楽しくなってきました。

10がつ20にち(月)
AmazonにCD、DVDをいくつか注文。
普通に定職に就いていて、一人暮らしで、それほど無茶な無駄遣いをしてなければ、CDやゲーム程度なら衝動買いしてもそれほど懐に堪えません。
でも、そういった数千円くらいの品物に思い入れを感じることが少なくなっています。
これは購買生活を楽しむ上で大きなマイナス。
買ったゲームは、ちょっと内容が中だるみすれば投げ出してしまうし、CDは第一印象が今イチなら、もう聞かない。
中高生の時分、あの、アルバム1枚購入するときの胸の高まり。ゲーム1本購入するときの高揚感。1ビットたりとも余さず、このゲームやりこむぞという決意。そして、クソゲーだったときの脱力感、やるせなさ、持って行き場のない怒り。こういう諸々の感情はどこに消えてしまったか?
お金持ちってのも存外つまらないものなのかも、と思うのはブドウに手が届かない狐のいいわけ。
世間並みからいって、十分に低所得者層に入りそうなボクが言っても全く説得力がありません。

10がつ19にち(日)
昨日の晩は11時前に寝てしまったので、朝4時半ころ目が覚める。
いいお天気。散歩など。

このところ全く絵を描けていませんでしたが、やっと全体の構図とキャラデザがまとまりつつあります。娘3人。
それでもまだまだ無理して描いているなあ。ノリが悪い。寝るのが惜しくなるようなトキメキがありません。
描けないとき、上手な人の絵を見るというのは諸刃の剣。
上手すぎる絵を見てしまうと、「こんなの一生描けない・・・」とますます描けなくなるし。

最近読んでる内田百ケン(シフトJISには『もんがまえに月』という文字が無い・・・)の随筆には親交の深かった宮城道雄(「春の海」の作曲家。琴奏者としても有名。盲目。)についてたびたび触れられています。
その中に、
−−−−
宮城道雄の「点字はいいものだ。寒い夜、布団をかぶって腹の上に本を広げれば、ぬくぬくとしながら読める。灯りも要らないから、眠くなったらそのまま寝ればいい」という話がとてもうらやましく、目で点字を読めるようにはなったものの、指先で読めるまでは至らず、残念だった・・・
−−−−
といった内容の下りがあります。
ああ、そういうことなんだよなー。
例えば手話。声を出さずにコミュニケートする手段と考えれば、健常者同士にとっても便利な場面はたくさんあるはずなんだよなぁ。

10がつ18にち(土)
天気悪し。
お家でダラダラです。
新番組の印象、これで最後です。

■まぶらほ
箸にも棒にもかからない地味な主人公が突然モッテモテでウッハウハという、ありきたりな始まりでした。
ちょっとはヒネらんかいー。
もういい加減このパターンは飽きてるでしょ、皆さん。
試聴中止。

■R.O.D THE TV
OVA版は見たことありません。
作画やアクションシーンは見応えありです。
ストーリー面は、まあ、予想の斜め上をいくというか、いわゆる超展開です。
でも許せる。
あはは、んなわけねーだろー、とツッコミながらもなかなか面白い。
試聴継続します。

■無人惑星サヴァイヴ
透明チューブの中を走るエアカーや動く歩道など、アナクロな未来感が素敵。
登場人物は「明るくて正義感が強い主人公」「気弱でメガネの友達」「権力者のドラ息子と腰巾着」「ニヒルな一匹狼」と、これまたステレオタイプ。
全体的にとても分かりやすいお話のようです。
子供向けの良作、って感じ。
キャラデザは江口寿史氏。でも、やや地味な印象。

少々見逃したものもありますが、今期はこんなところ。
これはっ! と思える作品は、残念ながらありませんでした。
当初好感触だった「プラネテス」も、新入社員の女子がいい加減ウザくなってきたし。

Mac OS Xの「ソフトウェアアップデート」をチェックしたらiPodのファーム2.1がダウンロードされました。
21日からじゃなかったっけ?
新作ゲームが追加。曲名当てクイズです。
iPodに入ってる曲が短く流れ、その曲名を制限時間中に五者択一するというもの。
こりゃいいアイディア。大容量音楽デバイスじゃなきゃ実現できないゲームです。結構面白い。

10がつ17にち(金)
・殻付きRAMが読み書きできる
・IEEE1394接続
・Win/Mac両対応
・外付け
という条件のDVDドライブがほとんど存在しないことに軽くショックを受ける。
なんでUSB2.0ばっかりなのさー。

「ポケモーション」を買ってみました。
前から欲しかったのですが、今日、たまたま売っているのを見かけて。約2000円。
縦に16個のLED(赤と緑)が並んでて、振ると残像によって字や絵(ピカチュウとか)が浮かびます。
縁日で売ってる、ハートが浮かんだりするヤツを高機能にしたようなものです。
16個の赤LEDが上位4ビット、緑LEDが下位4ビットを表しており、上下カーソルボタンで計8ビット、256種類の表示を選ぶことができます。


ポケモーション。写真の状態は「赤14 緑8」。ちなみにこの状態で振ると (゚Д゚;) と表示されます。

きれいだし、面白い。
振りまくり。

・・・なんだかこれ、ものすごく疲れます。
腕、めちゃめちゃダルいです。予想外です。
それと、手のひらにマメができそう。
いい大人がポケモーション振りすぎでマメを作るというのは情けない。
ほどほどにしておきます。

10がつ16にち(木)
iPodリモコンのケーブルがちぎれそうなことに気づき、アップルの修理依頼ページに書き込んだら、また新品が届きました。
これで3つめ。
最初のは初期不良。ちぎれたのが2つめ。今回届いたのが3つめ。
対応が素早いのはいいけど、またちぎれそう。
今度ちぎれたときは保証期間終わってるだろうなぁ・・・。

超眠い。
若本ヴォイス@クロ高はあきらめて、寝る。

10がつ15にち(水)
こんなものが発表されていました。
Media Center PCです。
どの辺にコストをかけると80万という値段になるのかは謎です。
それよりも「VT-100」というネーミング。
VT100といえば、今は亡きDigital Equipment(DEC)社のビデオターミナル。
いわゆる端末といわれるものの標準的な存在です。
VTはビジュアルテクノロジーの略なんだろうけど、こういう恐れ多いものと同じ型番を冠してしまって大丈夫?

恐れ多いネーミングといえば、東芝のダイナブックってのもこれ以上ないって程、恐れ多い名前ですなぁ。
ご存じの通り、元々ダイナブックというのはアラン・ケイ氏が70年代半ばの論文「パーソナル・ダイナミック・メディア」で使った言葉。
世の中にパソコンという概念すらない時代の論文にもかかわらず、将来、個人がコンピュータを所有することになったとき、それは単なる計算機ではなく、メディアになる、と述べています。
で、個人が持つコンピュータの理想像として掲げられているのが「ダイナブック」。
表面的なイメージはタブレットPCに近いでしょうか。
WindowsもMacも「ダイナブック」という理想像を追い求めて進化してきたともいえそうです。
東芝の初代ダイナブックは1989年。MS-DOSマシンでした。
「(アラン・ケイの)ダイナブックがDOSだなんてアリエネー」という批判があっただろうことは想像に難くない。
そんなダイナブックも14年かかって、本来の「ダイナブック」に近いところまで進化してきたのだから、なにやら感慨深げです。

10がつ14にち(火)
最近テレビ画面のゴーストが気になってたまりません。
だんだん酷くなってきたみたい。
テレ朝は壊滅的。テレ東、TVKも厳しい。日テレとフジはまあまあ。
GRT(ゴースト消しチューナー)内蔵の何かが欲しい。とにかく欲しい。
といいますか、まだ発表もされていない東芝RD-X4が欲しいな。GRTついてる(はずだ)から。
GRTってどの程度効くものなのでしょうか。

10がつ13にち(月)
なーんか、描いても描いても、いつもにましてダメっぽい。
このままずーっと描けないのかなー、なんて思う。
へこみぎみ。

10がつ12にち(日)
特に書くこともないので、新番組についての続き。

■君が望む永遠
18禁ゲームが原作。たしか超鬱展開とヘタレ主人公で話題になったやつ。
OP・EDなしで間のCMもなし。放映時間まるまる本編でした。
木之元桜17歳Ver.みたいなキャラが、普通に、こっ恥ずかしい恋愛ストーリーしてました。
離れたり、ひっついたりの心理描写が不十分で、登場人物のリアクションに不可解さはありますが、どれほど鬱展開なのか、耐えられるところまで見てみようかと思います。

■ガングレイヴ
なーんかどっかで見たような。
トライガン(これは同じ原作者)やヘルシング、EATMANなどをごちゃ混ぜにしたような印象。
正直、内容はよく分かりませんでした。
来週からは見なくてもいいな、と思います。

■ピースメーカー鐡
新撰組モノ。
描写の凄惨さと、少年マンガ主人公によくいるタイプの傍若無人な少年という組み合わせが、好みからは外れています。
来週以降は試聴見送り。

■ヤミと帽子と本の旅人
原作は18禁ゲームだそうです。
前半は激しく百合な描写が続いたと思ったら、なんかよく分からないうちにスパイアクションっぽい展開。
時空間をさまよう女の子を捜して旅をしながら、出来事に巻き込まれるって感じ?
うむぅ、置いてけぼり。
一時、ポップスでも「いきなりサビな曲」が流行ったことがありましたが、1話目にキャッチーな部分を持ってきて、結局わけわからん状態になってる番組が多いような。

■ガンスリンガー・ガール
制作サイドと原作者が少々揉めている模様。やや萎えつつ試聴。
ワイド画面前提で作られる作品は珍しくもないけど、上下の黒帯部分に模様が入っているのは珍しい。
つーか、この額縁みたいな模様が気になって仕方がないです。物語に集中できん!
・・・というほどの物語でもなさそう。
少女+銃砲類というシチュエーション先にありき、で、設定後付っぽいなと思いました。
ひっさびさに仙台エリさんの名前を見られたのはうれしい。
「Phantom」やりたくなりました。

■ギルガメッシュ
初回から1,2話連続放送。
フジテレビだけに、内容よりも全話放映してくれるかが心配。
敵味方入り乱れています。
作画は確かにショボい。
キャラデザも、もうちょっとやりようがあったろうに。
でも物語の展開にちょっとだけ期待します。

10がつ11にち(土)
昨年末に買ったRD-XS40のハードディスク(120GB)が、購入以降初めて一杯になりました。
新番組ラッシュなのに、ファイルを全然整理してなかった。油断した〜。
今朝の「カレイドスター」録画中、急に「ハードディスクが一杯です」という表示が出て、止まりました。
普通にリアルタイムで見ていたし、総集編だったし、実害はありませんでした。
プラネテスの録画中に止まらなかったのは不幸中の幸いとしか言いようがありません。
でも、今晩のワるQまでにHDDの中身を整理しなくては。
録り溜めたまま結局見そうにない番組を一気に消し、未見の録画を延々見続け、消し、気に入ったのはCMカットしてDVD-RAMに移動。一日かけて4割ほどの空き容量を確保しました。

土曜深夜のテレビ神奈川って「桃井はるこアワー」の様相を呈しております。

10がつ10にち(金)
Mac OS X 10.3は2週間後の発売かぁ。またバージョンアップサービスは無しかぁ。
でも買っちゃうんだろうなぁ。
Appleが30インチのワイド液晶モニタを出すという噂あり。
現行製品同様に100ppi弱だとすると、それほどの高解像度を出力できるビデオカードが限られそうだし、横2048ピクセル程度だとすれば業務用途には合わなさそうだし。
あるいは解像度を押さえ気味にした、リビングルーム用モニタなのだろうか。

今日は軽くキレかけました。ちょっと声を荒げてしまった。
保身前提の人とはどこまで話しても平行線。苦笑するしかないです。

10がつ9にち(木)
あれこれ一日忙しく、夜はちょっとした飲み。
今日は居酒屋のつまみしか食べてないや。
おなかすいた〜。
寝る。

10がつ8にち(水)
東京地方、すばらしい夕焼けが拝めました。

今日からの「カスミン」は第2期の再放送。
毎週見るつもりはないけど、「プリン太次郎、しゃべる」だけは是非録画したい。
普段ほとんど見ていなかった「カスミン」。なぜか思い出せないけどあの回は見ていて、その秀逸なストーリーに非常に感心したのでした。

プリン太次郎はプリンタのヘナモン(妖怪)。しゃべらず、ぼんやりとしてとらえどころのないキャラです。
ある日、コンピュータウィルスに感染してしまい、どういう塩梅か、しゃべれるようになります。
しかもかなり毒舌。
「カスミン、キミは『こんじょ(根性)だこんじょ!!』と言うけど口先だけだね」
なんてさらりと言ってのけます。
周囲はそんなプリン太次郎(毒)が徐々に疎ましくなります。
ついに親友のデジガメ(デジタルカメラのヘナモン)とも仲違い。
そんな中、プリント機能の調子が悪くなります。ウィルスのせいらしい。
直すためにはリセットボタンを押せばいい。でも、当然しゃべれなくなるし、ウィルスによって生まれた人格自体も消えてしまう。
しかし、プリン太次郎(毒)は毅然としてリセットボタンをの押下を要求します。
元に戻ったプリン太次郎は、在りし日のプリン太次郎(毒)のスナップ写真を淡々と出力します・・・
(記憶で書きました。細部が違っていたらすみません。)

「アルジャーノンに花束を」を下敷きにしているのは明らか。
「アルジャーノン」の救いようのないエンディングは好きだし、感動的というか哀切感はあるのだけど、それってちょっと違うんじゃない? という印象が部分的にあって、手放しには好きになれなかった。
ボクはむしろ「プリン太次郎」の方が好き。
プリン太次郎(毒)は自らの意志で「人格の死」をもってプリンタとしての本質、レゾンテートルを守ろうとします。
誇り高きプリン太次郎(毒)。
かといって、その毒っぽいキャラで悲壮感は相殺され、決して後味が悪いものにはなっていません。
ボクはこの「強烈な意志が介在しているところ」を評価したいです。

子供向けアニメを熱く語るのもイタい行為なんだけど、いいものはいい、と。
12月半ばくらいに放映だと思います。

10がつ7にち(火)
PSXの実機展示かー。
内容からすれば8万円という価格は適正か、やや安いかな。インパクトは薄い。
編集機能の貧弱さ(GOP単位でカットのみ。これじゃCMをきれいに消すことも満足に出来そうにない)や入力端子の少なさなど、目立たない部分のスペックに容赦がないですね。少なくとも初期出荷時には未実装の機能が多いところも不安。

カジュアルでお手軽なイメージがありますな。
8万という額自体がカジュアルかどうかは人それぞれだけど。
メチャメチャ売れそうな気もするし、そこそこくらいかもしれないし。嗜好がマニアックなボクには見当がつきません。
他社製品に慣れている人ほど、ネガティブな印象を持ちがちな機械でしょう。
仕様上の制限を意識して使わないと「手詰まり」状態になることが多々ありそう。
まー初めて買うなら「こんなものか」と割り切れるものなのかも。

10がつ6にち(月)
京浜東北線の置き忘れ事故により、横浜駅は溢れんばかりの人、人、人。
迷惑したけど珍しい光景を見られました。

恒例となっております、新番組初回第一印象、いかせていただきます。
つうか、多すぎです。追いつけません。無理して追いつく必要はないのだけど。

■AVENGER
OP曲は「おっ、アリプロかっ!(こっぺり)」とテンション上がったけど・・・
途中で寝てしまった。
改めて録画を見直してみましたが、やっぱ途中で意識が消えかけました。
各要素が全部60点。酷くはないけど良くもない。印象が薄い。
ありていにいって、面白くなかった。試聴中止候補です。
どうでもいいけど、OP曲、メロディラインがアクロバティック過ぎ(w
ものすごく歌が下手に聞こえます。
でもよく聞くとちゃんと歌っているみたい。
唯一、OP曲だけが印象的でした。

■一騎当千
パンツ大安売り。それだけっぽいです。
地上波でよくここまでやれるものだとは思う。

■魁!クロマティ高校
原作についての予備知識、ほとんどなし。
初回ということで、こなれていない感はありますが、なかなか面白かった。
まだまだ面白くなりそうな予感。
15分という放映時間、テンションを保つのにはちょうどよいです。
メカ沢、若本則夫様! いい! この辺を中心にひとつお願いしたい。

■神魂合体ゴーダンナー!!
洒落の効いたタイトルですねぇ。
大まじめにお約束系ロボットアニメを描きつつ、萌え要素はふんだん。
やっぱ攻撃時には技名を叫ばなきゃいけません。
良い意味で暑苦しい演出がいい感じ。ストーリーにも期待できそう。
挿入歌が串田アキラ氏でエンディングが水木一郎兄貴&堀江美都子さん。
これまたお約束。心地いい。

■瓶詰妖精(動画大陸 前半)
ぱっと見、「リスキーセフティー」みたいなのを期待しました。でも見事に裏切られました。
「まおちゃん」です、これは。あのノリは苦手。
よく言えばマターリ。でもたった10分少々が耐え切れませんでした。退屈で。
可愛らしいキャラが可愛らしく動き、可愛らしいことを言う。
ひたすらそれだけ。
人気声優が多数出演しているのが不思議といえば不思議。

■BPS(動画大陸 後半)
通信速度の単位でも、和製RPGの草分け「ブラックオニキス」を作った会社でもありません。Battle Programmer SHIRASEの略だそうです。
初回冒頭から動画使い回しの連続。大丈夫なのか、これ。
おもしろくなかった、というか、何も起きなかったって感じ。
A/Bパートぶった切り放映につき、今回の15分だけじゃ判断しづらいので保留。

■円盤皇女ワるきゅーレ 十二月の夜想曲
ああ、ワるQだなーぁ。ぬるめのお風呂に30分くらい浸かっているような気分になります。
初回にしてはそれほど作画が良くないとか、ハイドラの変身シーンは前作使い回しかよ、とかまあ、いろいろありますが、全て許す。
第2期作ってくれてありがとうございました。
おまけ付き初回版DVDを買うと、全巻収納BOXに入り切らなくなる点は改善して頂きたいです。

■セーラームーン(実写版)
起きたらやってたので、後半だけ見ました。
CGのルナは可愛らしかった。ぬいぐるみ状態になると一転ショボくなるのはマズーです。
内容は見てる側が照れくさくなる感じ。
敢えて見ることもなさそう。

■バストフレモン
酷いですね、こりゃ。安心して試聴中止。
主人公がタラコくちびるで不細工なのはポトリスと同様。
その他の登場人物も目つきが悪いヤツばかり。
そんな中、ヒロインっぽいキャラ(ミント)だけが別アニメのようなキャラデザです。統一感がない。
表情の崩し方が独創的というか、可愛くない。
全体的にシナリオのテンポが悪く、戦闘シーンは緊張感が希薄。
動きがカクカクしているのもテレ東規制のせいだけではあるまい。
エンディングの絵はまるでお絵描き掲示板で描いた絵をFLASHで動かしているようなへボさ。2,3時間で作れそうです。
迷わずさよならを言えます。ある意味ありがたい。

■ロックマンエグゼ Axess
前作は祝日に何度か見た程度。
普通。としか言えません。
普通に面白いのだろうけど積極的に見るほどでもなさそう。

■プラネテス
宇宙版ショムニ+特車二課。
うん、面白い。
まじめに宇宙してる。描写が妙にリアル。宇宙が舞台の物語で音がしない宇宙を描く作品は珍しい。
宇宙飛行士はオムツを履いている、って、この前トリビアでやってたっけ。
新入社員の女の子が青臭すぎる感はありますが、今後成長過程を見せていくことを見越して、大げさに描いているのでしょう。
純粋にストーリーを楽しめそうです。
基本的に人間ドラマが中心の1話完結モノかな? シリーズ全体を貫くストーリー展開があってほしいです。
千羽由利子さんによるキャラデザはニュートラルで嫌みがなく、気に入らないという人は少ないでしょう。
全体的にかなり良質。継続試聴確定。

■鋼の錬金術師
原作が少年雑誌連載だし、的を射ていない感想なのですが・・・
どーも世界観がしっくりこない。
「等価交換の原則」やら言っているけど、つまりは「エネルギー・質量保存の法則」を言い換えているだけだし、還元主義的分析手法の行き詰まりを意味するような主人公の台詞だって、錬金術というよりも近代〜現代科学の領域の話じゃないのかな、とか。
タイトルとは裏腹に「錬金術」の香りが漂わない。
「魔法」という使い古された言葉を使いたくなかっただけなのかなぁ、って。
『高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない(クラーク)』という有名な言葉もありますので、同様に、
『高度に発達した錬金術は魔法と見分けがつかない』とすれば、
高度な科学≒魔法
高度な錬金術≒魔法
∴高度な科学≒高度な錬金術≒魔法
という3段論法が成り立つってことでしょうか。
まあ普通に面白くはあるのだけど。
テレビつけてたら見る、程度でしょうか。

今日はここまで。(ポポロクロイスは見逃したし、最遊記は見る気なし。)
残りは、藍青、君望、ガングレイヴ、ハーロック、ピースメーカー鐡、ヤミ帽、ガンスリンガー、ギルガメッシュといったところでしょうか。
ここまでで当たりと思えるのはプラネテス。次いでゴーダンナー。
別格っていうか、評価対象外がワるQ。

10がつ5にち(日)
今日も描けそうにないです。
だから一日中ゲーム。
プレステ2に電源を入れたの数ヶ月ぶり。
晩ごはんも食べずにひたすらゲーム。
ゲームっていいですね。おもしろいから。
ダメな人。

10がつ4にち(土)
土曜の朝はテレ東やNHK BS、TBSが入り乱れて恐ろしいことになっております。
プラネテス、カレイドスターは試聴継続確定。
ワるQ第2期も始まった。以前と変わらぬヌルめな雰囲気が嬉しいです。多少作画がヘボまることもありましょうが、その辺は無条件で許していきたい。
後でまとめて感想を書きたいです。

秋晴れが気持ちよいので、近所を2時間くらい散歩。
街路樹の枝振りや公園の鳩を眺めていたら、絵の構図がぼんやりと浮かんできたような気もしないでもない。
部屋に戻り、ちょっと描いてみたけど、やっぱダメ。
全然描けない人になっちゃいました。

マクロメディアのバージョンアップ費用、4万円超。
清水の舞台から飛び降りる思いで、申し込みましたとも。
現在自由落下中。
カード決済される12月ころに着地、骨折と予想されます。

10がつ3にち(金)
職場の入り口に、どっかの部署が購入したPowerMac G5とシネマディスプレイ23インチ液晶が届いていました。
ちきしょー!

仕事の関係で秋葉原へ行く。
ちょっと思い出せないくらい久しぶり。
なんだか疲れて早寝。

10がつ2にち(木)
某長編アニメシリーズのDVD最終巻の発売日、実は昨日だったことに気づきました。
DVDはフライング発売があたりまえですから、既に店頭に並んでから3〜4日は経過したものと思われます。
初回限定箱付きなのです。間違いなく箱付きを入手せねばならないのです。
amazonは発送まで1〜2週間かかるという表示。もしかしたら初回版じゃないかも。
セブンドリームは2、3日で出荷という表示だけど、あそこは在庫管理がリアルタイムじゃないので不安が残る。
仕方なく帰宅途中にDVD売り場巡り。
いやもう、全然売ってないんですけど。泣きそうです。
箱付きは嵩張るので入荷量が少ないのかもしれません。
結局、エヴァンゲリオンDVD BOXが最近まで売られていたという実績もある、穴場のお店で発見。
売り場に置かれた見本版(トールケース)を持ってレジへ。
レジ奥の棚の目立つところに置いてあるのに、店員さんは別の場所を探しています。
予約用に取り置きしているのかなーなんて思いながら黙って見ていました。
3分ほど探しても見つからず、別の店員に
「これ(トールケース見本)ってこれ(箱入り製品版DVD)?」
箱入りじゃないやつを探していただけのようです。
めでたく入手した箱付きDVDは、ものすごく透明度が高いコンビニ袋に入れられ、渡されました。
箱に描かれている、満面の笑みをたたえた6人組がモロ見え。非常に恥ずかしい。
(買うのは全然恥ずかしくないんですが・・・)
箱が大きすぎてバッグにも入らず。
抱えるようにして帰宅しました。
適当な書類や本を袋につっこんでおけばよかったんだなー、と今になって気づきました。

10がつ1にち(水)
いろいろ構図をいじってみても、どうにもまとまりがよろしくなく、今描き進めている絵は放棄かな。

深夜、ATIの新しいRADEON(ビデオカードね)が発表されたという記事があちこちにアップされていました。RADEONを買うとHalf Life2っていうゲームがついてくるのだそうです。
どんなゲームなのかなーと思い、過去のWeb記事からムービーを見てみました。
うはっ! こ、これは、すごい・・・!!
最近パソゲーつうかゲーム全般にすっかり疎くて、そっち方面じゃすっかり使い物にならないボクですが、目から鱗がものすごい勢いで飛び出していったような気分。
無理してGeForceとかRADEONの新しいヤツ買わなくても、PS2とかGCでいいじゃん、という過去の認識が改まりました。
数年ぶりにWindowsマシン組みたい感がグイッと高まりつつあります。

 

2003年9月

9がつ30にち(火)
今日の十二国記には鉄塔マークは出ていませんでした。
2頭の牛と足首をロープでつないで股裂き・・・
グロはだめですぅ、グロは〜〜
NHKで残酷描写があるわけないのは分かってても、こういうのには滅法弱いす。

眠い中、ぼーっとエアマスターの最終回を見てしまうのはもったいないので、今日は見ないことにします。

ちょい前のこと。
突然、
「なーのだ、なーのだ、なーのなーのだーーー」
「なーのだ、なーのだ、なぁのなぁのだぁーー」
という声が頭に浮かんできました。妙な節回し付きで。
これって一体なんだったっけ?
聞いたのはそれほど昔じゃないと思う。
ゲームの音声? でもCV付きのゲームなんて1年以上やってないし。
アニメかなあ・・・
ああ、あれだ、ゆめりあベンチだ、と。
(ちなみにウチのThinkPad X24ではいちばん低画質しか選べず、スコアは1700くらいだったはず。)
で、その「ゆめりあ」のラジオ番組が午前1時から始まるらしい。
ネット上のごく一部で妙に盛り上がっており、その盛り上がりにつられてて聞いてみました。
「もねー」
「もねもねー」
「なのなのだー」
「もねもねー」
「もねーもねー」
 ・
 ・
 ・
さっぱりわからん。
でもそれがいいらしい。

9がつ29にち(月)
金木犀の匂いがします。

欲しいCDが数枚あり、いくつかの店をまわったけど、結局売っているお店はありませんでした。
(欲しかったうちの1枚が「ドッコイダー」のED曲。恥ずかしくて店員に聞けなかった・・・)
本やCDといった価格統制品は、もうリアル店舗は必要ないとさえ思えます。
セブンドリームドットコムのTVCM、吉行和子さんに全面的に同意。
ある女性(インターネットにもネットショッピングにも興味なし)のCD購入までのプロセスは、ボクとは全く違っていました。
その日買うCDを決めてショップに行くことはほとんどなく、店内の「試聴マシン」で適当に聴いて、気に入ったら買うのだそう。
普通はそんな感じなんだろうか。

9がつ28にち(日)
ごろごろー。
本読んで、ビデオ見て、昼寝。
偽ナージャ誕生。敵役がデムパ系ってのはいかがなものか、つうか、怖い。

次はダーク系の絵を描きたいなーとか。
構図検討中。

9がつ27にち(土)
番組改編。楽しめたのも、どうでもいいのもいろいろ終わっていきます。
書くこと無いので、アニメ最終回のちょっとした感想。
以下ネタバレ注意です。

ステルヴィア。
光太くん、ハァハァしすぎ。劇場版エヴァの冒頭みたい。
まぁいわゆる大団円。
ヒネり、なし。
これ、1クール(グレートミッション編)で終わっておいた方が良かったような。
しーぽん、途中イヤなヤツ状態だったし。

ガド。
最終話が19話っていうのも中途半端だけど、内容も中途半端。
最終話なのに番外編っぽい。
スカパー!ではもうちょっと続くとのこと。
ゼロはつぶれちゃったの? アイコは? メッサーはポンコツ状態のまま?
がっかりだ。

カレイドスター。
放送枠移動につき、第2部完。
「伝説の大技」は結局どんな技だったのかよく分からなかったけど、盛り上がった。
ちょっとグッときました。
これ、面白いのに視聴率1%未満なんですよね。もったいない。
木曜17:25からっていう放送時間が良くなかった。
しかし、DVD2巻予約特典「そら&ロゼッタ ラブラブポスター」は狙いすぎ。
欲しくなるじゃないですかっ。

ダイバージェンスイブ。
もう見るのやめようと思い続けて3ヶ月。結局最後まで見ちゃった。
時間巻き戻しエンド。真剣に見ていなかったせいもあるけど、最後まで訳わからなかった。
で、来年、エンディングのノリでラブコメ調の第2期「みさきクロニクル」を作るんだとか。
やっぱりそうか。最初からそっち作れや、と。

デビチル。
ミルモからの流れで見始めたら、最近はミルモより楽しみになっていました。
一件落着、かと思ったら、二段オチ。
B級ホラー映画みたい。
長期シリーズの最終回でコレやられると、参ります。
つまりは続編作る気満々という意味なのか、GBAのゲームソフト買えってことなのか、はっきりしてください。

ドッコイダー。
気合い入れて作ってあったし、実際よくできていました。
でも、でも、時間が足りない・・・
OPもアイキャッチも省略してがんばってはいるのだけど。
あと1話あれば、前回を記憶抹消あたりまでで終わらせて、今回は記憶回復から宇宙へ。そして最終回、ラストバトルと後日談で気持ちよく終わったのに。
せめてあと10分あれば。
DVDディレクターズカット版とか出ないかな〜。惜しすぎる。

ドッコイダーの前座(失礼)「ダ・カーポ」。こちらはまだまだ続きます。
先週あたりから「これはこれで面白いかも・・・」と思い始めている自分がいます。
さて、ヒロインの一人、美春(ロボ)がDELLのGX100と思われるマシンでWindoors2000を起動し、ホットギコ3を立ち上げています。
2chブラウザかよ・・・
で、名無しさんに
>> 408 厨房氏ね
>> 408 空気よめ 目障りだヴォゲ
と煽られるも、
-----------------------
『おめえらがウゼーんだよ
 IPぬくぞゴラァ
 おめーらみたいなヒッキーにいわれたくねーよ!
 この自作自演ヤローが!
 おまいらみんな逝って良し! 』
-----------------------
と煽り返すヒロイン。(ロボだけど)
満足げ。
そしてグロ画像への直リン踏んでひっくり返るヒロイン。(ロボだけど)
くそう、笑っちゃったじゃないか!
ダ・カーポに素で笑わされてしまった。
笑ってる自分がなぜか悔しく情けない。
とりあえず録画しておいて良かった。

9がつ26にち(金)
東芝のRD-XS41は良いな。
並列作業できる場面が増えたのが良い。
年末あたりにRD-X4が出るのだろうか。
デザイン、もうちょっとかっこよくして欲しい。
ゴーストが出まくっているので、GRT付きのやつ、欲しいな。

書くことなし。

9がつ25にち(木)
激しく書くことなし。
一日中事務所内を走り回って、疲れた。

9がつ24にち(水)
「十二国記」の録画に、昨日の「鉄塔マーク」が〜。
あー見苦しい。
どうも地上デジタルの試験放送の関係で鉄塔マークが出る場合があるそうですが、神奈川って対象だったっけ?
夜はマークが出ていないし、どういう状況なのやら。
BS、CSのマークって、映像作品にとってノイズ以外のなにものでもありません。
違法コピー対策という意味でやってるならば、つまりは映像を劣化させることで、コピーする気が起きないようにしているわけです。
発想としては、幼児がお菓子に自分の唾をつけて、他人に盗られないようにするのと大差ないような。
マークを入れたくなる気持ちはわからんでもないけど。

そういえば「サーパラ」って、「せめて1年に1回くらいは登録更新してください」って言ってたことを思い出し、チェックすると前回更新は昨年9/1。
なんとなく更新してみる。
ずいぶん久しぶりにサーパラを見ましたが、サーパラに委託販売している人のサイトが検索上位になるのですね。
ビジネスという意味では正解か・・・。

9がつ23にち(火)
NHK総合、教育共に画面の右上に「 '"Å"' 」みたいな感じのマークが出ています。
こんなマーク出てましたっけ?
鉄塔から電波が出ている図のよう。地上波マークでしょうか。
BSの画面に出ている「BS1・2・hi」は薄いのでそれほど気になりませんが、この鉄塔マークは完全に不透明。ああ鬱陶しい。
NHKのHP見ても特にこの件についての情報なし。
これから未来永劫こんなマークを見続けなくてはならないのかと思い、少々憂鬱になる。
(なぜか夜になったら消えました。何だったんだろう。)

昨日、ある品物(やや高額)を買うため、横浜の某Yカメラへ行きました。
店員さんにダメ元で値引き交渉をするも「出来ませんダメです無理です」ばかりでとりつく島無し。
じゃあ周辺アクセサリ関係の値引きとかサービスとかは? と水を向けても「無理です」ばかりで会話になりません。
挙げ句に「価格統制されているので、崩せません」・・・って、そんなこと言っていいのか!?
店員の「別にアンタに買ってもらわなくても、他に買う客はいるしー」という気持ちがビンビン伝わってきます。
ボクはウザい客でした。

初めからサービスに期待はしていませんし、そういう店員さんとのやりとりも儀式みたいなものじゃん、と。
しかし、あくまで強気な店員に買う気もすっかり失せ、
「あんたの勤めてるこの店からは絶対買いたくねー!!」
と心の中で叫び、分かった、余所見てきます。と店を出ました。

そういうわけで今日は仕切直し。同じYカメラの上大岡店へ。
上大岡に来たのはずいぶん昔、「澁澤龍彦展」を見に来て以来です。
故澁澤氏が「娘」と呼んでいた四谷シモンの球体関節人形を初めて目の当たりにし、いたく感激したのでした。

店員さんと交渉開始。
「どのくらいの値段だったら買って頂けますか?」
「○○円くらいならと・・・」
「うーん(電卓を叩く)、ポイント入れれば○○円くらいの差ですよね〜」
電卓キターーーーッ! やっぱ電卓叩いてナンボでしょう。
買い物の様式美ともいえましょう。
「その○○円、なんとかなりません?」
「うーん・・・(更に電卓を叩く)・・・出たばかりでなかなか厳しくて・・・うーん・・・」
そうそう、この会話のキャッチボールが重要なんですよ!
そして出来る限り買う側の意向に沿えるように考えてますよ、という雰囲気が! むしろ結果は二の次。
結局値引きはどうしても難しいとのことでしたが、オプション類の消費税カットには応じて頂きました。
仮に消費税カットが無かったとしても、この店員さんから買ったと思う。
気分良く買えるって重要だと思いました。

9がつ22にち(月)
背景の続き。油彩系ブラシの色を変えながら、グリグリと塗り、色を補正して、終了。意外と手間がかかった。
とりあえずトップ絵更新。

9がつ21にち(日)
人物の塗り、終了。
背景をいろいろ試したけど、収まりが悪い。
手間を惜しんじゃダメってことか。

特に何もない一日。

9がつ20にち(土)
雨。
欲しい資料があり、再び川崎DICEの書店に行く。
あれだけ広いんだからデザイン関係の書籍も多いだろうと期待したらメチャメチャしょぼかった。
閉店した西武跡地の紀伊国屋で買う。

薄暗いです。
パソコンがおいてある部屋はカーテンが薄く、日中はかなり明るい。
明るいとモニタの色が分かりづらくて色を塗る気がしません。
その点、今日はいい感じ。作業はかどる。
後は髪の毛と背景。

9がつ19にち(金)
職場に工事が入るということで、午後4時には仕事終了。
日が高いうちに帰宅するのは違和感があります。

Photoshop8はアクティべーション採用だそうです(さしあたってWindows版のみ)。
小さなお子様がBBS等で「フォトショがー、イラレがー、MAYAがー」とか言ってるのは見苦しいので、まあ仕方ないかなと思います。
売る側は「不正使用が多い→ソフト売れない→ソフト安くならない」
使う側は「ソフト高い→ソフト買えない→不正使用する」
と自己弁護しがち。
アクティべーション導入で不正使用者がいなくなっても、じゃあWarez使用者が正規品を買うかっていえば、買う人はきっと極少数。
で、結局メーカーも売上が増えるわけでもなく、正規購入者は安く買えるわけでもなく、手間だけが増えて終わりそうな気がします。
買わない人にとっては1円だろうと高いのでしょう。
安いし、バンドルしてるハードは多いし、多機能だし、と、いいことずくめのPhotoshop Elements(ボクがPhotoshop買ったのは、当時Elementsが無かったから)があるのにPhotoshop7欲しがる人多すぎ。
職場の連中にもそんな感じの人が多いです。
リサイズくらいしかしないのにね。
ボク、職場じゃGIMP for Windows。しょぼーんです。

9がつ18にち(木)
ジャケ絵を提供したサークルが突然解散しちゃいました。いろいろ事情はあるのでしょうが。
そういうわけで、このサイトからのリンクは何事もなかったかのように削除。
ボク的には特に利害関係があるわけでもなく、楽しく絵を描くきっかけをもらえただけで満足ですが、ちょっと残念ではあります。
ただ、ボーカル担当の女性は急なことに相当ショックを受けたご様子(彼女の個人ページにそれらしい記述がありました)。気の毒に思いました。

帰り、先日川崎にオープンしたショッピングセンター「DICE」に寄る。
テナントは「さくらや」「東急ハンズ」や本屋、ゲーセン、パチンコ、映画館など。
いやあ広くて良いです。しかもボク好みのお店が多い。丸一日、この建物だけで楽しく過ごせそう。
横浜駅前にもこんな場所が欲しいな。
今描いてる絵の塗りが半分くらい終わる。
線が少ないと進み具合が早いな。次の週末で描き終わってしまいそう。

9がつ17にち(水)
朝、携帯電話が見つかりません。
昨日の帰宅途中、バスに乗る前はあったし、バスを降りた後、歩いてる途中に落としたのなら気づくだろう。多分、バスの中だろうな。
電話したらバスの営業所の職員さん。やはり。
見つかって良かった。ありがとうございました。

午後からは数人で外出。ユルい一日。

9がつ16にち(火)
プレステ3についての情報が増えてきたみたい。
ネットワーク内に遍在するCPUパワーを束ねて使うというのがPS3。だから、PS3という箱自体は必ずしも必要ないらしい。
SONY製品にPS3準拠のCPU(Cell)が入ってれば、それをLANでひとまとめにするのだそうです。
WEGAとVAIOとCOCOONをつないでPS3のゲームをする、って感じ?
だとすると、アプリを制作する側はどの辺の処理能力をターゲットにするのかがよく分かりません。
PCゲームのようにゲーム内容の再現性が環境に依存してしまうのだろうか。
パッケージに「快適にゲームするためにはご家庭のLAN内にCellが3個以上必要です」みたいな。
どうもその辺のイメージが湧かないのです。
PS3という「箱」も売ることになるのでしょう。でも売り出してしまったら、結局PS3単体で快適に動くことを基準として制作されちゃうんじゃないだろうか。
いくらネットワーク上に余剰CPUパワーがあっても、独り占めできるわけじゃないから、結局はCPUパワーがベストエフォート型になるわけで。
素人の疑問なんて既に解決済みなんだろうけど、アホにはその辺、さっぱり分からないです。

9がつ15にち(月)
散歩に最適な田舎道を求めて小田原方面に遠出してみる。
思ったような田園風景にはなかなか出会えず。
1時間ほど電車に乗り、適当に降り、2時間ほど散歩。

夜、軽く色を塗り始める。
なかなか良い感じ。

9がつ14にち(日)
今日も暑くて外出する気になりません。
冷夏にあわせて、おでんを売り出したコンビニ、裏目。
昨日買ってきたGBAのRPG、早くもプレイ時間10時間に達しそうな勢い。
攻略ページを見ながらやっています。

下絵終了。テーマは背中と肩甲骨。
18禁には遠く及ばないけど、13禁な感じ? アメリカでいえばPGくらい。
今回背景を描くつもりなし。人物をこってりと塗りたいです。

9がつ13にち(土)
もう少し過ごしやすい気温なら、もらい物の旅行券で遠出しようかなと思っていたのだけれど。
近所のショッピングセンターで、やはりもらい物のおもちゃ券でGBAのTales of Phantasiaを買う。
普通の2D-RPGなんて何年ぶりだろう。
なかなか面白いです。

同じショッピングセンター内のパン屋でパンを買ったんですが、レジの女性が超ロリヴォイス。
もっちー(望月久代)っぽい声質。
きみきみ! こんなところでパン売ってる場合じゃないって!

その帰り、飲み物を買いにセブンイレブンに寄る。
見慣れない1リットル紙パックココアをかごに入れ、レジへ。
なぜか値段が書いてなかったのですが、まあ、250円くらいだろうと。
がっ! レジでびっくり。なんと548円! マジかよ! と。
やっぱ買うのやめます、とも言えず、仕方なく支払う。

えーと、守山乳業の「喫茶店の味 ココア」ってやつです。深緑色のパッケージ。
早速飲んでみました。
いや、飲む前に、コップに注いだ段階で、このココアの尋常ならざることに否応なく気づかされます。
これは・・・濃いぞ・・・!
どろり濃厚ゲルルンジュースって感じ。

今度こそ飲んでみます。
うわ、これ、美味しいよ〜(TT)。
ちょっと感動的。とろりとしてて、まるで溶けたチョコレートのよう。カカオの香りが強い。
濃厚すぎるし、もったいないし。物理的・心理的の両面でガブ飲み不可です。
牛乳で軽く割ってみるのもいいかも。

9がつ12にち(金)
一日中会議。微妙に険悪なムード。
寝ころんでいたら午後10時頃寝てしまう。

9がつ11にち(木)
暑すぎでしょう。どうなっていますかっ!
季節が3週間くらい後ろにずれている感じ。梅雨明けも遅かったし。
地球の公転速度が遅くなってんじゃないの? とか思う。
午前中は仕事の関係でのんびりと船に揺られ、潮風に吹かれていました。
しっかし、暑い。
歩き回って汗だく。お昼ご飯の天丼はヤバいくらい不味いし。

9がつ10にち(水)
galleryに絵をアップ。
絵自体は3週間ほど前に完成していたのですが。

お盆中の活動資金のつもりで少々まとまった現金を銀行から下ろしたのに、全く使われることないまま残っています。
手元に現金があると妙に強気になりがち。
「これはお盆に遊びに出かけたり、衝動買いしたりするための資金だったのだから、病気になっていなければ既に手元にないはずのもの。つまり無駄遣いが許されるはず!」みたいな感じ。
ここ数日、「買っちゃおうかなー、いや、ダメダメ!」という状態が続いていたのがお高めなスピーカーCDM 1NT(B&W)。
まんべんなく評価が高いようだし。
そんな中、後継機種が本日発表になってました。700シリーズってやつ。
危なかったーー。新機種発表の前日に旧機種を買ってしまうところだった。
旧機種の方が評価が高くなることもあるけど、700シリーズの評価を確認してからでも遅くないでしょう。
10月の発売までに熱が冷めるかもしれないし。

9がつ9にち(火)
昨日の「ラストエグザイル」はいつもより30分遅れの2:00〜2:30。
そして「フルメタルパニック ふもっふ」は2:28〜2:58。
ところでふもっふって、何?
タイムテーブル上、微妙にかぶっております。
フルメタのOPが録画できなくても別に困りはしないけど、1台のハイブリッドレコーダ(RD-XS40)で両番組ともきっちり録画出来ないものか考えました。
ラストエグザイルの実際の放送(提供表示後の止め絵まで)は過去の例から見て02:28:45までのはず。
フルメタは冒頭にCMが1分半入るため、放送開始は02:29:30となる可能性が大。
だったらラストエグザイルを02:29まで、フルメタを02:29からにすればよさそうだけど、XS40の仕様上、2つの録画の間には若干のインターバルが必要。
マニュアルによると、2つの録画予約が重なっている場合、15秒前に前番組の録画を中止し、後番組を優先させるとのこと。
なんとかなりそうだ・・・

というような極めてシビアな録画を決行し、今朝、結果をチェックしてみたところ、うまくいっていた様子。
まあフルメタをDVDに残すことはないとは思うのですが、なかなか面白いんですよね、これ。
ずいぶん前のWOWOW版を見ていない人にはキャラ設定すら分からないと思うんだけど、いいのでしょうか・・・いや、深夜アニメ見ているような連中は当然その程度知ってるだろうという読みだろうか。

夜、満月のそばに火星が光り、月の周りを虹のような光が取り囲んでいて、とてもきれいでした。

9がつ8にち(月)
大阪へ出張です。
飛行機に乗るのは久しぶり。乗るまでの段取りをすっかり忘れていました。
iPodで金属探知器鳴らせちゃったし。
大阪、暑い。暑すぎ。ここ数日ずっとこんな感じだそうです。
せっかくの大阪ですが、空港と現地を往復しただけで終わり。

帰りの飛行機は、行きに比べて室内の気圧変化が大きく、揺れも強くてちょっと気分が悪くなる。

行きも帰りも通路側の席。ほとんど外が見えず残念。飛行機から見る雲は最高だと思うのだけど。
窓際の席でブラインドを閉じて寝てしまうなら席を替わってくれと言いたい。

9がつ7にち(日)
床屋へ行きました。
相変わらず他の客は皆無。
先客がいないからすぐに切ってもらえるし、45分ほどで終わるし、店主は余計なこと言わないし、店はきれい。仕上がりも料金も普通。
理想的。

夜、EVE Softwareさんの紹介ページを作りアップ。
ついでにトップ絵更新。

9がつ6にち(土)
昼寝をしたら午後4時に。
本日なーんにもせずに終了。

9がつ5にち(金)
旧聞です。
いつの間にか【hp】(HEWLETT PACKERD)が電卓事業を復活させていました。
今日気づいた。
いま売っているのはRPNですらないらしいんですが、そろそろRPNのミドル、ハイエンドクラスの製品が出てくるようです。
手持ちの数台が壊れない限り、新機種を買うつもりはないけど、現行品があるっていうのは安心感が違います。
でもデザイン面に難あり。ボタンをV字に配置するってのはどんなもんでしょう。おもちゃっぽい。
まさに仕事の道具って感じの質実剛健さがなくなってしまった。

・・・ボクが普段使っている「32SII」(本来$60弱の電卓)を今、新品で購入しようとすると、一部業者(ていうか、本当に一部業者しか扱っていない)では恐ろしいことに$400。電卓1個で5万円すよ。
ヤフオクの相場もこれに近いようです。
手持ちの未開封新品、1個売ってしまおうか。(でも売らない)
コレクターズアイテム化しちゃってます。

帰りがかなり遅くなる。

湿度が低いって気持ちいい。
朝、家を一歩出た瞬間から爽やか。
9月の東京としては史上3番目に湿度が低かったらしい。

9がつ4にち(木)
Googleの検索対象ページが33億ページとなり、一度は滑り落ちた世界一の座に返り咲いたやらなんやら。
「たまたま1位に戻っただけで、ライバルなんてぜーんぜん気にしてないっすよ」というのがGoogleのコメント。
しかしGoogleが抜かれたという報道以降、Googlebot(Googleのサイト自動巡回ロボット)の活動が明らかに活発化しており、実際のところ
Google 必死だな
って感じ。

特に書くことなし。

9がつ3にち(水)
今日もシンナー臭でダメになりそう。
しかし壁紙の驚異的な仕上がりに唖然。
職人さんはすごい。
つなぎ目の模様は完璧に合っていてちょっと見ただけでは分からないし、微妙な凹凸部分へも上手く対応しています。
よくもまあここまで丁寧に貼るもんだ。
しかもこれだけの仕事をシンナー臭の中でやってしまうのだから。
プロの技を見たという思いです。

9がつ2にち(火)
職場でちょっとした工事をしています。
壁の下塗りがシンナーくさくてとんでもないことになっています。
頭痛い。
隣の女子が「すんごいシンナーくさいですよね〜、あひゃひゃひゃひゃ!」なんて言ってます。
リアル「亀、シンナーに気をつけて壁塗んな」「わかりやした、親方!」状態。
(古いネタで申し訳ない。スネークマンショーです。)
明日は工事終わるかな。

本日早寝。

9がつ1にち(月)
ちょっといい感じでラフが描けてうれしい。
生活に張り合いを感じます。

先日、手持ちの壁掛け時計を撮影して背景の素材にしました。
文字盤がギリシア数字のやつです。
今日、量販店の時計売り場を眺めていて、ギリシア数字の壁掛け時計がほぼ絶滅していることに気づきました。
100種類くらいのうち、ギリシア数字のものはたったひとつだけ。
「IV」って4だっけ、6だっけ、とか、見づらい面はあるけど、雰囲気があるし、好きなんだけどな、ギリシア数字。

 

2003年8月

8がつ31にち(日)
お友達から借りたDVD「ブラックホークダウン」を見る。
非常に良かった。ありがとうございました。
レビュー記事も数多いので、内容については触れないでおきます。
5.1ch音響は非常に効果的。臨場感倍増。
音関係ってどうしても後回しになりがち。でも映画好きなら、どんなに安価な5.1chシステムでも用意して絶対損はありません。
それほど映画を見ない(つうか、5.1chなんて無関係な古い映画ばかり見ている)ボクが言うのだから間違いなし。
昔、サウンドカードがついていないPCでゲームやっていた頃、新作ゲームとサウンドカードを手にとり、どっちを買うか悩み、結果、買ったゲームはどうしようもなくクソゲー。
こんなことならサウンドカード買うべきだったと激しく負け気分になったりしたことを思い出しました。

8がつ30にち(土)
本気でドッコイダーのDVDを買ってしまいそうです。
先週も良かったけど、今週も面白かった。

以下、若干ネタバレ。

劇中、ゲームのシーンにまさか「シスプリ」のキャラが出演するとは!
「それっぽいキャラ」ではなくて、全くそのまま。
キャラ名もキャラデザも口癖も元ネタそのまんま。
春歌が「兄君さま、ポッ」なんて言ってますし。
ちばちーの声がします。一部キャラはは声まで一緒。
Thirteen Sistersというゲームらしい。12じゃないの? とよく見たらアニメ版の偽妹「眞深」が。
なんだか元アニメより作画が良いじゃん(w。
Thirteen Sistersは若干露出度が高いゲームのようです。
シスプリよりむしろThirteen Sistersやりてー、と唸った方も多いかと思われ。
そして最後の最後、オチに「おねてぃ」のみずほ先生&またぐ登場!
あはははは・・・
エンディングの役名、いつものドッコイダーやタンポポと並んで、可憐とか雛子とか風見みずほ、とか。
いやはや。

昔、たしか悟空がペンギン村に行く、みたいなのはあったような気がしますが、他作品のキャラが「アニメ・ゲームキャラとして」登場するっていうのにはインパクトあり。
すごいよ、ドッコイダー。

8がつ29にち(金)
CDジャケットの制作もほぼ終了っぽいし、新しい絵を描き始めることに。
しかし全くイメージ湧かず。
galleryのページを眺めると、なんだか暗い表情の絵ばっかり。
きっとアレです。話し合いの席とかで腕組んで難しそうな表情して、「真剣に考えてますよ?」っぽく装うという。そういうときは大抵全く関係ない、愚にも付かないことを考えているのですが。
次の絵もきっと難しそうな表情の絵になると思います。

8がつ28にち(木)
「ティッシュ配りにやりがいはありますか?」というCMは一般視聴者ではなく、ティッシュを配っている社員に向けてのメッセージであることは明らか。そういうのは社内でやれ、って感じで印象良くないです。
しかも『「ありがとう」と言って受け取るスーツ姿の人は、良い人』みたいな描かれ方が気になるところ。
確かにティッシュがありがたいこともあるし、ありがたかったら「ありがとう」は当然なのだけれど。
でも配る側は社会福祉として配っているのではなく、宣伝、つまり営利目的なわけだから、もらう側の「ありがとう」を描くならば、同時に、配る側の「受け取ってもらってありがとう」という気持ちを表現しなければCMとしてバランスが取れていないと思います。
「気をつけて行ってらっしゃいませ」じゃなくて。
(そんなこと言いながらティッシュ配ってる人を見たことないのは当然として。)

ティッシュを配るという行為自体を否定するつもりはないけど、人がいっぱいの歩道をふさぐように立たれると正直邪魔だと思うことあるし。
通行人に若干でも迷惑をかけているという自覚なしに「まごころ」とかの言葉で行為自体を一方的に美化してしまっているという構造に、少々違和感を感じるのかもしれません。
まぁ、「まごころ」とか「誠意」とか言い出した時点で、実際は殺伐としたドロドロな業界なんですヨ、ってことを半ば自白してしまったようなものです。

別にCMについて書きたいんじゃなかった。そう、ボク、最近マジでティッシュもらえないのです。
団扇ももらえないし、試供品の缶コーヒーももらえない。チラシすらもらえません。
わざと配っている人のそばを歩いてももらえない。完全無視。
かといって「ちょうだい」というほど欲しいわけでもないし。
私服で通勤(ボクの職場は会議や商談以外ではスーツ着る必要なし)するようになってから、ぱったりともらえなくなりました。
朝っぱらから駅前を私服でうろついているようなプー風味の人間がお客様ヅラで来店しても困る、って感じなのでしょう。
スーツ姿っていうのは社会的信用の尺度のひとつなんですねー。

8がつ27にち(水)
火星大接近らしいです。
火星探査機の調査結果は非常に楽しみ(地下に微生物とか発見されないかなあ)だけど、接近という現象自体は地味な印象です。
見るだけなら月蝕や流星群の方がよほど楽しい。
それでも、世間的にはそれなりに盛り上がっているらしく、天体望遠鏡が相当売れているそうです。
予備知識がない素人が望遠鏡で火星を見ても大して面白いものじゃないだろうと思いますが、「自分の目で見ている」という部分に感動するのかもしれません。
「5000万km先の火星を反射した光が今、自分の目に届いてるのだ! そしてこれだけの大きさで見られるのは人生最初で最後だ!」と唱えながら見れば無理矢理ですが、まあ感動できなくもないかも。
あるいはこれを機に天文全般に興味を持つようになるというのも素敵だと思います。
どうしても理解できなかったのが、天文台の望遠鏡につながったテレビモニタに群がって、そこに映る薄ぼんやりした火星をケータイのデジカメで撮影するという行為。(そんな人たちがニュースに大勢映っていました。)
わざわざ天文台まで出かてきた意味あるのか、と。
生中継中のTVを茶の間で撮影しているのと一緒じゃん。

偶然にも今日、安部公房の「人間そっくり」を読み終える。
自分は火星人だと主張する男と主人公との間に、悪夢のような、眩暈がするような会話が続く小説。

ハイブリッドレコーダ(RD-XS40)のHDDに録画した番組をDVD-RAMに保存するため、CMをカットしたプレイリストを作った直後、
「録画状態に問題があるため、表示できる内容がありません」
というメッセージ(うろ覚え)が出て、HDDに録画してあった番組が全く表示されなくなりました。

茫然自失。

・・・見てない映画は3本くらい・・・まだDVDに待避していなかった番組は今週のエアマスターとラストエグザイルと、あとなんかあったっけ・・・あー、テクノライズ、1話目から丸ごと消えた・・・
脱力したまま、一応電源を一旦切り、再度入れると、何事もなかったように全て復活。
びびらせやがってーーーーっ!!
消えてなくて本当にヨカッタ。

8がつ26にち(火)
ダメ人間同士、雑談に花が咲く。
そう、キミのことだ、ダメ人間!
(すんません、ボクがいちばんダメ人間です・・・)

Macromediaのアプリケーション群が近日バージョンアップだそうです。
もう新機能はいらないからバージョンアップしたくないです。
でも旧Ver.は新OSをサポートしないとか言うんだろうな。
Photoshopの新バージョンも近いという話だし。
もうすぐバージョンアップ貧乏。

8がつ25にち(月)
職場の偉い人から突然、HEWLETT PACKARDの電卓をもらいました。理由は不明。
hp電卓ファンのボク(goodsページ参照)としては思わず「おお!」と声を上げてしまったのでした。
もらったのはHP17BIIという金融計算系のモデル。
しかし非常に残念なことに逆ポーランド記法ではなく、普通に「1+1=」って打つタイプ。
惜しい。実に惜しい。
そりゃそうだよなぁ。あんな変態チックなボタン操作をする電卓がその辺に転がってるわけないよなぁ。
モノ自体はほぼ新品のようだし、日本語マニュアル(初めて見ました)も付いてるし、大事に保管させて頂きたいと思います。

最近、資生堂「マジョリカ マジョルカ」という化粧品のCMが盛んに流れておりますが、この名前、やっぱあの「おジャ魔女どれみ」の登場人物のアレなのでしょうか?
気になって仕方がない。

深夜、衛星放送で「ラン ローラ ラン」を見る。
開始30分で主人公がアレしてしまったときは「おいおい残り1時間どーすんだよ」と思いましたが、ああ、なるほどこういう風に展開するのね、と。
アドベンチャーゲームをプレイヤーごと映像化したような感じ。
まあ一発芸な映画なのですけど、風が吹けば桶屋が儲かる的なちょっとした部分が面白かった。

8がつ24にち(日)
ウィルス(ワーム)「Sobig.F」の勢いはすごいです。
ウチですら結構な数のウィルスメールが来てますから、大手サイトでメアドをさらしている方には数百というオーダーで届いていると思われます。
メールサイズが100KB弱あるので、メールボックスがあふれている方も多いのでは?

普段使っているデジカメは100万画素と200万画素。
もっと画素数が多いデジカメが欲しい。
EOS Kiss Digital、いいなあ。
でもカメラに14万は出せないなー。
発売は約1ヶ月後だそうです。
このところ製品発表から発売までの間隔が長くなってきたように感じます。
発表直後に「いい!」と思える商品も発売までの間に冷静になってしまって、結局買わないで終わることが多いです。
早めに発表して他社製品を買い控えさせることと、メーカーにとって最終的にどっちが得なのでしょうか。

8月23日(土)
UHF局のみで放映している「住めば都のコスモス荘」。
今日の第7話は良かった。本当に素晴らしかった。
6話までのドタバタ話とは違い、「いい話」系でした。
一言でいえば夢オチ。でも単純な夢オチじゃなくて、夢と現実が少しずつリンクしながら、その境界が曖昧になり、最終的に現実が少しだけ変わるという感じ。
そんなストーリーが幻想的にノスタルジックに語られておりました。
絵の品質も極上。万事に隙なし。
普段のドタバタが結構面白いだけに、こういうちょっとした変化球が生きてくるのだと思いました。
懐が深い。きちんとキャラが立っている証。

この番組には作り手の良心とか作品への愛情を感じます。
UHFじゃ予算も潤沢じゃないだろうに。
他のUHF系アニメのダメぶり(ファンの人にはすみません)とどうしてもくらべちゃいます。
1クールで終了なのが惜しい。
DVD買って第2期制作を支援したくなってきました。

8がつ22にち(金)
発疹の痕も少々残っているけど、今日から職場復帰。
見た目に分かりやすい病気というのは同情されやすいです。

まだまだライフゲージ低下気味につき、普段よりは早めに帰宅。
午後8時過ぎだというのに酷く蒸し暑い。
街全体の空気が飽和水蒸気量を超え、白くかすんでいるよう。
汗がポタポタと落ちる。

久しぶりにたくさん活動したからでしょう。足の関節がちょっと変な感じ。

8がつ21にち(木)
明日から出勤できます。
あー、暇だった。
発疹のため10日以上伸ばしっぱなしだったひげを剃る。
電気カミソリじゃ全く歯が立たず、以前電気カミソリが壊れたときに買った「切れてなーい」というCMのヤツを使う。
会社勤めじゃなければこのまま伸ばし続けるのも悪くないかもと思いました。
昼寝したからか、朝4時まで眠れず。

8がつ20にち(水)
顔のカサブタがポロポロとれ始める。
軽く赤みは残っているけど、時間が経てば消えるでしょう。

暇なので、真空管アンプTU-570について。
高価なオーディオ機器には全く触れたこともないし、強いこだわりもない単なるド素人の感想です。
付属していた真空管はロシアのSovtek製。必ずしも評判の良い管じゃないみたいですが、十分に良い音で満足しています。
秋葉に行く機会があったら、別のメーカーも試してみたい。
2本の真空管の長さが微妙に異なっており、「ああ、ロシアの娘さんの手作りなのだなあ(←勝手な妄想)」という印象。
2W+2Wという小さな出力でも、小径スピーカーを鳴らすのには十分。ボリュームを半分以上回す必要はありません。
非常に生々しく、瑞々しい音がします。同じ条件でintecのアンプと比較すると、音のガサつきがなく、特にピアノやストリング系の響きが心地よい。音が前に出てくる感じというか。
それと、定位感が気持ちよいです。ボーカルが中心にビシッと決まり、左右にどんな楽器がどんな順番に並んでいるかを想像するのが楽しい。

こんな簡単な回路でよくもまあきれいな音が出るものだと思います。
もしかしたら「良い音を出す」という基本に限れば技術的にそれほど難しいことではないのかもしれません。
リモコンで入力切り替えしたいとか、DSPで音場を変えたいとか、そういった本質的ではない要素を取り入れようとすると、少しずつ本来の音質が損なわれていくのでしょうか。
損なわれた音質を改善するために回路を追加し、どんどん肥大化、複雑化するという。建て増しして訳が分からなくなった温泉旅館というか、昨今のOSやアプリケーションの動作の遅さというか。
ボクの場合、すぐに手が届くデスクトップに設置したからリモコンは不要だし、もともとイコライザーで音を変化させるのが嫌いだったこともあり、このアンプに大変満足しています。
「もっと良いスピーカーを鳴らしてみたい」という欲求をぐっと抑える日々です。

8がつ19にち(火)
暇。
絵の背景用に壁掛け時計をデジカメで撮影。
200万画素じゃ解像度が不足気味。
なんとか一応の完成。サンプルをご依頼の方にお送りする。
気に入ってもらえればいいのだけど。

熱は出なくなりました。

8がつ18にち(月)
朝、職場に電話し、伝染病につき、引き続き3〜4日休むことを伝える。
体調自体はそれなりに良く、出勤できなくもないため、申し訳ない気分。

暇です。
翼を塗り、プラグインフィルタを使うため、久しぶりに0S9を使ったり。

8がつ17にち(日)
本来、夏休みは今日までのはずでした。
しかし外出禁止令が発令されているため、あと数日は休むことになりそう。
(外出禁止以前に、外見的に非常に見苦しく、外に出る気がしないけど)
熱は、夜にちょっと上がる。
負担にならない程度に絵を描く。
残り、翼と背景を仕上げれば完成。

8がつ16にち(土)
やっぱ水ぼうそうなのだそうです。
全身の水疱が乾いてカサブタになるまではいっさい外出禁止だそうです。
熱は37.5度程度。
全身が微妙に痒い。
夜、実家から電話あり。小1のとき罹った病気は「風疹」の間違いだった、とのこと。
救援物資到着。あと5日は戦える。

8がつ15にち(金)
36〜38度くらいを行ったり来たり。
暇なので「ノワール」全26話一気視聴。
やっぱクロエは健気じゃのう。

特に顔のボツボツが不気味で、我ながらヒく。
宅配ピザも頼めやしません。

8がつ14にち(木)
熱はやや下がる。38度台。
そのかわり、発疹が全身に。頭のてっぺんから足の裏まで。
どうも「水ぼうそう」っぽい。
ネット上に書かれている症状にぴったり当てはまる。
それほど気分は悪くなく、絵を描いたりする。

久しぶりに実家に電話し、「子供の頃、水ぼうそうに罹ったっけ?」と聞いてみる。
ボク自身、罹った記憶は全くないのですが、親曰く「小1のとき罹った」とのこと。
そんなことも覚えていないのかとアホ呼ばわりされる。
救援物資を送ってくれるとのこと。ありがたいです。

8がつ13にち(水)
今日も熱、下がらず。39度。
ただひたすら寒いだけ。
胸にいくつかポツポツが出来ている。なんだこれ? ダニ?
お盆で病院休みだし。

8がつ12にち(火)
発熱。ずーっと39度。
だめだー。

8がつ11にち(月)
今日も寒い。
いや、皮膚の表面1mmくらいでは暑さを感じるのに、体の芯は冷えてる感じ。
エアコンなしでも汗も出ません。
熱が39度オーバー。ぐはぁっ。
頭痛も鼻炎ものどの痛みもなし。夏風邪でしょうか?
栄養ドリンクやゼリーを大量購入。
この真夏に寒くて布団にくるまってるというのも、ある意味贅沢だなと思いながら寝る。

8がつ10にち(日)
なんだか寒気がします。強烈に。
やばい感じ。
アンプ作りに真剣になりすぎて、知恵熱でも出るのだろうか。

8がつ9にち(土)
アンプのキットが届く。
意を決し、制作開始。
所要時間は5時間少々。平均的なところのようです。
基板の組み立ては楽勝。入力切り替えスイッチの配線が細かくて、ちょっと手こずる。
ワイヤーの皮膜を剥くのがいちばん面倒な作業でした。
ぜーったい配線を間違わないようにしようと気をつけたおかげで、不具合なく一発で動作。
(動かなかったら原因究明以前に投げ出してしまいそうな予感がしたもので・・・)
こんなに何かに集中したのは久しぶり。
疲れた。
寝ます。
使用感などは後ほど。

8がつ8にち(金)
明日から夏休み〜!
というわけで早く寝ます。
真空管アンプキットを注文した業者の宅配不在票あり。

8がつ7にち(木)
書くことなし。
あうう。
ジャケ絵のラフ画を描いて、お伺いをたててみる。

8がつ6にち(水)
東急ハンズでハンダごてとハンダを購入。約1300円。
ハンダごてを手にするのは中学生時代、ラジオと電子オルゴールを作って以来です。
ハンダごてに限らず、工具というものはワクワクするものがあります。
意味無くピンセットやリーマ、極細のラジオペンチなどを買いたくなったけど、自粛。

というわけで、夏休みの宿題は工作(真空管アンプ製作)と図画(CDジャケ絵作成)となりました。
楽しみ。
小中学生の時分は、夏休みや冬休みの宿題にそれほど苦労した思い出はありません。
勉強はそれほど苦手じゃなかったし、絵や工作は好きだったし。
唯一イヤだったのはお習字。
普通の半紙ならばまだいいけど、縦に細長い、特殊な縦横比の紙を5枚くらいあてがわれて、その紙に書いてこなきゃならないってやつ。
あれは苦手でした。
失敗するほどに残りの紙は少なくなり、ラストの1枚になったときのプレッシャー。そして結局上手く書けなかったときの脱力感。
思い出しただけでも悪寒がします。
まあ、昔からプレッシャーには弱かったってことでしょうか。

8がつ5にち(火)
ここ数ヶ月、音楽用のアンプが欲しかったりです。
経緯としてはこんな感じ。
・極端な高コストパフォーマンスで有名なKENWOOD製「RD-VH7PC」を買う。
・便利だし、それなりに満足。
・ちょっとだけ良いスピーカーケーブルに変更。音の変化に驚く。
・押入で眠っていたintec185(CDのピックアップ死亡)のアンプ経由で、スピーカーを鳴らしてみる。全然違う。VH7PC内蔵アンプが極めてヘボかったことに気づく。
・もうちょっと良いアンプをつないでみたくなる。

一口にアンプといっても単品で1万円台から100万超までピンキリ。
でも、高価な機材を買うつもりは毛頭ございません。
そこで、前から目をつけていた真空管アンプキット「エレキットTU-870」を作ってみることにしました。
最近、信頼すべき執筆者によるWEBコラムでも紹介され、非常に面白い製品だという評価だったことが最終的な決め手になりました。
マランツあたりのアンプ入門機でもいいのだけど、作業机に置くにはあまりに大きいし、不必要にパワーがありすぎます。

通販に申し込んでみました。夏休み前には届くでしょう。

8がつ4にち(月)
たまたまNHK教育の「手話ニュース845」を見ておりました。
手話でニュースを伝えるおじさんの、なんとも強烈な個性に、一瞬にして虜。
いいなぁ〜。すごくいい!!
まるで習字の太筆のような、もみあげ。
個性的な風貌。
豊かな表情とオーバーアクション。
なんて素晴らしいキャラクターなんでしょう。見ているだけで思わず微笑んでしまいます。
即、手元のPowerBookでGoogle検索してしまいました。
「手話ニュース もみあげ」
で検索すると40件のヒット。
丸山さんという方らしい。
もう10年近く手話ニュースでキャスターを務めているらしい。
「ステージパフォーマー」らしい。
手話ニュース自体は、今までも何度も何度も見たことがあるのに、なぜか丸山さんの存在には気づきませんでした。
たまたま出演していない日ばかりだったのでしょうか?
個人的に、手話ニュースは要注目です。

8がつ3にち(日)
炎天下をちょっと散歩。
風が強く、気温の数字ほどには暑く感じません。
でも風のせいで服にアブラムシがいっぱい付着。

あるサークルさんがリリース予定の音楽CD、ジャケ絵でご協力させていただくことになりそう。
売上の足を引っ張らないように、がんばって描かせて頂きます。
ただいまラフを描きながら構図を練っている段階。
絵を描くことに理由があるっていうのは新鮮かも。

日曜洋画劇場「13デイズ」をつけっぱなしにしていたら、ガキの使いの罰ゲーム見逃した〜!
今日は30分延長だったのか。
ショック。

8がつ2にち(土)
やはり先週の土曜日と同じ。
一度起きてお風呂入って、ご飯食べて、また眠くなり、起きたら午後6時。
参った。
何もしないで一日が終了。

8がつ1にち(金)
ルパン三世の特番見ていたらいつの間にか寝てしまい、気づけば午前3時。
先週の金曜と同じパターン。
ベテラン声優陣の声に、張りがなくなっているように感じられ、寂しい。

起きたついでに、燃えないゴミを捨てに行く。
深夜だというのに外は恐ろしく蒸し暑い。
横浜は「燃えるゴミ」の範囲が広くて戸惑います。
他の自治体の基準では燃えないゴミと分類されているものが平気で「燃えるゴミ」(というか燃やせるゴミ)に含まれています。
妙な罪悪感があります。
そんだけです。

 

2003年7月

7がつ31にち(木)
書くことなし。
最近つまんないし。
世の中には楽しいことがいっぱいあって、少なくとも絵のへボさに鬱になってるよりは余程精神衛生上よいのだろうと思います。
でも楽しんでる途中、ふと「何がそんなに楽しいんだよ、バッカじゃねーの?」と我に返る瞬間があって、それがたまらなくイヤ。
あれです、楽しく飲んではしゃいでいても、トイレの洗面所の鏡でふと冷静になってしまうような感覚。常にあの感覚がつきまとう。
似たようなことを以前もこの場に書いたような気がします。
精神年齢が全然成長しないっす。

7がつ30にち(水)
暑中見舞い的画像をgalleryにアップ。
前回ヘボ絵をアップしたのが7/30。丁度1ヶ月。
まあまあ早めに描き終えられて、その点では満足。
次は今回の絵を題材に、お絵描き課程の紹介を作ってみる予定。
紹介している過去の描き方とはずいぶん違うし。
とは言うものの、1枚のレイヤー上で色を塗りのばしているだけなので、見た人が参考になりそうなテクニックなんてひとつもないしなぁ。

7がつ29にち(火)
ごくたまに海外のサイトに画像が転載されたりします。
でも大抵2002年前後に描いた、萌え系のやつだったりするわけです。
ますます世間の嗜好とかけ離れていっているような。
(上手下手は別にして)
自己満足な絵を垂れ流すことに意味があるのかなー、なんて思ったりもします。
思うだけ。何も変えるつもりはないのですけどね〜。

galleryの更新準備。

7がつ28にち(月)
昨日描き上がった絵ですが、ウィンドウズ環境で見ても、思ったよりメリハリがついていませんでした。
あと、肌色がちょっと紫がかって見えます。
軽く再調整。

特に書くことありません。
最近、ほんと、書くことがない・・・

7がつ27にち(日)
絵の仕上げ作業。
背景、手を抜きすぎです。
キャラメインだし、良しとします。

7がつ26にち(土)
お風呂に入り、さっぱりして、デビチルを眺めていたらまた眠くなり、気づいたら午後1時過ぎ。
12時間くらい寝ていたのでは。
いきなり生活リズムが大きく狂う。

夕方から深夜にかけてお絵描き、ネット徘徊、読書、テレビを30分ほどのスパンで繰り返してました。
午前2時、絵がほぼ完成したところで本日の作業終了。
でも寝過ぎたためか、全然眠くならず、エヴァDVDのAir以降を見る。
外が明るくなった頃、やっと寝付く。

7がつ25にち(金)
帰宅し「魔女の宅急便」を見るともなく見る。
いつの間にか寝てしまい、気づいたら朝7時。
お風呂にも入りませんでした。

7がつ24にち(木)
髪の塗りが終了。重い雰囲気にならないように気をつけました。
さわやかにさわやかに。
残りは服、装飾品、背景。
次の土日で描き終えられそう。

1日1枚(4話)ペースでエヴァンゲリオンのDVDを見ています。
ラストの数話はTV放映版とビデオ版が収録されていて、カットや表現の相違を見比べるとなかなか興味深い。
個人的にはビデオ版はちょっと饒舌すぎるような気がします。
「Air」「まごころを、君に」へのつながりという面ではビデオ版の方が自然なのだけど。

7がつ23にち(水)
通勤途中に見える河原の青テントが日に日に増えているような気がします。
やるせないです。
最近見かけなくなりましたが、よく駅近辺で寝ころんでいた人ももの悲しかった。
何がもの悲しいって、裸足なところ。
裸足はキツい。
「火垂るの墓」の冒頭のシーンみたいでやるせない。
文字通り、路頭に迷っている。
殺伐とした事件といい、嫌な世の中になったものです。

日中はずっと頭痛。
残業せずに帰る。

7がつ22にち(火)
朝、まるで宝塚歌劇団の男役のような服装と化粧のおばさん(50歳くらい)が颯爽と歩いていて、注目の的というか、みんな目を合わせないようにすれ違い、5m進んで振り返るというか。

特に何も書くことなし。

7がつ21にち(月)
髪の毛の塗りが終わりません。描いても描いても。
髪の束の流れと重なりを考えず、気が向いたところから塗ってしまうせいです。
何度も同じ部分を塗り直しています。

画像を左右反転させると、反転後のほうが良いような気がしてきました。
どっちを向かせようか。

7がつ20にち(日)
洗濯していたら突然「バシュッ! どばーーーーっ」というすごい音が。
慌てて洗濯機に駆け寄ると、蛇口から給水ホースがはずれ、水が出っぱなしになっています。
水を止める。
危なかった。階下に漏水被害を出すところでした。
漏水一発で数十万円の請求されたりするからな〜。

ホースをはめ直して蛇口をひねってみる。
ホースをつついてみる。
「バシュッ!」
わぷぷっ。高圧の水が外れたホースから吹き出しました。
もう一回挑戦。
わぷぷっ。
よく見るとホースの接続口のプラスチックリングが割れてるし、針金が飛び出したりしています。非常に危険。

見本用にするためにホースをはずしてバッグに入れ、駅前の電器店へ向かう。
感心したのは、洗濯機のホースはJISで規格化されていて、メーカー間の互換性が完璧なこと。
「どのメーカーにも使えます」という2000円のホースを買いました。
対してPC、情報家電系規格のなんと分かりづらいことか。
メモリーカードでいえばCF、SD、ミニSD、MMC、メモリースティック、同Duo、同Pro、xD、スマートメディア。
光ディスクでいえば、-R、-RW、RAM、+R、+RW、加えてブルーレイ、AOD。
利権が巨大なんでしょうねぇ。
洗濯機のホースには利権がないからなあ。

7がつ19にち(土)
掃除をしてDVDや録画を見て、夕方から色塗り。

最近、階上の住人の物音がとてもうるさい。
午後9時半くらいまで、ずーっとドタドタと足音がします。
一応鉄筋コンクリートなので、普通に歩いているのではなく、走り回っているのだろうと思います。
(しかしなぜ部屋の中を走り回らなきゃならないのでしょう?)

今後も続くようならば不動産屋を通して苦情を入れてみようかと、郵便受けで部屋番号を確認したら、真上の住人はこの建物の所有者じゃありませんか。
うむむ。こういった場合、どう対処したものか。
ひじょーに苦情を言いづらい。
資本家に屈する悲しき労働者階級。

7がつ18にち(金)
3連休だし〜。めでたいです。
日記を整理して追加。
これでしばらくはDreamweaverのftpで落ちなくなるはず。
(日記のページが縦に長くなると、アップロード中にDreamweaverが落ちます。なぜか。)

7がつ17にち(木)
早めに職場を出て、午後8時頃に荷受けし、早速開梱。
静脈血のような色のプラスチック箱の中にDVD11枚と小冊子、新聞みたいなやつ。

最初の2話を観る。
OP曲の重低音に慌てる。
画質については不満なし。
といっても、何度もダビングを繰り返し、ザラザラになった本放送録画とCSファミリー劇場(ビットレート低い)でしか見たことなかったので、評価基準自体が甘いですけど。
EDのシルエットは左から右に回転していたんだー。黒ベタなのかと思ってました。

率直に言って非常に面白いです。悔しいくらい面白い。
BOX買って良かったと思います。
様々な謎の発端は提示されつつも、30分間を楽しむための情報は十分与えられている。
計器類、メカ・小物の類までよく練られていて、存在感・説得力があります。
ここが凡百の作品とは違うところ。制作側の自己満足に終わっていません。
時系列を崩した見せ方にも無理がないし、むしろ「エヴァ=得体の知れないもの」という印象が鮮烈に残ります。
エヴァって何なんだよ!? ただそれだけでも物語に引き込まれます。

放映された当時、明確に謎解きされなかった部分の解釈をめぐって侃々諤々の議論となったのはご存じの通り。社会現象と捉える報道も多かったっけ。
自分の中でストーリーを消化し、納得し、過去のものとするための「落としどころ」が必要だったんだと思います。
ボク自身はそんな「エヴァ狂想曲」に萎えてしまい、どうでもよくなってしまいました。
あれから7年ほどが経ち、今、冷静に見返すことが出来るようになったわけですが、改めてその斬新さ(というか、旧来のプロットと表現手法を極端に拡張した結果、斬新といえる領域に突き抜けているというか)に驚かされます。
この作品以降、表現の地平を押し広げたといったら、3D技術程度しかないのでは?
しかも最近の3Dは制作費を安くあげるための技術に成り下がっちゃってるし。

弱点は多い作品だとは思います。
今、劇場版も含めて、物語全体を俯瞰できる立場にいるから、なんだかんだで良い作品だったと言えるのかもしれないし。
当時、劇場1作目で完結しなかったと聞いたときには呆れたし。
でもまあ、20世紀末の記念品としてはリーズナブルだと思います。

今の高校生って放映当時10歳前後だったわけですよね。
時が経つのは早い。恐ろしい。
そんな高校生以下の方々に「是非観てほしい」とも「観ない方がいい」とも言いづらい作品ではあります。

7がつ16にち(水)
もう遅いしそろそろ帰ろうかとPCの電源を落とし、席を立ちかけたところに「ちょっと相談が・・・」と話しかけられる。
相談されるのは全くもってやぶさかではないのだけれど、もう残業組もほとんどいないような時間じゃなくても。
しかも専門外の話だし。
30分ほど付き合う。

おねがい☆ツインズ
前作「おねてぃ」は視聴途中で挫折。
でも前作キャラがゲスト出演してるのは分かる。前作が好きだった人にとってはうれしい配慮なのでは?
疑似家族もの。基本設定だけで今後の展開や結末が思い浮かびますが、良い意味で裏切れるかどうか。
まあ普通に萌えメインっぽいのでその辺は些細なことなのかも。
背景画、うつくしゅうございます。「草薙」制作ですね。
態度保留。あと2回くらいは様子見です。

7がつ15にち(火)
買い物友達と家電量販店をウィンドウショッピング。
おとといの思いがけないエヴァDVDの一件もあるし、何も買わずおとなしくしていました。
(amazonから今日発送されたみたい。よかった。)
連れは「廃墟DVD」というマニアックなものを購入。そんなものがこの世に存在していたことにちょっとした感動を覚える。
ボクはライトな廃墟ファンで、廃墟写真集を買ったりもしますが、彼にもそんな趣味があったとは。
是非貸していただきたい。
その後、ご飯を驕っていただき、解散。

ちょっと絵を描く。線画がほぼ終了。

7がつ14にち(月)
「通常24時間以内に出荷」という表示だったのに、amazonからの出荷はされていない様子。
「通常」じゃないのか? 「異常」なのか?
今更「やっぱ在庫なかったっす、てへっ」っていうのだけは勘弁してください。お願いします。

新番組チェック。

グリーングリーン
これも18禁ゲーム原作らしい。
OPから少々えちっぽい。
そっち系ねらい撃ちのはずなのに、むさ苦しいサブキャラが多いのが気になります。
ナジカとかキディみたいに、実は意外にシリアスストーリーという可能性もあるので、適当に録りためて、評判が悪いようだったら一気に消そうと思います。

住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー
わ、HMX-12(マルチ)で声が春風ぽっぷ、というか、石毛さんだしー、てな具合です。
懐かしのドタバタアクションなテイスト。
普通に面白い。
新番組の中では一番期待できるというか、他が酷すぎ。

7がつ13にち(日)
エヴァンゲリオンのDVD BOXには特に興味ありませんでした。
またエヴァで商売するのね〜程度の認識でした。
しかしネット上の紹介記事見ると画質もなかなか良いし、リマスタリングされた5.1chサウンドは相当なものらしく、急に興味がわいてきました。
本放送当時、地元では放映されていませんでした。知人から「すごいから見てみ」と渡されたビデオの画質は数回ダビングを繰り返したような酷さ。
ハマりはしなかったけど、素直にすごいと思いました。
時代の気分みたいなものだったのかもしれません。

買ってみようかなと思っても時既に遅し。
BOXが限定発売だったことすら知りませんでした。
そんなこんなで気が向いたらバラ売りのDVDで買い揃えようかと思って、amazon.co.jpを眺めていたらBOXの在庫があるじゃないですか。
注文しちゃいました。
その後30分ほどで完売。幸運でした。
商品の到着が待ち遠しい気持ちと同時に少しだけ衝動買いしたことへの後悔。

悩みながらお絵描き。
人物のデザイン終了。あとは細かいアクセサリ類を描けば下絵終了。
今回は背景はごく簡単にすませるつもりです。

7がつ12にち(土)
日中。洗濯して、録画見て、録画ファイルの整理して、昼寝。
夜中。黙々とお絵描き。
暇な土曜日の過ごし方でした。

新聞受けに宅配便の不在票が入っていました。
見ると、送り主に心当たりはないし、宛名は知らない人(以前の住人?)だし。
不在票には自動再配達受付の電話番号しか書かれていないので、対応不可能。

遂に某公共放送の集金担当者がやってきたみたい。
今日はとっさに居留守しちゃいました。ゴメン。
もう少し様子を見てみようと思います。

7がつ11にち(金)
日本デジタル家電というメーカーのHDDビデオレコーダ「NYX-10」がそろそろ発売になります。
本体価格は若干安価に設定設定されていて、更に1万円くらい余計に払うとロックされた機能が少しずつ解放されていくという仕様。
例えば本体を買っただけではハードディスクは半分しか使わせてもらえず、あと1万円払えば全部使えるようになるという塩梅です。
シェアウェアではよくある手法でも、これにハードウェアが絡むと妙に違和感があるのが不思議。
意地悪されているような感覚。
いろいろ考えてみても、この違和感の合理的な理由が説明できません。
単にハードウェアの機能制限解除に対価を要求されるというビジネスモデルに慣れていないだけなのでしょう。
・・・と書きながらも考えています。
あーっ! モヤモヤするー。すっきりしません。
ボク以外の方はどう感じるのでしょうか? たとえビジネスとして合理的であっても、買う側に「どうにも納得いかない感」を与えてしまうのは、売り方として不味いのではと思いました。
今後、こういう売り方の製品が増えるのかなぁ。買う側が慣れるしかないのでしょうか。
SONYも似たような売り方のAV機器を出すという記事を見たような気もします。

7がつ10にち(木)
その後のPainter8(OS X版)
イライラしながらも、もう少し使いやすくならないかと試行錯誤を続けています。
少々バグがあるようです。
気づいたのは、
・水彩で塗り重ねてもストロークの縁が溶けずに残ることがある。
・インパスト付きブラシの一筆目が極端に盛り上がることがある。
の2点。
ボクにとっては致命的ではないです。

アプリとしての安定度は増したと思います。
8は今のところ落ちません。7は左右反転といった画面を大きく描き変える処理で落ちることがあったので、直前に上書き保存する癖がついてしまいました。
それと、ペンのテールスイッチで画面にゴミが出るという問題が解消されています。テールスイッチを積極的に使えそう。

ブラシの名称を強引に変更して、使用頻度の高い順に並ぶようにしてみました。


こんな風にファイル名を書き換えると


順番に並ぶので、ブラシを変更しやすくなります。

これでブラシパレットの使いにくさは若干解決。
我ながら結構良いアイディアだと思う。ブラシを探さずに済むので、だいぶ楽です。
並び順を変えたブラシセットを複数用意しておいて、下絵用とか塗り用って感じで切り替えるのも良いかも。
今のところ不具合はありませんが、試す場合は自己責任でお願いします。
「クリックしてメニューを出す→そのままドラッグ→ボタンを放す」でブラシを選べないのは残念。全体的な操作感に統一性がないという印象です。

7がつ9にち(水)
昨日からBSで「母をたずねて三千里」が始まりました。
世界名作劇場では「ペリーヌ物語」と並んで好きな作品。
ジェノバの下町。暗い部屋、窓を開け放った瞬間に差し込む光。匂いまでも感じられるようです。
舞台設定や背景美術に惚れ惚れです。
ゆでたスパゲティに粉チーズをかけただけの食事。
ボクもこれ、時々食べます。っていうか、真似しました。バターをからめると尚よし。
お話的には序盤のテンポが良くないのと終盤が急ぎ足なのが気になりますが、不満はその程度。
マルコって序盤はゲンコツをお見舞いしたくなるような糞ガキなんだよな〜。
だんだんいい子に成長するんですよね。

全52話。低ビットレートなら両面DVD-RAM3枚にぴったり録画できるはず。
全話録画保存の予定です。

7がつ8にち(火)
いつもより遅めに帰宅。
少しだけお絵描き。
イメージは固まりました。
バストショットを予定しています。
体を描きたいという欲望を抑えるのに必死。
とにかく、最近調子に乗って線を描きすぎて自爆しているので、シンプルさを心がけています。
下旬の連休で完成させるという計画は甘いかな。

7がつ7にち(火)
4月にスタートしたアニメ番組は2クール以上のものが多く、7月の新番組は数えるほどしかなさそうです。
良いことです。
そんな中、先週末スタートの新番組についてなど。

ダイバージェンス・イヴ
冒頭からインチキくさい単語が飛び交う。
量子力学の教科書からそれっぽい専門用語を書き出して、意味も分からず台詞にちりばめ、悦に入っている、って感じ。
あー、いきなりダメっぽい。
キャラデザは古めかしいし、胸はアコギだし。
メカデザインもダサダサ。センスが古い。
とどめは3DCGでの戦闘シーン。プレステ2初期の格ゲー未満のクォリティ。
背景は真っ白。超手抜き。素人の個人制作みたいです。
いやぁ、これはひどいですねぇ。
むしろあまりのひどさに笑ってしまいました。
初回にしてこれほどの低レベル・・・がんばってください。
でも多分もう見ない。
暗鬱な本編から一転、はじけまくったエンディングにポカーン。
スタッフはこれが作りたかっただけじゃないの?

D.C.(ダカーポ)
ギャルゲーのアニメ化らしい。D.C.というタイトルは聞いたことがあるような、ないような。
台詞回しがゲームっぽいです。
せっかく動画なんだから、台詞をもっと整理するなりして、ゲームとは違うおもしろさを目指してほしいところ。
しかしこの番組の真の恐ろしさは別のところにありました。
放送開始から20分くらいでBパート終了。
やけに早くないか?
エンディング曲(?)が始まる。
うわー、アイドル声優の実写エンディングかー。イタタタタ。
・・・あれ? 出演者とか作画のスタッフロールは?
・・・つうかヤケに長いんですが。
・・・フルコーラス流れちゃいましたけど。
そしてその後、本当のエンディング曲が。
さっき5分くらい見せられたのは声優のプロモーションビデオらしい。
斬新です。実質20分をかなり下回る素材を水増しして、30分番組に仕立て上げています。
毎週こんな感じなんでしょうか。恐ろしい。
怖いもの見たさで、あと2週くらいは見るかも。

HAPPY☆LESSON ADVANCE
HAPPY☆LESSONの第2期。前作はほのぼのラブコメ路線で、それなりに楽しかった。
前作そのままの雰囲気。
見逃しても悔しいほどではないけど、安心して楽しめそうです。

7がつ6にち(日)
お昼のニュースをぼんやり眺めていました。
今朝、お腹から血を流して死亡している男性が発見されたらしい。
画面に映った小さな滝、石碑。これはまさにボクが昨日お散歩した「朝夷奈切通」!
やばい。
現場周辺はボクの靴跡だらけのはず。
こういう場合、ボクの靴跡は事件とは無関係ですヨ、みたいな感じで名乗り出るべきなのだろうか、とか考える。
そうこうしているうちに続報。事件性は無いとの見方が有力とのこと。
亡くなった方には申し訳ないが、ちょっと安心。

Painter8をちょいちょいといじってみる。
描き味やレンダリングエンジンといった根本的な部分は何も変わっていない印象です。

変わったのは専らパレットなどのインターフェース関係。
Photoshop7になりたくて大失敗、みたいな感じです。
多くの場面で「余計なワンクリックが必要な操作体系」になっちゃいました。
いちばん気になるのがブラシの選択時。
Painter7までのブラシパレットには最近使ったブラシが5つ、常に表示されていました。
油彩→エアブラシ→油彩と切り替えながら描くときも、それぞれボタンをワンクリック。
しかし8ではすべてドロップダウンメニューになってしまったため、
メニューを開く→ブラシ一覧から油彩を探す→油彩をクリック
という感じで煩わしい。
7以前の「カスタムパレット」機能も廃止されており、打つ手なしです。
「ブラシの履歴」パレットを表示させるという方法もあるにはあるけど、ブラシの太さを覚えてくれないし、なぜか再起動すると表示オプションがデフォルトに戻ってしまう。不思議。
ブラシの太さを変えるスライダーもワンクリック後に表示されるように変更され、アクセスしづらくなりました。
とにかく全体的にストレスがたまるインターフェースです。
相変わらずダメ仕様な表示拡大縮小(デフォルトで±25%刻み。25%表示から縮小すると1%表示になってしまい、そこから拡大すると26→51→76→101%となり、キーボードショートカットでは100%表示に戻せない。)を直さないくせに、大きな画像を開くとお節介にも33.3%で表示。そこから100%表示させるために、ルーペツールをダブルクリック。
大した手間じゃないけど余計な手間なことは確か。

Painterは絵を描くツールなのでブラシでの作業が9割以上だと思います。だからブラシの使い勝手をとことん追求すべきなのに「Photoshop評判いいし〜。真似しておけば文句ないでしょ〜?」みたいな安易さを感じます。
開発プロデューサーがユーザーの作業手順を理解していないのでしょう。
Painter6までの開発者はプログラマであり絵描きだったという噂を聞いたことがあります。
6までの手になじむ感覚と7以降の操作系のじれったさを比べると、真偽は別として妙に納得。

あ、良くなったところ。
折りたたまれたパレットを分解して非表示に出来ること。
画面を広く使えるし、レイヤーパレットを大きく表示できます。
カラーミキサーもなかなか便利。本物のパレットみたい。
今のところその程度でしょうか。

7がつ5にち(土)
朝のアニメ「星のカービィ」の本日放送分はすごいことになるらしいという噂。
初めて見てみました。
制作サイドの血の叫びっていうか、ネタがヤバすぎ。業界全体を揶揄するような発言の連発に、観ている側もドキドキでした。

せっかくの梅雨の晴れ間でもあるし、ちょっとだけ遠出をしてみることにします。
目的地は朝夷奈切通(あさひなきりどおし)。鎌倉時代に作られた山道です。
鎌倉は三方を山に囲まれていて、これは敵からの防御という利点はあるものの、物流がしにくいというマイナス面もあります。
そこで最低限、人・馬程度が通るために築いた山道が「切通」なのだそうです。
金沢八景駅で降り、鎌倉行きのバス通りに沿って歩くこと30分少々。朝比奈バス停のちょっと先に左にのびる道があります。
そこを5分ほど進むと左手に小さな工場があり、その脇から山に向かう道が朝夷奈切通なのです。
工場の入り口にうまい具合に自販機があり、お茶を買う。そして出発。


入り口近くに並ぶお地蔵様など。

50mも進めばすっかり森の中。
敵軍の侵攻を阻むため、小さな起伏が多く、広いところでも軽自動車がやっと通れる程度の道幅。最低でも運動靴、出来ればトレッキングシューズを履いて臨むべきと思われます。


5分も歩けばこんな感じ。

13世紀につくられた道を、その後の800年に思いを馳せながら歩く。
ウグイスが鳴いています。よい気分。
途中、熊野神社へと向かう分かれ道があり、せっかくだからお参りする。
石段を遮るように蜘蛛が巣を張っていたところをみると、ボクがこの日最初の参拝者だったのかもしれません。


遠くに熊野神社の鳥居。静かな場所です。


お賽銭を入れてみたものの、特に願い事は浮かばなかった。
青く光るラインがきれいなトカゲを見たり、目の前にぶら下がった蜘蛛にちょっと驚いたり。
ゆらゆらと漂うカラスアゲハ。
どこからともなく聞こえた金属の風鈴のような音は何だったのだろう。


岩をくりぬいた洞穴がいくつか見られます。
ここに隠れて敵を迎え撃ったという噂。


峠。ここまでで見かけた人はおじいさん、中年夫婦の計3人だけ。静かな森の雰囲気を満喫できました。
峠を越えると道はぬかるむようになり、道ばたを小さな川が流れ始めます。
尚も進むと町内会の旅行っぽい団体さんに遭遇。100人くらい。軽く挨拶しながら進み、ほどなく出口へ。
出口には石碑と小さな滝。
ゆっくり歩いても1時間程度の行程でした。

バスに乗ってもいいのですが、そのまま歩いて鶴岡八幡の前を通り、鎌倉駅へ。
金沢八景から鎌倉まで徒歩3時間。よいお散歩でした。

夜、Painter8が届く。
ちょっといじっただけですが、あまり印象は良くないです。

7がつ4にち(金)
引っ越し前は、長距離電話が安くなるという触れ込みの某電話会社を使用していました。
住所変更していなかったので、ホームページから手続きをすることに。
が、いきなりトップページが表示されません。
Safariじゃダメらしい。多分Java関係の問題でしょう。
Safariがダメなのは仕方ないとしても、まず最初にテキストベースのページも選べるようにしてほしい。IEでは普通に表示されましたけど。

登録情報変更のページを探す。
見つかりません。
サイト内検索機能を使って、やっと見つける。
だんだんイライラしてきました。

次、送られてきた請求書に書いてあった「お客様番号」、旧電話番号、新住所などを入力して送信ボタンを押す。
しかし、何のメッセージもないまま、クリアされてしまう。
はじめから入力し直し、送信ボタンを押すこと3回。結局ダメ。どうして?
郵便物をよく見ると、請求書記載のお客様番号と利用明細葉書、それぞれのお客様番号が違うことに気づき、利用明細の番号で再送信。
お! 今度はダイアログメッセージが変わった。OK?
と思ったら
「住所に全角以外の文字が含まれています」
というエラーメッセージが出て、またもや最初から入力し直し。
住所はすべて全角で入力しろ、なんてどこにも書いてないじゃん。
英数字が2〜3桁以上続くときは半角を使うのはボクの表記上のポリシーなんだってば!
そもそも1バイト文字を2バイトに変換するくらいシステム側で自動化すれば済むことじゃん。
つうか、せっかく入力した情報をどうしていちいちオールクリアするかなぁ。

あーっ、もう頭きた。次エラーが出たら解約する!
・・・「正常に送信されました」
たったひとつの住所変更に1時間近くかかりました。

7がつ3にち(木)
帰り、電車を降りると雨。
傘なし。
ビニ傘買うのも負け気分だし、ひどい降りでもないから気にせず帰る。
結局ずぶ濡れ。

あるDVDシリーズの最新巻(10巻)を買いました。
大型店にもかかわらずラスト1本でした。ついてる。
本棚に収めようとしたら第9巻がございません。
シリーズを改めて最初から見直している関係で、最近発売されたやつはパッケージすら開けていません。だから第8巻も第7巻も買っただけでまだ見ていません。
ボクは9巻目を買い忘れていたのだろうか。
9巻目は発売数日後に買いに行った記憶はあります。
そのときは売り切れだったという記憶もあります。
結局その後、ボクは第9巻を買ったのか買わなかったのか。全く記憶がありません。
まぁ、多分買い忘れたままだったんでしょう。
でも、万が一、9巻がダブったらショック大きそう。
買い物チェック表とか作った方がいいのだろうか。

7がつ2にち(水)
宅配便の不在通知あり。メディアヴィジョンからなのでPainter8のバージョンアップ版と思われます。
バージョンアップ案内には「7/7の一般販売よりも早くお届けします」とは書いてあったけど、思った以上に早かった。
こういうお得意様へのちょっとしたサービスは好感が持てるところです。
でも受け取れるのは土曜日。早くいじってみたいよ。

ラフを描いたり消したりしています。
顔中心に描くつもり。
Painter7を使うのもあと数日。このPainter史上最悪のバージョン(といってもVer.4からしか使ってませんが)よりも改悪されているってことはないと思いたい。
期待と不安が相半ばです。

7がつ1にち(火)
Painterを立ち上げて、真っ白な画面を眺めながら思い悩むこと1時間。
なんとなぁくイメージがわいてきたところで終了。
後ろ髪引かれる思いで電源を切り、寝る。