PlaNet GONG Newsのページです


2005/10/08 Steve Hillage追加しました

Steve HillageのアルバムでCDを持ってるヤツを3枚(1枚はKHANですが)追加しました。


2005/09/25 planetgong.ukよりCD入荷

planetgong.ukにオーダーしたCDが4枚入荷しました。全部GONGのライブです。どうやら、planetgong.uk(合体したかつてのGAS GONG)でしか手に入らないのもあるみたいなので、GONGファンは急いで注文しましょう。


2005/09/21 まずはDidier Malherbeから

アルバムコレクションのページにDidier Malherbeのアルバム4枚を追加しました。新企画の方はどれから載せようか迷ってます、、、。


2005/09/18 謎の記号

前回の更新の時にトップページに2ヶ所こんな記号を追加しておきました。

8<:^)>

これがすぐわかった人はかなりのGONG通です。これは、Pod Head Pixieのスマイリー(英文版「顔文字」のこと)です。この前、planetgong.ukにオーダーしたCDの出荷連絡メールに書いてあったので、載せてみました。フォントによって見え方がちょっと違うので、確認してみましたがWindowsのデフォルトフォントで見てる人はよく分からないかも、、、。Macだとバッチリなんですけどね。


2005/09/15 新企画の予告

GONGだけでは、ネタが続かなくて、また休眠してしまいそうなので、新企画を始めることにしました。My favorite(except GONG)のページ 要するにGONG以外で私が好きなアルバムをどんどん載せてしまおう、という身勝手なページです。これでしばらくネタ切れの心配はないはず、、、。

あと、アルバムコレクションもGONG and GONG familyに変更しました。ふっふっふ。


2005/09/02 信じられない人のために

私もまだ信じられないのですが、私がもらったメールを転載しておきます。そっか、Moerlenはアルザス生まれだったのか、、、。

GAS GONG FAMILY NEWS : MAY '05

Apologies if you have received this sad news before, it's because your e-mail address is in the GAS members folder as well.

Pierre Moerlen 1952-2005

Pierre died unexpectedly in his sleep in the early hours of 3rd May in the mountains near Strasbourg. He was in the middle of rehearsal sessions for a new Pierre Moerlen's Gong Band, which were going well and with which he was very happy. His funeral took place on Monday 9th May, in Colmar, Alsace-Lorraine, the town of his birth.

We will all miss him deeply.

Tributes from Gong members and others who knew and played with him are on the Planet Gong website, along with messages many from those who loved his music.

http://www.planetgong.co.uk


2005/09/01 リンクの張り直し

リンクを一通り見直しました。古くなったバッジも貼り直したし。


2005/08/31 とりあえずこの辺から

再開した以上は何か新ネタをアップしないといけないので、まずは、2002年に入荷してたCDのジャケット画像をアップします。実は、この頃スキャナーが壊れて画像をアップできなくなったのが、このサイト休眠のきっかけでした、、、、。


2005/08/27 再開しました

4年近く更新をサボっていましたが、再開することに決めました。

何人かの方から「再開して!」というメールを頂いていましたが、なかなか踏ん切りがつかないままズルズルと時が過ぎ、5月にPierre Moerlenの訃報を聞いてショックのあまり、一時はこのサイトを閉めようかととも考えましたが、先日、ある方から勇気を頂きまして、再開を決意(そんな仰々しいモノじゃないですけど、、)しました。

私が更新をサボっている間に世の中はブログが主流になってしまいましたが、私はこれからもかつてと同じように気が向いたときに、このサイトで一方的に書きなぐることにしますので、ご容赦ください。

遅くなりましたが、Pierre Moerlenの冥福を祈って合掌!


2001/12/31 すげー久しぶりの更新

いろいろありまして、更新をサボってましたm(_ _)m

たまにここを覗いてくれている皆さん、申し訳ない。新しいCD買ったりしないとなかなか更新する気になれなくて、、、。来年には注文したCDが入ってくるので、また更新できると思います。


2001/04/09 もう皆さん知ってると思いますが、、、

すでに皆さんご存知だとは思いますが、もうすぐ我らがGONGが来日します。ここのところ忙しくて更新するヒマが無くて、すみません。でも自分のチケットはしっかり買ってたりして、、、。まだチケットはあるみたいなので、知らなかった人は見に行きましょう。私は4/16に行きます。

来日公演スケジュールはこんな感じだそうです。

■公演日:2001年4月15日(日)
■開演時間:7:00PM ■開場時間:6:00PM
■会場:CLUB QUATTRO
■席種: 前売6000
[メンバー]デヴィッド・アレン(ギター、vo)/ジリ・スマイス/マイク・ハウレット(ベース)/クリス・テイラー(ドラムス)/
セオ・トラヴィス(サックス)/グワイヨ・ゼピックス
全席自由 ドリンク付、整理番号付
問合せ先:SMASH WEST 06-6361-0313

■公演日:2001年4月16日(月)
■開演時間:7:00PM ■開場時間:6:00PM
■会場:CLUB QUATTRO
■席種: 前売6000

自由 ドリンク付
問合せ先:スマッシュ 03-3444-6751

■公演日:2001年4月17日(火)
■開演時間:7:00PM ■開場時間:6:00PM
■会場:吉祥寺Star Pine’s Cafe
■席種: スタンディング5500


2001/02/24 今世紀初更新は?

今世紀初更新なのにすでに2月も終わりとは、、、、。久しぶりに新譜紹介です。「LIVE 2 INFINITEA」2000年4月のツアーの中でイギリスとノルウェーでのライブ録音だそうです。いいですね、まさに王道!

大変遅くなりましたが、今世紀もよろしくお願いします。m(_ _)m


2000/11/28 久しぶりの更新

久しぶりに更新しました。と言っても、poporouさんからリンク先の変更の依頼があったので、実行しただけなんですが、、、。


2000/05/25 University of ErrorsのWebsite

GONG関連のページがまた1個。昨年CD「MONEY DOESN'T MAKE IT」をリリースしたDaevid Allen's University of Errorsのホームページがあることを、お友達がこのバンドでベースをやってるというIra Hankinさんから教えてもらいました。他のGONG系のサイトとはちょっと違って、明るい爽やかな感じです。みなさん行ってみて下さい。

6月にはヨーロッパツアーをやるそうです。


2000/05/22 Pierre MoerlenのWebsite、そして、、、

GONG関連のページがいつの間にか増えてました。昨日フランスのNadine Weillさんから私にメールが来まして、

Pierre Moerlen's Gong gig
with Pierre Moerlen, Benoit Moerlen, Jens Mayer and Olivier Adjedj

on saturday 27th of May 2000
Mulhouse (Alsace, France), " Theatre de Poche/Ruelle "
Tel (00.33) 03.89.42.71.15

ですって。誰か今週アルザスに行く人がいたら、是非聞きに行って欲しいですね。で、このNadine WeillさんはPierre Moerlenのオフィシャルホームページを作っていて、URLは

http://www.geocities.com/pierre_moerlen

です。そして、ここのリンクのページに他のGONG関連のページが紹介されています。

その中に、Planet gong っていうのがあって、「あら、私のページかな?」と思ったら、これがなんとイギリスのオフィシャルページ。なにしろ「http://www.planetgong.co.uk」ですから。しかも、ここのリンクのページには、「FANS and FOREIGN Language sites」として、私のページと、吉本さんのページにリンクが張られてました。(びっくり!!)


2000/05/05 Daevid Allenの新譜入荷

CDNOWからDaevid Allenの新譜Stroking the Tail of the Birdが来ました。オリエンタルな香りがプンプンしてて怪しいジャケットでちょっと身構えてしまいましたが、中身は環境音楽っぽい感じで、あっさり目でした。昔作った曲を集めたオムニバスってとこですかね。アレンの音楽の幅の広さを感じさせてくれます。


2000/03/18 GONGの新譜入荷

CDNOWに注文してあったGONGの新譜zero to infinityが来ました。いいですよ、王道を突っ走ってますね。GONGファンなら「買い」でしょう。って言われなくても買いますよね。

あと、Didier Malherbeのアルバムを2枚一緒に注文してあってそれも来たのですが、こっちは爽やかなジャズでした。「こんな演奏もできるんだなぁ」と思いましたが、ところどころGONGっぽい(と言うより「GONGのアルバムで彼が吹いてた」なんだけど)フレーズが出てきたりして思わずニンマリって感じです。

カウンターを付けてそろそろ1ヶ月、なぜか200近いアクセスになってる。このページを見に来る人がそんなに居るとは思ってなくてちょっとビックリ。少しはお役に立ってますんでしょうか??


2000/02/20 カウンターを設置してみた

Rimnetでcgiのテンプレートサービスをやってるそうなので、カウンターを付けてみました。

あと、リンクが切れてたとこを直しました。


2000/01/16 Daevid Allenのソロアルバム3枚購入

2000年最初の更新です。もうちょっとまめに更新したいんだけどね、、、。

たまたま立ち寄った銀座山野楽器でDaevid Allenのソロアルバムを発見。ここのところCDNOWに頼っていたがやっぱり足で探さないとダメか。と、ちょっと反省。

Divided Alien Clockwork BandはNEWYORK GONG系、eat me baby i'm a jelly beanはなんとジャズ!(マイ・ファニィ・バレンタインだよ、信じられる??)、twenty two meaningはオリジナルGONG系なんだけど、ちょっとシャープな感じ。

なお、CDNOWに注文したGONG LIVE 1990は、すでに持ってるGONG LIVE ON TV 1990だった、、、。とほほ、やられた!って感じ。


1999/09/23 GONGのNewCD到着

CDNOWに注文していたCDが到着しました。最近新譜のリリースが多いんだよね。ただし、ベスト物が多いので、コレクターの方は要注意です。

今回もGONG FAMILY BOXthe best of mother gonggong you re-mixeddaevid allen/dreamin a dreamの3枚をパッケージしただけのモノでした。この中で、the best of mother gong以外は持ってますので、大外れもいいとこです。

GONG/OTHER SIDE OF THE SKY 'a collention'もベスト物ですが、選曲がいいので、全部買うのは大変だと思ってる人にはお勧めします。

DAEVID ALLEN & KRAMER/Hit Menは新譜ですが、リリース年がどこにも書いてないです。1993-1995のレコーディングなのですが、きっと最近リリースされたんでしょうね。

DAEVID ALLEN'S UNIVERSITY OF ERRORSは完全な新譜でした。1999年1月のレコーディングです。路線はいままでと同じですが、新しいメンバーでオーストラリアでレコーディングしたようです。


1999/08/30 GONGのNewCD到着

CDNOWとCDWorldに注文していたCDが到着しました。

GONG/family jewelsGODDESS T/Electric Shiatsuです。family jewelsはマニア向けのコレクターズアイテム、Electric Shiatsu(指圧?)はGilli Smythのニューアルバムでした。


1999/07/20 今年もGONGが来てたってさ

先月、私が仕事にはまってる間に、GONGが来日してたそうです。しまった!!

6/23(Wed)〜24(Thu) ON AIR WEST(東京)

6/26(Sat) 磔磔(京都)

6/27(Sun) PEPPER LAND(岡山)

6/28(Mon) クラブ・クアトロ(大阪、心斎橋)

詳しくは、吉本さんのRadio Gnome In Japanにレポートが載ってます。

Daevid Allen(vo,g)

Hugh Hopper(b)

Chris Cutler(ds)

って豪華だよね。Soft MachineにHenry Cowでしょ。われわれが学生のころには考えられない組み合わせだよね。最近ファンになった人達は幸せだよねぇ、、。

なお、今回から、ホームページ作成ソフトをGoLive CyberStudio 3 に変えました。(って中身は変わらないんだけどね)


1999/05/03 CDnowからGONGのCDが届く

アメリカのインターネット通販「CDnow」に注文してあったGONGのCDが届きました。

NEW YORK GONG : ABOUT TIME

The Very Best Of Gong

Pierre Moerlen's GONG : FULL CIRCLE LIVE 1988

の3枚です。The Very Best Of Gongはタイトル通りのベスト版です。ジャケットがCG使ってたりして、GONGっぽくないんですが、ポット頭の妖精がとってもいい味出してる(これもオリジナルとは似ても似付かないんだけど)ので、まあいいか、、、。

あと、行方不明だった2枚を発掘。スキャナーかけて追加しました。


1999/03/22 GONG/SHAPESHIFTER+を買う

渋谷HMVで「GONG/SHAPESHIFTER+」を買う。持ってるような気がして一瞬躊躇したが、昨日スキャナー撮った記憶が無いので持ってないと判断。やっぱり持ってなかった。

あと、「Steve Hillage/Fish Rising」をやっぱりGONGのアルバムリストに加える。


1999/03/21 GONG albumのジャケット画像を追加

せっかくスキャナーを買ったので、CDだけジャケットの画像を取り込んでみました。いざ始めてみると何枚か行方不明なんだな、これが、、、。まあ、そのうち出てくるだろう。

GONG Album Collectionのページに行く


1999/1/30 「Powered by Macintosh」ロゴバッジ追加

遅まきながら、トップページに「Powered by Macintosh」ロゴバッジを追加しました。もうすぐExpoだな、今年は参加してみたいな、、、。

あと、今月号(2月号)のMacLifeにユーザーグループの特集があって、その中に我がNazoNazzoPROも載ってます。見てね(^_^)


1998/11/21poporoさんのページにリンク

リンクの依頼が続きます。poporo のプログレBEST CD ワールドではプログレバンドの人気投票やってます。清き1票を(^_^)


1998/10/20 moonweed渡部高明さんのページにリンク

久しぶりにリンクの依頼が来ました。うれしいですね。moonweed渡部高明さんのページは70年代ロックのリンクで満載です。要チェック!!


1998/2/17 NazoNazzoPROがMacWorldExpoに参加

全然更新してなかったんで、あわてて変えました。(でもちょっとだけです。)

会長、申し訳ないm(__)m


1997/9/6 Pierre Moerlenはやっぱりすごいヤツだった!

GONG東京公演行ってきました。今回の目玉はやっぱりPierre Moerlenのドラムを生で見られたことですねぇ。ステージの構成や曲目は去年とほとんど同じでしたが、Pierre Moerlenがドラムを叩いてると全然違う曲に聞こえてしまう。Pip Pyleには申し訳ないけど、やっぱりPierre Moerlenのドラムは世界一だね。ただ、あの時あそこにいた連中のうち何人がPierre Moerlenの凄さを分かったかなぁ、、、。

という訳で、ステージは最高だったんですが、今回の公演(企画のこと)は過去私が見に行ったライブの中では最低でした。どうしてあんなふざけた会場でやったのかなあ?10時開場10時開演とか書いておきながら、実際に入れたのは10時半を回っていました。ビルの7階まで歩かせるのもとんでもないが、列の整理もアナウンスも全然しないし、ふざけた店だね。しかも、会場に入った後もただつまんないBGMがかかってるだけで、前座の演奏(というにはあまりにつまらない)が始まったのはなんと11時半。こいつがどうやらGONGのリミックスをやったというYamataka Eyeとかいうヤツらしいが、これが最低。つまらない雑音を1時間も聞かされてしまった。ほんとにあの時はキレる寸前まで行ってて、「なんでこんなつまらないものを我慢して聞かなきゃいけないんだ、帰ろうかな」と自問してました。という訳で、実際にGONGが出てきたのはなんと0時40分を回っていました。(だったらそうチケットに書けよな。)で、GONGのステージが終わったのが2時半。でもこのときにはとっても幸せな気分になってて、それまでの怒りもきれいに消し飛んでいて、全てを許せる気分になってました。やっぱりGONGは偉大だなあ、、、。


1997/8/17 吉本さんのGONGのWEBページ

吉本さんから「私もGONGのWEBページを作りましたよ」というメールを頂きました。これでやっと『日本で唯一?』という寂しい看板が外せます。ついに日本にもGONGの時代が来たか!ってそんな大袈裟な話ではありませんが、うれしいニュースですね。


1997/7/13 今年もGONG来日

今年もGONGが来日するそうです。

【ゴング】

[公演日程]

9/2(火) 名古屋:名古屋クラブクアトロ

開演/18:00 料金/¥5,500(税込み)

DJ/Yamataka Eye、その他

ゲスト/Dr.YS

9/3(水) 京都:磔磔

開演/18:00 料金/¥5,500(税込み)

DJ/Yamataka Eye、その他

9/4(木) 大阪:心斎橋クラブクアトロ

開演/18:00 料金/¥5,500(税込み)

DJ/Yamataka Eye、その他

ゲスト/Dr.YS、Hanadensha

チケット発売:7/5(土)

9/5(金) 東京:新宿リキッドルーム

開演/22:00 料金/¥5,500(税込み)

DJ/Yamataka Eye、その他

ゲスト/Dr.YS、Hanadensha

チケット発売:7/12(土)

問い合わせ/スマッシュウエスト Tel:06-361-0313

私は9/5の東京公演を買いましたが、DJとかゲストとかなんかいやな予感がしますね。


1997/6/15 背景を変えてみた。

それだけです。でも雰囲気変わったね。 


1997/6/13 「Made with Macintosh」と「We love mac!!」にリンクを張る。

私もMacユーザーのはしくれ(^_^)として、Made with MacintoshWe love mac!!にリンクを張りました。認定してくれなかったりして、、、。


1997/5/18 Daevid Allenのソロアルバムを買う。

渋谷のHMVで『Daevid Allen/dreaming & a dream』を買う。最近はGONG関係のアルバムをMSI/Tokyoなるところが輸入してライナーを付けて販売してるようだ。元が取れるんだろうか、、、。


1997/5/13 柳澤一邦さんの「へた字7」のページにリンクを張る。

私が愛用している表示フォント「へた字7」の作者柳澤一邦さんのページにリンクを張りました。柳澤さんいつもありがとうございます。 


1997/5/2 久しぶりのアップデート

久しぶり(9カ月ぶり)にアップデートしました。各方面からお叱りのお言葉を頂きましてそろそろやらないといかん、と思いつつもネタがなくて、、、。

もうすぐ1周年だがどうしよう、、、。

『Gongzilla/THRIVE』(2nd Album)がいつのまにか出てました。(Newsはこれだけか、、、)


1996/8/14  Progressive Rock Best 20 (1978)

私の部屋で発掘された『渋谷陽一のヤングジョッキー』のエアチェックテープ、
『プログレッシブロック ベスト20(1978年)』を紹介します。
うーん、懐かしいなあ。

Progressive Rock Best 20のページに行く

1996/7/14 GONG and I and I and GONG のページを作る。

私とGONGとの出合いの頃を思い出してみました。
あと、タイトルの絵を作ってみました。絵が無いと寂しいという意見が多かったので。

GONG and I and I and GONGのページに行く

1996/7/11 GONG Album Collection のページを作る。

家にあるGONGのアルバムをリストアップしてみました。
とりあえず、オリジナルGONG、Pierre Moerlen's GONG、MOTHER GONG、に加えて、Daevid Allenのソロアルバムと、Gilli Smythのソロアルバムを入れてあります。
ちょっとしたデータベースになっちゃいましたね。

GONG Album Collectionのページに行く

1996/7/7 Gongzilla発見

新宿TowerRecordにて「Gongzilla/SUFFER」なるCDを発見。もちろん購入。
買ってびっくり、最近音沙汰がなかった、「Pierre Moerlen's GONG」の流れをくんだ
メンツでした。ジャズの新譜コーナーの置いてあってあやうく見落とすところでした。
ゴジラもどきが銅鑼を担いで暴れてる変なジャケットです。

メンバー
Bon Lozaga
Hansford Rowe
Benoit Moerlen
Allan Holdsworth
Bobby Thomas
Lionel Cordew
Vic Stevens
Ben Perowsky


PlaNet GONGホームページに戻る