ユニパアクスロゴ
TEL.03-3667-3951 FAX.03-5695-1939 E-mail:kenaf@kt.rim.or.jp


 書籍一覧 

「ケナフ」「紙パルプ」「環境」関連の書籍を販売しています。

どうぞ、ご覧下さい。

 ケナフ関連 


地球にいいことしよう!
ケナフで環境を考える

釜野徳明・荒井 進 共著

A5判 200頁 定価1,300円 文芸社
−地球というガラスの生命を救いたい−
地球温暖化を防ぐため、
いま非木材資源ケナフに注目!

学校・地方自治体・企業の試みを参考に、
一人ひとりが環境問題を把握する絶好の書です。
Part.1 ケナフは本当に地球を救えるか
Part.2 非木材資源ケナフが秘める可能性
Part.3 ケナフのエコ活動−参加自由・発想自由
Part.4 この草が世界に貢献する−ケナフの海外事情
Part.5 未来への投資−ケナフの展望と課題


ケナフと100人の仲間たち
(パートT)

126名の“ケナフの仲間たち” 著

A5判 382頁 定価1,500円 ユニ出版
ケナフに携わっている方々の活動記録を一堂に集めた他に類を見ない書です。
米国7名、中国2名、パプアニューギニア2名を含む
126名のケナフ体験記録
【付録として】
資料T 統計資料
資料U 満州でのケナフ栽培ルーツ
資料V 非木材パルプを巡る世界での製紙原料の動き(FAO年報林産編から)


ケナフと100人の仲間たち
(パートU)

68名の“ケナフの仲間たち” 著

A5判 236頁 定価1,300円 ユニ出版

パートT・U2冊セット価格2,000円
パートTに執筆されなかった方々のご要望にお応えして最新のケナフ活動記録を一堂に集めました。
【付録として】
資料T ケナフのルーツを探る
資料U ローゼル


ケナフ 環境教育の一環として
(1997年度版)

山下愛子 編

A4判 94頁 
特価1,000円 ユニ出版
1990〜1997年度までのケナフ関連の記事を一挙に掲載
新聞記事/雑誌記事/「ケナフ協議会ニュース」総目次/
「JELBA」「JELBA REPORT」総目次/外国雑誌・外国図書・国内図書/
ケナフ関連シンポジウム・セミナー一覧/他


ケナフ 情報集
(2000年版)

山下愛子 編

A4判 58頁
 ユニ出版
定価3,000円のところ、特価2,000円
1998〜2000年度までのケナフ関連の記事を一挙に掲載
新聞記事(朝日・産経・日経・毎日・読売・他18社)/「JELBA」総目次/
雑誌記事/「ケナフ協議会ニュース」総目次/「UNIエコNews」総目次
「非木材」関連図書/「フォーラム・特別講演会」一覧


ケナフはどのように
生態系にかかわっているか
(ケナフ研究レポート1)

釜野徳明 著

B5判 12頁 定価500円 ユニ出版
ケナフの研究レポート 第一弾
・はじめに 物事は合理的に考えましょう
・私論の展開と実験例(私はこう考えています)
・失敗は成功のもと(事例から学びましょう)
 東京湾 夢の島、北上市、茨城県、千葉市、東京都


ケナフなら熱帯雨林を救える力がある
−驚くべきケナフの水耕栽培の収穫量−
(ケナフ研究レポート2)


釜野徳明 著

B5判 24頁 定価600円 ユニ出版
ケナフの研究レポート 第二弾
・プロローグ
・水耕栽培はこうして行いました(実験の部)
・写真による水耕栽培の経過報告
・水耕栽培の結果を説明します
・驚くべきケナフの根の形態
・水耕栽培のケナフ収穫量の意味するもの
 (二酸化炭素固定量は熱帯多雨林のそれをはるかに越えている)
・エピローグ やっぱりケナフに乾杯しましょう
・付録:ケナフの水耕栽培データ集1、2


環境の21世紀に生きる非木材資源

森本正和 著

A5判 330頁 定価2,200円 ユニ出版
「非木材繊維の基礎と応用」の内容を骨子とし、
これに加筆して、環境の21世紀に生きる非木材資源に
ついて解説・展望を試みた書です。
1. 製紙原料として非木材はどのように役立ってきたか
2. 非木材と木材の違いを知る
3. 製紙用非木材資源植物にはどんなものがあるか
4. 製紙用非木材資源を生産するためのノウハウ
5. 非木材を紙に利用する技術上の留意点
6. 非木材の蒸解は木材よりかなり容易
7. 非木材パルプの製紙適性
8. 世界での非木材資源利用の現状と将来
・付録:各種非木材の化学的及び物理的特性値


 その他 


リグニン化学研究法


中野準三 飯塚尭介 翻訳・監修

B5判 434頁 定価15,000円 ユニ出版
Lignotech USA Inc.研究部長Stephen Y. Lin博士およびニューヨーク州立大学名誉教授Carlton W. Dence博士編集の「リグニン化学研究法」の翻訳版世界7カ国のリグニン研究者35名(日本8名)の優れた内容が掲載されている書です。


米国ミシシッピー州における
ケナフ栽培と製品開発研究の概要(日本語版)
(1989〜1993年)

ミシシッピー州立大学・ミシシッピー農林試験場 編 鮫島一彦 訳

A4判 60頁 
ユニ出版
定価5,000円のところ、特価3,000円 
この概要は、合衆国農務省の農業研究サービスの援助を受け、ミシシッピー州立大学農林試験場と、その幾つかの支場で行われた研究をまとめたものです。


化繊紙から機能紙へ

機能紙研究会 編集   小林良生 監修

B5判 1,643頁 
1988年10月刊 ユニ出版
定価48,000円のところ、特価20,000円 
本書は、天然セルロースに対抗する新しい素材からの紙を求めて
研究してきた研究者の26年間の汗の結晶です。
第1編 総論機能紙研究開発の指標
第2編 無機系繊維機能紙
第3編 有機系繊維機能紙
第4編 抄紙技術
第5編 紙加工による機能化
第6編 用途からみた機能紙
第7編 機能紙の周辺技術


和紙周遊
−和紙の機能と源流を尋ねて−

小林良生 著

A5判 350頁 ユニ出版
定価2,000円のところ、特価1,000円
民芸紙・障子紙・京扇子・千代紙と美しく姿をかえていく「和紙」やわらかく、まろやかな素材は手づくりの小さな里によってわずかな人々の間で伝承され息づく!
科学者から見た和紙のことがすべてわかる書です。
序 章 和紙照察
第2章 和紙探訪
第3章 和紙の活路と機能
第4章 外からみた和紙とその周辺
第5章 和紙の源流
結 章 和紙省察


海からの紙
−海藻紙の系譜−

小林良生 著

A5判 210頁 定価2,000円 ユニ出版
紙の視点を海洋性物質資源の利用という立場から
考察を試みた書です

(本文用紙には、海藻紙を使用しています。
序 章 海藻紙の系譜
第2章 海藻混抄紙
第3章 海藻パルプ紙
第4章 昆布からの紙−アルギン酸繊維紙
第5章 エビ・カニからの紙−キチン系繊維紙
第6章 マングローブからの紙−耐塩水樹木の紙
第7章 海と山の資源環境の連鎖
結 章 海の資源の開発思想


Biotechnology of Lignocellulose
Degradation and Biomass Utilization


編集者:大宮邦雄、粟冠和郎、苅田修一、木村哲哉、
粟冠真紀子、大西芳子
(三重大学生物資源学部)


B5判(英文) 1,160頁 上製本 2004年 ユニ出版
定価21,000円

 
本書は、2003年11月10〜14日にわたり、志摩郡浜島町・合歓の郷で行われた国際シンポジウム「Mie Bioforum 2003-Biotechnology of Lignocellulose Degradation and Biomass Utilization」のプロシーディングとして出版されたものである。本会議は、リグノセルロースなどバイオマスの分解に関する基礎的及び応用的研究に関する国際会議であり、日本国内から150名、海外20カ国から67名の、いずれもこの領域の先端的な研究者を迎えて行われた。講演32、ポスター発表132が行われ、本書はその記録である。
内容は、セルラーゼやキシラナーゼを中心とするバイオマス分解酵素の立体構造と触媒機能、モジュラー酵素における各モジュールの機能解析、セルラーゼ複合体(セルロソーム)の形成機構、糸状菌セルラーゼの遺伝子発現制御機構、セルラーゼ分子種の生態学的研究、植物におけるセルラーゼの機能、セルラーゼの高機能化と生産のためのバイオテクノロジー、バイオマスからのメタンガス生産など、広範囲にわたっている。

ご注文は

書名、購入部数、氏名、住所、TEL・FAX番号を明記の上、
E-mailまたはFAXでお申し込み下さい。
お申込確認後、送料を含めた金額と振込先をご連絡致します。

kenaf@kt.rim.or.jp  FAX.03-5695-1939

[トップページ][製品一覧][ケナフ処理][会社案内]