コモダアトリエ 一級建築士事務所  ホームページ
■設計事務所:東京・埼玉・神奈川・千葉・群馬・山梨他■
■住宅・動物病院・店舗・マンション・事務所ビルの設計■

りょう動物病院

「平成21年度平塚店舗コンクール」優秀賞受賞

設計監理:コモダアトリエ一級建築士事務所 + ACplan

施工:株式会社 ヤマイチ建設


 
 受付
 
 
 ラウンジ
 ラウンジ夜景  
 
 ディスプレイコーナー
 
 トリミングルーム
 
 
 第1診察室
 第2診察室
 
 手術室
 
 検査コーナー
 
 検査・処置室
 
 処置室と入院室-1  処置室と入院室-2 
 入院室-1  入院室-2 
 入院室  パドック 
 
 WC+ペット  スタッフルーム 
 
  本工事は新規開業される先生からの御依頼で、平塚駅前から伸びる交通量の多い道路に面するコンビニ跡のテナントを動物病院に改修した計画です。
 コンビニ跡であることから前面に適切な駐車台数を持った、このテナントは間口も面積も広く、設計条件として要望された必要諸室が十分な広さを確保できる好条件にありました。
 動物病院の計画の際に軸となるのがクライアントゾーンである「待合ラウンジ,受付」と「診察室,トリミングルーム、客用便所」との関係で、テナントの奥行きに対し間口が広い場合は、待合ラウンジに面し「受付、診察室、トリミングルーム」を一列に配置すると効率良い計画となります。ところが、これをそのままにすると廊下の様な、ただ長い空間が出来てしいますので、待合と診察の間に大きな曲面で統一感のあるデザインを通すことにより、空間のボリュームや距離感に変化を与えるように計画しました。この大きな曲面は、「クールなイメージのデザインにして欲しい」との先生の御要望から、先生のお好きな色である「オレンジ」色とメタリックな「シルバー」色のストライプパターンのデザインとしました。
 受付は素材感の強いガラスブロックを用いることにより大きな曲面の中心となり、どこから見ても受付と分かるような視認性をもたせました。この受付のガラスブロックには照明が受付側に設置されており、ガラスブロックを透過した光は待合ラウンジを光で演出するだけでなく、受付の事務作業の手元灯としても機能しています。この大きな曲面は、大きく開けられた既存のガラス窓を通して、外部からも良く見えるように病院の顔としてもデザインしていますが、夜になるとさらに、照明に浮かび上がるストライプの曲面とガラスブロックから放たれる光が病院の待合ラウンジを外部に浮かび上がらせています。また、内部においては、プライバシーを考慮した診察室に比べ、ガラス張りのトリミングルームとディスプレイ・エリアは室内までストライプパターンの壁を貫入させることで待合ラウンジからの空間に連続性を持たせています。
 手術室と隔離室は耐久性、安定性、耐薬品性に優れた化粧フレキシブルボードを内装材として利用し、隔離室は未使用時にパドックや大型犬用シャワー室として利用可能なようFRP防水を施工し多機能性を待たせました。
 工期の面では、先生の御理解と御協力もあり、ほとんど手戻りが無く、御相談から設計、施工、竣工まで約2ヶ月半という最短期間で完成することができました。
 







 
待合デザイン 検討用パース


 
A案
B案


 
●動物病院の基本構想から現場監理までを日本全国で手がけています。
●動物病院の計画地の選定や利用計画段階からの御相談もいたしております。
●新規開業のテナントから大規模動物病院、住居兼用動物病院の設計監理の実績があります。
●全面リニューアルから部分改修や増築、ファサード改修まで必要な段階に応じてご利用ください。  
●お電話やメールにてお気軽に御相談ください。
 



東京事務所 TEL 03-5926-9883
新座アトリエ TEL 048-481-3367


MAIL
komoda@kt.rim.or.jp





コモダアトリエ一級建築士事務所 設計事務所ホームページ