エルムの修理例(ケース編)

      (はじめに)

今まであきらめていませんでしたか?
せっかく気に入っている時計なのだけれど、機械は調子良いのだがケースが傷だらけだとか、
文字盤はきれいなのだがケースに大きな傷がついてしまったとか、金メッキや金バリがはがれてしまったとか、
このようなケース修理・仕上げはお任せください。


  1. ステンレスケース仕上げ
  2. 金バリケースの仕上げ(イエロー・ホワイト・ピンク)・再メッキ
  3. 金無垢ケースの修理(ラグ折れ・ヘコミ等)・仕上げ
  4. 銀ケースの修理(ラグ折れ・ヘコミ等)・仕上げ
  5. ニッケルケース仕上げ・再メッキ
  6. 針の再メッキ・ブレス修理仕上げ



修理についての質問・料金・見積もり等は店頭・電話・Fax・メール・掲示板にて承ります


 修理例 1.
1940年代のハミルトン10金バリのケースですが、ケース側面に腐食部分があり、ラグの上面は金バリの磨耗があります。また、裏蓋には使用傷があります。
この場合の修理はケース洗浄・腐食部分修理・金バリ磨耗部分剥離・下仕上げ・再メッキ・最終仕上げの6工程が必要です。



修理前



修理後




修理前


修理後




修理前




修理後

上記は修理のほんの一例です。
お気軽にご相談ください。








                    トップページに戻る