227話 7.23
アタマ熱燗、気は凍り
 この暑さで死人が出たらしい。
部屋の中にこもって、ミニ扇風機がかき混ぜる熱気の中でこの週末を過ごした。資料を漁り、文章にまとめ、構成して挿し絵をつけて「ひるね蔵」にひとつのコーナーを作る作業をしていたのだ。
 デスクトップMacの置いてある物置兼書斎には勿論クーラーはない。わが家で冷房のあるのは居間だけ。それも運転するのは午後のみと決めている。だから今日のようなべらぼうな暑い日は、午後になると家族がみんな居間に集まる。ただ小生のみ隣接する熱帯地方の熱風のなかに残留するというわけだ。

  焼酎は薩摩の誇りであり、鹿児島県人や焼酎を愛好するひとたちの元気の源泉だ。
小生、鹿児島出身でありながら、この薩摩の魂のことをよく知らないと気が付いた。気が付いたのだが、飲む方ばかりでちっとも焼酎に関する知識を勉強することがなかった。

 この10月に、焼酎に対する酒税格差の平準化という名目で、酒税があがる。一方、ウイスキーの酒税は下がる。3回に渡りアップされてきた最後の段階なのだ。最初のアップ(ウイスキーはダウン)のときに、ウイスキーメーカーがこぞってキャンペーンを繰り広げたことを記憶している人は多いだろう。たしか「ウイスキー新時代」といった内容のキャッチを大書したポスターが街に溢れていた。この酒税改革は、WTOの圧力という。確かにそうだが、政府を内側から付き動かしたのはウイスキーなどのメーカーなどではないかと思うのだ。
 だが、小生は別にウイスキーのことを調べていたわけではない。二日間、焼酎に関するあらゆるデータをアタマに詰め込む作業に集中していた。
 ストックされたデータは時間とともに発酵し、蒸留し、成熟して、やがて自分なりのひとつのテーマをもったコンテンツとなる。いつもそういう方法論でやってきたのだが、考えてみると、こりゃあ焼酎の生成と同じだな。
 まあ、焼酎造りと違って小生の場合は、アタマの中の雑菌の管理がいい加減だからすぐに腐敗してしまう。特にこの週末二日間のように熱暑に居座られると発酵も早く、熟成も急速だ。どのくらい早かったかというと、コンテンツの一部はもうサーバーにアップしたくらい早かったが、さて、雑菌だらけの中身になったかもしれない。ご奇特な方は是非ごらんください。ひな吉とか、芙蓉とか数少ないキャラも登場。

 あるウイスキーメーカーのホームページに書いてあった二つのことについて書いておかねばならない。ひとつは「酒税があがるのは、焼酎(甲類)」としか表記がなかったこと。もうひとつは「晩酌は、安い焼酎で我慢していたユーザーが、(酒税改革で)安くなったウイスキーを飲めるようになった」と言う意味合いのプロモーション漫画の記載である。

 このことは、このメーカーの戦術ではあろうが、読者の受ける印象は曖昧であり、情報の正確性を欠いた内容であり、そして実はメーカー自身のイメージ悪化につながるのではと心配すらしてしまった。

 ビデオを二篇。「プライド」と「地雷を踏んだらさようなら」を作業の合間にMacで観た。この週末のわがテーマと暑さには、ぴったりだ。




ホームへ帰る