手控え256話(13.2.25)より
網のちから
 ヤミではありません。アミです。ネットです。
 インターネットのもつコミュニケーションの力、可能性をこのごろ特に感じます。
 スケジュール表を見ると、初めてマックを購入したのは1993年の11月。もう7年以上前。秋葉原のはずれにあった小さなビルの3階か4階。もう潰れてしまった会社の狭い事務所で、LC3を僅かな増設メモリとともに買い込んだ。これが小生のマックライフの始まりだった。リムネットと契約してネットに接続したのが1996年、ほぼ同時期にホームページを作成したような気がするが、よく覚えていない(歳のせいか?)。
それから5年過ぎた。そのころこんな事を言った人がいた。どこかのSEで、個人のウエッブサイトを運営しているひとだったと思う。
「ネットにつないでいないパソコンでは意味がない」   
その意味がわかったのは自分なりにウエッブサイトを作り、メールを使いはじめたときだった。コミュニケーションツールとしてのPCはそれまでとは全く違う世界(情報環境)をもたらした。旧知の人と再会し、未知のひとと出会うきっかけを作ってくれたし、同じテーマで考え行動する人たちとの「人間のハイパーリンク」を構築する武器となった。
 情報はその有り場がわかれば8割方ゲットしたも同然だ。インターネットの検索エンジンはその情報への「どこでもドア」に他ならない。

ひるね蔵に「酒亭」を開設してからは特に、このツールの強力さとかってない可能性に感嘆している(歳だから、なんでも感嘆しちゃうのだ)。
故郷鹿児島の蔵元さんと知り合ったのもネットだった。本格焼酎専門店や焼酎居酒屋を探し当てたのもネット、東京、福岡、関西、信州、そして薩摩の焼酎関連のサイトの方々とはネット上で知り合い、そしてほとんどの方と現実にお会いし焼酎を飲み、語り合った。
「バーチャル」はテーマが確固として共通するならば、即時に「リアル」に変化するものだと実感した。
 そして忘れちゃならないのは、本格焼酎について探索してゆくなかで、お会いしたどの人も、熱心で人柄のよい方々ばかりだったことだ。
 ネットの力は脅威的だが、基本にあるのはやはり「人間」の力だということを感じたのも、またネットによってだった。

「酒亭」入り口に帰る
ひとりごと表紙に帰る 「ひるね蔵」ホームへ帰る  掲示板に行く