10月
上燗

○10月はまずこの日から始めなくては。

日本酒の日が制定されたのは昭和53年(1978)の10/1である。日本酒造組合中央会が若者の日本酒離れを食い止める為にとアタマをひねって考えたのだった。意味合いとしては、新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目、さらに「酒造年度」が10月1日から始まることから、何かと酒に関係の深いこの日を清酒をPRする「日本酒の日」としたというもの。焼酎の勢いとは逆に、国産・輸入あわせた酒の総量のすでに一割を切ってしまった日本酒。ほんとうに美味い米の酒。日本全国にそれぞれの地酒が造られているという国民の酒である。秋の夜長を過す酒のはじめの一杯は日本酒にしよう。「朝日鷹」をぬるい燗でいっぱい。この蔵の本醸造「本」は素晴らしい酒だが、長くはのめない。え?経済的にかって?はい、それもあります。

コーヒーで人生を貫く人がいる。

10/1はコーヒーの日でもある。昭和58年(1983)、全日本コーヒー協会が制定した。国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始まりの日。コーヒー豆の収穫が終り、新たにコーヒー作りが始まる時期である。以前、ひるね本隊の「けふの手控え」に、「贅沢な珈琲」という一文を書いた。「千代田珈琲」の千代田行麿(本名)氏、私の年長の友人である。芋焼酎との出会いが人生を変えたひとを知っているが、千代田氏にとってはそれは「珈琲」であり、人生を変えたというより命を救ったといえるほどの重さをもっていた。焼酎の縁で知った串木野の珈琲の達人「パラゴン」の須納瀬氏、彼と千代田氏の出会いもあった。嬉しい縁である。黄麹の「流鶯」をショットグラスで。熱い珈琲との相性はなかなかである。

○湯豆腐が恋しくなる時期でもあります

10/2は豆腐の日。平成5年日本豆腐協会が制定した。語呂合わせですね。豆腐といえば徂徠豆腐(そらいどうふ)。落語では苦学生時代の徂徠に豆腐やおから、残り飯などを(出世払いで)差し入れた増上寺前の豆腐屋七兵衛とウノ夫婦に火事の見舞金十両と家作をプレゼントしたとなっているが、藤田篤訳『譯註 先哲叢談』(明44刊)にはこうある。
「時に一貧洗ふが如く、舌耕〔講釋〕殆ど衣食に給せず、増上寺の前に腐家(ふか)〔豆腐屋〕あり、徂徠が貧にして志あるを憐み、日に腐渣〔豆腐糟〕を饋(おく)る、後禄を食むに及び、月に米三斗を贈りて之に報ず」徂徠の達筆を国立博物館テーマ展示で見た。さすがの能筆である。(でも、読めなかった^^;)
安全な大豆から作る豆腐、納豆そして豆腐の発酵食品である「豆腐よう」などいずれも酒のアテとしておいしく良質の蛋白質に富むすばらしい食品。遺伝子組み替え豆を使わないなど、業界としてのトレーサビリティ、ディスクロージャーも明解となっている。焼酎にとっても今後「原料生産地」や「製造方法」などの情報開示による「安心」と「信頼」が喫緊の課題になってゆくだろうと思う。「ジェイレッド芋」を原料に使用した「姫豊玉」をいただきながら焼酎の明日を思う。

○娘さん♪よく聞けよ、山男にゃ♪ほれるなよぉ♪

体調がよくないのに登山して、いつもならなんということもない尾根筋で滑落してなくなった山男を知っている。登山だけでなくどんなスポーツでもムリは禁物。自分と環境をよく知って行動することも大事。楽しくなければどんなレジャーもスポーツもつまらない。10/3は登山の日平成4年アルパイン・ガイド協会の重野太肚二氏が発案し、同協会が制定した。もちろん「と10ざん3」の語呂合せです。ちなみに山での酒は「焼酎」に限るという。なぜかは知らない。「花は霧島」を啜りながら高千穂の峰峰を思うことにしよう。

ダイヤモンドの日、と改称したくなる。

10/4は、いわしの日昭和60年大阪府の多穫性魚有効利用検討会・いわし食用化協会が制定した。これまた語呂合わせですが、この季節のいわしは脂がのって美味しい。ことし(平成16年)は、さんまが豊漁でいわしが全滅らしい。新橋の「いわし料理専門店」の女将はこれからどうすんだろう?どう料理しても美味しいいわしが食卓に帰ってくることを期待して「田苑」をいっぱい。この蔵のサイトにはいわし料理のレシピがあります。

○10/4は陶器の日。え?語呂合わせって?

10/4は陶器の日です。語呂合わせです。昭和59年日本陶磁器卸商業協同組合連合会・瀬戸市商工会が制定した。古文書に登場する「陶恣(とうし)」は陶器のことなんですね。
酒も肴も器がなくては膳になりません。気に入った土ものに酒を充たしていただく。これは至福です。わたしの気に入っている酒盃はカミさんの友人である女性陶芸家、河村郷子氏に制作していただいたもの。底に泳ぐ魚が気に入っています。これで陶器の舟徳利から「八重桜」を注いでいただきましょう。

●高崎のダルマはどうもノンベエらしい。

10/5は達磨忌である。禅宗の祖、達磨大師が528年ごろに入寂した日。南インドの王子として生まれ中国に渡って禅宗を始めた。達磨の置物は、緋色の衣を着て座禅した達磨大師の姿を模して作られたものである。禅宗の山門には「くさきものは山門に入ってはならない」とあるのが常であるから、達磨大師が酒を飲んだとは思えないが、どうも高崎の友人から彼にそっくりなダルマを貰うたびに、もしかしてと思ってしまう。色即是空、「本垂」を少々いただくことにする。

●70年たって、やっとレンジャーの必要が言われ始めた

10/8は、国立公園制定記念日。1931年(昭和6年)のこの日、国立公園法が公布されたことにちなんだもの。1934年(昭和9年)には日本初の国立公園に、瀬戸内海、雲仙、霧島が指定された。1987年に28番目の国立公園として釧路湿原が指定され、現在は28か所。東京から国を変えると宣言した石原都政は環境庁の貧弱なレンジャー管理体制を覆すような具体策を打ち出している。もう何年も前からC.W.ニコル氏が発言し実践してきたことでもある。ついに中央官庁の官僚たちは動くことはなかった。「自然栽培」をお湯割でいただきながら、自然公園は「自然」に放置するのではなく、人の知恵と手をかけて守るものとあらためて考える。

○業務店経営の方にはここがなくてははじまりません。

10/9は、浅草かっぱ橋道具街が制定した「道具の日。この日の前後に「かっぱ橋道具まつり」が開催される。店舗厨房にかかわるあらゆる道具・衣料・器などを揃えた店が並んでいる。観光客も多く、精妙な料理見本を買ってゆく外人客もいる。浅草観音様裏手の居酒屋「ぬる燗」はお気に入りの店だが、ここの白磁のお銚子と浅底の盃は秀逸。かっぱ橋で揃えたものというが、それでも探すのに苦労したと店主氏。「群馬泉」のぬる燗を、首の疲れないこの盃でゆっくりといただきましょうか。

○むかし、ひるね蔵は釣りのサイトだった・・・(^^;)

10/10は釣りの日です。昭和52年全日本つり団体協議会と日本釣振興会が制定したもの。はい、もちろん「ト10ト10」の語呂合せ。焼酎でも清酒でも、酒のアテには「魚」がいい。豚も牛も野菜もいいけれど、新鮮な魚の刺身にまさる酒肴はないと勝手に思っている。そして新鮮な魚の最高峰は、自分で釣って船や磯できちんと処理した魚ということになる。
釣りあげて丁寧に血抜きし、氷をたっぷりいれた海水で持ち帰った「サバ」を三枚におろすと、身が銀色に輝く。たっぷりの塩で2時間ほど締め、水と半々の米酢で30分。薄皮をひくと紋が一際 鮮やかだ。炊きたての白米に載せてワサビ醤油でいただく。「天誅」をお湯割りで。こたえられません。

○旅に病んで夢は枯野をかけめぐる。

元禄7年10月12日、松尾芭蕉没す。10/12は芭蕉忌.時雨忌である。
芭蕉が時雨の句をよく詠み、10月の別称が「時雨月」であることから「時雨忌」と呼ばれる。芭蕉には「酒」の句もある。好きなのはやはり吉野を詠んだ「龍門の花や上戸の土産(つと)にせん」
桜か山吹か咲いている花を土産にしたらノンベエは喜ぶだろうという意味(かな?)。もうひとつ、「酒飲みに語らんかかる滝の花」。滝を酒に例えたノンベエの琴線を揺らす句。
ここは「龍門瀧」を飲むしかなかろう。『飛流直下三千尺』の瀑布を想像するとちょっと李白の世界までも浮かんできて、つい勢いがつくというものだ。

○「九里四里うまい13里」これのほうがよっぽどうまい。

10/13はサツマイモの日である。生産も最盛期だが、焚き火で焼いて美味しさがつのり始めるころでもある。埼玉県の小江戸、川越市のサツマイモ愛好家グループが制定した。川越の名所「時の鐘」ちかくの酒屋さんにはちゃんと芋の名所川越らしく「芋焼酎」がある。ラベルは時の鐘である。関東随一の酒どころ、埼玉らしくどこぞの清酒蔵に依頼して造ったかと思ったのだが、鹿児島の焼酎蔵の完成品のラベルを変えただけだった。キャップには○代と書いてあった。せっかくだから地元の芋で造ってもらえばいいのにと思った。芋の地ビールを買って帰ったのだが、まてよ、これももしかして・・・。

○こんどは土俵でしょうか、やっぱり。

10/15は、その名も「女人禁制破りの日
であります。いつか、どこかの婦人運動家が提唱したものと聞きます。慶応3年、英公使ハリー・S・パックが当時女人禁制の富士山に夫人を同伴して登山したことを快挙として、この日を制定したんだとか。素晴らしいですネ。しかし、もう土俵くらいしか「ご禁制」の場所は残っていないのではないでしょうか。「鹿児島の女性はあまり焼酎を飲まない」と、いつか書いたら、「と〜〜んでも、ない!」と大隅地方の方からご意見をいただいた。「おばちゃんたちは、ごいごい飲みますよ、もうごいごいと。」だそうです。やっぱり砂糖を入れて飲むんでしょうか?そんなことを考えながら、「あらあらざけ」をよく冷やしてストレートで。もちろん、砂糖もなにもいれません。キンキンに冷やすだけ。

(10月下燗に続く)


ひるね蔵表紙へ  のんべえ歳時記表紙