焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

  超不阿羅王  
............. .王手門酒造        宮崎県日南市飫肥6-7-41 ik (report 16.12.30)

この蔵は次々と目を見張らせるような試みを打ち出す。
レギュラー酒である「銀滴」にも「無濾過 銀滴復刻版」や異形の瓶に詰めたこだわりアイテムもあり、またパッケージで驚かされた「九段の人」もある。

グラフィックの凄さにもこの蔵の「思い入れ」を感じるがなにより「造り」に見せる工夫のただならない拘りにすこし畏れにもにた敬意を感じるのである。

この「超不阿羅王」、この11月末に鹿児島に帰省したおりに実家の隣でこだわり焼酎の店を営む「大石酒店」さんで試飲し、話をお聞きしてまさしく<たまがった>のだった。



ラベルの素材、デザインにも驚かされる。だが、あじわいのまえの予兆にすぎない。味の複雑に彩なす精妙な酒である。
まず素材へのこだわりは県産の有機栽培の紅寿芋に始まる。
前作「不阿羅王」(白麹仕込み)を踏まえ、さらに味わいを追求するために、黒麹を使用し麹米には国産米のしかも玄米を使用している。

■飲んでみた
おどろおどろしいイメージの銘柄名とはうらはらに、軽やかな甘さが優れて際だつ。
生でいただくと下の奥の方で微かに響く密やかな苦みが味わいに深みを与えている。
初留のもつ荒々しさを思わせる風情をはらみつつ、全体として重量感とコクを楽しめる酒だが、反面、口当たりの軽妙な優しさをも備えている。軽さといっても、流行の蒸留方法による「軽さ」のみではなく、さりとて重たい癖のある酒質でもない。重ねが厚いが爽やかな飲み口といっていいだろうか。
飲み応えと飲みやすさがふたつながら達成されている。うまい酒である。造りの絶妙を感じる酒である。


「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2004.12