焼酎寸言番外編

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言番外


電脳の海を、焼酎の勢いを借りてふらつく爺い。
ひるね蔵
ひるね蔵酒亭
................de電脳薩摩藩下屋敷座敷牢内の爺い 
蔵のホームページはここ

「ひるね蔵酒亭」が薩摩藩下屋敷内の焼酎奉行に懇願して造るPBの芋熟成焼酎。70度。黒麹仕込と思わせる甘い焼酎だ。しかし酒亭の運営者の性格そのままのいいかげんな味わい。骨格も軟弱で、風味は薄い。雑味の多いことには誰しも呆れるようだ。仕込み段階で余計なことを亭主がいうので雑菌がはびこり蒸留してもきれいにならんと、造り手は怒っている。
薩摩の国元では、薩摩の恥であるとして、追及の声が澎湃として起こっている。

ダイヤメ日記より
(13.6.30)
根性のない酒。ひるねしていても、この酒を飲ませれば、瞬時に覚醒して水のみに走るくらいまずい。

補足
インターネットにはさまざまな個人サイトがあるが、ここまでいい加減なページはまずない。だいたい釣りと焼酎を足して割ったようなコンテンツのどこがよいのか?
釣りにいけば、釣果は呆れるほど少ない。焼酎を語らせれば、おおかたはいい加減。
「てげてげにしやんせ」とは、薩摩にいる数少ない知人の声。

 

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言番外

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2000.9