焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

黒石岳
国分酒造   
.......... 鹿児島県国分市川原1750 0995-47-2361

国分酒造の限定焼酎。黒麹仕込み、25度。 
濾過機を使用せず、手間をかけてフーゼル油をすくう「無濾過」焼酎だ。
蒸留した焼酎に含まれるいわゆる油分、高級脂肪酸エチル類は、通常濾過機で除去されるのだが、じつはこの油分は焼酎の「うま味」の素でもあり、除去しすぎると風味のない製品となってしまう。大分の麦やウイスキーメーカーなどが出している乙類や甲乙混和の原料酒なら、減圧蒸留、イオン交換でもなんでもして、濾過バリバリの、甲類真っ青の「辛口」にしなくてはブレンドできないが、丁寧に造られる「杜氏の技」の酒は、そのうま味をどう醸し残すかも腕のみせどころなのだろう。

■ダイヤメ日記より
(13.3.17)
黒石岳は黒麹仕込みで、無濾過の酒。無濾過にしてはすっきりした味わい。
(13.2.15)
K酒造の理事長が逝去された。直接お会いしたことはないが、そのご子息には大変お世話になりまた蔵にも伺わせて戴いた。ご冥福をお祈り申し上げる。次の次代への胎動は後継者によって力強く開始されているのが心強い。
鹿児島大学名誉教授の蟹江先生も本日亡くなられたと聞いた。逝かれる先人の遺志を継承し、次の世代に元気をと祈らないではいられない。

ダイヤメ日記を読み返したら、黒石岳がいわゆる「無濾過」酒とは違い、キレの良い酒と感じたことを思い出した。
この春(13年3月)、2000年仕込みとして、「新しい」黒石岳が発売になり、ラベルもいささか変化した。
従来のものにはラベルに製造特性は書いてなかったのだが、今回のものにはこうある。
.
.........
昔ながらの黒こうじ仕込み
.........手間暇かけて手作業で精製し いも焼酎本来の味と香りが生きている
■飲みくらべてみた

香りは、以前のものにくらべて、濾過していない酒だと思わせる濃厚さを持っている。
ただ、オイリーではあるがきちんと整理された味わいは背筋を伸ばして聳える山のようで、明確に、たとえば薩摩の薫や八幡の無濾過酒とは違う酒という印象だ。キレ・コクともに深く、飽きない素直な美味しさをもつ酒である。
国分市を通って大隅地方に行く途中、いつも眺めていた黒石岳にちなんだ銘柄。体をよくあらわしている名前だと思う。

 

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2000.9