焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

 舞 香
..............藤居醸造 .okin大分県大野郡千歳村大字150-1 0974-37-2016 

いぜん、酒舗まさるやさんでテイスティング(というよりほとんど飲酒^^;)したことがあった。
懐かしさを感じるような香ばしさ。×いちことか二階×とかの減圧濾過バリバリナショナルブンドの麦焼酎とは、完璧に別物だ。
麦焼酎がこれほどの美味しさかと思わせてくれた、この舞香を造るのは、あの自然麦の蔵元さん。


黒いボトルがオシャレで、その洒落の中にちょっと凄みすら感じる。マット調のガラスはマッキントッシュパワーブックの肌触りに似ている。余計なモノがなにもない、設計思想が明快、なにより使用するユーザーが気持ちいい・・・。
日頃の運動不足から、少しずつでっぱり出した腹をひっこめようとウオーキングにでかけた。20分ばかりテンポよく歩いたらすっかり疲れてしまい、いかに日頃、怠惰な生活をおくっているかを痛感、深く反省したのだった。
ビールや焼酎ばっかり呑まずに、ちっとは体を動かさないとこんな情けない始末だ・・・そう思い、うなだれながらトボトボ歩いていたら、目の前に酒屋が!さっそくビールを買おうと店にはいった。発泡酒に手を伸ばそうとしたら、冷蔵庫の脇に棚が。棚には見覚えのあるラベルを貼った一升瓶が誇らしげに並んでいる。上部には四合瓶や五合瓶もあった。「月の中」「八幡」「佐藤」・・・。この店は焼酎が凄い。つい発泡酒に伸ばした手をひっこめたのだが、一応350mlを一本買ってぐびぐびやりながらじっくりと棚を鑑賞した。片隅になぜか存在感のある角瓶がにぶく黒い光りを放っていた。それが先日まさるやさんで飲酒、いやテイスティングした「舞香」だったのだ。

■飲んでみた
長期貯蔵酒でも、芋と米と麦では違う。まあ、あたりまえのことだろうけれど。いずれにしても貯蔵によってうま味が増し、味に深みが与えられることは多いと聞く。この「舞香」はむろ蓋で麹を作り、常圧で蒸留し、三年以上貯蔵して出荷した酒だ。麦焼酎25度。麹も麦で作っている。口元へもってきただけで、上質な香りが、まさに銘柄の名前どおりに「舞い立つ」ようだ。ローストしたような香ばしさが、貯蔵によるものだろうか、じつにまろやかに感じられる。ストレートやロックでちびちびやるのが良いけれど、いちどお湯割りもためしてみよう。いまのところカミさんが気に入ってしまい、毎晩呑んでいる。ねごっならんうちにお湯割りと、割水冷蔵で・・・・・・かな(^^;)
720mlで、鹿児島の地焼酎一升瓶ほどの値段だけれど、それだけの価値ある麦焼酎だ。

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2002.7