蔵元さんと語る

有限会社/万膳酒造・・万膳利弘さん


三月二十五日(日)、万膳さんとの焼酎宴会に行って来た。万膳さんとお話するのはかねてからの念願だった。

会場は武蔵小山の「からいもの里」。このところ、この店は本格焼酎党の梁山泊のような雰囲気になってきつつある。コレクター氏や椀方氏のような超のつくファンに加え、いで氏のように焼酎蔵に常住しているような猛者にまでここではお会いできる。蔵元さんもよく来店されるらしく、西さんや佐多商店さんにはここでおめにかかったことがある。あまり長居すると、こういった本格焼酎党の面々が乱入してこられる危険性があるため、秘剣は、ささやかにお湯割りをいただいてさっさと帰ることにしている。
閑話休題・・・・・・。
奥様とご一緒に上京された万膳さんは、小生がからいもの里に到着したときには先客とともに歓談中。思った通りの好漢だった。ご夫人も芯の強い優しさをもった美人の薩摩おごじょさん。明るい表情と屈託のない話ぶりがとても親しみやすく、気持ちのいいご夫婦だった。


「絵は、まちごちゃおらんよ」とのこと、安心しました。

「黄麹の方は、造るだけ赤字になるくらい原価がかかります」
「妥協のないというか、理想的な環境をと、杜氏さんと霧島の山ん中を探して、草木をチェーンソーで切り開いてあの(蔵の)場所を作ったとですよ」
万膳さんが霧島の新しい蔵で造る焼酎は、萬膳と萬膳庵の二種類。それぞれ黒麹と黄麹で仕込む芋焼酎だ。この手造り蔵では、麹米や酵母、原料の芋、そして水にこだわるのはもちろん、造りそのもの、温度管理の方法に至るまですべてに伝統手法に従っている。このことは
「本格焼酎寸言〜萬膳」のページに書いたことがある。
「手篭川には、ヤマメがおよいぢょっよ」
え?と魚に反応した秘剣、「蔵もみせてほしかどん、そん川には、ホントにヤマメがおっとな?」「おいもすよ、ずんばい」「そいは、釣りにいかんないかん・・・」

萬膳は、もっともっと美味しくなりますと明言する蔵元さんには、焼酎の造りへの自信というか覚悟が見えたような気がした。自他に対し一切の妥協がないだけに、その言葉に重みを感じるのは小生だけではあるまい。
秘剣は皆さんより一足早くに失礼したが、このあと延々と宴会懇談は続いたとあとで聞いた。万膳さんにお土産として特製の前掛けをいただいたので、焼酎と一緒に撮影してみました。

■ちょっと合成で、全員集合に・・・(^-^)

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
よか晩な〜表紙へ

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2001.4