焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

    おやっとさあ  
...............................m岩川醸造 .okin  鹿児島県曽於郡大隅町岩川6557-6  (report 15.7.21)

曽於郡岩川町の、今の住居表示はどうなっているか知らないけれど、町立岩川小学校の道向かいに小生の生家があった。町並みも変わり、二年前にクルマで通った時には記憶の中の風景を現実の街の中に重ねることすら難しかった。
岩川醸造は故郷の町の蔵である。生家のあった、馬場よりさらに、東側に進んだ場所に位置する。創業は明治3年、まだ薩摩藩であったころだ。歴史のある蔵である。
この蔵は「ハイカラさんの焼酎・岩の泉」、「薩摩」などクオリティが高く納得価格の製品を送りだしている。なかでもこの「おやっとさあ」は一升瓶で1100円。実売価格は1000円を切っているかもしれない。スーパーコストパフォーマンスの芋焼酎25度。他にパック、ペットボトルもある。流行の黒麹仕込みも用意されている。

鹿児島の焼酎探索人、Aptiva野郎さあに拝領のもの。
まっこちあいがともさげもす。深謝再拝。
「おやっとさあ」とは薩摩弁でおつかれさまという意味だ。ダイヤメの酒にはぴったしの秀逸なネーミング。波平のようなおんじょ(オヤジ)が嬉しそうにコップを差し上げている。コップはこの場合、メーカーの販促コップでなくてはならない。服装からして夏だけれど、オヤジのアタマとコップから湯気がたちのぼっているのをご覧いただけよう。そう、かごんまの由緒正しいしょちゅのんごろ(焼酎飲兵衛)は、夏でもお湯割りを最上とするのである。といっても、きょうはロックでいただいてま〜す。状況に応じて柔軟に対応するのもかごんま流(え?軟弱なだけって?)

■飲んでみた
ローコストだけれど、ハイクオリティ。そんな評判に違わない美味しい焼酎だ。ツンとくるアルコール臭もなく柔らかな香りがここちいい。木目の細かなくちあたり。微粒な粉を思わせる特徴のある喉ごし。お湯割りでは芋がストレートに正面に出てくる。ロックにすると穏やかな甘さが際だってくる。飲み方を選ばない幅の広さを持つ酒だけれど、やはり暑い夏の日盛りに縁側で団扇を使いながら飲むには、ロックでしょうかね ^^;。(アプさあ、すんもはん)


「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2003.7