焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

晴耕雨読 
佐多宗二商店  鹿児島県揖宿郡頴娃町別府4910番地 0993-38-1121

この蔵元さんの酒には薩摩のコトアゲを感じる。「不二才」ほどではないにしろ、この晴耕雨読にも、ちゃんと裏ラベルにこうある。
「人生なかばを過ぎ・・・・・・人生最高の楽しみは贅沢栄達にあらず 煎り豆をかじり 歴史の英雄豪傑を罵倒する 酒と楽しむ読書にこそあり」

■呑んでみた
とにかくくちあたりの優しい酒。理屈抜きに「す〜っ」とはいってくる。
あとには漠々たる白い世界が声なく広がって、無音、静寂、静謐の世界を味わうこととなる。芋焼酎だが、米焼酎をブレンドして味を調えているためだろうか。むしろ米のほうが一足先に味蕾に触れるような感じすら受ける。
たしかに、キレもありコクも感じるのだが、たとえば、薩摩の「芋」焼酎のみなら、物足りないと感じるかもしれない。不二才のファンなら「お、都会的な味ぢゃっどね」とややメタファー混じりのつぶやきを漏らすかもしれない。
球磨焼酎にありがちの「減圧蒸留でのフルーティな甘さ」とは違う、骨格を感じる酒だ。
この上品な味わい、優しさに薩摩のジゴロたちがどう反応するのかなと興味がわいた。

 

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2000.9