.

.

●本格焼酎に情熱をもって扱う酒販店
焼酎を扱う酒店さあ

南星屋酒店
なぼし屋と読む。店主は鹿児島出身の福島さん。本格焼酎がずらりと揃う。サイトの「お客さあ百景」は店主の店頭スケッチだ。味わい深いコラムになっていて楽しい。お店の連絡先などはこちらのレポートからもご覧ください。

日本・侍士の会
大隅財部で精力的に活動する前畑さんのサイト。情報・コミュニケーションサイトとして充実。
天世味酒販株式会社のサイトはこちらです。
■カコイ酒店
酒を商う、ということに一徹といっていい情熱と志をお持ちの店主氏が、その思いを伝えるサイト。夢想健酎の言葉に込めた思いを例えば姫豊玉や雲雀を産んだ物語に映して味わいたい。
■焼酎屋DEUX
「本格焼酎適正価格推進委員会HST」という会を立ち上げていますと仰る吉本さん。これからの焼酎を「蔵」「酒屋」と共に育てていく、そんな気持ちが熱く伝わる。
■伊勢五本店
江戸の風情を色濃く残す東京谷中の酒屋さん。九州各地へ足を運んで造り手の気持ちを理解しようという姿勢が蔵元さんたちからの信頼につながっている。
■酒舗まさるやホームページ
本格焼酎を扱っていて、楽しいのですよ、とおっしゃる店主の園部松男さん。本格焼酎の美味しさを伝える情熱は人一倍だ。蔵元さんを囲む「酒人好
(しゅじんこう)の会」のファンも多い。
■田染の荘(たしぶのしょう)
豊後高田市にある酒屋さん。四ッ谷酒造の秀逸な麦焼酎、兼八をはじめ、様々な焼酎を取りそろえている。扱う酒(焼酎、清酒も)へのこだわりはハンパではない。店主の津田さんの志を感じる。
甑れっとうさと、じっくり知ろう
甑島里村の塩田酒☆釣具店ページ。焼酎や甑島の釣り情報などを紹介。甑島ガイドといっていいほどのサイト。
■リカーハウスながさき

ワインアドバイザーの長崎さんが、自分が気に入った本格焼酎を勧めてくれる。国分酒造、藤居醸造、渡邊酒造、川越酒造、寿福酒造など豊富な品揃え。黒糖焼酎「昇龍」38°の量り売りもある。

■球磨の焼酎専門店あおやぎのあ
球磨焼酎の専門店。無料モニター試飲キャンペーンなどという素晴らしい企画も満載。
  

ショップ新屋
出水の名醸「新屋酒造」が昭和40年代から長く造っていた芋焼酎「出水兵児」が消えて10年。「五代目新屋」貴子氏が大石酒造の協力を得て復活した酒。地元の米芋そして大石さんのカメ仕込み、復活に掛ける人の心。美味くないわけがない。口当たり優しくのちに背筋の伸びた辛さが心地よい。完売だが1月中旬からの販売に向けて予約受付中。

■焼酎夢紀行 大石酒店
鹿児島市上本町で、奥様と二人で営む店。店主氏は不二家勤務の後、家業を継いだ人。とつとつとした話しぶりに人柄が現れている。試飲もゆったりと出来、購入した焼酎には美味しい飲み方などの自作カードを添えてくれる。「根っからの商売人ではないので愛想は良くありません(店主氏)」・・・そんなことはありません(ひるね蔵)。
■笑中や
福岡の酒店さん。本格焼酎の魅力に初めて出会ったときの感動がそのまま仕事の場にあらわれているような感じを受ける。まだ若い店主さんにエールを送りたい。
■地酒仙丸
札幌も今は、焼酎好きな人が増えている。
「お客さまに飲んでいただけるように苦労していたのが嘘のようです」・・・とおっしゃる。焼酎の普及に熱心な札幌のお店。
■たかま酒店
小さな酒屋ですがお酒に関しましては大きな誇りを持って臨んでいます、と仰る大阪は茨木市の高間さんのサイト。酒に対する深い情熱を感じます。
■マルダイ商店
加世田の酒屋さん。店内を見ればすぐに「本格焼酎」へのこだわりが伝わってくる。とくに地元の焼酎への愛情を感じるディスプレイだ。焼酎伝道師にっしーさんの盟友でもいらっしゃる。
■酒泉洞 堀一
名古屋にある酒販店さんのページ。清酒・本格焼酎やワインなど、「酒泉」というにふさわしい規模のお店。蔵元訪問記など読むと酒に寄せる情熱の強さを感じる。
■赤塚屋百貨店
鹿児島県国分市の酒販店さん。鹿児島のほぼ中央部から全国に本格焼酎をアピールする熱心な店。
■沼津の地酒屋「松浦商店」
本格焼酎にこだわる、静岡県沼津市の酒屋さん。「当店は定価」というキャプションに、店主さんの考えが伺われる。

平川酒店
枕崎の片平山公園下で、戦前から続く酒屋さん。本格焼酎、ワイン、寿鶴の水、搗き立ての米が主力商品という「土地のくらし」に密着したお店だ。枕崎の特産品情報などもある。新連載の「おばチャンの日記」が楽しみ。

■宝納酒店
「焼酎」に情熱を捧げている店主の若松さん。若い造り手さんに注ぐ目は暖かい。麹用の米を有機栽培することから体験しようと、有志とともに「プロジェクトX」を開始。フラッシュが綺麗なサイトだ。


■マルミ北栄商店
札幌の酒屋さん。マックをお使いの若井諭氏はご自分でお店のサイトを作成。スタッフ紹介など楽しいサイトになっている。本格焼酎を扱い始めたばかりだけれど、店主氏の熱心さ、行動力は凄い。
■古野酒店
古野は、「ふるの」と読むそうです。
大分の酒屋さん。地元の旭酒造さんの酒を主に扱っている。「げってん」などの味わいかたの説明があるが、「なによりまずはストレートで、」「できるだけストレートで、」というのには頷かせるものがあります。
■池原酒店のホームページ
「イオン交換濾過の焼酎」など消毒用アルコール同然!と切り捨てるように、酒商としても姿勢がハッキリしているが、むしろマックのエバンジェリストとしての印象がつよかです(^^;)楽しさ、期待感いっぱいのサイト。
■焼酎紀行
九州に本拠地を置くヤマエ久野株式会社が、卸売業として今まで培ってきたノウハウを活かし、日本中の本格焼酎党に充実した情報を提供している。
■酒商なかたに
大阪枚方市のお店。サイトに掲載されている「お蔵めぐり」などをみると蔵の「華」を伝えようと頑張る表情が見えてくる。

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
リンク集表紙