焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

竹山源酔 
小正醸造      鹿児島県日置郡日吉町日置3309 099-292-3535

「たけやまげんすい」と読む。芋本格焼酎25度。

まず開栓して香りをきく。なんとも芳醇な甘い香りだ。柔らかい風味の広がりは丁寧な熟成を感じさせ、喉越しは刺激の少ないなめらかさ。旨味をしっかりと持っている酒だ。黒麹仕込み独特のキレと、カメ壷貯蔵によるものか丸い甘みが心地よい。
この蔵元さんは「貯蔵・熟成」を得意技にしているだけあって安心できる酒を送り出してくれる。

個人的には「蔵の師魂」の重厚さもいいが、この「竹山源水」の華やかさも大好きである。芋焼酎の要素は米と芋。そして水。考えてみると25度の焼酎の3/4は水(蒸留水と割水)。この水と原酒の相性も造りの微妙なところなのだろう。萬膳さんの霧島の蔵も水あればこそだし佐藤酒造の水へのこだわりも同様だ。
竹山源酔、この酒の水は霧島山系の地下水。溝辺町竹山に湧出する銘水である。
小正さんの社長が小生の高校の数年先輩だと聞いた。もしそうなら、共通の恩師である柳校長(故人)の薫陶をともに受けたわけで、なんとなく嬉しい感じがする。この柳先生は、福島県のご出身だが、薩摩人以上に薩摩のたましいを持っておられ、教育に身命を捧げられたかただった。

そんなことを思いながら、いっぱい、またいっぱい。「竹山源酔」、限りなく優しい味わいを見せてくれた。

 

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2002.5