焼酎寸言

「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

  鷲 尾 
..............田村合名会社 .ok揖宿郡山川町成川7351-2.... (report 16.4.4)

「純黒」という芋焼酎で人生が変わったという酒屋さんをひとり知っている。その酒を造ったのは、桑鶴ミヨ子さんが代表社員をつとめる田村合名会社である。
居酒屋をいとなむ若い友人が親しみを込めて「おかあさん」と呼ぶ桑鶴さんの暖かい人間味そのままに、この蔵から出てゆく酒たちは柔和で優しくそして芯の強いキャラクターを持っている。レギュラー酒「薩摩の薫」そして「純黒」、黄麹を使用して仕込むこの「鷲尾」もまたそうである。

一昨年だったか、宝酒造の「酒生活文化研究所」が主催した酒文フォーラムのステージで、パネラーとして登場し発言された桑鶴さんの笑顔が印象的だった。このとき初めて宝酒造の公式発行文書に「本格焼酎」の四文字が登場したのだった。(酒文フォーラムの印象はこちら。同研究所は昨年廃止された)

(田村さんをお尋ねしたときのレポートはこちらです)
この酒は、黄麹で仕込む。
「薩摩の薫」が伝統の白麹仕込み、「純黒」は読んで字の如く黒麹で仕込む。
それぞれに使用する麹独特の味わいが楽しめる酒である。
お湯割りでゆったりとダイヤメするなら「薩摩の薫」だし、都会の飲兵衛にはロックで飲む「純黒」が好きという方々が多いようである。
そしてこの「鷲尾」は清酒造りに使う、黄麹仕込み。黄麹特有とされる優しいふくよかさは、同じ黄麹を使って仕込んでいる「一どん」や「萬膳庵」、芋で麹を作る「純芋醸酎」などと共通するところはあるが、それぞれの酒と同様に「鷲尾」ならではの個性をしっかりと持っている。
■飲んでみた

まず生でいただく。
飲みやすさが際だつ。
だが単に飲みやすいというだけの個性でないことはすぐにわかる。滋味といっていい味わいが口中を浸潤してするりと喉を落ちていった後にゆっくりと膨らむ残り香には、北国の清酒を思わせる清冽がある。潔さといいたいほどのキレの良さ、そして控えめな余韻。まことに秀逸な酒である。


(左)桑鶴さん(右)矢部さん
次ぎにお湯割りでいただく。
ぬるめの燗ではまるで吟醸酒のような香味を楽しめる。
先日浅草の観音様裏の居酒屋「ぬる燗」で店主氏が、
「・・・・・・ドライフルーツに合いますよ」と仰天するようなことを言った。試してみると、そのとおりだった(^^;)。芋焼酎の個性の多様さ、いまさらながら驚くほどである。田村さんのほかの酒同様に、どのような飲み方でも美味しく味わえる酒であるが、やはりお勧めは「お湯割り」でしょうか。
加世田の焼酎伝道師にして薩摩精酎組長、にっしーさんの「鷲尾」レポートはこちらです。


「酒亭」入り口
「ひるね蔵」ホーム
掲示板
蔵・焼酎リスト
焼酎寸言目次

メールはこちらまでお願いいたします。
(c)hiken@2004.4