(2000夏走水)
釣りは「Fish...Cook...Eat」がモットー
釣った魚は、美味しく食べよう。


秘剣@

  


■プロフィールなどなど■

□鹿児島県出身  
□種類 
釣りおやじ科釣りおやじ目釣りおやじ亜種(「釣り」を「本格焼酎」に言い換えても可)

学生時代に古代建築に関心を持ち、卒論は古代の寺社建築についてでした。が、
「それが、なんの役に立っているのか・・・」

■FISHING■

 業務の必要で始めた釣りは、渓流から海の堤防釣り、磯釣り、沖釣りと深みにはまる。B型特有の器用貧乏だという人もいる。
 ホームページ開設後はインターネット上のフィッシングMLに参加、全国及び国際的に展開する会員と交流。

■ P C ■

 パソコンは純然たるMacファン。事務仕事上やむを得ず使うWindowsは、実は「嫌い」である。使っていて楽しくない機械だと偏屈にも思っております。まあ、わが国におけるDTP等創作的ビジネス環境は、現在も今後も圧倒的にマックOSであるところから、業務遂行のために孤軍奮闘中である。 近年は、グローバルなデジタルデザイン・エンターテインメントの関連グループに参加。デジタル化の急速な進行を肌で感じている。

■  R V  ■

 釣りといえば、アウトドア趣味の代表。フィールドへは、RVが欠かせません。
ウイリスもどきの愛車をRVとして活用。ただし昭和42年製なので故障頻発。手がかかるのが、難。



女は乗せない戦車隊

■本格焼酎■

 故郷薩摩の基幹産業である、本格焼酎のありかたに関心をいだき、ホームページ上で活動している。南日本新聞社の友人各位のご協力や、蔵元さん、酒販店さんの協力を得て、「ひるね蔵酒亭」を作成、次の時代の「本格焼酎」の総体的ありかたを考えようとしてはいるのだが、つい論議に熱が入って、ついでに焼酎も入ってしまい、へろへろという毎日。まあ、競馬、競輪、麻雀、ゴルフなどにうつつを抜かすよりは、ほんのすこしマシと、カミさんには諦めて貰っている。

■ BOOK ■

 藤沢周平、池波正太郎、山本周五郎の著作を愛読し、耽溺。
 池波氏没後のファンクラブ事務局長をつとめ、例会と称して氏が生前愛した、例えば神田の蕎麦屋『まつや』で梅安を語りながら、会のメンバーと酒を飲むこともしばしば。
 山本周五郎の時代短編も大好きである。「雨あがる」はまさに珠玉。内容と原稿枚数は比例しないことを認識した。
 CJクイネルの「クリーシィ」シリーズも大好きである。2004年末に公開されたデンゼルワシントンの「燃える男」は原作とはかなり違い残念だった。
 また、サッチモファンの世界的組織であるワンダフルワールド・ジャズ・ファウンデーションに協力、機関誌編集者と情報交換にいとまがない。
 ベンシャーンに傾倒。線画の味わいを特に好む。アンドリュー・ワイエスの世界も大好きである。

■ KEN ■

 故郷薩摩で学んだ剣は、薬丸自顕流(じげん流)。薬丸宗家の康夫師に直伝をいただいたことを有り難く思っている。いまは毎週、東京の同門たちと稽古。稽古後の懇談も楽しみ。
薬丸自顕流についての情報は→
こちらで。http://www.rivo.mediatti.net/~hiken/index.html

 川や船、あるいは前記『まつや』などで出会ったら、逃げたり石を投げたりしてはいけません。


(2003春〜写真にあらず・・・)




ご連絡はこちらまで。 「Home」へ  「ひるね蔵酒亭」へ