海の中はすでに秋・相模湾の釣り

上からヒラソウダ、メジマグロ、サバ

 海も空もおだやかな秋の一日、仕事場の仲間たちと相模湾にイナダを釣りに出かけた。腰越の船宿、池田丸からの仕立て釣行である。

 結果から言うと、イナダは姿を見せずじまい。しかし型の良いサバやヒラソウダ、それにメジマグロが激しく竿を絞ってくれて、船の釣りは初めてという人もたっぷりと楽しめた一日になった。

 仕立てならではの7時出船で、十五分ほどで到着したポイントには、午前6時出船の乗合船が一大船団を作っていた。イナダとメジが釣れ盛っているとの評判に、コマセに狂う小魚のように釣り人たちが群れ集まっている。真向かいの乗合船は、懸命にカッタクる肘と肘がぶつかるんじゃないかと心配になるくらいの混雑ぶりだ。

 手ビシの用意もしていたのだが、まずはビシ竿で釣ることにした。小振りのプラカゴに50号のオモリ。自作の仕掛けはハモとバラフグのバケで、ハリスは7号。アミコマセをかるく詰めて第一投。

船長が

「タナはうえから、20ピロだよう」と指示した。道糸の色とマーキングを見当に35メートル出して、上に誘っていく。

 すぐにガツンとひったくるようなアタリがきた。ぐんぐんと垂直に引き込む手応えにおもわずほおが緩む。 太いハリスにものをいわせて、どんどん巻いていくと、水面近くで今度は円を描き始めた。速い!

「こりゃあ、ソウダだなあ」

 乗合船なら片舷全員を巻き込んだおまつりになるところだが、そこは仕立てならではの余裕で、道糸をさばき、ハリスを掴み、えいっとばかりに引き抜いた。猛烈に振動するヒラソウダのエラにナイフを入れ、バケツに頭から突っ込む。みるみるうちに血が抜けていく。小生の目には、それはもう上品なお刺身に見えていた。

 ミヨシでもトモでも、釣れた!きたっ!と歓声があがる。波は静か。日差しも秋らしく柔らかい。クーラーは次第に重くなり、持ち込んだ缶ビールはどんどん空になっていく。 気持ちのいい釣りを終えたのは午後1時。全員がそれぞれのクーラーに釣果と満足を詰め込んで海から上がったのだった。

 釣果はメジマグロ、サバ、ヒラソウダをクーラー一杯。メジとヒラソウダは刺身で、サバは〆サバで戴いた。相模湾の海のなかは、すでに秋の味覚で一杯だった。

ホームページへ