TOP
手控え
掲示板BBS
自己紹介
釣り蔵/釣行記
リンク蔵
過去の手控え
手控え欧州篇

ひるね蔵 けふの手控え

たまに更新していますので、リロードしてください
「欧州手控え篇」をアップしました。

203話 1.30

雨あがる

 あ、もう十時すぎたよ、とあわてて支度し、カミさんと自転車で新所沢のパルコに出かけた。
 子供らは部活や遊びに出かけてしまっていない。数日前から家の回りに野良犬が出没しているとカミさんが言っていたが、出かけようと玄関のドアを開けたら、きっとそいつだろう、一匹の犬がいた。小さな雌の柴犬だ。門のそとに立ちじっとこちらを見ている。人なつっこさと、警戒心と、エサほしさの混じったまなざしでこちらを見つめている。手を差し伸ばしたら、びくっと耳を上げ素早く退いた。カミさんがなにやら小皿にいれて運んできた。「このわんこ、かっぱえびせんが好きなのよ。朝、ドッグフードをあげたのだけれど」
 近所の奥さん方がそれぞれ小皿を自分の家の前に出している。しばらくはこの野良公、エサにありつけるらしい。

 カミさんと見に行ったのは、映画「雨あがる」だ。山本周五郎の短編を原作とし、黒澤明監督が脚本を書いた。だが、黒澤はこの作品を映像にすることなく、黒澤組の人々と幽冥境を異にしたのである。その遺髪を継いだ黒澤組のスタッフが作り上げた映画だ。「見終わって晴れ晴れとした気持ちになる作品とすること」という黒澤明の言葉に見事に違わぬ作品になった。評論家の佐藤忠男は、まず寺尾聡が良かったという。次に宮崎美子。だが、小生はなにをおいても妻を演じた宮崎が一番であると思う。理由は長くなるので言わない。寺尾はさすがに素晴らしい芝居をした。原作では「小野派と抜刀をいささか」という設定だが、映画では無外流の使い手ということになっていた。寺尾の抜く立ち居合いも見事だったが、なにより映画のオープニング、雨の中を傘をさして川縁に歩く姿が良かった。刀が腰に馴染み収まり、背筋が伸び、歩きに隙が無かった。剣を抜いてもいないが、剣をつかえる侍ということがすぐわかる、そんな歩きだった。パンフレットによると半年間の稽古の成果だという。刀を操る技は半年もやればまあできる。しかし、寺尾が発した剣客の目の光りは演技の巧みさでもあり、それだけでもあるまいなと小生は思った。

 この映画の中には、確かに昔の様々な日本を感じることができる。この國の人々、自然、感情、やさしさと哀しみ。原作は文庫本で40ページに足らない短編作品である。このなかにさらさらと描かれたものの大きさと豊かさ、そして原作をさらに輝かせた脚本のすばらしさ、55才の新人、小泉監督を始めとするスタッフも素晴らしかった。(年齢といえば、黒澤組の平均は70近いのだ。驚嘆する!)

 カミさんとお昼をすませ家に帰った。ドアの前にまたあの野良がいた。うん、仕官の口を探すというのは大変だなと野良公をみて思った。

 カミさんがパンフレットを読みながら小生に聞いた。

「寺尾聡って、剣術は上手だった?」「なんで?」
「これまで剣術はやったことがないんだって」「うん、上手だった」
「とーちゃん、ちょっとあれ、やってみせてよ」
 まったく、映像の影響はおおきい。これまで言ったことがないのに、小生に抜刀をやれという。
 書斎から、稽古用の刀をもちだす羽目になってしまった。


202話 1.23

ビューティフル・ライフ

 

 そんなタイトルの、キムタクと常盤貴子のテレビドラマ初回の世帯視聴率は、なんと38.1%だった。

カミさんと娘に聞くまでもなく、キャスティングを見ればラブストーリーということはわかる。ラブジェネの二番煎じということも、多分ご都合主義的なハッピーエンドで終わるだろうと言うことも。深遠、深刻なメッセージ性が包含されていないと、ゲージュツではないという知的レベルの高い人もいるだろうが、小生はドラマや小説はそれでいいとおもう。見て読んで楽しいのが一番だ。すがすがしさや、幸せ感が余韻として残るなら、それはとても良質の作品だと思う。
 まあ、このTBSのドラマを家族と一緒にみようという気はないけれど・・・。


BEAUTIFLE LIFEを本邦の言葉で言えば、美しい人生と訳してもよろしかろう。この言葉にふさわしい人生のあり方をえがいた創作をきのう見つけた。その短編を原作とした映画がいま話題になっているらしい。山本周五郎の「雨あがる」がそれだ。昨日の夕方、所用で都内に出た帰り、特急電車の時間待ちに本屋に入って立ち読みしたのだ。15分ほどで一気に読んでしまった。50枚にはならないだろう短編である。しかし、創作の中身は原稿用紙の枚数ではないことがはっきりと分かった。読後の感想は、まさに「雨あがる」そのものだった。

 番組宣伝でみた主演俳優は、年を経てなかなか良き顔となり、女優は昔から変わらぬ良き顔のままであったが、原作を読んでこのキャスティングがまさに原作どおりのものであることを知ったのだ。この男優の父親はすでに故人であるが、優れた俳優であり巧みな思想宣伝家として知られていた。小生にはちょっと苦手なタイプだったが。

 あまりにも剣が強く気性が優しい主人公が、それ故に長雨に降り込められたような浪人暮らしの中で、妻とふたり雨の上がるのを待つ風景を描いたこの作品。当然ながら主演の俳優が剣をつかうシーンは重要となるはずである。そして、番宣で見せたこの男優の殺陣はその期待に応えたという以上に、ちょっと役者の技を超えていたように思われた。演技ではない、きちんと居合や刀法を学んだ人のそれになっていた。

 原作の中で主人公が「いや、小野派と抜刀をすこし、いや、当然まだ未熟でして・・・」と全く謙遜が過ぎる風情で云うのだが、一刀流の切り落としと抜刀をよく演じていたのには感心してしまった。このリアリティでこの映画作品はさらに原作に忠実なものになろうかと思う。

 それにしても、年とともに体力のみか精進の気持ちまでどこかに忘れてしまった自分が情けない。これを機に少し木刀でも振ってみようかな。(三日坊主という声が聞こえる・・・)

201話 1.16

マックな一日

 

当人の希望により、ボカシをかけてます(^^;)

 八幡橋の鴨下丸は始めての船宿である。横横道路狩場ICの手前から首都高速湾岸線にのり、坂東橋でおりる。国道16号に添って5、6分南下すると、鴨下丸は掘割川の左岸にあった。久しぶりにカワハギ釣りに行って来たのだ。カワハギは、たぶん2年ぶりになるだろう。仕事場の釣り仲間である國井サンと、某C社のエンジニア、S氏たちとの釣行である。お暇なおりに釣行記「カワハギ熱闘編」をご覧ください。

 え、今日の手控えは、それを書こうとしたのではなかった。年寄りは前触れが長くていけない。
 書こうとしたのは、こういうことである。


 この日持参したデジタルカメラ「Kodak DC20」で釣りをスナップし、家に帰って釣行記を書き、画像をマックで加工、Web用のJPEGに適正化してサーバーに送り、S氏宅のサイトのBBS(掲示板)にその旨のメモを書き込んだ。一気に作業してみたその所用時間はわずかなもの。先様からの書き込みがまもなくあり、お互い無事な帰宅を確認しあうことができた。
 実際にウェッブや自分用のサーバーのスペースを活用してみるとこれまでのコミュニケーションでは不可能だった事が実現することに気がつく。

 先日、サイバースペースにあるいくつかのオークションに、もう不要になった釣り具を出品してみた。画像を自分用のサーバーにアップし、オークションのフォームからリンクさせる。写真入りの商品説明には説得力と安心感があるし、ホームページのURLをリンクすることにより、さらにこちらのことを知って貰える。それに対する自分の責任も強く感じ、持つことが出来る。
 そういえば、釣りのスナップを撮ったデジカメもオークションでゲットしたのだった。

 このオークションで、ある夜娘と一緒に「iMac」を探していた。長女が絵を描いたり、ページを作るのに欲しいというのだ。その前夜見つけた「タンジェリン」は、一夜開けるともう設定最高値を超えていた。改めてリストをスクロールしていると、立ち上げっぱなしのアウトルックがメールの新着を告げて鳴った。「PCトレードマガジン」だ。その最初の一行目に「iMac/RevB/160MB/640MO」とあるではないか!その場でメールを送り、詳しい情報を依頼した。翌朝、早速返事があった。メールの署名に記した小生のホームページを見て、近そうなので直接持参します、実際にみていただくのが一番で、それからお決めくださいと書いてあった。それならと、お会いする日時についてメールしたら、まもなく電話があり、待ち合わせの日時を打ち合わせしたのだった。

 今日の朝、待ち合わせ場所の駅前ロータリーに行ってみると、リヤウインドウからブルーのアップルマークをのぞかせている黒い日産の四輪駆動車がいた。スリムな好青年と言った風情の若者が降りてきて、笑顔で挨拶した。彼が、今はもう娘のモノとなったiMacを運んできてくれたのだった。
 そのiMacは出荷時のように梱包され、YANOの640MOとともに傷もなく、備品一式もきちんと几帳面に整理されていた。スケルトンのマウスパッドとUSBハブ、iMac関連の書籍数冊を付録に付け、3Dグラフィックを勉強しているという彼は帰っていった。コーヒーの皿に残されたシュガースティックの袋が几帳面に折り畳んであったのをカミさんが見つけて微笑んだが、つぎに下の娘のカバンや漫画が散乱しているのを横目で見て溜息をついた。

長女の専用機が来たので、これまで子供たちがたまに絵を描くくらいだったLC3は完全引退ということになった。その14インチのモニターをLX100に繋ぎ、下の娘の机に置いて彼女専用としたのだが、いつまでこれで満足してくれるだろうか。できるだけ長く大切にして貰いたいものだ。小生のホームページの殆どはこのLX100で作ったのだから。
こっちも、当人の希望によりボカシをかけました(^^;)

 きょうは、家庭内マック設置作業のおかげで腰が痛い。昨日釣ったカワハギできょうは鍋。捌いて肝を取り出し、皮をはぎ、鍋の下ごしらえをさっき終えた。小型主体とはいっても、10枚あると結構な量だ。ひたすら皮を剥いでいるうちに、なんだか追い剥ぎにでもなったような気分がしてきた。


200話 1.10

楽しい時間

 

  昨日は妙に暖かかった。空には厚く灰色の雲が垂れ込め、一雨きてもおかしくない、そんな大気の重さを感じる天気もようだった。

 玄関先で空を見上げて、
「雨は大丈夫ね、なによりだわ」
 カミさんが嬉しくてならないという風に笑った。

 どんよりとした冬の空を見て、嬉しそうに笑う人はあんまりいない。近所の人にどう思われるか心配になったので、カミさんを急かしてさっさと出かけることにした。

 子供達の2食分の準備をし、ロッキー(うちの犬)の散歩をさせるのよとしづか(次女)にいいつけ、デジカメわすれないでねと小生に念を押している彼女の様子は、遠足を前に浮き足立つ小学生のようだ。釣りに行く前夜の小生とほとんど同じである。


 池袋の西武でカミさんが昼夜2食分の弁当を買い込んでいるあいだに、小生は酒売場に走り、ワインの小瓶を買った。なぜか顔馴染みの売場のおばちゃんに試飲用のプラスティックのカップを二つ貰い、コルク開けも100円で買って紙袋に放り込んだ。

 今日は楽しみにしていたコンサートなのだ。イベント、といったほうがいいかもしれない。いや、年に一度の同窓会とか、何かの教団の集会というほうがあたっているかも知れぬ。

2000年、エルビス生誕祭」にカミさんと一緒に出かけてきたのだ。

 午後1時から始まるというのに、会場である九段の軍人会館(現九段会館)には、小生達が到着した12時半には、既に200人を超す列が出来ていた。ローピングもしてないのに、客はおとなしく葛折の列を作って開場を待っている。会場スタッフの若い男たちはリーゼントできめていた。多分ファンクラブのメンバーがやっているんだろう。客は平均年齢50才くらいか。若い人も結構いる。面白いのは客層の男女比だ。男性がかなり多い。40%くらいは行っているんじゃないか。これには少し驚いた。例えば「フリオ・イグレシアス」とか、「トム・ジョーンズ」といった、流し目成金マダムキラー的タレントのイベントなら、まず男の客はいない。金歯と光り物でこちらの目がつぶれそうなばばあだらけのはずだ。

 第一部はフィルム上映「コンプリート・ドーシー・ショー」、若いエルビスが歓声の中ではちきれんばかりに唱っている。1956年のステージの記録だからフィルムの画質はかなり粗く見づらい。だが客席では、片手に缶ビールを持ったオヤジや、寿司弁当を膝にのせたオバチャンたちが幸せそうにスクリーンに見入っている。

 まてよ、弁当と酒を持ち込んでのコンサートってのがありか?と思われた方もいらしゃるだろう。実は小生もはじめそう思っていた。カミさんに聞いて理解した。午後1時から、予定では8時までぶっ続けでイベントがあるんだそうな。

 第二部はフェリス女学院の前田絢子教授の「講義」だった。敬虔な基督者としてのエルビスの包容力について解説していた。いかにもお嬢さん学院の先生らしい上品な語り口であったが、やはりそこはエルビス教徒だ、教師らしからぬ形而上的観念的論調になったのには、つい好意的な笑みを漏らしてしまった。

 第三部は森泰正&T.C.Bバンドのステージ。1992年、メンフィスで行われた「国際エルビスコンテスト」で、アメリカ人以外では始めてグランプリに輝いたというアーティストである。別にエルビスに似てはいないし、歌も(そうは)旨くないと感じたが、エルビスを表現しようというパッションには圧倒されたステージだった。カミさんの隣の席にいた尾藤イサオがゲスト出演とかでステージに上がり、一曲歌って帰っていった。この年齢不詳のロックンローラー、やはり歌は旨い。

 第四部は人ぞしるエルビス教の広告塔、湯川れい子氏のトークだった。昨年東京国際フォーラムで行われたイベントの苦労話から始まったが、氏がエルビスのカリスマ性について言及したとき、あれ?と小生は思った。

「・・・でね、髪を切ったり、道ばたで教訓を書いたりするカリスマなんてのがいるらしいけれど・・・」ホントのカリスマってのは、エルビスのことを言うのよ、と湯川氏は断言したではないか。この湯川さんの言ったママのセリフを、小生は12月25日の手控えに書いたはずである。

 まてよ、なんたることか!小生はカミさんとちがい、ちょっとは冷静なエルビスファンであったはずだが、あの湯川エバンジェリスト氏と同じことを言ってしまっているとは・・・

 第五部は「日本のエルビス・コンテスト」だった。過去のグランプリ獲得者によるコンテストというだけあって、実力の伴った30才から51才までのエルビス教徒たちが熱唱し、審査の間には、小野ヤスシがトークと歌を披露した。「スターどっきり・・・」の五月蝿いレポーター、小野ヤスシが、実は強烈なエルビスフリークであり、思い入れも知識も歌も大したものだと言うことを知った。

 すべてのプログラム、というより、出し物が終わったのは予定をとうに過ぎた午後9時。うちに帰ったのは11時近い時間だった。

 いや、面白かった。来年は1月10日の成人の日に開催するそうな。成人の日でも、差し支えない客層というのがちょっと寂しい。またいくことにしよう。

 そういえば、小生が年に2、3回行くことを楽しみにしているクラシックジープの、野外キャンプミーティングとなんだか似ていたような気もする。

 いわくフリークの集会、いわく高齢化傾向(^^;) 

199話 1.1

速い時間

 
 雑木林の高い梢が風にかすかに鳴っている。空気は澄んで冷たいのだが、家の前の私道にも、裏の原っぱや少し離れたところにある竹林にも、そこここに明るい日差しが溢れている。道は白く輝き、透明な風は青い空の高みをわたって行く。
 まだ、武蔵野の面影が残る、この土地に来てもう何度目の正月だろう。
 この仕事納めは29日だった。朝礼が終わり伝票や仮払い精算書何通かにサインをして経理にまわすともう仕事は終わってしまった。

 お昼までデスクを片づけて時間を潰す。出勤者も少ないし、外部のプロダクションや印刷関係ももう休みにはいっているから、電話のベルのひとつもならない。静かな仕事場だ。正午を回ったあたりで誰となく「良いお年を」と挨拶して、仕事場を出た。
 CDのK氏や新聞部のA部長、デスクのO氏などと築地に向かう。A部長は小生の釣り仲間であり、また釣果では到底太刀打ち出来ない師匠でもある。丸川で寿司をつまみ、熱燗を何本かやってから、場外で買い出しを楽しむことにしたのだ。

 去年の仕事納めの日は、同じメンバーで夜の8時までだらだらと飲んでしまった。始めたのがお昼だったから、完全に出来上がってしまい、家に帰り着いたのは10時を回っていたような記憶がある。その反省から、この日は2時間くらいで丸川を切り上げて、築地市場場外に回った。
 もう午後2時を過ぎているというのに、市場は人の波で埋め尽くされていた。正月用の買い出しという意思をもった豊かな雑踏。誰もが店頭の品物に真剣な眼差しを注ぎ、急ぎ足で行き交い、店の衆と客とのあいだでは絶え間なく甲高い声でやりとりが交わされている。
 鮮魚の青い匂い、解凍したてのマグロからたちのぼる血の匂い、なぜか懐かしい乾物の匂いなどが人いきれに混ざりあい、眩しい裸電球の光とともに胸の底に流れ込んでくる。
 市場での買い物は、独創的なエンターテインメントだなと、しみじみ思う。

 この日の獲物は、合鴨のロールキャベツ(冷凍)10個パック、400円。マグロ中トロ1キロ、2000円。本わさび一本、300円。伊達巻一本、700円。ブラックタイガー(有頭)10匹、1000円。アールグレイ200グラム(紅茶)、980円。
 所沢の自宅に帰り着いたのは、まだ日のある午後5時だった。うん、去年の反省がいきているな!

「あら、おせち用に助かるわね〜」と笑顔でいったカミさんは、その代金を払うわけではない。市場での買い物は釣りと同じく小生の趣味、レジャーと知っているからだ。
とほほ。

 ここ数年、いろいろな事が、どんどん速度を上げて駆け抜けて行くようになった(ような気がする)。この次の一年もきっと色々なことがあるのだろうな。楽しいことも、そうでないことも当然あるだろう。顔を上げ、まっすぐ歩いて行きたい。仕事も頑張りたい(仕事関係のかた、見てますか?)。楽しんで貰えるHPを作りたいし、釣りにも行きたい。英語も旨くなりたいし、あ、血圧もさげなきゃあ・・・ってなことを書いていると、まだまだ鬼が笑いそうだ。改めて、ここに来ていただいている皆様の彌榮を祈ります。一年間ありがとう、そしてこれからの一年、どうぞよろしく。

198話 12.25

プレスリー

 いまから、そう、3光年くらいは昔のことだが、釣りオヤジにも紅顔の少年時代はあった。いや、あったはずだ。うむ、あったと信じたい。鏡を見ながら髪の毛を整える時には特にそう思う。
  あるバテレ・・いや、キリスト教系の中学に進学したとき、小生はすこし戸惑った。その学園は基督教を生徒に強制することはなかったのだが、毎週の「倫理」の時間は、どうみてもその教義の講義だったからだ。「神」を「神さま」と言って、フランス人の(宣)教師に怒られたり(なぜかは、いまでもわからない)、もの珍しさから、礼拝堂で行われていたミサに紛れ込み、柏手(かしわで)をかましてヒンシュクをかったことなどを思い出すたびに、真面目な教師や信者の生徒たちには悪いことしたなと思う。
 この、海辺にあった小さな私立学園では、クリスマスの月になると教師たちが教室にバスケットを持ちこむのだ。われわれ生徒は、そのバスケットにきれいに洗った衣類や、小遣いで買ったお菓子などを入れる。教師たちはそれを世界中の貧しい子供たちに、彼らの宣教師会を通じて送るのだった。
 敬虔とは言えない幼少時代を送った小生だが、クリスマスが基督者たちの聖なる夜であることは知っている。六本木や銀座や赤坂で、オヤジやアベックたちが騒いだり、べちゃべちゃしたりするイベントではないことを知っている。

 はなしは変わる。

 大学を出るとき、小生は陸上自衛隊幹部候補生を志願した。試験には合格したが、理由あって兵士にはならなかった。だからいまの仕事をしている。自衛隊に行っていたら、カミさんとも出会うことはなかったろう。これは結果よしである。

 70年安保の時代に、麻雀にあけくれたり、歩道の石をはがして機動隊に投げる学生は多かったが、軍人を志願する学生はあまりいなかった。いや、たぶん全然いなかったと思う。昭和維新の歌とインターナショナルを愛唱し、チェ・ゲバラとゲッペルスを研究するという、たしかに「変な」若者だったんだろう。

 カミさんになるひとと出会ったとき、「プレスリーが好きです」と聞いて、戸惑った。いくらガチガチの軍人志望だった小生でも、プレスリーは知っていた。ま、それがお菓子や齧歯類の小動物の名前などではないことくらいは。
 はじめて二人で見に行った映画はプレスリーの後期のステージを描いた記録映画だった。そのときプレスリーについて感じたことをいま思いだそうとしているのだが、どうがんばってもカミさんの顔しか思い浮かばない。ま、しかたないな。こういう場合、だれでもそうなんじゃないか。

 そのあと、プレスリーの映画は何度もみた。CDも聴いた。冷静な感想を申し述べるとですね、この、たぐい希なるアーティストは、天才であることは当然としても、カリスマ性という点でも例を見ないほどの重さがある人だと思う。

 髪の毛をいじったり、編み物を教えたり、道ばたで教訓を垂れたりするカリスマが今もてはやされている。しかし、ホントのカリスマというのは、そういない。間違いなくプレスリーがその名にふさわしいことは、没後何年たってもCDが発売され、イベントが行われ、極東の小国ですら毎年記念式典が実施されるということが証明している。
 いま、ELVIS BALLADS をMacで聴きながらこれを書いている。彼の声それ自体がカリスマ性に充ちているということがよくわかる。

 小生を民族主義者だと非難する人がいる。ま、小生にとっては賛辞に聞こえるのだけど。民族と主義のあいだに、文化の2文字を入れてくれればなおいいのだが。もともと小生、アメリカの押しつけがましい態度は大嫌いである。原爆というホロコーストを強いたアメリカ、憲法という桎梏を強いたアメリカ。今でも世界最強の軍を自負するアメリカ。これら没文化的、独善的、政治的アメリカは、小生にとっては唾棄すべき点があまりにも多い国だ。しかし、好きなものがある。それはジープとプレスリー。つけ加えれば、ジッポーライターかな。プレスリーが徴兵されて軍人生活を送っていたころの映像は、健全なアメリカの青年そのものだった。徴兵忌避のクリントンには望むべくもないかっこよさだ。

 彼の生誕祭は、毎年一月に、軍人会館(現九段会館)で行われている。
 カミさんがそのイベントに連れて行ってくれるというので、小生、実は楽しみでしょうがない。

 







表紙にもどる