表紙にもどる  現在の手控えにゆく
TOP
手控え
掲示板BBS
自己紹介
釣り蔵/釣行記
ひるね蔵酒亭
手控えINDEX
 from1998
過去の手控え
手控え欧州篇
273話 13.9.9
ダサい酒、おしゃれな酒(通訳つき)
「まっこち、ないごっけ〜(ったく、どないなっとんのや!)」
薩摩の友人が怒りのメールを寄こした。久しぶりの同窓会に出席したら、皆が飲むのはビール、清酒、ワイン、サワー、ウイスキー・・・。な〜んと、出席者のなかで焼酎を飲んでいるのは、彼以外には片手で足りる人数しかいなかったという。「どこちおもちょっと?かごんまぢゃっど(われ〜、ここは薩摩ちゃうんか?)」憤懣やるかたなく窓の外に桜島を眺めてそう呟いた彼はまだかろうじて30代。この世代でこうだから、もっと若い層はおしてしるべし。

「ないごてそつを飲まんとね(どして、焼酎さ飲まねえだ?)」と彼は考えた。
そして周りに聞いてみた。
「ひったまげたがよ〜(驚愕し申した!)」
若い連中の答えは一言でいえば、焼酎はダサい、ということに集約されたらしい。
「いも焼酎はオヤジの飲む酒じゃん」
「ヤングはカッコよく洋酒じゃん、やっぱ」

・・・・・・う〜む。メールの向こうから若き友人の怒りが伝わってくるぞ。彼のごときいも焼酎愛飲派は、薩摩の若い世代においてはすでに天然記念物的な存在のようである。
この世紀末的な現象の遠因を大東亜戦争の敗戦と戦後の唯物経済価値社会や日教組やアホな文部行政に求めるのは血圧が上がるので止めておく。

「いも焼酎なんか飲んでいたら、都会に出ていったとき笑われるじゃん、やっぱ」
このアホ!
ダセ〜のは、お主のほうぢゃ。よいか、いま江戸や京でもっともお洒落なのは「焼酎」なのぢゃ。
う〜む、なぜか時代っぽくなってきたが、ま、いいか。
あ、断っておくが、ここでいう「焼酎」とはもちろん乙類、本格焼酎のこと。ゆめゆめレモンを絞りこんだり、梅干しをぐちゅぐちゅに潰して溶かしてのむ、あの「ピュア」なエタノールのことではない。ついでに言えば、甲類メーカーが弱小な薩摩の蔵に金を出し、自分らの浅薄なマーケティング戦略によって企画し、薩摩の蔵に造らせそこの看板で世にだすような、酒なんぞも含めたくはないぞ。
い、いかん。血圧が・・・・・・
閑話休題。
鹿児島のわけし(若い衆)には、焼酎をダサいと思うこと自体がダサいのだとハッキリ言っておきたい。「飲み放題コース」のカラメルで着色したウイスキーなどをすすっている姿の方が、ず〜っとダサい。
さて突然だが、いま都会でどんな現象が起きているのであろうか。
たとえば深夜成田エアポートに帰着した国際線スッチーたちはタクシーを走らせて都心へと急ぐ。どこへ急ぐのか?六本木?赤坂?い〜や、違う。
彼女たちが向かうのは武蔵小山の鹿児島焼酎の店だ。彼女らが飲むのは例えば「アサヒ」、「さつま」という地の焼酎だ。「もろ伊蔵」がどうしたと騒ぐのは、例外無く半可通のオヤジたち。これは、ダサい。
たとえば日比谷、銀座のOLたちがオフィスの帰りにたむろするのはどこか?言うまでもないが、日比谷のかごしま遊楽館の二階や四谷の焼酎のある店なのだ。
たとえば青山の女子大学生がコンパするのはどこか?そう、外苑前や渋谷や原宿の焼酎バー。

ことほどさように、いま若い女性達には「本格焼酎」が人気なのだ。
彼女らは「薩摩焼酎奄美黒糖焼酎」や「dancyu焼酎特集」を、楽斗や純チャンの写真集のように小脇に抱え、酷いのになるとあのマニアック&マイナーな「焼酎楽園」までバッグに入れて夜な夜な焼酎のある店を探索してまわるのである。ご禁制の「PLAYBOY」を所持している娘もいるらしい。嫁入り前というに、焼酎を特集しているだけでこのありさま。(因みに、同誌の記事とりわけインタビュー記事は全く信用できぬ内容である)

ナンパのセリフも変わってきたらしい。「ワインの美味しい店にいかない?」などとホザいたら、まず一発でふられる。ここは、いも焼酎を飲みにいこう、でなくてはならぬ。

従って、いささか焼酎にこだわっている店は常に満杯であり、いまのところオヤジ達が残業帰りにフラッと立ち寄れる状況ではないのである。これはこれで困ったことだが・・・・・・。
支離滅裂のまま、本稿を終わる。なんだか当サイトの性格そのままだなあ・・・・・・

表紙にもどる  過去の手控えにゆく


272話 13.9.2
ほねが折れると・・・?
金曜日の夕方、カミさんが玄関先の低い階段ですべってしまい、左足の踵と小指の間を骨折した。
痛くはないというのだが、病院でレントゲンを撮ってみると確かに骨に傷が走っているのが見えたそうな。
たちまち左足はギブスで固められ、病院から借り出した松葉杖での生活となった。
どうやって病院まで行ったのか不思議だったので聞いたら、「さやかがクルマで連れていってくれたのよ」という。娘は免許をとったばかり。まだ運転は二回しかしていないはず。「怖かったけれどね〜」まあ、そうだろうなあと思いながらも、土曜の朝から台所でなにやらケナゲに立ち働いている娘には見えないように頷いた。

きょうはケナゲは疲れがみえたようだ。いつもしないことをすると、人は疲れる。
朝の掃除が終わったら、娘は「ちょー、疲れたぁ」とソファで昼寝。起きてこないので昼はカミさんを手伝ってスパゲッティを作った。(紅豆腐のソースを入れたら、凄くうまかった)

昼飯のあと、これから一週間分の食料を買い込みに、カミさんのメモを持ってジープで生協へ。野菜や肉、納豆などの他、普段はあまり利用しないレトルトや即席ものをジープの荷台にてんこもりにして帰宅。その足で入間方面にある鮮魚の産直センターにジープを走らせた。
途中でナボシ屋さんに立ち寄り、先日お借りした「焼酎ムック17年もの」を返却。試飲用の小さなボトルに、雲海酒造の芋熟成焼酎の新製品をいただいた。「畑で作ったものだけど」と、奥さんがにがごいを袋に入れてくださった。(ゴーヤというやつですね)

産直センターはいつもながら混雑していた。
天然ぶり、と表示されたコーナーには、どうみてもイナダの大きめの魚が並んでいた。ワラサにもなってはいないサイズだけれど、半身で500円だったので購入。
サクにしますか?ときかれたので、とんでもない、アラで味噌汁の出汁をとるんでそのまま、そのままと店員からひったくって勘定してもらう。

家に帰ると、娘はまだ寝ていた。仕方がない。
米を洗い、ご飯を炊く。「天然ぶり」の半身を捌いてアラで出汁をとりつつ、カマを塩焼きに。これでビールでも・・・との不穏な考えをおしとどめ、コマツナとシメジと油揚げを具にして味噌汁を拵えた。半身は二つのサクにして冷蔵庫へ。やっと準備完了、というところで、マック部屋に帰ってこの手控えを書いています。

足一本でかくも混乱するのだと思うと健康(特に主婦の健康)には気をつけなくてはとの思いを深くする。それにしても、カミさんの普段の仕事の大変さを痛感した週末でした。

表紙にもどる  過去の手控えにゆく


271話 13.8.12
「本態性」とはナンであるか?
小生は高血圧である。血圧の薬を貰うようになって何年になるだろうか。
医者は「本態性高血圧」という。要は原因がわからないということだ。したがって、これまでかかった医者は、薬を服用することと、あとは運動して、酒タバコを節制して、などとつまらんことを言うだけだった。
最初に行った病院は、薬を貰うだけで3時間ほど待たされるしまつだったので、すぐに行くのを止めた。次に行った小さな診療所の老院長は、いつも丁寧に同じ事を言った。塩分を控えなさい、運動をしなさい、陽射しをさけなさい、うんぬん。だが、この医者の出す薬は副作用がひどく、あるとき仕事の上で知った副作用のすくない新薬の処方はできないかと聞いた途端に怒りだしたので、ここも止めた。

次に行ったのは銀座のまんなかにある名の通った 診療所だったが、バイトの医者が一度は処方してくれたその新薬を、絶大な権力をもつ婦長が別の会社の薬に強引に変えようとしたので、アタマにきて止めた。おそらく彼女の利権にかかわる理由だったのだろう。患者のことなど二の次の、とんでもないババアだった。
そのあと仕事場の近くにあるクリニックに移り、もう二年ほど通っている。薬もなかなか効果的で血圧も安定している。そうなのだが、薬を減らす方向性にあるとは思えない。なぜなら、原因がわからない「本態性高血圧」だからだ。運動や節酒節煙で治癒するとは考えにくい。なぜなら、数年前、高血圧と診断されたとき、小生は毎日10キロメートルランニングをしていたし、タバコは吸っていなかった。酒もごく普通(ホントか?^^;)だった。

医者が原因がわからにゃーというなら、自分でしらべてみよう、インターネットという情報窓口があるじゃないか。そう考えて、愛用している強力エンジンGoogleで、いくつかの単語を並べて検索してみた。一発であるサイトが出てきた。名の通ったカメラマンのサイトだった。写真集などのページのほかに、体験話コーナーがあり、そこに「高血圧治療体験談」がアップされていたのである。

結論からいうと、下が110〜170、上が150〜230というものすごい血圧値のカメラマン氏(53才)は、現在下が80を切るところまできたという。判明した原因に対する治療上の工夫によるものだった。原因は睡眠中の呼吸停止による血中酸素不足。そのため脳が酸素を要求して心臓に脅しをかけるために高血圧になっていたらしい。
氏は鼻の骨が曲がっていて、空気の通りが悪く、睡眠中は呼吸するために自然と口をあけてしまうのだが、そのため、気道が舌で閉塞され呼吸停止状態になるという。

ふーむ、ここまで読んでわかってきた。
小生もたまに無呼吸状態になるらしいし、イビキは自慢じゃないが家族のお墨付きだ。どうもこのカメラマン氏と程度の差はあれ近い原因のような気がしてきた。
原因がわかれば、自分で出来ることも自然とわかってくる。高血圧と対決する姿勢で始めたデブからの脱出、減量作戦は着々と進行中だし、毎朝の運動も続けている。今朝はひさしぶりで連続腕立て伏せ百回を達成したし、腹筋もついてきた。昼間はインターバルランニングを1時間ほどやったが、息が上がることはなかった。

かくのごとく高血圧との戦いはまあ順調だといえるのだが、後退する額(ハゲともいう)との戦いや、極めて急速に薄くなるふところ具合への対応にはまったく為すすべがない。これも、原因のわからない「本態性症状」なのだろうか。う〜む、インターネットもこの症状に対しては、何の役にも立たない。


表紙にもどる  現在の手控えにゆく