松輪港「剣崎沖にワラサ一本勝負!」


 陸(おか)揺れしながら、魚を料理し、食事をすませ、この手控えを書いている。わかるかなあ、陸揺れ。

 おかゆれじゃなく、おか惚れは、今わかい人も、おとっつあんになってしまった人も、男にも女にも経験者は多いだろうから、ここで説明するまでもないだろうな。一言いっとくと、「他人の愛人や関係のない人を対象に、勝手に恋い焦がれること」であり、そう誉められたことじゃないし、全然カッコ良いことでもない。

 釣り人なら誰でも経験があるだろう。船の釣りを終えて家に帰り、台所に立って魚をさばくときに「まだ船に乗っているように、足元が揺れる感覚」のこと、これを陸揺れと言います。三半規管の無い人以外は、必ずと言っていいほどこの岡揺れを経験しているはず。

 予定していなかったのだが、昨日のインターネット上の釣りニュースで三浦半島の剣崎沖でワラサが釣れ始めたと聞き、今朝、(といっても昨日の夜の12時半だが)カミさんの買い物用のクルマを借りて出撃した。

 愛車のジープはこのような非常時には弱い。なにせ故障頻発車輌なので、剣崎にたどり着けなかったらせっかくのワラサのチャンスがふいになる。回遊してくる青モノは釣れ盛っていた次の日に一匹たりとも姿を見せないということがよくあるので、ここぞというときには、間髪をいれずに確実に釣行しなくては成果はあがらない。

 きょうは一日、潮が緩かったが波も小さく、秋の風はさわやかに空の高みを翔け、釣り船のスパンカ(船尾の帆)とロープを鳴らして吹き過ぎて行く、そんな一日だった。ワラサ襲来のニュースがはや伝わったのだろう、剣崎の乗合船はすべて満席状態だった。

 小生が乗ったのは、剣崎港一義(かずよし)丸。剣崎の船宿と言えば、棒面丸と大松丸、それに瀬戸丸が有名だ。たまには初めての船宿にと、予約の要らない「一義丸」に行ってみたのだ。

 行ってみて驚いた。昨日の5時半(勿論夕方の、である)から順番を待っている人がいた。おそるべし、ワラサ人気。おそるべし、釣りキチおやじども。

 第21一義丸は定刻午前5時30分に出船。剣崎沖で12時半までながし続けた。

 小生の結果は、ワラサ5kg一本のみ。バラシが2回あった。

 脂ののったワラサは、白米のご飯とよくあう。(イナダは鮨飯のほうがいいが)半身を刺身で、頭とカマは、塩焼き。家族5人でぺろりと食べてしまった。腹身は霜降りのマグロよりはるかに上品な脂の乗りで、いつもはご飯は軽く一膳しか食べないカミさんが、二杯もお代わりしたほどである。カミさんを肥やすには釣魚の刺身や〆サバがあればいい。

 陸揺れにたゆたいながら、ビールをなめつつ魚を料理する。これはこれで結構なことである。

 陸釣りってのは、やんないほうがいい。疲れるし、金がかかるらしいし、釣果というか、成果はまず(このページを読んでいらっしゃるような知性人は特に)期待できないだろうし。

 おか惚れってのは・・・・・・まてよ、さっきの定義を読むと、釣り人の心情に近いモノがあるかもしれないなあ。よくわからぬが。

 で、ワラサだけど、まだトロバコのなかに半身が余っている。これは、照り焼きにするつもり。

 照り焼きをつつきながら、本醸造を冷やでちびり、ちびり。いや、楽しみ楽しみ。

ホームページへ