ZAMZA ZAMZA
Voice of ZAMZA
イベント、ライブの告知、ワーキングトピック、コラムなど、ザムザ発、最新情報をお届けします。

menu前ページTOPページ次ページHOMEページ

10/6 桐谷果甫&中瀬香寿子パフォーマンス
2004/10/05

ザムザの桐谷と中瀬が出演。
なかなか面白い場所です。
トタン屋根に雨音が凄かった。
まるで黒沢明がよく撮る映画の雨のシーンのように
どしゃ降りだった。
(5日リハーサル)
■映像にとけこむダンスが見たい■
構想・映像:ヒグマ春夫

日時:2004年10月2日(土)/4日(月)/6日(水)/8日(金)/10日(日)
時間:いずれも 午後7時 開始
料金:当日2500円 前売2000円
会場:KAWAGUCHI ART FACTORY

《 パフォーマンス日程 》
■映像にとけこむダンスが見たい■
構想・映像:ヒグマ春夫

日時:2004年10月2日(土)/4日(月)/6日(水)/8日(金)/10日(日)
時間:いずれも 午後7時 開始
料金:当日2500円 前売2000円
会場:KAWAGUCHI ART FACTORY

《 パフォーマンス日程 》
10月2日(土) 不動まゆう
10月4日(月) 加藤文子
10月6日(水) 桐谷果甫
10月8日(金) 立花あさみ
10月10日(日) 昆野まり子
(それぞれ前日は公開インスタレーションになります)

コメント:
映像を紗幕に投影し、立体的な映像空間の舞台をつくりだす。その舞台空間を造り出すこと自体もコラボレーションに組み込む。そして、立体的映像空間の舞台で5人のダンサーがソロで踊る。
舞台空間を作り上げて行く過程をコラボレーションに組み込み、ダンサーと映像空間との一体感をつくり出して公演を立ち上げる。舞台空間は立体的な映像空間を取り囲んで眺めるようにする。そこに流れる映像はフィールドワークで撮られたダンサーの映像から発展した画像である。
表現形式は、社会環境によって様々に変化し生み出されている。映像が舞台空間の一部に現れることも決して新しいことではない。しかし、ここでの映像の使われ方は、映像が身体の新たな動きを導かせる役割をしていることである。

美術・彫刻:兼子久美
美術・照明:Carol
舞台監督:イズムラルイ
スタッフ:金子良治/板垣弥生/義村京子/栗林賢
主催:CTプロジェクト
共催:KAWAGUCHI ART FACTORY
運営:映像にとけこむダンスが見たい実行委員会
助成:芸術文化振興基金助成事業
後援:川口市
10月6日(水) 桐谷果甫
10月8日(金) 立花あさみ
10月10日(日) 昆野まり子
(それぞれ前日は公開インスタレーションになります)

コメント:
映像を紗幕に投影し、立体的な映像空間の舞台をつくりだす。その舞台空間を造り出すこと自体もコラボレーションに組み込む。そして、立体的映像空間の舞台で5人のダンサーがソロで踊る。
舞台空間を作り上げて行く過程をコラボレーションに組み込み、ダンサーと映像空間との一体感をつくり出して公演を立ち上げる。舞台空間は立体的な映像空間を取り囲んで眺めるようにする。そこに流れる映像はフィールドワークで撮られたダンサーの映像から発展した画像である。
表現形式は、社会環境によって様々に変化し生み出されている。映像が舞台空間の一部に現れることも決して新しいことではない。しかし、ここでの映像の使われ方は、映像が身体の新たな動きを導かせる役割をしていることである。

美術・彫刻:兼子久美
美術・照明:Carol
舞台監督:イズムラルイ
スタッフ:金子良治/板垣弥生/義村京子/栗林賢
主催:CTプロジェクト
共催:KAWAGUCHI ART FACTORY
運営:映像にとけこむダンスが見たい実行委員会
助成:芸術文化振興基金助成事業
後援:川口市

オキナワ
2004/09/10

先週久しぶりに新宿にある沖縄料理の店に行ってきた。夜の7時だというのに、店にはお客がいない。
「久しぶり」と言いながら僕達は2人で、座敷きに座った。店の御夫婦は、買ってきたばかしのテレビのリモコンを「これでもない、あっ ちがうちがう」と
お客である僕達にまったくかまうでもなく、日常の生活にひたっているような。まあそこがこの店のいいところ。そしていつもの演奏と唄。「芭蕉布」をリクエスト。

エイモス・ギャレット
2004/08/28

キヨシ小林のギターがエイモスを彷佛、の件ですが、
参考までにすばらしいギターが聴けるアルバムを紹介します。まずはGEOFF & MARIA時代のアルバム、そして
マリアマルダーのソロアルバム(この中の真夜中のオアシスという曲でエイモスがギターソロをやっていますが、スティビーワンダーが「世界で2番目に美しいギターソロ」と評していました)。

10/6 水曜日:桐谷果甫出演
2004/08/27

映像にとけこむダンスが見たい 
***********************  
ザムザの桐谷果甫(ダンス)が出演します。
***********************
以下ヒグマ春夫の文章

 [装置と身体]

 「映像にとけこむダンスが見たい」は、身体が映像と関わりを持つことでどのような舞台空間が立ち上がるかの実験的な試みです。今回は特に「装置と身体」に焦点を絞りました。装置としては、ビデオカメラ、ビデオプロジェクター、モニター等を中心に構成します。

 今回装置の中心になっているのは、ビデオカメラのシステムです。その為カメラに自身の身体がどのように映っているのか、カメラの位置によって自身の身体がどのような見え方をするのか等をフィールドワークを通して体験してもらいます。フィールドワークのもう一つの目的は、撮られた自身の身体を自身で眺めることです。

映像にとけこむダンスが見たい  構想・映像:ヒグマ春夫

 [装置と身体]

(時期・会場)
 公演日:10月2日/4日/6日/8日/10日
開演時間:午後7時  
  会場:KAWAGUCHI ART FACTORY

(入場料)
  前売:2000円 当日:2500円

(身体表現)
     身体:不動まゆう
        加藤文子
        桐谷果甫
        立花あさみ
        昆野まり子

(スタッフ)
  美術・映像:ヒグマ春夫
     美術:兼子久美
     照明:未定  
     音響:未定 
     衣裳:未定
   舞台監督:イズムラルイ
 制作スタッフ:金子良治
   宣伝美術:江尻ひかり

     主催:CTプロジェクト
     共催:KAWAGUCHI ART FACTORY
     運営:映像にとけこむダンスが見たい実行委員会
     助成:芸術文化振興基金助成事業
     後援:川口市
  
  総合ディレクター:ヒグマ春夫

詳しくはまたお知らせいたします。
 

明日キヨシ小林ライブ!
2004/08/25

泣かせるギタリスト、キヨシ小林。
ほんとうに歌心あります。、
前に我が家で、ヴァイオリンの天野紀子さんとのデュオをやってもらいました。小さなホームパーティライブです。その時、やってくれました、キヨシさん。たしか映画「ひまわり」の曲で、バイオリンのソロのあと、キヨシさんのソロ、う〜ん、泣かせてくれました。ほんとうのギタリストです。ジャンゴのスタイルですが、むしろ、あのエイモス・ギャレットのギターを彷佛させてくれます。(エイモス・ギャレットは「名盤にエイモスあり」といわれています。ポール・バターフィールドブルースバンド、ベターディズ、ジェフ&マリアマルダー、ボビーチャールズなどなど)。そういえば今回のキヨシさんのCD解説は、このへんの音楽に詳しい中川五郎さんです)。まあ、もし
明日時間あれば、京王線の府中駅(下車1分)のコパデカフェに行って下さい。19:30から40分演奏を2回やってもらいます。

------------------------------------------------------------------------
8/26(木) LIVE 1年ぶりのコパ・デ・カフェでのライブ!!
【キヨシ小林&ジプシースイングギャング】
キヨシ小林(ギター&ウクレレ)、長山ゆうじ(ベース)、小林なお(ギター)

場所:コパ・デ・カフェエ042ー366ー7944
     府中市寿町1ー1ー3
交通手段:京王線府中駅北口下車徒歩2分
19:30 play start
料金:¥2300+Drink代
チケットお求め、予約は:
■コパ・デ・カフェ 042-366-7944
■ザムザ・オフィス 03-5778-9091

お問合わせはザムザ(やまや)まで。
【ザムザ】zamza office
東京都港区北青山3-8-8-203
 tel:03-5778-9091 
fax:03-5778-9093/zamza@kt.rim.or.jp
http://www.zamza.jp
 舞踊家、音楽家、彫刻家、衣装デザイナーなどが集まる創造集団

ザムオ通信
2004/07/09

しかし、暑いですね〜。
今年はどうなっちゃうのでしょうか?
まあ、酷暑といわれていますので、今から覚悟しておかないと。
さて、今月は気になる情報をいくつかピックアップしてみます。
********************************
<<********************************
一つは、ピナバウシュ(コリオグラファー)の作品が2本上演される。1本目は「天地」、現在もやってますが〜7/11彩の国さいたまにて上演される。これはピナバウシュとヴッパタール舞踊団が日本に来日し日本に触れ、日本を意識して作った「国際共同制作シリーズ」の一つ。生命のつながり、地球の生き物との共存、そして調和する美しいダンス。舞台上には鯨が水中から浮かびあがっているそうで(なんでも鯨は古事記にも出ているそうです)、そして男と女。出逢いと別れ。相変わらず驚きと胸がギュ〜としめつけられる想いを感じさせる舞台であると思います。そしてもう1本は「バンドネオン」10年前にできた作品。7/15〜19東京初公演。この「バンドネオン」という言葉と「ピナバウシュ」だけで、どのように展開されるか、もうぞくぞくしてしまいます。
***************************************
次は映画の話。「deep blue]って、しってますか?。水深5000mまで潜って撮った作品。(もちろん潜水艦)。とにかく凄い。見た事もない世界。当然だよね、深い深い水の世界、発光している深海魚がいたり、とにかくびっくり!!これぞ知らない世界です。六本木の映画館で上演する、あれっ、いつからだっけ?
でもタイトルがいいね、deep blue.
そういえば昨年の7月ザムザで4周に分けて、[blue live]をやりましたっけ。桐谷果甫のblueの踊りと
音楽家によるダンス公演(スパニッシュギターの高木潤一さんや、ジプシー音楽のアランパトン、そして
シャドウハーツの音楽担当の弘田佳孝さんらを招いて)。その時、映像で牛や魚を映したんだよな。
どこか、やる場所ないですか?再演したいです。紹介して下さい。
********************************************
<<<ザムザ・オフィスの近況>>>
今、ちょうど秋のイベントを頼まれてプランニングしています。

キヨシ小林「ジャンゴライブ!」
2004/07/05

2002,8月26日(木)ACOUSTIC SWING Live

府中「コパ・デ・カフェ」042-366-7944にて
キヨシ小林&ジプシー・スウィング・ギャング

久しぶりに府中でライブがあります。
2002年10月以来。
小林ナオ君もこの店で初デビューを飾った(たぶん)。
あれからキヨシさんも髪の色も変わり、ナオ君もすっかりプロ。


http://hw001.gate01.com/yukinabe/

5/17 月 ダンスコラージュ・ブルー 桐谷果甫/弘田佳孝/倉嶋正彦/宇川彩子
2004/05/05

昨年chimenkanoyaでの「blue live」.
それををモチーフに新たにタップダンサーをゲストに招き、作品を発表します。

タイトルは
「ダンスコラージュ・ブルー」
〜TAP,BASS,DANCE,映像 4つの世界が絡まる〜

桐谷果甫の静/青の舞踊に動の宇川彩子のタップ、そして弘田佳孝の音楽、更に倉嶋正彦によるライブ映像、演出は山谷征司。桐谷果甫、久々のノーベンヴァーです。(たしか前は高木潤一と中瀬との共演でしたね)

日時:2004/5/17(mon) OPEN 18:00// 1st stage 19:30〜// 2nd stage 21:00〜//

場所:ライヴ・ビストロ「ノヴェンバー・イレブンス1111」東京都港区赤坂3-17-8都ビル2F tel 03-3588-8104(宇崎竜童さん、阿木燿子さんご夫妻のお店)

出演:桐谷果甫(Dance) 宇川彩子(Tap Dance) 弘田佳孝(E.Bass、sound)

スタッフ:倉嶋正彦(ライブ映像)、山谷征司(live
director)

チャージ料金(税込):1ステージのみ¥2,100 2ステージ通し¥3,150
(チャージ料金プラス、ドリンク・フード料金となります
http://www.risingdragon.jp/

倉嶋正彦さんの異常な世界を見にいきます!
2004/05/02

すでに何人かの友人が見にいって、その大きさと、緻密さと、それをつくり出している作家の異常な性格に皆、驚いています。また、巨大曼陀羅?パテンテを前に神奈川知事と話す倉嶋さんの姿も目撃されていて、いったい何を話していたんだろうと、興味がわきます。
以下倉島氏のホームぺーじより転載。
★★★ Exhibition News from Masahiko KURASHIMA Visual Arts ★★★

- 2004 -

この大きさ、この世界観、この緻密さは異常なまでに圧倒させるだろう。

もう2度と見れないかもしれない。(遭遇出来るのは5月8日まで)



初公開「パテンテ曼陀羅」4m×4m(20000x20000pixel!!)圧巻です。(4/30撮影)

他に、Birthplace3部作/Yupanqui/Hao-Cyuni いずれもNewPrintです。

好評開催中!!「アジアグラフィック2004ヨコハマ」

トップクリエイター30名による日本最大規模のコンピューターグラフィックス展

ゲーム、TV、雑誌、デザイン等で活躍する日本のトップクリエイター30名が参加。

大型CG作品約200点+観客参加、体験型映像作品+CGア ニメーション作品上映(常時)。


会 期 ● 2004年4月28日(水)〜5月8日(土) 5月6日(木)休館日

開 館 ● 午前9時〜午後6時まで

会 場 ● 神奈川県民ホールギャラリー 横浜市中区山下町3-1 045(633)3796

交 通 ● みなとみらい線日本大通 り駅(横浜元町、中華街行)徒歩6分 駐車場あり

http://www1.odn.ne.jp/~kurashima/

4/24土曜:マスクナイトパーティ
2004/04/12

この時期は柴田さんが動き出す!
前回のストロベリードロップも春だったね!
2003.4.24(Sat)
ちめんかのや(西武新宿線沼袋駅)
http://0505.net/cmk/
19:00 OPEN/20:00 START
Charge 1,500yen (with 1drink)

タロットのテーマに触発されたソロのダンスライヴ

−今までの恋愛で最高の出会い、
その時の出会いを表して下さい。喜び、復活
「審判」より 

−あなたが恐れるものは?
恐怖をジェスチャーをして下さい。 変化、輪廻転生
「死神」より

−あなたの大きな望みは何ですか。
正面からぶつかる精神的な力を表して下さい。
前進、自由
「力」より

−あなたの好きな音楽で、
好きなようにダンスしてください

 

桐谷果甫 
振付家、舞踏家。自動人形にひかれ、1986年よりパフォーマンスソロ活動を始める。 「月、幻想美術館」「世紀末人形館」をシリーズで公演。1993年には太田恵資との共同作品「ポルタメント島奇聞」を発表。その間音楽家、フラワーアーティストらとのコラボレーション多数。初ダンス作品 「Sinmple Twist」を発表、新境地をひらく。
http://www.zamza.jp/ (下左photo:鈴木和尚)

【風が吹く。 草がうねる。 まるい円の真ん中に立つ。 かかとの下の青い夜明け。 うすい月を飛び越えて青く光る。 青く光る。】
ソロダンス「審判」〜

 

犬吠埼ヂル
【人外倶楽部】主催、暗黒舞踏屋。 大戦末期、軍の秘密研究所で生体兵器として 開発されるも、敗戦と共に廃棄処分に。見世物小屋に拾われて屈辱の日々を過ごす。
趣味:卒塔婆集め、家賃の滞納。 
近々、音楽ユニット【人外倶楽部】も活動予定。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/jingai/ (下中央photo:萩原 茂)

【死による肉体からの解放 よじれた人工解脱 負の側に属する者に与えられる負の側への救済】
ソロダンス「死神」〜

 

別所るみ子 Ruby
バレエ、器械体操で鍛えた身体で、様々な空間に新たな瞬間を創りだすダンサー。
自作の他、音楽家、美術家、映像作家とのコラボレーションも多く、自由自在な動きで活躍中。ダンスと身体をテーマに写真作品を創り発表(オリンパスギャラリー他) するなど、活動は多岐にわたる。 http://www.lares.dti.ne.jp/~ruby/
(下右photo:池上直哉)
【今回はタロットの"力"ということで、どうなるのか?!】
ソロダンス「力」〜

 

◆Mask Night Partyでは会場の仮面をつけて皆様がパーティにご参加いただけます◆

menu前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -