ときどきの雑記帖 倒行逆施編

I'd just be the catcher in the rye and all. I know it's crazy, but that's the only thing I'd really like to be. I know it's crazy.

The catcher in the rye
J. D. Salinger

著作権保護期間の70年延長に反対

検索エンジン経由でこられた方へ

このページの内容は日々更新されます。 そのため、検索エンジンに引っかかったものがここに残っているとは限りません。

最新エントリ (何日分あるかは不定)

2015年08月25日

■_

SNOBOL といえば(省略されました)

圏論の歩き方の他にも圏論の本(翻訳本)でるのねー。

■_

2015年08月23日

■_

SPITBOL とか ICON とか懐かしい? 名前が。 Icon (programming language) | Hacker News Maintainer, sole developer, and probably the sole active user of the programming language SPITBOL : programming On being the maintainer and sole developer of SPITBOL (2012) | Hacker News

その昔、amazon.com が影も形もない頃に日本橋の丸善にCS関連の洋書を見に行って (改装後は取り扱いなくなっちゃったけどね)、 Icon の本を見つけたはいいがハードカバーで1万数千円したものだから 買おうかどうしようかその場で半日悩んだことが……w

これは SNOBOL の機能を Python で実装って話か。 SnoPy – Snobol Pattern Matching Extension for Python | Hacker News

「PHPカンファレンス2015」開催 - PHPの生みの親、ラスマス氏の講演が決定 | マイナビニュース PHPカンファレンス2015では、PHP生誕20周年を記念し、PHPの開発者であるラスマス・ラードフ氏による今秋リリース予定のPHP7についての講演が予定されている。 これはちょっと聴きたいw

■_

■_

C言語の外部コマンドへの入出力がよくわからない - 福島餃子Ruby親方

2015年08月23日

■_

amazon.com からの refund の話がすすんでねー。 とっくに向こうには着いてる(追跡オプションつけた)のに ステータスが「返品待ち」っておい。

■_

■_

Tcl の別実装? Jim Tcl - The Jim Interpreter

Jim Tcl - The Jim Interpreter

Introduction 

Jim is an opensource small-footprint implementation of the Tcl programming language. It implements a large subset of Tcl and adds new features like references with garbage collection, closures, built-in Object Oriented Programming system, Functional Programming commands, first-class arrays and UTF-8 support. All this with a binary size of about 100-200kB (depending upon selected options).

(略)

Goals 

Jim’s goal is to provide a powerful language implemented in roughly 10k lines of code. Jim is designed to be easily embedded in applications as a scripting language or configuration file syntax without depending on external libraries or other big systems.

We believe scripting is a very interesting feature for many applications, but developers are often not encouraged to link the application to a big external system. Jim tries to address this problem by providing a very simple to understand and small footprint implementation of a language that is ideal for scripting, and at the same time is powerful and scalable.

Jim is also designed for deployment on Embedded Systems. It is easy to cross compile, written in portable ANSI-C, and is very small both in both binary size and memory requirements.

ふむ。

■_

近刊から。

洋書も。

for kids 多いなあ。 他にもあるし。 Amazon.co.jp: JavaScript For Kids For Dummies 電子書籍: Chris Minnick, Eva Holland: 洋書 Amazon.co.jp: Coding For Kids For Dummies 電子書籍: Camille McCue : 洋書

なんぞこれ。 Car Hacker's Handbook | No Starch Press

Car Hacker's Handbook | No Starch Press

The Car Hacker’s Handbook is a guide for the security-minded that shows how to identify network security risks, exploit software vulnerabilities, and gain a deeper understanding of the software running in our vehicles. Along the way you’ll learn how navigation systems can be hacked to take control of vehicles, how systems are interconnected, even how to bypass dealership restrictions to diagnose and troubleshoot problems.

■_

オールナイトニッポン月イチのある日曜日 (実際には月曜になってからだけど)。

2015年08月22日

■_

トークスケジュール: 2015-08-22 - YAPC::Asia Tokyo 2015

yapcに行って考えたことはあった……が、書かない:)

ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) ファウンデーション対帝国 ―銀河帝国興亡史〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
ファウンデーション対帝国 ―銀河帝国興亡史〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) 第二ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈3〉 (ハヤカワ文庫SF)
第二ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈3〉 (ハヤカワ文庫SF)

↑を探してて気がついたんだけど、この続きの(「前史」が混じってるけど) 「ファウンデーションの彼方へ」 「ファウンデーションと地球」 「ファウンデーションへの序曲」 「ファウンデーションの誕生」 は絶版状態じゃねーですか。 ハヤカワぁ…

■_

2015年08月21日

■_

トークスケジュール: 2015-08-21 - YAPC::Asia Tokyo 2015

発表のときに使うスライドで一文字二文字はみ出すのがとても気になるんですが、 そういう人って少数なんだろか。


    銀河英雄伝説「我が征くは星の大
    海」

↑こんなん。 わたしは書きかえたり切り詰めたり逆に長くしたり途中で改行したり…… と色々やるんですが(フォントの大きさをいじる。のはあまりやらない)。

■_

■_

"The Stack Overflow Tag Engine – Part 2 | Performance is a Feature!" http://mattwarren.org/2015/08/19/the-stack-overflow-tag-engine-part-2/

2015年08月20日

■_

>/dev/null

いろいろと。

■_

2015年08月19日

■_

Kernighan 大先生へのインタビューらしい (動画なので観てない) Brian Kernighan Interview About The C Programming Language « Adafruit Industries – Makers, hackers, artists, designers and engineers! Prof. Kernighan talks about how "The C Programming Language" book (K&R) came to be : programming Brian Kernighan on C [video] | Hacker News

■_

2015年08月18日

■_

Calling 1959 from your Web code: A COBOL bridge for Node.js | Ars Technica 黒板に縦書きされたCOBOLの右側にある4桁の数字とかその右の6文字の文字列(数字だけのもある?)が 一体何なのか気になる。

Calling 1959 from your Web code: A COBOL bridge for Node.js | Ars Technica

// Dependencies
var Cobol = require("cobol");

// Execute some COBOL snippets
Cobol(function () { /*
       IDENTIFICATION DIVISION.
       PROGRAM-ID. HELLO.
       ENVIRONMENT DIVISION.
       DATA DIVISION.
       PROCEDURE DIVISION.

       PROGRAM-BEGIN.
           DISPLAY "Hello world".

       PROGRAM-DONE.
           STOP RUN.
*/ }, function (err, data) {
    console.log(err || data);
});
// => "Hello World"

すげえなあこれw

■_


過去の雑記帖

  1. 2015年8月(下旬)
  2. 2015年8月(中旬)
  3. 2015年8月(上旬)
  4. 2015年7月(下旬)
  5. 2015年7月(中旬)
  6. 2015年7月(上旬)
  7. 2015年6月(下旬)
  8. 2015年6月(中旬)
  9. 2015年6月(上旬)
  10. 2015年5月(下旬)
  11. 2015年5月(中旬)
  12. 2015年5月(上旬)
  13. 2015年4月(下旬)
  14. 2015年4月(中旬)
  15. 2015年4月(上旬)
  16. 2015年3月(下旬)
  17. 2015年3月(中旬)
  18. 2015年3月(上旬)
  19. 2015年2月(下旬)
  20. 2015年2月(中旬)
  21. 2015年2月(上旬)
  22. 2015年1月(下旬)
  23. 2015年1月(中旬)
  24. 2015年1月(上旬)
  1. 2014年
  2. 2013年
  3. 2012年
  4. 2011年
  5. 2010年
  6. 2009年
  7. 2008年
  8. 2007年
  9. さらに前
リンクはご自由にどうぞ。

メールの宛先はこちらkbk AT kt DOT rim DOT or DOT jp