ときどきの雑記帖'

I'd just be the catcher in the rye and all. I know it's crazy, but that's the only thing I'd really like to be. I know it's crazy.

The catcher in the rye
J. D. Salinger

著作権保護期間の70年延長に反対

検索エンジン経由でこられた方へ

このページの内容は日々更新されます。 そのため、検索エンジンに引っかかったものがここに残っているとは限りません。

最新エントリ (何日分あるかは不定)

2014年12月21日

■_

この本、気になるなー 世界の戦艦プロファイル ドレッドノートから大和まで (書籍)

■_

■_

ここで突然のVBA

Sub hoge()
  Dim c
  Dim r
  For r = 0 To 15
    For c = 0 To 15
        Cells(r + 1, c + 1).Value = r * 16 + c
        Cells(r + 1, c + 1).Interior.Color = RGB(r * 16 + c, 0, 255)
    Next
  Next
End Sub

■_

先行販売してたのを買って飛ばし読みしたんだけど割とよさげ。 といってもこういった本に何を求めるのかにもよるかな。

Python言語によるプログラミングイントロダクション: 世界標準MIT教科書
Python言語によるプログラミングイントロダクション: 世界標準MIT教科書

2014年12月20日

■_

Nexus7 (2012)、OSのバージョンあげてから 反応が鈍くなるわ バッテリー消費がとんでもなくなるわ と散々な状態に。

■_

■_

Guido van Rossum: The Theory of Type Hinting for Python 3.5 : Python んで、 [Python-ideas] Type Hinting Kick-off の最後の部分。

[Python-ideas] Type Hinting Kick-off

I am still hoping to get a PEP out for discussion in early January, and I am aiming for provisional acceptance by PyCon Montréal, which should allow a first version of typing.py to be included with Python 3.5 alpha 4. If you are wondering how I can possibly meet that schedule: (a) the entire runtime component proposal can be implemented as a single pure-Python module: hence the use of square brackets for generic types; (b) a static type checker is not part of the proposal: you can use mypy, or write your own.

2014年12月19日

■_

ぎゃーーーーーーー

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

つい数日前に買ったばっかりだよ原著(のKindle版)! ○| ̄|_ Jony Ive: The Genius Behind Apple's Greatest Products
Jony Ive: The Genius Behind Apple's Greatest Products

新人プログラマに正月休み中を使って読んでみてほしい技術書をセレクトしてみた。 - Qiita どれか気に入った(気になった)ものを一冊。とかで考えても 「コンピュータプログラミングの概念・技法・モデル」なんて 一週間程度の休み期間中に読んどけってのは無理があるんじゃなかろうか 積ん読だけでもしておくと何かの時に役に立ちます。 っておい。 はてなブックマーク - 新人プログラマに正月休み中を使って読んでみてほしい技術書をセレクトしてみた。 - Qiita

■_

■_

The Slate Programming Language

The Slate Programming Language

Slate is a prototype-based object-oriented programming language based on Self, CLOS, and Smalltalk-80. Slate syntax is intended to be as familiar as possible to a Smalltalker, for the clarity of messages as phrases. Unlike the Smalltalk family, methods within Slate can be assigned to a signature of objects, instead of being installed on one favored receiver. Slate has also many further expansions of the semantics which enable more concise and natural ways to express solutions to problems.Particular attention is being paid to the design of a fuller and more useful set of libraries than even the usual Smalltalk set, for collections, streams, meta-level protocols, concurrency, and exception-handling, among others. Our prime inspirations are the libraries of Strongtalk, Common Lisp, and Dylan.

2014年12月18日

■_

しゅーまっは。 英語で言うところの shoe maker だと聞いた (裏はとってない)。 すると、ミハエル・シューマッハは マイケル・シューメイカーさん……

■_

■_

またあそこ。 【翻訳】Git 活用法 ーコードはいつも1行ごとにドキュメント化されている | POSTD

最初の辺り、元記事からも引っ張りつつ

コードには1行ごとに隠しドキュメントがあります。

Every line of code comes with a hidden piece of documentation.

次のコードスニペットの4行目を書いた人は、何か理由があってDOMノードのclientLeftプロパティに アクセスしたのでしょうが、結果的に何もしていません。これはかなり不可解です。なぜこうしたの か、あなたは説明できますか? 今後、この呼び出しを変更したり削除したりしても安全でしょうか?

Whoever wrote line 4 of the following code snippet decided to access the clientLeft property of a DOM node for some reason, but do nothing with the result. It’s pretty mysterious. Can you tell why they did it, or is it safe to change or remove that call in the future?

    // ...
    if (duration > 0) this.bind(endEvent, wrappedCallback)

    this.get(0).clientLeft

    this.css(cssValues)

私ではなく他の人があなたにこのコードを見せたとして、誰がこの行を記述したのか、どんな理由が あったのか、このままの状態にしなければいけないのか、あなたはおそらく説明できないでしょう。 ただし、プロジェクトを進めているときは大抵の場合、バージョン管理システムを使ってその履歴に アクセスできます。

If someone pasted you this code, like I did here, you probably won’t be able to tell who wrote this line, what was their reasoning, and is it necessary to keep it. However, most of the time when working on a project you’ll have access to its history via version control systems.

be documented が「ドキュメント化(された)」というのはなにか違う気が。 というか「ドキュメント化」といったときの「化」が示すのはどういうことなんだろうか

If someone pasted you this code, like I did here, これがなぜ 私ではなく他の人があなたにこのコードを見せたとして、 となるんだろう。 この翻訳文だけ見ると、 じゃあ「私」が「あなた」に「このコード」を見せた場合とは何か違うんだろうか という疑問がでてきたり。

2014年12月17日

■_

今朝見てびっくりしたニュース Farewell, Dr. Dobb's | Hacker News Farewell, Dr. Dobb's : programming Farewell, <em>Dr. Dobb's</em> | Dr Dobb's

新しいのが来た。 Technology Radar Digital Preview | ThoughtWorks

■_

■_

ドイツ語わからん。が。 Fully Commented Commodore 64 ROM Disassembly (German) | Hacker News mist64/c64rom

Fully Commented Commodore 64 ROM Disassembly (German)

BASIC-Befehlsworte

.:A09E 45 4E                    end
.:A0A0 C4 46 4F D2 4E 45 58 D4  for next
.:A0A8 44 41 54 C1 49 4E 50 55  data input#
.:A0B0 54 A3 49 4E 50 55 D4 44  input dim
.:A0B8 49 CD 52 45 41 C4 4C 45  read let
.:A0C0 D4 47 4F 54 CF 52 55 CE  goto run
.:A0C8 49 C6 52 45 53 54 4F 52  if restore
.:A0D0 C5 47 4F 53 55 C2 52 45  gosub return
.:A0D8 54 55 52 CE 52 45 CD 53  rem stop
.:A0E0 54 4F D0 4F CE 57 41 49  on wait
.:A0E8 D4 4C 4F 41 C4 53 41 56  load save
.:A0F0 C5 56 45 52 49 46 D9 44  verify def
.:A0F8 45 C6 50 4F 4B C5 50 52  poke print#
.:A100 49 4E 54 A3 50 52 49 4E  print
.:A108 D4 43 4F 4E D4 4C 49 53  cont list
.:A110 D4 43 4C D2 43 4D C4 53  clr cmd sys
.:A118 59 D3 4F 50 45 CE 43 4C  open close
.:A120 4F 53 C5 47 45 D4 4E 45  get new
.:A128 D7 54 41 42 A8 54 CF 46  tab( to
.:A130 CE 53 50 43 A8 54 48 45  spc( then
.:A138 CE 4E 4F D4 53 54 45 D0  not stop
.:A140 AB AD AA AF DE 41 4E C4  + - * / ' and
.:A148 4F D2 BE BD BC 53 47 CE  or <=> sgn
.:A150 49 4E D4 41 42 D3 55 53  int abs usr
.:A158 D2 46 52 C5 50 4F D3 53  fre pos sqr
.:A160 51 D2 52 4E C4 4C 4F C7  rnd log
.:A168 45 58 D0 43 4F D3 53 49  exp cos sin
.:A170 CE 54 41 CE 41 54 CE 50  tan atn peek
.:A178 45 45 CB 4C 45 CE 53 54  len str$
.:A180 52 A4 56 41 CC 41 53 C3  val asc
.:A188 43 48 52 A4 4C 45 46 54  chr$ left$
.:A190 A4 52 49 47 48 54 A4 4D  right$ mid$
.:A198 49 44 A4 47 CF 00        go

名前を表す文字列の 末尾にあるバイトだけMSBを立てることで終端バイトをケチってると。 例) END → 45 4E C4 DATA → 44 41 54 C1 OS-9 のなんかでもこの形式を使ってたはず。


過去の雑記帖

  1. 2014年12月(下旬)
  2. 2014年12月(中旬)
  3. 2014年12月(上旬)
  4. 2014年11月(下旬)
  5. 2014年11月(中旬)
  6. 2014年11月(上旬)
  7. 2014年10月(下旬)
  8. 2014年10月(中旬)
  9. 2014年10月(上旬)
  10. 2014年9月(下旬)
  11. 2014年9月(中旬)
  12. 2014年9月(上旬)
  13. 2014年8月(下旬)
  14. 2014年8月(中旬)
  15. 2014年8月(上旬)
  16. 2014年7月(下旬)
  17. 2014年7月(中旬)
  18. 2014年7月(上旬)
  19. 2014年6月(下旬)
  20. 2014年6月(中旬)
  21. 2014年6月(上旬)
  22. 2014年5月(下旬)
  23. 2014年5月(中旬)
  24. 2014年5月(上旬)
  25. 2014年4月(下旬)
  26. 2014年4月(中旬)
  27. 2014年4月(上旬)
  28. 2014年3月(下旬)
  29. 2014年3月(中旬)
  30. 2014年3月(上旬)
  31. 2014年2月(下旬)
  32. 2014年2月(中旬)
  33. 2014年2月(上旬)
  34. 2014年1月(下旬)
  35. 2014年1月(中旬)
  36. 2014年1月(上旬)
  1. 2014年
  2. 2013年
  3. 2012年
  4. 2011年
  5. 2010年
  6. 2009年
  7. 2008年
  8. 2007年
  9. さらに前
リンクはご自由にどうぞ。

メールの宛先はこちらkbk AT kt DOT rim DOT or DOT jp