ときどきの雑記帖 倒行逆施編

I'd just be the catcher in the rye and all. I know it's crazy, but that's the only thing I'd really like to be. I know it's crazy.

The catcher in the rye
J. D. Salinger

著作権保護期間の70年延長に反対

検索エンジン経由でこられた方へ

このページの内容は日々更新されます。 そのため、検索エンジンに引っかかったものがここに残っているとは限りません。

最新エントリ (何日分あるかは不定)

2015年03月02日

■_

有頂天家族の新刊が出ていたがハードカバーか…

定期検診で歯医者に。 時の経つのは早い。

■_

■_ Non Bugs

これ。 GCC Bugs - GNU Project - Free Software Foundation (FSF)

GCC Bugs - GNU Project - Free Software Foundation (FSF)

The following are not actually bugs, but are reported often enough to warrant a mention here.

It is not always a bug in the compiler, if code which "worked" in a previous version, is now rejected. Earlier versions of GCC sometimes were less picky about standard conformance and accepted invalid source code. In addition, programming languages themselves change, rendering code invalid that used to be conforming (this holds especially for C++). In either case, you should update your code to match recent language standards.

というのがあって、最初の例がこれ。

GCC Bugs - GNU Project - Free Software Foundation (FSF)

Problems with floating point numbers - the most often reported non-bug.

In a number of cases, GCC appears to perform floating point computations incorrectly. For example, the C++ program

        #include <iostream>

        int main()
        {
          double a = 0.5;
          double b = 0.01;
          std::cout << (int)(a / b) << std::endl;
          return 0;
        }

やっぱり後を絶たないんだろうなあw

2015年03月01日

■_

盛大に気が抜けている

初期の FORTRAN 処理系 - fortran66のブログ 経由で FORTRAN: A Historical View

FORTRAN: A Historical View

FORTRAN was not the first compiled language for a computer system, but it was considerably more influential than its predecessors. BASIC and ALGOL, for example, cannot but be regarded as direct descendants of FORTRAN.

Here, then, is a series of pages recounting the development of FORTRAN over the years, in its various versions.

読んでみるか。

■_

■_

Sylph: the programming language I want / fuzzy notepad

Sylph: the programming language I want / fuzzy notepad

This is a brain dump, not a linear narrative, so some of this might be mutually referential or causally reversed or even complete nonsense. Please pardon the dust.

© 2011–2014 Eevee (Alex Munroe); licensed as CC-BY unless otherwise specified.

で、「core goals」としているのがこういったもの。

さてどういったものか(これから読む:)

2015年02月28日

■_

■_

■_

Autoconf の History 最後。

21.5 Deuteronomy 申命記

A long wish list for major features had accumulated, and the effect of several years of patching by various
people had left some residual cruft. In April 1994, while working for Cygnus Support, I began a major revision
of Autoconf. I added most of the features of the Cygnus configure that Autoconf had lacked, largely by adapting
the relevant parts of Cygnus configure with the help of david zuhn and Ken Raeburn. These features include
support for using config.sub, config.guess, --host, and --target; making links to files; and running configure
scripts in subdirectories. Adding these features enabled Ken to convert GNU as, and Rob Savoye to convert
DejaGNU, to using Autoconf.


major features の長い wish list がまとめられました。そして、さまざまな人たちによる数年のパッチ当ての結果として、
some residual cruft が残りました。Cygnus Support のために働いていた期間中の1994年4月にわたしは Autoconf の a
major revision を開始しました。Cygnus configure にはあって Autoconf には欠けていた機能の大半を、ほとんどは
Cygnus configure の relevant parts を david zuhn と Ken Raeburn の手を借りて adapt することで Autoconf に追加
しました。そこで追加された機能にはconfig.sub、config.guessのサポート、--hostおよび--targetの追加、
ファイルへのリンク作成のサポート、サブディレクトリにおける configure スクリプト実行のサ
ポートといったものが含まれます。これらの機能の追加によって、Ken が GNU as の、Rob Savoye
が DejaGNU の、 Autoconf を使うための convert ができるようになりました。
#cruft→ジャーゴン
#Cruft - Wikipedia, the free encyclopedia
#http://en.wikipedia.org/wiki/Cruft


I added more features in response to other peoples' requests. Many people had asked for configure scripts to
share the results of the checks between runs, because (particularly when configuring a large source tree, like
Cygnus does) they were frustratingly slow. Mike Haertel suggested adding site-specific initialization scripts. 
People distributing software that had to unpack on MS-DOS asked for a way to override the .in extension on the
file names, which produced file names like config.h.in containing two dots. Jim Avera did an extensive
examination of the problems with quoting in AC_DEFINE and AC_SUBST; his insights led to significant improvements. 
Richard Stallman asked that compiler output be sent to config.log instead of /dev/null, to help people debug the
Emacs configure script.


そのほかの人たちのリクエストにこたえてさらに機能を追加しました。多くの人が configure script に実行した際のチェッ
ク結果を共有できるようにすることを求めました。それは、彼らが(特に Cygnus がそうしていたような large source tree
の configuring 時に) 遅いことに不満を持っていたからです。Mike Haertel は site-specific な initialization scripts
の追加を提案しました。MS-DOS上で unpack しなければならないソフトウェアを配布している人たちは、config.h.in のよう
にドットを二つ持っている produced file のファイル名の拡張子 .in をオーバーライドする方法を求めてきました。Jim
Avera は AC_DEFINE および AC_SUBST におけるクォーティングに関する問題の extensive examination を行いました。彼の
洞察は大きな改良につながりました。Richard Stallman は Emacs の configure スクリプトのデバッグを容易にするために、
コンパイラーの出力を /dev/null ではなく config.log に送るよう求めてきました。


I made some other changes because of my dissatisfaction with the quality of the program. I made the messages
showing results of the checks less ambiguous, always printing a result. I regularized the names of the macros
and cleaned up coding style inconsistencies. I added some auxiliary utilities that I had developed to help
convert source code packages to use Autoconf. With the help of Francois Pinard, I made the macros not interrupt
each others' messages. (That feature revealed some performance bottlenecks in GNU M4, which he hastily corrected!) I reorganized the documentation 
around problems people want to solve. And I began a test suite, because experience had shown that Autoconf has a
pronounced tendency to regress when we change it.

プログラムの質に満足いかなかったので、わたしはほかにもいくつか変更を行いました。検査結果を表示するメッセージを
あいまいさの少ないものにし、常に結果を出力するようにしました。マクロの名前を regularizeし、一貫性のあるコーディ
ングスタイルでクリーンアップしました。Autoconfを使うようにソースコードパッケージをコンバートするのを援助するわ
たしが開発した補助ユーティリティをいくつか追加しました。Francois Pinard の助力の元、マクロがほかのメッセージを
interruptしないようにしました。(この機能はGNU M4にあった performance bottlenecks をいくつか明らかにしましたが、
それは即座に修正されました! ) わたしはユーザーが解決を望んでいるドキュメント周りの問題を認識しました。そして
test suite を始めました。それは、Autoconf には変更を加えたときに regress してしまうというはっきりとした傾向が
あったからです

Again, several alpha testers gave invaluable feedback, especially Francois Pinard, Jim 
Meyering, Karl Berry, Rob Savoye, Ken Raeburn, and Mark Eichin.

Finally, version 2.0 was ready. And there was much rejoicing. (And I have free time 
again. I think. Yeah, right.)

2015年02月27日

■_

壁一面のスライム見てきた。

2015年02月26日

■_

歴史群像はどうなってしまうんだろうか>学研の例のアレ

■_

■_

千言万語で紹介されてたプログラミング言語(のひとつ)だっけこれ。 Kvikkalkul: the secret programming language of the Swedish Navy? | Hacker News Kvikkalkul home page

Kvikkalkul home page

This Web site is devoted to Kvikkalkul, the secret programming language of the Swedish Navy. In October 1994,
the language was described in a Usenet message by an anonymous programmer who used Kvikkalkul in 1957 to
write submarine weapons guidance programs and an accounting program.


過去の雑記帖

  1. 2015年3月(上旬)
  2. 2015年2月(下旬)
  3. 2015年2月(中旬)
  4. 2015年2月(上旬)
  5. 2015年1月(下旬)
  6. 2015年1月(中旬)
  7. 2015年1月(上旬)
  8. 2014年12月(下旬)
  1. 2014年
  2. 2013年
  3. 2012年
  4. 2011年
  5. 2010年
  6. 2009年
  7. 2008年
  8. 2007年
  9. さらに前
リンクはご自由にどうぞ。

メールの宛先はこちらkbk AT kt DOT rim DOT or DOT jp