ときどきの雑記帖'

I'd just be the catcher in the rye and all. I know it's crazy, but that's the only thing I'd really like to be. I know it's crazy.

The catcher in the rye
J. D. Salinger

著作権保護期間の70年延長に反対

検索エンジン経由でこられた方へ

このページの内容は日々更新されます。 そのため、検索エンジンに引っかかったものがここに残っているとは限りません。

最新エントリ (何日分あるかは不定)

2014年10月25日

■_

何事もなかったかのように某コンビニでアフタヌーンの12月号が売られていたので購入。

■_

■_ ALGOL 30?

うぃきぺのBASIC のところを見ていたら 見慣れないもの(プログラミング言語の名)が

Thomas E. Kurtz - Wikipedia, the free encyclopedia

Influence

The road to BASIC itself was a long one. Kemeny and Kurtz had forged DARSIMCO – Dartmouth Simplified Code –
Dartmouth’s inaugural attempt at making a computing language in 1956; however DARSIMCO soon became obsolete
when the language FORTAN manifested itself. In 1962 Kemeny and a Dartmouth undergraduate, Sidney Marshall,
created the language DOPE, Dartmouth Oversimplified Programming Experiment, which was a direct predecessor of
BASIC. DOPE itself was little used, and Kurtz preferred trying to implement successful languages such as
FORTRAN and ALGOL. Kurtz's experience with Dartmouth ALGOL 30 for the LGP-30 convinced hime that devising
subsets of these languages was not quite practical, and this led him to adopt Kemeny’s notion of creating a
new language entirely.

ALGOL 30 ってなに。と思ったらちゃんとウィキペにあった。 Dartmouth ALGOL 30 - Wikipedia, the free encyclopedia

History of Computers and Computing, Birth of the modern computer, Software history, BASIC of John Kemeny and Thomas Kurtz

History of Computers and Computing, Birth of the modern computer, Software history, BASIC of John Kemeny and Thomas Kurtz

The BASIC language was initially based on FORTRAN II, with some influences from ALGOL 60 and with additions to
make it suitable for timesharing systems like DTSS. Initially, BASIC concentrated on supporting straightforward
mathematical work, with matrix arithmetic support from its initial implementation as a batch language and full
string functionality being added by 1965.

ALGOL 60 の影響…

2014年10月24日

■_

■_

■_ off by one

grep.git - grep

grep.git - grep

grep: fix off-by-one bug in -P optimization
Reported by Norihiro Tanaka in: http://bugs.gnu.org/18738
* src/pcresearch.c (Pexecute): Fix off-by-one bug with validation_boundary.
* tests/init.cfg (envvar_check_fail): Catch off-by-one bug.
grep.git - grep

diff --git a/src/pcresearch.c b/src/pcresearch.c
index 6f016b6..1fd5bde 100644
--- a/src/pcresearch.c
+++ b/src/pcresearch.c
@@ -214,7 +214,7 @@ Pexecute (char const *buf, size_t size, size_t *match_size,
             options |= PCRE_NO_UTF8_CHECK;
           int valid_bytes = validated - p;
-          if (valid_bytes < 0)
+          if (valid_bytes <= 0)
             {
               e = pcre_exec (cre, extra, p, search_bytes, 0,
               options, sub, NSUB);

おお、確かに>一個外れエラー

2014年10月23日

■_

新出さんが著者のひとりの数理論理学の本、一週間ほど発売予定日が延びた?

■_

2014年10月22日

■_

めもめも。 『美術手帖』11月号はティム・バートン特集 | ニュース - ファッションプレス 2014年11月1日(土)より開催されるティム・バートンの展覧会を前に

こっちは木曜日からと。 「ムーミン」作者トーベ・ヤンソン回顧展が日本巡回 - 著名作に見る、芸術家としての知られざる一面

■_

この話題。 新鋭の言語: この5年を振り返る Emerging Languages: A Look at The Last Five Years はてなブックマーク - 新鋭の言語: この5年を振り返る

rooling をカタカナ書きでツーリングはないんじゃないかなあ 先進的な言語であるにも関わらず、ツーリングが弱点になってしまうのはなぜでしょうか。 原文はこう。 Why is tooling a weak point for many otherwise advanced languages?

tooling で色々あるのだねえ toolingの意味 - 英和辞典 Weblio辞書 ツーリング - Wikipedia Tooling - Wikipedia, the free encyclopedia What is tooling? definition and meaning Tool management - Wikipedia, the free encyclopedia

で、「ツーリング」の他にも気になる部分はいくつかあるんだけど、


最近の記事でEmerging Languages CampのオーガナイザであるAlex Payne氏がこの5年でプログラミング言語の世界が
どのように変わったか、これからどのように変わっていくのかについて考えを披瀝している。InfoQは氏に話を聞いた。

In a recent article, Alex Payne, organizer of the Emerging Languages Camp, provides insight on how the language
landscape has changed in the last five years and how it might change in future. InfoQ has talked with him.

氏は最近の言語の進化の物語とその未来を語る上で手助けになる3つの条件を挙げる。

From his vantage viewpoint, Alex identifies three main criteria that help tell the recent story of language
evolution and understand their future:

    ツールの重要性
    "実装戦略"として仮想マシンを使う
    他言語化

    The importance of tooling.
    Using virtual machines as "implementation strategy".
    Language polyglotism.

最初の方のこの部分だけでも、 The importance of tooling → ツールの重要性 や、 three main criteria → 三つの条件、 Language polyglotism → 他言語化 はちょっとよろしくないんじゃないかなあという気が。

■_

2014年10月21日

■_

Larry Wall: “I can do better, I know how to write a computer language” | Wir sind Techno-Z

■_


過去の雑記帖

  1. 2014年10月(下旬)
  2. 2014年10月(中旬)
  3. 2014年10月(上旬)
  4. 2014年9月(下旬)
  5. 2014年9月(中旬)
  6. 2014年9月(上旬)
  7. 2014年8月(下旬)
  8. 2014年8月(中旬)
  9. 2014年8月(上旬)
  10. 2014年7月(下旬)
  11. 2014年7月(中旬)
  12. 2014年7月(上旬)
  13. 2014年6月(下旬)
  14. 2014年6月(中旬)
  15. 2014年6月(上旬)
  16. 2014年5月(下旬)
  17. 2014年5月(中旬)
  18. 2014年5月(上旬)
  19. 2014年4月(下旬)
  20. 2014年4月(中旬)
  21. 2014年4月(上旬)
  22. 2014年3月(下旬)
  23. 2014年3月(中旬)
  24. 2014年3月(上旬)
  25. 2014年2月(下旬)
  26. 2014年2月(中旬)
  27. 2014年2月(上旬)
  28. 2014年1月(下旬)
  29. 2014年1月(中旬)
  30. 2014年1月(上旬)
  1. 2013年
  2. 2012年
  3. 2011年
  4. 2010年
  5. 2009年
  6. 2008年
  7. 2007年
  8. さらに前
リンクはご自由にどうぞ。

メールの宛先はこちらkbk AT kt DOT rim DOT or DOT jp