記事一覧

ルイヴィトンを持ってアイスランドの氷河を自転車で渡った方法

不可能を可能にしてくれる時計が必要だった。私のルイヴィトン“太鼓”はまさにそれを実現してくれた。

ルイヴィトン 時計 コピー タンブール ストリート ダイバー “太鼓”着想フォルム ネオンブラック

モデルは、直径44mmのオートマティックモデル3型と直径39.5mmのクォーツモデル1型の計4型で展開。中でもオートマティックモデルの“スカイラインブルー”と“ネオンブラック”は一際スポーティーな雰囲気を纏ったカラーウェイ。ダイビング中の時間を読み取ることが出来る、インナーベゼルの最初の15分間の目盛りを鮮やかなカラーで彩った。
【詳細】
タンブール ストリート ダイバー
<仕様>
・オートマティックモデル
ケース素材:ステンレススチール(ブラックブレイズはピンクゴールドも含む)
ケース径:44mm
ムーブメント:自動巻き
機能:時、分、秒
パワーリザーブ:50時間
振動数:28,000回/時
石数:27
防水:100m

午後遅く、ミールダルスヨークトル(Mýrdalsjökull)氷河に北から近づいていく。冬の景色のなかで、冬の氷河がどのように見えるのか自分でもよくわからないが、確かにこれではなかった。これは、まあ、イージーにみえた。

 クリス・バーカード(Chris Burkard)とレベッカ・ラッシュ(Rebecca Rusch)という探検チームと一緒に、平らな火山の平原を自転車を漕いでいると、今まで経験したことのないような緊迫感を感じた。旅の目的が、あらかじめ決められた目的地に無事に到着することだけであるならば、自分を危険にさらす可能性のあるものを積極的に排除しようとする。焦りはリスクになるからだ。しかし、この瞬間はそれが必要なのだ。

 アイスランド北の海岸線から最南端までの330マイルの旅も300マイルを過ぎ、最後の挑戦はこの氷河を自転車で越えることだった。これまでに誰もやったことのない偉業だが、それには理由がある。

 我々は氷河を越えるつもりはなかったが、アイスランドのベテラン探検アドバイザーであるレイニル(Reynir)はコンディションが良ければ可能かもしれないと言っていた。それは2日前のことで、条件はまだ我々に有利だが長くは続かない。明日の早朝にはかなり深刻な天候が予想されているので、今しかないのだ。

【関連記事】:https://fashion688.seesaa.net/

コメント一覧

ankopi 届く URL

先日このグループ会社スーパーコピー製品買った! 届いた、配送が非常に早かったです、梱包も丁寧でした。

2021年10月16日(土)11時07分 編集・削除