記事一覧

マルティネス氏はその後、ディーラーとして長いキャリアを積み、あらゆるものを見てきたと言う。

長年にわたるなかで、いくつか例を挙げると、「始まりから現行に至るまですべてのデイトナコレクション」、「ナポレオンの時計職人が作った懐中時計」、そして紛失したのち、ソファーのクッションのなかで発見され、最終的に約100万ドル(約1億円)で落札されたパテックのRef.2499 永久カレンダー・クロノグラフなどだ。彼が自ら販売した1000本以上の時計については言うまでもない。彼が“多岐にわたる”と表現するその時計は、想定外のもの(レアなクロノグラフのひとつであるパテックのRef.3970、あるいはゼニスムーブメントと200タキベゼルを備えたゴールドのデイトナ)や、民主的な価格帯のもの(クロトン ニバダ・グレンヒェンのクロノグラフが約2500ドル/約30万円というのはどうだろう)まである。

2022年 新作モデル ロレックス スーパーコピー GMTマスター Ⅱ 24時間回転ベゼル

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール
直径:40 mm
素材:オイスタースチール
ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻、GMT機能
ブレスレット:オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材:オイスタースチール
ダイアル:ブラック
詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長
時間継続ルミネッセンス)
オイスタースチールのオイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱはオイスターブレスレットを備える。

つまり、マルティネス氏は“聖杯”コンプレックスを持っていないのだ。彼の心は、かつての自分のような、探しても買えなかった努力家、夢想家に共感している。例えば、彼はしばしば“目に喜びを与えるもの”について語るが、それは彼が所有することなく物を楽しむという、悲しいほど希な能力をいまだに持ち続けていることを物語っている。とはいえ、今ではかなりのコレクションを持っているようだ。そのなかから、彼が苦労して選んだものをご紹介しよう。

ロレックス オイスターデイトジャスト Ref.6604

1990年代前半から半ばにかけて、マルティネス氏はブエノスアイレスの金融会社で仕事をしていた。アメリカ在住の友人から電話があり、中西部のどこかの銀行が貸金庫の中身をオークションにかけると聞いた。そのなかで彼が好みそうなロレックスがあるというものだった。「この時計は40年間金庫の中にあって、ミントコンディションだったのです」とマルティネス氏は言う。見積もりは5000ドルで、手が届きそうな値段だ。奇数番号が黒、偶数番号が赤という交互配列のルーレットカレンダーも気に入った。「この時計は、私の最初の子供です。初めて買った本物の高級時計なのです。ずっと愛しています」


【関連記事】:hacopyスーパーコピー ちゃんと 届いた