メーリングリスト何でもQ&A

開設前の疑問(8)

質問
常時接続の時代、レンタルサーバーを契約しなくても自宅でコミュニティサイトを立ち上げられますよね?

回答
甘いです。設備面や運用面で片手間にできる仕事ではありません。
 会員制のコミュニティサイトを立ち上げる際、ADSLで常時接続環境を利用して自宅でサーバーを立ち上げさえすれば、レンタルサーバーを契約しなくて済むのでお金が節約できると発想しがちです。しかし、これは素人の発想です。メーリングリストなどを使って会員制のコミュニティサイトを自宅で片手間ではじめるのは設備面、運用面ともに簡単ではありません。

 まず設備面では、一通りサーバーとルーターが揃ったとしてもそれで解決ではありません。コミュニティサイトは24時間営業のコンビニエンスストアと同じで、昼夜休まずサービスを提供しなければなりません。停電や不慮のシステムダウンが起きればすぐに復旧させなければならないのです。本業中に自宅外からこうしたトラブルの対策がすぐにとれますか?
 さらに、サーバーの電気代や騒音、機材の熱対策も無視できません。夏になればサーバーから発する熱で部屋が蒸し暑くなりハードウェアのトラブルの原因になります。サーバー本体以外に設置環境の配慮がいかに大切であるかを意識しなければコミュニティサイトの運用はできないのです。
 レンタルサーバーを使えば、停電対策や最低限のデータバックアップは契約しているサーバー会社がしてくれるので、自分が手を出さなくても常にサーバの稼働だけは保証されます。しかもサーバー本体は空調のきいた部屋で稼働しているので、サーバーの熱暴走も防げます。自宅ではこのような設備面の対策を施したらいくらお金がかかるかわかりません。

 つぎに運用面です。コミュニティサイトは個人情報を扱います。運営する以上、個人情報の保護は義務です。不正アクセスによるデータ流出防止のセキュリティ対策は不可欠で、絶えず最新のセキュリティ技術の習得が課せられます。ファイアウォールのアップデートなどは自分でしなければなりません。そして重要なのはデータのバックアップです。コミュニティサイトは人がいて成り立つだけに、会員データが消失すればすべてが水の泡です。日常的にこうしたセキュリティ対策や、データ保存をこなす作業は副業では大変です。規模が大きくなればなるほど負担はかかってきます。

 コミュニティサイトは安全で安定したサーバーの稼働と会員データの維持管理がもっとも大切です。常時接続とサーバーがあれば簡単にできるほど甘くはありません。ADSL環境さえあれば、金もかからず楽にできると考えていたら軽率です。十分検討してサイト運営を検討してください。

2003.2.9 更新 

サイト内検索:   [使い方]

はじめに  利用の注意  基礎知識編  開設準備編  運営編  管理者心得  盛り上げ活動編  システム設定編
何でもQ&A  質問掲示板  参考資料&リンク  MLプロバイダ一覧  ML検索サイト集  ML weekly  作者紹介

MLインフォメーションストリート   MLビギナーズコラム  ML用語集  ML管理人クラブ


<前へ>  <メーリングリスト何でもQ&A>  <次へ>
<メーリングリスト開設の手引き>
「メーリングリスト開設の手引き」
(C) 1997-2017 by A. SATO, All rights reserved.
掲載内容を使用する場合は事前にご連絡ください。