メーリングリスト何でもQ&A

開設前の疑問(9)

質問
1,000人を超えるメーリングリストが作れる開設サービスはありますか?

回答
あります。有料の場合、料金が高くなります。
 大規模な連絡網を作る目的で、1,000人以上登録可能なメーリングリスト開設が必要になるケースがあります。ところが、たいていのメーリングリスト開設サービスでは最大で500人、多くて1,000人までとなっており、望みにかなう提供会社がなかなか見つかりません。

 1,000人以上のメーリングリストは用途が限定されており、提供側も用意しているところが数少ないです。いくつか候補を挙げますので参考にしてください。

<無料メーリングリストサービス>

 以下の大手サービスは人数無制限です。ただし、本文に広告が入り、参加者に定期的にメールマガジンが配送されます(購読解除は可能)。初心者でも運営・管理が容易で、登録・削除も専用フォームで処理できます。

<有料メーリングリストサービス>

 コマンドメールを使った方式なので、初心者には操作が難しいのが欠点です。その代わり、広告やメールマガジンの配布はいっさいなく、すっきりしたメールのやりとりができます。

<プロバイダのオプションサービス>

 利用するにはそのプロバイダの会員でなければなりません。コマンドメールを使った管理が主流なので、操作を覚える必要があります。
  • @nifty 無制限
    プロバイダ契約ではなく、@Nifty ID登録ユーザーでも開設できます。
  • BIGLOBE 3,000アドレスまで
 同窓会など連絡目的の大規模なメーリングリストでは、広報や幹事だけがメール投稿できる承認式(モデレート)にするなど工夫が大切です。また、ウイルスメールの配送を防ぐためのセキュリティ対策は万全にしなければなりません。十分な配慮を施してから運用を始めてください。

 <参考ページ>
  メーリングリスト開設サービス一覧
  メーリングリスト開設方法一覧
  メーリングリスト開設サービスの利用
  契約プロバイダのオプションサービス
  目的別ベストMLプロバイダ2003

2014.4.29 更新 

サイト内検索:   [使い方]

はじめに  利用の注意  基礎知識編  開設準備編  運営編  管理者心得  盛り上げ活動編  システム設定編
何でもQ&A  質問掲示板  参考資料&リンク  MLプロバイダ一覧  ML検索サイト集  ML weekly  作者紹介

MLインフォメーションストリート   MLビギナーズコラム  ML用語集  ML管理人クラブ


<前へ>  <メーリングリスト何でもQ&A>  <次へ>
<メーリングリスト開設の手引き>
「メーリングリスト開設の手引き」
(C) 1997-2017 by A. SATO, All rights reserved.
掲載内容を使用する場合は事前にご連絡ください。