プロバイダ通告

(※)の部分は適宜記入してください。

ML運営文書一覧へもどる




<以下の注意を読んでからお使いください>

・ 送付先は、プロバイダの連絡先(たとえばinfo@***)でかまいません。
  事前にプロバイダのホームページを見ておいてください。どのアドレスでも
  担当部署に回るはずです。
・ 会員規約の該当箇所は、該当部分をそのまま抜粋します。事前に念入りに確認
  しておいてください。
・ 提出用のメールは、「ヘッダ」を含めてください。ヘッダ情報は送信元確認に
  不可欠です。
・ 重要な文書なので、くれぐれも何回もチェックしてから送信するようにしてください。
・ 早急に処理すること。後伸ばしにしないように。なお、送信メールは
  必ず保存しておくようにしてください。
・ このひな形の内容をうのみにせず、全文に目を通しておくようにしてください。

以下、通告文です。

---------------------------------

(※プロバイダ名)会員担当者様

 はじめてメールを差し上げます。私はインターネット上で
(※メーリングリスト名)を運営しております(※ご自身の本名)と申します。

 さて、当メーリングリストにおきまして先日、貴プロバイダ契約者
と思われる

(※加害者のメールアドレス)

のメールアドレスを所有する人から、当メーリングリスト上にて主旨に
そぐわぬ、そしてインターネット上および社会通念場においても
迷惑とされる無限連鎖講まがいのメールを突然流され、参加者に対し
不快感を与える行為を受けました。

 このメールは、インターネット上で問題とされているねずみ講に該当
すると思われます。また、SPAMと呼ばれるダイレクトメールの無差別
配送行為にも相当します。
 メーリングリスト内や不特定多数の人にこうしたメールを送りつける状況を
放置することはインターネットの発展に不利益をもたらすばかりでなく、
大勢のインターネット利用者に不愉快な思いをさせる悪質な行為であります。
このような事態に対し、他のプロバイダでも該当する契約者に対して厳重な
措置を講じるようになっているのは既知のことと存じます。
 当方で、貴プロバイダの会員規約を調べました。

(※会員規約の該当箇所)
例:
第○条
 禁止事項
 (1)
 (2)
 (3)
 (4)

今回、当方にて被った行為は貴プロバイダの会員規約にある上記条項

の(3), (4), (5), (13)に該当すると判断します。

 つきましては以下にそのメールを添付いたしますので
調査の上、当該会員に対し適切な措置をとっていただきたく
お願い申し上げます。
 また、結果報告の御返答もいただきたく存じます。

 なお、当方でも十分な調査をして報告した次第ですが
誤認である場合はご容赦ください。

 以上、よろしくお願いします。

(※自分の名前)

以下、メールの原本
(※該当メールを付記する。ヘッダ情報も含めること)


ー テキストをダウンロード ー

ML運営文書一覧へもどる

サイト内検索:   [使い方]

はじめに  利用の注意  基礎知識編  開設準備編  運営編  管理者心得  盛り上げ活動編  システム設定編
何でもQ&A   質問掲示板  参考資料&リンク  MLプロバイダ一覧  ML検索サイト集  ML weekly  作者紹介

MLインフォメーションストリート   MLビギナーズコラム  ML用語集  ML管理人クラブ


<ホームページ>
「メーリングリスト開設の手引き」
(C) 1997-2018 by A. SATO, All rights reserved.
掲載内容を使用する場合は事前にご連絡ください。