記事一覧

旦那カタログvol1買ってみた。

アイコン

俺様旦那cv石田彰。お、おやおやぁ……。
石田ボイスで俺様or腹黒系は萌えツボなはずなのに、すげえ萎える。
なんでって理由はものすごくはっきりしてるんだけど、でもそれは石田氏の所為ではなくてあーその。

つまり例えば旦那が冷蔵庫にあった奥さんのおやつ勝手に食って夫婦喧嘩になんてシチュエーションがあれば

「え? 『あたしのシュークリーム食べたでしょ』、だって?」

とかみたいなセリフで状況説明する。それがね、どうもね。どうしてもね。
なんだよこの萎え台本!

例の事件から1年

アイコン

当時より非正規雇用労働者の就労環境はさらに悪化し(とかいうと正規雇用は守られているかのように聞こえるけどそうでもない)衣食住事欠き苦しんでいる人たちの大勢いる中、さっさと「社会への憎悪を晴らす」とやらに及んだ当人は、この一年、寝床もご飯も保障された環境で保護されている。当人の恨んだ社会に、保護されている。
なにか釈然としない。

さっぱりさっぱり

アイコン

髪切った。ばっさり切った。うわ、軽い。
TV鋼。もうヒューズさん退場って、早えーなおい。

何が痛いんだろう

アイコン

一応内科。レントゲン。やっぱ痛む箇所周辺に影等発見できず。筋肉痛じゃね?とか言われるけど。筋肉痛とは痛み方とかとかなんか違うんだよなぁ。うまく表現できず。

虫歯予防デー。

アイコン

昼、珍しく職場の人と一緒にカレー&ナンらんち。(普段それぞれ自席でご飯。IT系職場じゃこれが普通)私も今週一杯で別のフロアに移動することになったんで、ちょっとお別れ会的に。元々がイリーガルな諸事情でIT部署に間借りしてたようなもので本来私の業務を発注している部署に移動するだけなんだけど。

夫また飲み会。月末に前フェーズの打ち上げ&抜ける人の送別会で月初は次フェーズの立ち上げ&入って来た人の歓迎会だとか。なんか飲み会多い職場だな。普段酒を飲む習慣の無い人間は半月に二回飲み会出費はつい「こんなんより別の金の使い道が」とか思ってしまうよ。

なんだかなー

アイコン

る(最近は寝床に置いてある)なんでいきなり最高血圧140心拍115とかまで上がってるんだ。
15分ほどで最高血圧110心拍87まで下がったので寝る。わけわからん。

ハーバルクリアを初飲み。むむ。ハトムギかな。飲んだ後に残る匂いがイマイチ好みでない。

いだだだ

アイコン

最近背中が痛い。ここ三週間くらい。右肩甲骨の辺り500円玉サイズの痛む場所がある。痛み始めると数分いたたってなって、ふっと消える。それが日に数回~十数回。徐々に痛みが強くなる。今日は一瞬「おうっ!」と声を出すくらいの痛みがあった。なんなんだろう。いつも同じ場所が痛むなら「なんかガンとかなにかあるんだろうか」って思うところ、それが時々左肩甲骨側になったり脇の下だったりに移動が気持ち悪い。
それっぽい文字列で検索しても肋間神経痛とかしか引っかからない。でも症状見ると微妙に違う気がする。
肋間神経痛と言えば、職場で数年前肋間神経痛の診断貰って治療してたけど結局ガンでしたよで亡くなった人がいたなぁ。なんて怖い考えになったりするんでちょいと病院で調べるべきかしらと思うは思う。
でも何科にいけばいいのかさっぱりわからん。とほほ。

喪失(2)

秋葉原駅にある喫茶店古炉奈が6月半ばに閉店とのこと。この先まったく違う毛色の店になるんだとか???

今まで入ったことなかったんだよね。だっていつもそこにあるからさ。いつだってそこにあるからさ。いつでもいいや、また今度、って思ってたんだよね。御徒町方面から駅に入ってく電車から見えた看板、電気街方面歩いてくと頭の上にある丸い看板、そのあたりまえにあったものが無くなるんだなって、そういう感慨。

喪失(1)

アイコン

グイン・サーガ永久未完確定となる。
別にファンだったとかじゃないしグイン読んだことないし。
でもたとえば新刊出るたびにすずらん堂(神保町すずらん通りはじっこ近くにある本屋。半分はエロ本で出来ています)レジ脇に立て掛けてあったりしたのがこの先えーと129巻分までは原稿あるんだっけ? の後はもうなくなるんだなぁとか。そういう「いつものこと」がふと消えてなくなる寂しさみたいなものを感じ取ります。

本日の読書 シマシマ1~2 山崎紗也夏

アイコン

既刊4冊まとめて買うと鞄に入りきらんのでとりあえず2冊。
主人公シオさんの境遇かわいそす。

添い寝やさんという設定が斬新。
基本イケメン系坊や(←20代前半はすでに坊やに見える自分がちょっと悲しい)が眠れない女性客宅を訪問しいっしょに寝てあげるという人間抱き枕サービス業。しかも客の起きる時間よりちょっと前にベッドを抜け出し朝ご飯まで作ってくれるという。な、なんて至れり尽せりなんだ。

さて。現実に添い寝屋さんがいて自分がその客だったらとふと考える。
……むむぅ。想像難しいなぁ。
や、そもそも同じ部屋にダンナが寝ている時点で添い寝屋さんを呼ぶというのはいろいろあれこれ問題あるわけですけどね。それは置いといて。ダンナは居ないものとして。
いや、添い寝はいいよ。わかるよ。落ち着くよ。安心するよ。よく眠れるよ。
でも初対面だよ? 初めて会った人とちょこっと会話して添い寝してもらって、本当に安眠できるだろうか???(反語的表現)
つーかそのまえにこのオタク丸出しな部屋によその人なんか入れられませんっ!