ホームページの目次 | Contents

考え、感想、コメントなど。

  • 現在のポイント・システムは必ずしも新しくない
  • 現在広く使われているポイント・システムがポイント・システムの歴史にどう根差しているか、新しいポイント・システムの導入についての個人的見解。(英文版は↓)

  • The Current Point System Is Not Necessarily New.
  • My personal view to the issue: how the current point system for measuring the size of type bodies is based on the history of the standardization of type sizing.

  • 日本の光学式手動写真植字機の時代における欧文のグリフの形について
  • 日本で手動写真植字機が用いられていた時期には、ディセンダーの短い歪曲された欧文書体が作られた。その技術的な事情について説明した記事。(英文版は↓)

  • Latin glyph shapes in the age of manual phototypesetters in Japan
  • In the era of manual phototypesetting machines in Japan, many Latin alphabet typefaces whose descenders were shortened were produced. This article explains the situation in those days.

  • 個人的な長期プロジェクト:新しい文字と言葉を用いて構想する「新しいクニ」
  • このきわめて私的・個人的なプロジェクトは、常に継続され、常時アップデートされる。

  • 2014年を終えるにあたって、考えたこと。
  • 2014年も終わり。何を考えたか。

  • PFFアワード2014入選映画『暁の石』(清原惟、飛田みちる監督
  • 同名映画についての感想。

  • 『映画「桐嶋、部活やめるってよ」(原作=朝井リョウ、監督=吉田大八、2012年)を観た。』
  • 同名映画についての感想。

  • 『2012年の次の年が始まってしまった』

    衆議院議員選挙で勝利した自民党の公約について感想を書いた。

  • 『2013年を迎えた時点での社会の状況、あれこれ』

    2013年を迎えた時点で、社会状況と政府についての私見をまとめてみた。

  • About the current situation in our society, January 2013.

    The English version of the above article. My personal views about our society and government.

  • 日本語のタイポグラフィにおけるイタリック体と斜体について

    日本語の縦組で、CSSにおけるfont-style属性にitalicやobliqueが指定された場合、どのように組むべきかに関する議論についての個人的な意見。

  • About Italicizing and slanting in Japanese Typography

    My personal comments about the recent discussion about how we should treat the italic or oblique font-style property specified to Japanese vertical lines.

  • 山本太郎

    2013.6.6
    2013.1.5

    ホームへ